◎ ザップ・ライヴ~シャーリー・マードック、ボビー・グローヴァーを迎えて

◎ ザップ・ライヴ~シャーリー・マードック、ボビー・グローヴァーを迎えて
【Zapp & Shirley Murdock & Bobby Glover】
再開。
震災以来、一本、日本在住ハクエイ・キム・ライヴがあった以外、海外アーティストのライヴは初めてというビルボード・ライブ東京。再開第一弾は、昨年も観客を盛り上げてくれたザップだ。
ザップは、今は亡きロジャー・トラウトマン率いるオハイオ・ファンク・バンド。ジェームス・ブラウン、Pファンク、ブッツィーなどの系譜を正しく継承するバンドだ。トークボックスを使った重いファンク・サウンドが最大の魅力だ。
昨年同様、オープニングでシャーリー・マードックが2曲歌い、ザップへバトンタッチ。シャーリーは、相変わらずゴスペルを基調とした迫力あるヴォーカルが素晴らしい。アップテンポとバラードの大ヒット「アズ・ウイ・レイ」で観客をなごませる。
そして、1曲、バンドのセットチェンジにCDをかけて、ザップの登場。徹底したソウル・エンタテインメント、観客を立たせ、踊らせ、その瞬間すべてを忘れさせて楽しませるザップのライヴは、こんなときもってこいかもしれない。腕を上下に動かさせたり、くるくる回させたり、観客もシンプルな動きだけにすぐその動きを覚える。エンタテイナーのドラマーの手引きで、どんどんと観客を巻き込んでいく。
今回は、ボビー・グローヴァーが特別ゲストで、1曲「カム・オン」を聴かせたところも大きな見所。かなり年を召されていたが、ライヴを見られるとは思っていなかったので嬉しいところ。
何しろ、バンドは動きがあるから、見てても実に楽しい。ドラムス(いつもより一段高いところにある)、キーボード2、ベース、コーラス2のバンド編成。これにシャーリーやボビーが入って歌う。
もちろん、途中でトークボックスを使ったあの声もたくさん出てくる。ファンキーだ。このどろくさいファンキーさは、相変わらず、健在だ。
「Are you ready to go home??」「Nooooo」。そして、本編最後、「モア・バウンス」そして、アンコール「キャリフォルニア・ラヴ」へ。大パーティーの余韻はその後も続く。
今は亡きロジャー・トラウトマンのスピリットはしっかりと残ったものに受け継がれている。

そして、今日4月25日は、ロジャー・トラウトマンの命日。1999年4月25日、ロジャーは7歳上の兄ラリーに撃たれて死去、47歳。その兄は自殺。トラウトマン家の悲劇だ。
■過去関連記事
2010年03月03日(水)
ザップ&シャーリー・マードック~徹底したエンタテインメント
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10470639582.html
■CD

All the Greatest Hits
All the Greatest Hits
posted with amazlet at 11.04.23
Zapp & Roger
Rhino / Wea (2007-10-16)
売り上げランキング: 45646
アンソロジー
アンソロジー
posted with amazlet at 11.04.23
ザップ&ロジャー ザップ ロジャー H-TOWN ヒューマン・ボディ マイティ・クラウズ・オブ・ジョイ
ワーナーミュージック・ジャパン (2002-03-27)
売り上げランキング: 130517

■メンバー
ザップ・トラウトマン / ZAPP TROUTMAN (KEYBOARDS/GUITAR/VOCALS)
シャーリー・マードック / SHIRLEY MURDOCK (VOCALS)
ボビー・グローヴァー / BOBBY GLOVER (VOCALS)
グレッグ・ジャクソン / GREG JACKSON (KEYBOARDS/VOCALS)
バート・トーマス / BART THOMAS (KEYBOARDS/BASS/VOCALS/DANCE)
デイル・デ・グロート / DALE DE GROAT (KEYBOARDS/VOCALS)
トム・トラウトマン / TOM TROUTMAN (KEYBOARDS/VOCALS/DANCE)
レスター・トラウトマン / LESTER TROUTMAN (DRUMS/VOCALS)
リック・ブレイ / RIC BRAY(GUITAR/VOCALS)
アントワン・ウォーカー/ ANTOINE WALKER (SAXOPHONE/VOCALS/DANCE)
■セットリスト ザップ&シャーリー・マードック 2011年4月22日ビルボードライブ
Setlist: Zapp & Shirley Murdock, Bobby Glover
show started 21:36
~Shirley Murdock~
01. Somebody
02. As We Lay
–. (CD) Brighter Day (Kirk Franklin)(セットチェンジの間、CDを流す)
~Zapp~
01. Intro
02. So Ruff, So Tuff
03. I Can Make You Dance
04. Dance Floor
05. Be Alright
06. Come On (Bobby Glover on guest vocal)
07. I Heard It Through The Grapevine
08. Doo Wa Ditty(Blow That Thing)
09. Computer Love
10. I Wanna Be Your Man
11. More Bounce To The Ounce
Enc. California Love
show ended 22:57
(2011年4月22日金曜、ビルボードライブ東京=ザップ、シャーリー・マードック、ボビー・グローヴァー・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Zapp / Murdock, Shirley/Glover Bobby
2011-

This entry was posted in ライヴ評・レポート. Bookmark the permalink.

Comments are closed.