★△『プラネットC(癌惑星)を歩いて』 ナイル・ロジャーズ著 第92回(2011年4月19日)

★△『プラネットC(癌惑星)を歩いて』 ナイル・ロジャーズ著 吉岡正晴訳 
第92回(2011年4月19日)
【Walking on Planet C by Nile Rodgers 】
闘病記。
2011年1月に癌手術を行ったナイル・ロジャーズ。彼が以来毎日その癌闘病記を書いています。題して「ウォーキング・オン・プラネットC~プラネットCを歩いて(癌惑星を歩いて)」。ソウル・サーチン・ブログでは、ナイル本人の了承を得て、日本語に翻訳し、写真なども同じものを掲載しています。1回目以降、全エントリーが次のファイルにあります。
http://ameblo.jp/soulsearchin/theme-10032211060.html
原文の更新は19日日本時間午後5時50分。
【Walking on Planet C by Nile Rodgers 】
第92回 バーナード・ナイト
#92 Bernard Night
Written on Monday, 18 April 2011 23:05 by Nile Rodgers (New York Time)
(Japan Standard Time, 19 April 2011 12:05)(uploaded 17:50)
Translated by Yoshioka Masaharu, The Soul Searcher
http://nilerodgers.com/blog/planet-c-blog-roll/319-walking-on-planet-c-bernard-night
吉岡正晴のソウル・サーチン-wopc-91_01main.jpg
アトランティックと契約し、人生がすべて変わった
シックがアトランティック・レコードと契約を結んだ日から、僕たちの人生は劇的に、永遠に変わった。その日から、昨夜まで続く道のりは、まさに生死の教訓を学んできた旅だった。
今、大阪に向かう新幹線に乗らなければならないので、詳しい話はまた後で書く。
日本に平和が訪れることを、そして、地球上の全ての人々に安らぎが訪れることを。バーナード・エドワーズが永久に忘れられることがないように祈って。
エヴリバディ・ダンス!
最新作『エヴリバディ・ダンス!』発売中
「ナード・ナイト」ブルーノート東京で、2011年4月18日の夜
吉岡正晴のソウル・サーチン-wopc-91_02fansofchic.jpg吉岡正晴のソウル・サーチン-wopc-91_03nardnight1.jpg
吉岡正晴のソウル・サーチン-wopc-91_04nardnight2.jpg吉岡正晴のソウル・サーチン-wopc-91_05tokyolove.jpg
吉岡正晴のソウル・サーチン-wopc-91_06nardnight3.jpg吉岡正晴のソウル・サーチン-wopc-91_07nardnight4.jpg
吉岡正晴のソウル・サーチン-wopc-91_08chiccheerstrut.jpg
Walking on Planet C>92>Bernard Night

This entry was posted in Walking On Planet C. Bookmark the permalink.

Comments are closed.