◆ 311 Catastrophe : My Thoughts For Earthquake

◆ 311 Catastrophe : My Thoughts For Earthquake (日本語訳は下にあります)
【311 Catastrophe: Where there’s a hope, there’s a life】
Catastrophe.
Since March 11, I have received many emails and concerning about my safety from outside of Japan as well as in Japan. Fortunately, I am safe and OK, so far, as well as my family and friends. I’d like to appreciate for your caring words so I think now is the time to write about my thoughts for this catastrophe.
$吉岡正晴のソウル・サーチン-shinbun
2:46pm, March 11, 2011. I was home (Shinagawa-ku, Tokyo, Japan). First shock was not so big. Shaky vibrate laterally. But it seems forever. Loooong. I didn’t know what to do, what should we do. Very scared. As Japanese, we’ve been experienced many earthquakes before, but this is the biggest ever that I experienced. Later, we learned this was magnitude 9.0 which was the 5 biggest in current history all over the world. I stood at middle of the room and didn’t know what to do. Stack of CDs and magazines, books, papers collapsed. However my room was safe and OK compared to others maybe because this is first floor.
Friend of mine who experienced Kobe Earthquake in 1996 said “(When Kobe Earthquake hit) During my sleep, suddenly I was lifted from the bed to ceiling, and TV monitor more than 200 lbs fly in the air. Today, I was at the sidewalk and felt “shit, once again!””
Soon trains and subways were all down, 2 hours later, mother called me to pick her up at Nihonbashi which is 6 miles from my home. When I said OK, I had no idea of how this earthquake was big and on my way there. But once I hit the main road, traffic was hell as bumper to bumper. Cars on 4 lanes each directions never moved, while people walking at a brisk pace both directions. Roads became parking lot. Look upon sky, it was dark and cloudy. It looks like “Armageddon”.
It would take only 20 or 30 minutes to get there normally, but it took almost 3 hours due to heavy traffic jam.
At the time, I didn’t realize this earthquake was such a disaster. But as time passes, I got to know this one was biggest earthquake in Japan’s history and also attacked by giant Tsunami.
I couldn’t say any words when I saw this Tsunami on TV later, and feel human being have no power to forces of nature.
Our colleagues, popular pop group Gospellers postponed their shows supposed to do on March 14 and 15.
Nile Rodgers delayed his daily blog due to Japan’s earthquake.
As the days passes, the number of deaths skyrocketed. After 4 days of earthquake and Tsunami, authorities still searching for residents, but have no idea of how many are missing and casualties.
Radio DJ plays “Kibou to iu na no hikari” (means Light Named Hope) by Japan’s renowned singer/songwriter Tatsuro Yamashita. Yes, right now, we need light named hope.
Aftershocks still going on, short of food and water, short of gasoline, planned-blackouts occurred, economy damaged little by little, nuclear plants have big problems going on.
Between those bleak, dismal news, there’s a hope. A 60 year-old man was found and saved after 2 days of drifting in the sea on the roof of the house which was hit and broke by Tsunami. 75 year-old lady was found and saved after 92 hours of earthquake. 20-year-old guy was found and saved after 96 hours. Her house was hit by Tsunami but didn’t drift and she never moved there.
New York Times reports character of Japanese who is still in order to make lines to buy something with nobody squeeze in even if it is at convenience store, at this crisis mode.
This is 311 Catastrophe. But we have to survive. What we need now is hope, courage, and love and spirit of caring each other. As Americans survive after 911, so do Japanese will survive after 311.
As they say, where there’s a will, there’s a way. I’d say, where there’s a hope, there’s a life. Where there’s a life, there’s a hope.
As show must go on, life must go on.
by Yoshioka Masaharu
The Soul Searcher
+++++
カタストロフィー。
3月11日以来、僕が無事かどうかと心配する多くのEメールや問い合わせなどを国外、国内からもらった。幸いにも僕や仕事仲間、家族は無事で特に問題なく過ごしている。みなさんの優しい言葉に大変感謝すると同時に、このあたりで今回の大地震についての考えを少し記しておきたいと思った。
2011年3月11日、午後2時46分。僕は東京・品川の自宅にいた。第一波はそれほど大きくなかった。しかし、すぐに横揺れが来た。この横揺れが永遠に続くのではないかとおもうほど、長く感じられた。どうすればいいか途方にくれた。とても怖かった。日本人として、僕はこれまでにも多くの地震を経験している。だが、今回の地震は生涯最大のものだった。後に、これがマグニチュード9.0で、近年史上、世界でも5大地震に入ると知る。部屋の真ん中に立ち尽くし、なす術がなかった。CDや雑誌、書籍、書類の束が崩れた。だが、僕の部屋は比較的友人たちのそれと比べれば被害は少なかったようだ。たぶん、ここが1階のせいなのだろう。
1996年の神戸震災を経験している友人は、「あのときは、寝てるベッドから天井まで突き上げられ、100キロ以上あるテレビ・モニターが飛んだ。今日、僕は歩道にいたが、『くそ、またか』と思った」と言っていた。
すぐに電車、地下鉄などが不通となり、2時間後、母親がうちから10キロほどの日本橋にいるので迎えに来てくれと電話をよこした。僕はそれを二つ返事で了承し、日本橋に向かったが、そのときはこの事の重大さをまだ認識していなかった。
しかし、幹線道路に出たとたん、身動きできないほどの大渋滞になっていた。4車線両方向とも車はぎっしりつまり、動かず、その道はまるで駐車場のようになり、人々はこれも両方向、足早に歩いていた。空を見上げると薄暗い雲が覆い、まるで『アルマゲドン』のようだった。
普通日本橋までは20分か30分で到着するが、この超渋滞のために3時間もかかった。
その時点でも、この地震がこれほどの惨劇とはまだ知らなかった。だが、時を経るにつれ、これが日本史上最悪の地震であり、また、津波の被害も甚大であることが判明してきた。
津波の様子を後にテレビなどで見ると、もはや言葉を失った。そして、人間とは自然の力にいかに無力かを知らされた。
人気グループ、ゴスペラーズは3月14日、15日に行われる予定だったショーを延期した。
ナイル・ロジャーズも日本の地震に胸を痛め彼のブログ発表を延期した。
さらに時が経て、死者数は急上昇し、地震後4日経っても、当局は被災者を探し続けている。行方不明者と犠牲者がどれほどの数になるかまったく見当もつかない。
ラジオDJが日本の素晴らしいシンガー・ソングライター、山下達郎の「希望という名のひかり」をかけた。そう、今こそ、僕たちには希望という名の光が必要だ。
余震がまだ続き、食料・水・ガソリンが不足し、計画停電が行われ、経済が徐々にダメージを受け、原発では大きな問題が現在進行形で進んでいる。
そうした暗く暗澹としたニューズの合間にひとかどの希望もあった。60歳の男性が、津波で壊された自宅の屋根の上で漂流し2日後に救助された。75歳の女性が地震から92時間後に、やはり津波で壊された自宅内で救助された。彼女は流されなかった家からまったく動かずじっとしていた。20歳代の男性も96時間後に救出されている。
ニューヨーク・タイムズは、この非常事態にも、たとえコンビニエンス・ストアでも、割り込まずきちんと列に並ぶ日本人の性質をレポートしている。
これは311惨劇・悲劇だ。だが、僕たちは生き延びなければならない。今僕たちに必要なのは、希望であり、勇気であり、愛であり、お互いを思いやるスピリットだ。アメリカ人が911から生き延びたように、日本人もこの311を生き延びる。
意志あるところに道があり、と言われる。僕はこう言いたい。そこに希望があれば、命、人生が生きながらえる。人生があれば、希望が生まれる。
ショーは続けなければならない。人生も生き続けなければならない。
+++++
ESSAY>Earthquake

This entry was posted in エッセイ>ブログ関連. Bookmark the permalink.

Comments are closed.