◎フランク・マッコム・ライヴ~新作『ニュー・ビギニング』を従えて

◎フランク・マッコム・ライヴ~新作『ニュー・ビギニング』を従えて
【Frank McComb Live With New Album】
新作。
このところ定期的にやってきて、日本でも固定ファンができてきた感のあるフランク・マッコム。2009年12月以来、約1年3ヶ月ぶりの来日だ。今回は3月にちょうど最新作『ア・ニュー・ビギニング』がリリースされ、その発売サポート・ライヴという形になった。
今回のメンバーは、ドラムスのロバート・ミラー以外、初の組み合わせ。ベースのアンソニー・クロフォードはメンフィス出身の新進気鋭のベース奏者。『レッツ・グルーヴ』でシャラマーがライヴをしたときに来ていた。また、パーカッションのティンバリ・コーンウェルは、ヴェテラン・パーカッション奏者。多くのミュージシャンのサポートをしてきた。プレイしていたパーカッションは自分のハンドメイドだそうだ。
新作『ニュー・ビギニング』から2曲(セットによって3曲だったりしたようだ)程度やる。新作はけっこう歌を聞かせる感じで、日本人好みの出来になっている。
フランクのライヴは、ジャム・セッション的なニュアンスが強く、かなりインストゥルメンタルが長くなるが、やはり、彼の歌声が聴かれるとびしっとショーもしまる。演奏曲を短くして、歌物をもっと増やしてくれると嬉しい。その意味で、レイラ・ハサウェイと一緒にやったライヴは、素晴らしかった。
印象に残ったのは、最後の「ドゥ・ユー・リメンバー・ラヴ」から、スティーヴィー・ワンダーの「ユーヴ・ガット・ア・バッド・ガール」へメドレーで流れ込んだあたり。
ライヴ後は、サイン会。ティンバリも、自身で作ったパーカッション「シェイカーレイ」を販売していた。ライヴ後、客席にでてきたフランクは、「ヘイ、ヨシオカ、このベースプレイヤーにインタヴューしろよ」と僕に言い、横のアンソニーに「彼のインタヴューを受けろ。いろいろ書いてくれるぞ」と促す。「そうだ、僕にもインタヴューしてくれ。明日、都合どうだ?」と、さすがにマネージャーなし、なんでもやってしまうすべてセルフ・マネージメントの男だ。
■ 最新作『ア・ニュー・ビギニング』

A New Beginning
A New Beginning
posted with amazlet at 11.03.08
Frank McComb ブランフォード・マルサリス
VAA Urban (2011-03-02)
売り上げランキング: 1572

■ ライヴ・イン・アトランタ

LIVE In Atlanta Vol.1(DVD付)
LIVE In Atlanta Vol.1(DVD付)
posted with amazlet at 11.03.08
フランク・マッコム
Village Again (2007-12-12)
売り上げランキング: 5839

■ フランク・マッコム過去記事
(2004年の初来日からかなり追っかけてます)
2009年12月26日(土)
フランク・マッコム・ライヴ@モーション・ブルー
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10419667061.html
December 29, 2007
Frank McComb & Gatz Live: Back To Back
【「もっと歌って」のフランク・マッコム・ライヴ】
http://blog.soulsearchin.com/archives/002232.html
December 07, 2006
Frank McComb Live At Cotton Club
http://blog.soulsearchin.com/archives/001440.html
2004/02/16 (Mon)
Second Coming Of Donny Hathaway? : Frank McComb Is Keep On Runnin’ Like Forrest Gump
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200402/diary20040216.html
2004/04/16 (Fri)
Frank McComb Live At Motion Blue: Music As Colorful Tapestry
http://www.soulsearchin.com//entertainment/music/live/diary20040416.html
2004/04/17 (Sat)
Standing In The Shadows Of Donny: Frank McComb, Day Two
http://www.soulsearchin.com//entertainment/music/live/diary20040417.html
2004/04/18 (Sun)
Frank McComb Has Memories Of When He Was 2-Year-Old
http://www.soulsearchin.com//entertainment/music/interview/diary20040418.html
2004/04/19 (Mon)
Frank McComb’s “Song For You”
http://www.soulsearchin.com//soul-diary/archive/200404/diary20040419.html
2004/05/11 (Tue)
As If Two Hathaways As One: Lalah Hathaway & Frank McComb Live
http://www.soulsearchin.com//entertainment/music/live/diary20040511.html
2004/05/14 (Fri)
Miraculous Harmony, Harmony Of Footsteps: Lalah & Frank
http://www.soulsearchin.com//soul-diary/archive/200405/diary20040514.html
2004/12/20 (Mon)
Frank McComb Played For Prince
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200412/diary20041220.html
2004/12/22 (Wed)
Wrote Autograph After The Show, Everyday: Frank McComb
http://www.soulsearchin.com//soul-diary/archive/200412/diary20041222.html
June 23, 2005
Prince Talks In Japanese, Frank McComb Was Playing With Prince
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200506/2005_06_23.html
September 04, 2006
Tokyo Jazz Live: Young Meets Old, East Meets West, Fresh Meets Mature…All Happening Here
http://blog.soulsearchin.com/archives/001248.html
September 18, 2006
Frank McComb’s Night Session…
http://blog.soulsearchin.com/archives/001271.html
December 07, 2006
Frank McComb Live At Cotton Club
http://blog.soulsearchin.com/archives/001440.html
■ メンバー
Frank McComb(vo,p,key) フランク・マッコム
Anthony Crawford(b)
Timbali Cornwell(per)
Robert Miller(ds)
■ セットリスト フランク・マッコム、3月4日金曜、コットンクラブ
Setlist : Frank McComb, Cotton Club, March 4, 2011
Show started 21:31
01. Inspire A Life
02. Shine
03. Future Love
04. And Now I’m Fighting
05. Fools
06. Cupid’s Arrow
07. Superstition
08. Do You Remember Love – You Got Bad Girl
Show ended 22:57
(2011年3月4日金曜、コットンクラブ、フランク・マッコム・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>McComb, Frank
2011-

This entry was posted in ライヴ評・レポート. Bookmark the permalink.

Comments are closed.