□いよいよ今日グラミー賞

□いよいよ今日グラミー賞
【53rd Grammy Award: Today 10am】
決定。
第53回グラミー賞が、今日の朝10時から発表される。すでに2月12日(土)付け「ソウル・サーチン・ブログ」で51部門の予想をした。昼の1時頃までに大勢が決定する。テレビ中継で発表される賞以外の賞は10時ころに発表される。
http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20110212.html
今回は、ブログで触れたB’zの松本孝、喜多郎のほかに、日本人では、「ベスト・レゲエ・アルバム」部門で元外交官という阿曽沼和彦さん(スライ&ロビーのアルバム『ワン・ポップ・レゲエ+』をプロデュース)とクラシック部門の「ベスト・インストゥルメンタル・ソロイスト・パフォーマンス(ウィズ・オーケストラ)」部門で内田光子さんもノミネートされている。内田さんは、クリーヴランド・オーケストラの一員で、今回は、モーツァルトの「ピアノコンチェルト23番、24番」のソロでノミネートされている。また、日本関連ということで、「ベスト・トラディショナル・フォーク・アルバム」部門のジョン・ハートフォード・ストリングバンドのアルバム『メモリーズ・オブ・ジョン』は、日本のレッド・クレイ・レコードが原盤制作をおこなった作品だという。プロデューサーとしてクレジットがあれば、受賞資格がある。
日曜の『ソウル・ブレンズ』では、R&B部門の紹介をしたが、最後に主要4部門の話を少しだけした。そこで、「ベスト・ニュー・アーティスト」に僕はエスペランザを本命に上げ、ジャスティン・ビーバーを対抗にしたが、マーヴィンは、ジャスティン・ビーバーでしょう、と言ってた。そう言われると、そうかもしれないと思い始めた。(笑)
グラミー賞発表は日本時間で今日、2011年2月14日午前10時から。生中継見ながら、ツイッターでつぶやく予定。
+++++
『ディスコティック・ラヴ』、ナバーナで完売
完売。
『ソウル・ブレンズ』のスタジオに行ったら、オッシーが監修したディスコのオムニバス・アルバム『ディスコティック・ラヴ』の即売会を金曜と土曜に、六本木のディスコ「ナバーナ」でやったら、二日で100枚が完売したという。これは、すごい数字だ。驚いた。二日で来客5-600くらいなので5人に1人くらいが買った計算。ライヴでの即売など数パーセントが普通だから、驚異的。逆に言うと、みんなめったにCDショップに行かないということなんだろう。そして、オッシーがCD即売のところに立って、サインすれば、どんどんお買い上げ~。このCD、2940円なので、3000円お預かりすると、60円のおつりになる。これがけっこうめんどくさい金額で。「めんどくさいでしょ、60円、おつりまにあった?」と訊くと、「そうそう、足りなくなって、最後は100円、おつりわたしちゃいました」って。(笑)

ディスコティック・ラヴ
オムニバス
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル (2011-02-02)
売り上げランキング: 8107

AWARD>Grammy

This entry was posted in アワード関連. Bookmark the permalink.

Comments are closed.