●ロバート・ウィルソン(ギャップ・バンド)53歳で死去

●ロバート・ウィルソン(ギャップ・バンド)53歳で死去
【Robert Wilson Of Gap Band Dies At 53】
訃報。
ファンク・バンドとして名高いギャップ・バンドのベース奏者、ロバート・ウィルソンが2010年8月15日(日曜)、カリフォルニアの自宅で死去しているところを発見された。53歳だった。心臓発作で死去した模様。
ロバートは、ギャップ・バンドを構成するウィルソン3兄弟の末っ子。上から順に、ロニー、チャーリー(1953年1月29日生まれ)に続く3男で1956年12月生まれ。リード・シンガー、チャーリーは現在主にソロとして活動。ロバートはギャップ・バンドのベース担当として活動していた。
ウィルソン兄弟は、オクラホマ州タルサ生まれ。父親は同地で教会の牧師。3人の子供たちはそこで厳格に育てられ、ゴスペルの洗礼を受けた。そして、この3兄弟によって、1967年ごろ、グループが結成された。当初はウィルソン兄弟、さらに、グリーンウッド・アーチャー・パイン・バンドと名乗って活動を始めた。このグループ名は地元タルサにある3つのストリートの名前を取ったもの。さらにこれではグループ名が長すぎるということで、3つの単語の頭文字を取ってGAPバンドとした。
1972年、同じタルサ出身の先輩ミュージシャンでもあるリオン・ラッセルが設立したシェルター・レコードからアルバム・デビュー。その後、タトゥー・レコードを経て、1978年、ロスの有力プロデューサー、ロニー・シモンズの力を得てマーキュリーと契約。「シェイク」が1979年3月からヒットし、ブレイク。以後、「バーン・ラバー」、「アーリー・イン・ザ・モーニング」、「ユー・ドロップド・ア・ボム・オン・ミー」、「アウトスタンディング」など多数のファンクヒットを輩出。しかし、彼らをマネージしていたロニー・シモンズと折り合いが悪くなり、1989年、キャピトルに移籍。その後、インディでアルバムをリリースしていた。また、途中、リード・シンガーのチャーリー・ウィルソンが1992年、MCAからソロ・デビュー。現在でも活躍を続けている。
ギャップ・バンドの作品は、ファンク作品として多くのヒップ・ホップ系アーティストからサンプリングされている。「アウトスタンディング」は、アシャンティ、ブラックストリート、Rケリー、ソウル・フォー・リアルなど多数に、「イエーニング・フォー・ラヴ」も、ア・ドライブ・コールド・クエスト、ヘヴィーD、NASなどにサンプリングされている。
ギャップ・バンドは、1970年代に横浜のディスコに出演のため来日、1990年7月汐留パックスシアター、1994年横浜、1995年日比谷野外音楽堂(『レッツ・グルーヴ』)と来日している。このほかに、リード・シンガーのチャーリー・ウィルソンがソロとして、2007年4月コットン・クラブ、2008年8月ビルボードライブに来日している。
2010年8月28日にギャップ・バンドは、ローズボール・イヴェント・センターでライヴ出演する予定だったが、予定通り出演し、ロバートへ捧げるショーとなる予定。
タルサ・ワールド紙
http://www.tulsaworld.com/scene/article.aspx?subjectid=269&articleid=20100816_269_A12_CUTLIN206688
■過去関連記事
2007年04月25日(水)
熱圧
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10031781901.html
2008年08月06日(水)
チャーリー・ウィルソン 93分、汗だくファンクの真髄
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10124112035.html
■ ギャップバンド ベストオブ

Best of
Best of

posted with amazlet at 10.08.16
Gap Band
Island / Mercury (1994-06-07)
売り上げランキング: 6575

OBITUARY>Wilson, Robert, December 1956 – August 15, 2010, 53 year-old

This entry was posted in 訃報関連. Bookmark the permalink.

One Response to ●ロバート・ウィルソン(ギャップ・バンド)53歳で死去

  1. BOB says:

    SECRET: 0
    PASS:
    うっ 早すぎます デも彼は・・・かなりジャ●キーだったと。