△第52回グラミー賞予想 (パート1)発表は2010年1月31日(=日本時間2月1日)

△第52回グラミー賞予想 (パート1)発表は2010年1月31日(=日本時間2月1日)
【52nd Grammy Predictions(Part 1)】
予想。
発表が来週に迫ったグラミー、恒例、グラミー賞予想。本ソウル・サーチン・サイトでのグラミー予想も2002年度以来8年目。僕個人でグラミーの予想を始めたのは1981年頃から。当初は、音楽業界誌ミュージック・ラボで予想していた。同誌が廃刊になった後は、単発で音楽雑誌などに寄稿していたが、2002年度からはこのウェッブで予想している。本命と対抗の合計で6割以上当てることを目標にしている。一応、過去すべて6割以上は確保している。
今年は、ビヨンセが10部門ノミネートだが、これが意外と圧倒的な強さに見えない。
2009年12月2日ロスアンジェルスのノキア・シアターで発表された第52回グラミー賞、まず、主要4部門とR&B部門を予想する。
今年はビヨンセが驚異の10部門ノミネート、テイラー・スイフト(19歳のカントリー・シンガー)が8部門、ブラック・アイド・ピーズ、マックスウェル、カニエ・ウェストが6部門のノミネートを獲得している。ベスト・ニュー・アーティストには、ザック・ブラウン・バンド、ケリー・ヒルソン、MGMT、シルヴァーサン・ピックアップス、ザ・ティン・ティンズらがノミネートされている。
今年のグラミー賞は2010年1月31日(日本時間2月1日午前10時から。日本では衛星有料放送のWOWOW[ワウワウ]が生中継)ロスアンジェルスのステイプルズ・センターで発表される。
グラミーの最新情報に関しては、ツイッター、フェイスブックなどでも随時アップされる。
これまで過去7年の予想とその結果は次の通り。(過去分はすべてソウル・サーチン・ダイアリーに予想と結果がでています)
2008年度(51回)(2009年2月8日発表) 44部門 本命的中19 対抗的中15 計34 .773
2007年度(50回)(2008年2月10日発表) 46部門 本命的中24部門 対抗16部門 計40部門 .870
2006年度(49回)(2007年2月11日発表)42部門 本命的中19部門 対抗9部門 計28部門 .667
2005年度(48回)(2006年2月8日発表)42部門 本命的中18部門 対抗12部門 計30部門 .714
2004年度(第47回)(2005年2月14日発表)46部門 本命26部門 対抗7部門 計33部門 .717
2003年度(第46回)(2004年2月8日発表) 47部門 本命20部門 対抗14部門 計34部門 .723
2002年度(第45回)(2003年2月23日発表) 33部門 本命18部門 対抗5部門 計23部門 .696
(発表日は現地時間、日本時間はこの翌日にあたる)
第52回グラミー賞(2009年度)ノミネートの完全リストは次のリンクへ。
http://www.grammy.com/grammy_awards/52nd_show/list.aspx
主なノミネート、ソウル・サーチャーの予想(パート1)は次の通り。
Album Of The Year:
本命I Am…Sasha Fierce (Beyoncé)
アイ・アム... サーシャ・フィアース プラチナム・エディション(期間生産限定盤)(DVD付)
The E.N.D. (the Black Eyed Peas)
The E.N.D. (The Energy Never Dies)
The Fame (Lady Gaga)
The Fame
Big Whiskey And The Groogrux King (Dave Matthews Band)
Big Whiskey & the GrooGrux King
対抗 Fearless (Taylor Swift)
FEARLESS
Record Of The Year:
本命 ”Halo” (Beyoncé)
“I Gotta Feeling” (the Black Eyed Peas)
“Use Somebody” (Kings Of Leon)
“Poker Face” (Lady Gaga)
対抗 ”You Belong With Me” (Taylor Swift)
Song Of The Year:
対抗”Poker Face,” Lady Gaga & RedOne, songwriters (Lady Gaga)
“Pretty Wings,” Hod David & Musze, songwriters (Maxwell)
“Single Ladies (Put A Ring On It),” Thaddis Harrell, Beyoncé Knowles, Terius Nash & Christopher Stewart, songwriters (Beyoncé)
“Use Somebody, “Caleb Followill, Jared Followill, Matthew Followill & Nathan Followill, songwriters (Kings Of Leon)
本命”You Belong With Me,” Liz Rose & Taylor Swift, songwriters (Taylor Swift)
いずれの3部門も、ビヨンセ、テイラー・スイフト、レディー・ガガの3者が横並びだと思う。どれが来てもおかしくない。それぞれ25~30%くらいの得票率ではないか。しいていえば、カントリー票は手堅いが、ブラック系支持層がビヨンセとブラック・アイド・ピーズ、ポップ・ロック系支持層がレディー・ガガとブラック・アイド・ピーズに割れるのではないか。となると、するするっと、カントリー系テイラーが僅差でトップ(勝者)になる可能性がある。ビヨンセの3部門制覇というのは、ないと思う。すると、どこを落とすかという予想だが、しいていえば、「ソング」か。またアルバムも、レディー・ガガ、ブラック・アイド・ピーズもいいので、油断すると、そのあたりにもっていかれる。かつてのノラ・ジョーンズ、レイ・チャールズのときのような盤石、絶対確実という感じがしない。
Best New Artist:
対抗 Zac Brown Band
本命 Keri Hilson
MGMT
Silversun Pickups
The Ting Tings
MGMT、シルヴァーサン・ピックアップス、ティング・ティングがロック系で票が割れそう。ケリとザックが並びで本命のような感じ。予想、難しい。
Producer Of The Year, Non-Classical:
対抗 T Bone Burnett,
Ethan Johns,
本命 Larry Klein,
Greg Kurstin,
Brendan O’Brien
実績からいくと、ラリーかTボーンと思われる。
Field 6 — R&B
Category 23
Best Female R&B Vocal Performance
(For a solo vocal performance. Singles or Tracks only.)
本命•Single Ladies (Put A Ring On It)/Beyoncé
•It Kills Me/Melanie Fiona
•That Was Then / Lalah Hathaway
対抗•Goin’ Thru Changes / Ledisi
•Lions, Tigers & Bears / Jazmine Sullivan
Category 24
Best Male R&B Vocal Performance
(For a solo vocal performance. Singles or Tracks only.)
本命•The Point Of It All / Anthony Hamilton
対抗•Pretty Wings / Maxwell
•Sobeautiful/ Musiq Soulchild
•Under / Pleasure P
•There Goes My Baby/ Charlie Wilson
Category 25
Best R&B Performance By A Duo Or Group With Vocals
(For duo, group or collaborative performances, with vocals. Singles or Tracks only.)
•Blame It / Jamie Foxx & T-Pain
対抗•Chocolate High / India.Arie & Musiq Soulchild
本命•Ifuleave / Musiq Soulchild & Mary J. Blige
•Higher Ground / Robert Randolph & The Clark Sisters
•Love Has Finally Come At Last/ Calvin Richardson & Ann Nesby
Category 26
Best Traditional R&B Vocal Performance
(For solo, duo, group or collaborative performances, with vocals. Singles or Tracks only.)
本命•At Last / Beyoncé
対抗•Soul Music / Anthony Hamilton
•Don’t Let Me Be Lonely Tonight / Boney James & Quinn
•Sow Love / Ann Nesby
•Woman Gotta Have It / Calvin Richardson
Category 27
Best Urban/Alternative Performance
(For solo, duo, group or collaborative performances, with vocals. Singles or Tracks only.)
•Daykeeper / The Foreign Exchange
対抗•All Matter / Robert Glasper & Bilal
本命•Pearls/ India.Arie & Dobet Gnahore
•A Tale Of Two / Eric Roberson, Ben O’Neill & Michelle Thompson
•Blend/ Tonex
Category 28
Best R&B Song
(A Songwriter(s) Award. For Song Eligibility Guidelines see Category #3. (Artist names appear in parentheses.) Singles or Tracks only.)
•Blame It / James T. Brown, John Conte, Jr., Jamie Foxx, Christopher Henderson, Brandon R. Melanchon, Breyon Prescott, T-Pain & Nathan L. Walker, songwriters (Jamie Foxx & T-Pain)
•Lions, Tigers & Bears / Salaam Remi & Jazmine Sullivan, songwriters (Jazmine Sullivan)
対抗•Pretty Wings / Hod David & Musze, songwriters (Maxwell)
本命•Single Ladies (Put A Ring On It) / Thaddis Harrell, Beyoncé Knowles, Terius Nash & Christopher Stewart, songwriters (Beyoncé)
•Under / D. Babbs, L. Bereal, M. Cooper, A. Dixon, J. Franklin, T. Jones, R. New & K. Stephens, songwriters (Pleasure P)
Category 29
Best R&B Album
(For albums containing 51% or more playing time of VOCAL tracks.)
本命•The Point Of It All / Anthony Hamilton
The Point of It All
対抗•Testimony: Vol. 2, Love & Politics / India.Arie
テスティモニー:VOL.2:ラヴ&ポリティクス
•Turn Me Loose / Ledisi
Turn Me Loose
•Blacksummers’ Night / Maxwell
BLACKsummers'night
•Uncle Charlie / Charlie Wilson
Uncle Charlie
レデシーも対抗にいれておきたいが…。ここは難しい。
Category 30
Best Contemporary R&B Album
(For albums containing 51% or more playing time of VOCAL tracks.)
本命•I Am… Sasha Fierce / Beyoncé
I Am… Sasha Fierce
•Intuition / Jamie Foxx
Intuition
•The Introduction Of Marcus Cooper / Pleasure P
The Introduction of Marcus Cooper
•Ready / Trey Songz
Ready
対抗•Thr33 Ringz / T-Pain
Thr33 Ringz
R&B部門でのビヨンセは鉄壁だろう。
今日の予想は、以上、主要4部門、R&B部門8部門、他(プロデューサー・ノンクラシカル)1部門、計13部門。明日は、その他のポップ部門などを予想する。
ENT>AWARD>GRAMMY>52nd>Predictions

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.