◎クリスマス時期の風物詩~スタイリスティックス~日本との相性抜群

◎クリスマス時期の風物詩~スタイリスティックス~日本との相性抜群
【Christmas Season Is Stylistics’ Season】
風物詩。
まさにこのところ12月の風物詩となりつつあるスタイリスティックスの来日コンサート。
司会役のハーブ・マレルが、なんと、中央で高いスツールに座って歌っているではないか。一番びっくりした。彼はずっと座っていたが、1曲だけ自身がリードを取る「ディスコ・ベイビー」のときだけ、立って振付けながら、歌った。ひょっとして、どこか怪我でもしたのか、ちょっと心配になり、後で聞くと、3週間ほど前、ロンドンあたりでちょっと腰を痛めたらしく、日本でも何度か針治療をしているそうだ。ただ、まあ、ちくちくするらしいが、時間をかければ直るらしい。「日本から帰れば、1月には2週間のオフがあるので、そのときには直せると思うよ」とハーブは元気そうに言っていた。
ハーブが座っている以外、すべて変わらぬ、「普遍」「不変」ショー。月曜ファーストというのに、ほぼ満員。このスタイリスティックスの集客力はすごい。
基本の立ち位置は、向かって左側(下手)からエアリオン・ラヴ、ヴァン・フィールズ、座ってるハーブ・マレル(MC)、そして一番右がイーバン(リード・シンガー=ファルセット)。セットリストは、もちろん昨年とは若干入れ替えているが、おなじみのヒット曲満載であることにはまちがいない。
そして思うのが、彼らの楽曲がとても日本人向けにできている、ということ。今回のアンコール「フロム・ザ・マウンテン」など、まさに日本の演歌曲にさえなりそう。アメリカの演歌だ。なので、この曲の日本語版を作って日本人シンガー(それも演歌の)なんかに歌ってもらったら、おもしろいのではないか、と思った。そして、そこから発展して、またスタイリスティックスが何かまた日本の曲をカヴァーするなんて企画も十分にいいかもしれない。スタイリスティックス楽曲を日本のソウル系シンガーがカヴァーし、トリビュート盤を作るのもいい。
毎度のことながら、低音のハーブのMCぶりが実に粋でかっこいい。MCでの自己紹介で、メンバーがそれぞれ自分の星座を言う。いかにもアメリカのソウルグループっぽい。エアリオン・ラヴ=8月8日生まれ・リブラ(しし座)、ヴァン・フィールズ=11月12日生まれ・スコーピオ(さそり座)、イーバン=6月14日生まれ・ジェミナイ(ふたご座)、ハーブ・マレル=4月27日生まれ・ターラス(おうし座)だ。
■ スタイリスティックス・最新ベスト盤 『”シングルズ 1970~1977″』
2010年12月8日発売=スタイリスティックスのアヴコ/H&L時代のシングルのA面B面両面を1977年まですべて収録した2枚組み。最初のシングルのB面(レット・ザ・ジャンキー・バスト・ザ・プッシャー )は、長くLP未収録だったため本邦初CD化となった。ライナーノーツ、書いています。

シングルズ 1970~1977
シングルズ 1970~1977

posted with amazlet at 10.12.20
スタイリスティックス
ビクターエンタテインメント (2010-12-08)
売り上げランキング: 26662

■スタイリスティックス公演は2010年12月25日(土)までビルボード東京で。
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=calendar&shop=1
この後、横浜(26日)、札幌(28日)がある。
■ スタイリスティックス過去記事
2009年12月25日(金)
クリスマスにスタイリスティックス~継続アーティストだけがもてる特権
http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20091225.html
December 23, 2008
スタイリスティックス~ザット・セイム・ウェイ
http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20081223.html
April 16, 2008
Stylistics : Magic Of The Song
【「愛がすべて」、その魔力のすべて】
http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20080416.html
December 22, 2007
Stylistics : Take Me Back To The 70s
【スタイリスティックス・ライヴ~70年代のあのころへフラッシュバック~】
http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20071222.html
December 24, 2007
Stylistics : They Love Japan, Japan Love Stylistics
【スタイリスティックス、日本を愛す、日本人、スタイリスティックスを愛す】
http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20071224.html
April 14, 2005
Stylistics Live At Kentos: After 37 Years, They Still Keep On Singing
http://blog.soulsearchin.com/archives/000035.html
ソウル・サーチャーが行った前回のライヴ。
April 15, 2005
Never Dreamed I’d Meet Them 30 Years After
http://blog.soulsearchin.com/archives/000041.html
そのときの続き。
スタイリスティックス 『スタイリスティックス登場』ライナーノーツ
http://www.soulsearchin.com//entertainment/music/linernotes/stylistics20011024.html
November 08, 2006
Linda Creed: Great Lyricist
http://blog.soulsearchin.com/archives/001381.html
スタイリスティックスの初期の大ヒット作品の歌詞を多数書いたリンダ・クリードについて。
November 09, 2006
Top 15 Linda Creed Songs Selected By The Soul Searcher
http://blog.soulsearchin.com/archives/001382.html
そのリンダ・クリードが世に送り出した作品の、ソウル・サーチャーが選んだトップ15。
November 10, 2006
The World Of Linda Creed: Portrays The Blackness
http://blog.soulsearchin.com/archives/001383.html
リンダ・クリード、スタイリスティックスのヒット「チルドレン・オブ・ザ・ナイト」、スピナーズのヒット「ゲットー・チャイルド」の訳詞。
■ メンバー
スタイリスティックス=
エアリオン・ラヴ / Airrion Love(Vocals)
ハーバート・マレル / Herbert Murrell(Vocals)
ハロルド‘イーバン’ブラウン / Harold ‘Eban’ Brown(Vocals)
ヴァン・フィールズ / Van Fields(Vocals)
ハーヴェイ・ペリー / Harvey Perry(Keyboards)
ジェノ・メイヤー / Jeno Meyer(Keyboards)
ラザフォード・ゲイ / Rutherford Gay(Guitar)
ロビン・J・レオナード / Robin J.Leonard(Bass)
ラッセル・ウィークリー / Russell Weekley(Drums)
■セットリスト スタイリスティックス、2010年12月20日月曜、ビルボードライブ東京
setlist Stylistics, Billboard Live Tokyo, December 20, 2010
show started 18:33
00. Intro
01. Rockin’ Roll Baby
02. Break Up To Make Up
03. Stop, Look, Listen (To Your Heart)
04. You Are Everything
05. It’s A Miracle
06. I’m Stone In Love With You
07. Betcha By Golly Wow
08. Disco Baby
09. Have Yourself A Merry Christmas
10. Sing Baby Sing
11. That Same Way
12. Members Introducing (including a riff of Funkin For Jamaica)
13. Let’s Put It All Together
14. You Make Me Feel Like Brand New
15. Funky Weekend
Encore From The Mountain
Encore Can’t Give You Anything But My Love ~ A riff of Billie Jean
Show ended 19:45
(2010年12月20日月曜、ビルボードライブ東京=スタイリスティックス・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Stylistics

This entry was posted in ライヴ評・レポート. Bookmark the permalink.

2 Responses to ◎クリスマス時期の風物詩~スタイリスティックス~日本との相性抜群

  1. as-one.roco says:

    SECRET: 0
    PASS:
    オススメの《フランクリンアベニュー》に行って ブルーチーズのハンバーガーを食べてきました。ホントくせになりそうな 美味しいチーズでした。正直ハンバーガーはファーストフードで食べてばかりですが。焼きたてパテとパリッとした焼きたてパンは最高でした。ハンバーガーは手で食べるもんだぁと夢中で食べました~手も口もベタベタしたけど。スマートに食べるには、どうしたら いいのでしょう?? ひとりでカウンターに座ったので 焼くとこ はさむとこ じっくり見ちゃいました。
    そもそも R&B好き。マイケル、久保田ファンで ブログを見させて頂いてますが 美味しいお店も参考にしてます。 マイケルのアルバムを早く買わなきゃ と 思ってます。
    スタイリスティクス行きたかったァ~

  2. love&peace says:

    SECRET: 0
    PASS:
    吉岡先生こんにちは。
    以前、先生がゴスペラーズの皆さんのラジオ番組に出演していたときから、ブラックミュージックを色々紹介していただいてたくさん好きな曲を見つけている者です。
    22日にスタイリスティックスのライブに彼を誘っていってきました。
    正直私は1曲しか知りませんでしたが,彼はずっと行きたかったみたいだったで、プレゼントしました。
    当日は1曲しか知らない私でも最初から最後まで楽しめました。
    彼も全部知っている曲でとても楽しかったそうです。さらに、バックのギターかベースの人も好きでいつかライブに行きたいと思っていたそうで、いっきに夢が2つ叶ったって喜んでいました。最後には握手も出来ていい思い出になりました。
    今私がソウルミュージックが好きなのは、先生とゴスペラーズ皆さんのおかげです。ありがとうございます。
    これからもブログ楽しみにしています。