◆ここ1-2週間のいろいろ~ソウル・サーチンからソウル・キッチン

◆ここ1-2週間のいろいろ~ソウル・サーチンからソウル・キッチン
【Bits & Pieces About Last 2 Weeks】
バタバタ。
今週はけっこうスケジュールがタイトで、厳しい。そこで、「棚つか」(棚からひとつかみ)ならぬ「ネタつか」。いくつかあるネタをぱっとつかんで、かいつまんでご紹介。12月はバタバタ・マンス。
12月14日(火)、まだマイケルの新作『マイケル』の本盤のCD届かず。アマゾンあたりで発注した人は月曜あたりに到着してるところもあるようだ。このアルバム、オーストラリア、ベルギー、ドイツでは、12月10日発売、イギリスが12月13日発売、アメリカ、ブラジル、台湾が12月14日発売、そして、日本が12月15日発売。ちなみに中国でも12月20日に発売される。
12月14日(火)午後、映画配給会社ビターズ・エンドから、今度公開される映画『ソウル・キッチン』のDVDが届く。先日、J-Waveの持田さんからご紹介され、見せていただくことに。60年代、70年代のソウル・ミュージックがふんだんに流れるドイツの大衆食堂を舞台にした映画で、とっても僕好みっぽそうな感じ。とりあえず、テレビで流しながら、原稿。
12月14日(火曜)は、ブルーノートでサム・ムーア。これは2年ぶりのライヴ。毎回見ているが、今回も元気いっぱいのよう。日曜日・コットンから始まり、月曜以降ブルーノート。今回は、ブルノでは一日2回のショーが組まれ、火曜だけワンショー。ゴスペラーズの村上・酒井両氏は月曜に行ったよう。楽屋でブレンダ・ヴォーンがサムから聞いた話として、「アレサの入院は検査入院なのに大きな騒動になっている」とのこと。今後の情報を注目したい。
1月初旬発売の日経トレンディ・特別増刊号のマイケル特集の記事の締切が五月雨式にやってきている。今週いっぱいこれに忙殺。8月に取っていたリビー・ジャクソン、2月に取ったバシリ・ジョンソン、5月のジュディス・ヒルのインタヴューなどを一挙に公開。
ここ1-2週間で見たライヴで、まだライヴ評をあげてないものがいくつか。
11月29日(月)AIのライヴは書いた。11月30日(火)、マイケル新作試聴会は書いた。12月1日(水)、和田唱さんのトライセラトップスのライヴ@渋谷AX。ストレートなロック。立錐の余地もないほどの超満員でびっくり。すごい人気。12月2日(月)深夜、Bハワードがジェネヴィーヴ・ジャクソンの誕生日を祝うパーティー。3日(金)、竹内まりやさん@武道館は書いた。12月6日(月)のフォー・プレイ。月曜日、ケイリブと「ソウル・サーチン」の打ち合わせをしていると、ケイリブがこのあと、ブルノでフォー・プレイを見るというので、一緒に行くことになり、そこでAIもジョイン。うまい匠たちのプレイは、文句なし。ケイリブに「ソウル・サーチン」告知用のプロモーション用ビデオを路上で撮影。するが、暗くて、結局使えず、再撮影に。12月7日(火)、白川会は書いた。白川会に出席したためMaruことFireflyに行けず。ごめん。11日(土)デイヴィッドTは書いた。12日(日)仲間内の忘年会。約30名参加。半分幹事なので、マイケルの神宮のイヴェント行けず。13日(火)軽音部、原稿につまり、欠席。ごめん。
12月10日(金)、フォトグラファー・ナサさんの写真二人展渋谷にて。ケイリブと一緒に見る。そこで、「ソウル・サーチン」プロモ用ビデオを再度撮影。ケイリブは立て板に水で、ほんとしゃべりもうまい。この写真展でモデルとなったシンガーのレイケイさんと名刺交換。彼が歌っている音源を昨日、メール便で受領。スティーヴィーの「リボン・イン・ザ・スカイ」などをハウス仕立てで歌っている。
■ソウル・サーチン:ザ・セッション~ア・トリビュート・トゥ・クインシー・ジョーンズ
さて、今回の「ソウル・サーチン」は、紆余曲折、さんざん悩んで、クインシー・ジョーンズに決定。一両日中にメンバーなど発表します。2011年2月3日(木)、4日(金)、目黒ブルース・アレイです。カレンダーにマークを。
ケイリブのプロモ
http://www.bluesalley.co.jp/schedule/video/movie.html?c_code=Schedule-20101028161957
ブルース・アレイ告知
http://www.bluesalley.co.jp/schedule/syousai.html?c_code=Schedule-20101028161957&status=ok&disp_date=201102&type=s#b
候補リストをもって行き、ケイリブと喧々諤々(けんけんがくがく)。僕は本当はマイケルやジェームス・ブラウンをやりたいのだが、マイケルをやる場合は、絶対にダンサーを入れたい。もちろん、ブルーツリー(MJ-Spirit)にお願いしたい。だが、ブルースアレイのステージではとても無理。なくなく諦める。それと、マイケル・トリビュートは過去1年以上何本も見ているが、やはり、誰がどうやっても、いいものにならない、ということを毎回痛感してきた。よほどアレンジ力、楽曲の解釈力がないと、いいものにならない。JBも、マイケルも、本当にワン&オンリーで難しいのだ。で、いろんなアーティストの名前が出た。
過去8回やってきた「ソウル・サーチン」はいずれもソウル・ジャイアントばかり。ソウルの歴史に偉大な足跡を残したアーティストばかりだ。そんな中、最後までプリンスは候補に残ったが、リストの中でクインシー・ジョーンズの名前が浮上。クインシーならマイケルも含められる、ジャズの歴史、ポップスの歴史、そしてブラック・ミュージックの歴史を俯瞰できるということで、クインシーに決まった。
クインシーに決めた後は、あれもこれもと期待が広がり、えらく自分でも興奮してきた。あの曲とあの曲をメドレーにして、ジーノにバチバチ・ベース叩いてもらおうとか。「イッツ・マイ・パーティー」(レスリー・ゴーア)やりたいなあ。
詳細は後日。
■ マイケル・ジャクソン『マイケル』

MICHAEL
MICHAEL
posted with amazlet at 10.12.14
マイケル・ジャクソン
ソニーミュージックジャパンインターナショナル (2010-12-15)
売り上げランキング: 7

■ クインシー・ジョーンズ・ベスト

ベスト・オブ・クインシー・ジョーンズ
オムニバス クインシー・ジョーンズ ブランディー ジョージ・ベンソン マイケル・ジャクソン フランク・シナトラ サラ・ボーン アル・B・シュア! エル・デバージ パティ・オースティン
ダブリューイーエー・ジャパン (1999-02-05)
売り上げランキング: 63195

■ クインシー・ジョーンズ自叙伝

クインシー・ジョーンズ自叙伝
クインシー ジョーンズ
河出書房新社
売り上げランキング: 302016

■ クインシー・トリビュート、2008年モントルー・ライヴ (通常DVD)

セレブレーション・アット・モントルー 2008 [DVD]
ヤマハ・ミュージック・アンド・ビジュアルズ (2009-07-22)
売り上げランキング: 59328

■クインシー・トリビュート、2008年モントルー・ライヴ(ブルーレイ)

■ 映画『ソウル・キッチン』サウンドトラックCD

Soundtrack
Soundtrack
posted with amazlet at 10.12.14
Soul Kitchen
(2010-04-06)
売り上げランキング: 238097

ENT>ESSAY

This entry was posted in エッセイ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.