○白川会第5回~ヴォーカル・グループ好きの光石研さん登場

○白川会第5回~ヴォーカル・グループ好きの光石研さん登場
【Mitsuishi Ken Joins Shirakawa-Party #5】
しずおかや。
いつのまにか、すっかり定番になってきた通称「白川会」。1960年代からソウル・ミュージックを愛し、聴き続けてきた白川さんが発起人となり、その友人、そのまた友人が適当に声をかけソウル談義をするひじょうにゆるーい会が、先日(2010年12月7日火曜)下北沢のソウルバー、おでんやさん「しずおかや/エクセロ」で行われ18名の参加者が集った。通算第5回目。
今回は、昨年11月に行われた「しずおかや」35周年記念パーティーで初めてお会いした俳優の光石研さんが、友人の女優峯村リエさん、俳優でありDJもする村上淳さんとともに初参加。どうやら、光石さんが、彼らにこのことを話したらぜひ来たいとのことで参加された。なんと峯村さんは、根っからのシャネルズ・ファンで、1980年の新宿ルイードでのライヴから通い、しかも、シャネルズ・ファン・クラブにも入会していた、という。峯村さんは、ラッツ佐藤善雄さんと対面して超緊張の、でもすぐ打ち解け、超嬉しそう。善雄さんはこの日は、マーチンのディナーショー・リハーサル。それをこの会があるというので、少し早めに抜けてきたそうだ。マーチンも善雄さんのパートを先にやってくれたそうで、やさしい。
一方、この「しずおかや」の店名の書を書かれた光石さんは、まさに、この「しずおかや」店主富田さんつながりの邂逅。昨年11月の35周年イヴェントでは、シャネルズがほぼ全員勢ぞろいして、大ファンだった光石さんは自分の目の前にシャネルズがいるというだけで大興奮していた。このときは、善雄さんもマーチンさんさえも、全員揃ってて、びっくりしたという。これも、富田さんの顔あってのこと。「あの夜は、まさに奇跡の夜だったね」と善雄さん。
前回から、やはりソウルを聴いて長い小西さん、権藤さんらが参加。彼らはかつて70年代に「トレジャー」誌というソウルのミニコミ誌(時代がかっている)を10数冊出していた。それぞれが自己紹介をしたときに、小西さんが古い「トレジャー」誌を作ってました、と言うと、なんと光石さん、「それ、持ってました!」と声を上げる。なんと、その後7冊持っていたことが判明。これは、すごいなあ。筋金入りのヴォーカル・グループ好きだ! この「トレジャー」誌にはデビュー前のシャネルズが掲載されている。そして、権藤さんは、シャネルズのデビュー作のライナーノーツを書いている。と、紹介すると、光石さん峯村さんら、驚嘆気味。
この日、僕はライノのドゥワップのボックスセットを持っていったのだが、光石さんにご紹介したところ、やはりさっそくメモされていた。

Doo Wop Box
Doo Wop Box
posted with amazlet at 10.12.08
Various Artists
Rhino / Wea (1994-05-17)
売り上げランキング: 6094

光石さんがヴォーカル・グループ好きというのは、聞いていたが、なんと、佐藤さんが作ったゴスペラーズのファイルからのデビュー・シングルも買っていた。村上さん、黒沢さん以外今とは違う別のメンバーの作品だ。当時からちゃんとチェックしていたんだ。そういえば、かつて光石さんは、シャネルズから入って、シャネルズ→クールス→山下達郎→ とどんどん音楽の幅が広がっていたと言っていた。善雄さんも、それをきいて殊のほか大喜び。そのファイルからデビュー直後に、渋谷の知り合いの小さなバーでアカペラ・ライヴをやったそうだ。メンバーがカウンターの中に入って歌ったという話などをしてくれ、光石さんも興奮気味に聞いていた。(僕も興奮気味に聞いた)
村上淳さんは、もう20年近くDJをやっていて、なんと、大貫憲章さんのイヴェントなどでもDJしているそうだ。マーヴィン・ゲイ、ロリータ・ハロウェイ、ジョスリン・ブラウン、サルソウル系などが好きだそう。DJするときはCDは使わず、アナログのみだそう。
この日は平日だったせいか、18人以外にお客さんが二組ほどしかいなかったので、もう貸し切り状態。なんだか、回を重ねるごとに、大きくなってきますね。
そして、1次会の後は、2次会「チャップス」へ。ドゥワップ系はないですか、とチャップさんに尋ねると、さすがにドゥワップはないとのことなので、スイート・ソウル、ヴォーカル・グループ系をお願いします、というと、どのあたりのアーティストが、と聞かれ、ふと悩み、瞬間、なぜかブルー・マジックと言ってしまった。なんでスイート・ソウル・ヴォーカル・グループというところでブルー・マジックの名がでたのかは、謎だ。(笑)
+++++
帰り際に、峯村さんから来年彼女が出演する舞台のフライアーをいただいた。これも何かのご縁、ご紹介します。
■ 長塚圭史新プロジェクト「葛河思潮社」第一弾『浮標(ブイ)』
【スタッフ】作=三好十郎 演出=長塚圭史
【キャスト】安藤聖/江口のりこ/大森南朋/佐藤直子/田中哲司/遠山悠介/中村ゆり/藤谷美紀/峯村リエ/山本剛史
■神奈川公演 2011年1月17日(月)~23日(日)
・会場=神奈川芸術劇場
■長野公演 2011年1月28日(金)~30日(日)
・会場=まつもと市民芸術館
■東京公演 2011年2月1日(火)~10日(木)
・会場=吉祥寺シアター
各公演とも・お問い合わせ=ゴーチ・ブラザーズ TEL.03-3466-0944(平日11:00~19:00)
http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2010/09/21_03.php
■ 過去の白川会および「しずおかや」関連記事↓
2010年09月12日(日)
下北沢ソウル・サミット~第4回白川会
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10645525057.html
2009年12月18日(金)
白川会@しずおか屋~ソウル談義の夜は更けて(第3回)
http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20091218.html
November 04, 2009
しずおか屋35周年パーティー、開かれる
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10380305472.html
May 25, 2009
レコード地獄に足を一歩踏み入れた新人19歳とどっぷり頭までつかった61歳の邂逅(第2回)
http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20090525.html
December 03, 2008
Another Soul Summit At Shizuoka-Ya
【もうひとつのソウル・サミット~鈴木啓志氏パソコン始める】
http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20081203.html
(第1回)
December 12, 2008
俳優・光石研さんはソウル・ミュージック好きらしい
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10176903406.html
2008年12月13日(土)
光石研さんとしずおかや
http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20081213.html
January 26, 2006
Excello/Shizuoka Ya @ Shimokitazawa: Soul Oden Restaurant
【しずおか屋~下北沢のソウル・おでん屋】 
http://blog.soulsearchin.com/archives/000795.html
2003/04/03 (Thu)
As the boy, so the man
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200304/diary20030403-1.html
2003/12/19 (Fri)
Synchronicity @ Shizuoka-Ya & Little Soul Cafe
http://www.soulsearchin.com/entertainment/soulbars/diary20031219.html
■EXCELLO しずおかや (エクセロ しずおかや)
住所: 東京都世田谷区北沢2-6-6 澤田ビル202
電話: 03-3465-6154
営業時間: 18:00~24:00
定休日: 日曜 (祭日は営業)
行きかた: 下北沢駅南口より徒歩約3分
(現在の場所には2005年4月移転。)
■ CHAPS (チャップス) ソウルバー
〒155-0031東京都世田谷区北沢2-17-10 第2滝本ビル3F
電話: 03-3424-2545
営業時間: 20:00~5:00くらい(不定休)
開店: 2009年2月17日
ホームページ
http://www3.ocn.ne.jp/~chaps/
ENT>ESSAY>
ENT>EVENT>Shirakawa-kai, Shimokitazawa Soul Summit
SOUL BARS>Excello/Shizuokaya, Chaps

This entry was posted in イヴェント関連. Bookmark the permalink.

Comments are closed.