☆マイケル・ジャクソン・エステートも声明を発表

☆マイケル・ジャクソン・エステートも声明を発表
【Michael Jackson Estate Release Statement】
声明。
大きな話題になっているマイケル・ジャクソンの未発表音源を元にした新作アルバム『マイケル』のヴォーカルがマイケルか否かという点に関して、マイケル・ジャクソン・エステート(マイケル・ジャクソン遺産管理団体)が、声明を発表した。
声明を報じた記事↓
http://www.spinner.com/2010/11/18/michael-jackson-estate-issues-statement-validating-tracks/
エステートのハワード・ワイツマン弁護士は、声明の中で、「最終的には、世界中のマイケルのファンが判断するだろう」といい、その判断はファンにゆだねる、姿勢をみせた。「エステートとにとって、マイケルの音楽、マイケルのレガシー、マイケルのファン以上に大切なものはない」とも書いた。
+++++
クインシーは、マイケル作品に判断せず
ウェッブサイト、「ショービズ411・コム」のロジャー・フリードマンが、2010年11月17日、クインシー・ジョーンズにインタヴューし、その模様が同ウェッブサイトに動画が公開された。
サイト↓
http://www.showbiz411.com/2010/11/19/quincy-jones-exclusive-interview-joe-jackson-is-a-liar
動画↓
http://www.youtube.com/watch?v=TmNX-8OR3wc&feature=player_embedded

この中で、質問者ロジャー・フリードマンの質問に答えて、「ブレーキング・ニュース」の声がマイケル本人のものかどうかは、なんともいえない、と言ったことをコメントしている。
(このインタヴューの中で、クインシーが緑のタバスコをスープ麺にめちゃくちゃかけているのがものすごく印象的だった。しかも、これは自分で持ち歩いている『マイ・タバスコ』だ。英語がひじょうに分かりにくい)
++++
現在のところ、マイケル・ジャクソンのファミリー・メンバーが、『マイケル』の中のいくつかの曲の声はマイケルではない、と主張。発売する側のマイケル・ジャクソン・エステート、ソニー側は、「十分調査もし、マイケルの声だ。アルバムが発売されたら、世界中のファンに判断してもらいたい」という真っ向から対立する主張をしている。
しかし、万が一、アルバムのいくつかの楽曲の声がマイケルのものでないと、なんらかの方法で証明されれば、これは確かに音楽業界を揺るがす前代未聞のスキャンダルになる。また発売側も、出来うる限り最高の方法で、声がマイケルのものであることを証明したほうがいい。
■ マイケル・ジャクソン『マイケル』(2010年12月15日発売)

MICHAEL
MICHAEL
posted with amazlet at 10.11.15
マイケル・ジャクソン
ソニーミュージックジャパンインターナショナル (2010-12-15)
売り上げランキング: 17

■ マイケル・ジャクソン 『ヴィジョン』

ENT>MICHAEL JACKSON
>>お知らせ
この記事に「リードボーカルの音源は」というコメントをくださった MJfan さんへ。操作を誤って、コメントを消してしまいました。もう一度、書き込んでいただけませんでしょうか。内容をまだ詳しく読んでいなかったので。よろしくお願いします。

This entry was posted in マイケル・ジャクソン関連. Bookmark the permalink.

Comments are closed.