◎へザカイア・ウォーカー~ゴスペルの洪水に溺れる

◎へザカイア・ウォーカー~ゴスペルの洪水に溺れる
【Hezekiah Walker Live At Billboard: Drowning In The Sea Of Gospel】
洪水。
ニューヨーク出身のへザカイア・ウォーカーは1962年12月24日生まれ。1980年代中ごろからゴスペル界で活躍するようになり、1990年代に入って自身のクワイアーを結成し、活躍を続けてきた。彼のグループ、ラヴ・フェローシップ・タバナクル・クワイアーは、すでにアルバムを何枚も出し、『Live in Atlanta at Morehouse College 』(1994年) と『Love Is Live! 』(2001年)でグラミー賞ゴスペル部門を獲得。2002年頃に大和の教会に来日したそうだが、ビルボードライブへは初登場。僕も初めて見た。
キーボード3人、ドラムス、ギターの5人バンドに、12人のヴォーカル隊。女性8、男性4人の歌い手がステージに上ると、右端から左端までいっぱいいっぱいになりそれだけで迫力だ。そして、その混合の声の圧倒的パワー。まさにビルボードライブが「チャーチ・ビルボード」になった。
声の洪水で、どんどんと観客も高揚してくる。普段ゴスペルを練習していそうなコーラスチームが客席には多かったようで、一緒に立ち上がり、歌う。そして、観客の手拍子も、ゴスペルのリズムにあう。ときには、「ハレルヤ!」の掛け声も。
ゴスペルのリフのリピートから来る高揚感は、なんとも表現しがたく、これにはその場で音楽の洪水に飲み込まれる。ノンストップできた1-2曲目の後、ブレンダ・ヴォーンなども歌っているスローの「アイ・ニード・ユー・トゥ・サヴァイヴ」でなごませたりとメリハリもうまくつける。
4曲目の「フェイスフル」のエンディングでは、何度も終わったかと思うと、その最後のAnd I rejoice today, for I shall recover it allというところを、しつこいくらい繰り返す。バンドが終わっても、また、へザカイアがそのフレーズを歌い始め、そこだけ繰り返す。これはまさにチャーチだ。アイズレー・ブラザーズの大ヒット「シャウト」が、教会から来ているというのは、こういう場面を見ると、ものすごくよくわかる。
しかし、すごい迫力だ。歌力、ゴスペル・パワー。力をもらう感じがする。何か嫌なことや、悩みがあっても、彼らに繰り返し、Everything is going to be alright (すべてうまくいく)と歌われると、そうかあ、という気になってくるから、ゴスペルの力はすごい。まさにゴスペルの洪水に溺れた1時間だった。
なお、下記セットリストの6の部分は、5曲目の「グレイトフル」の延長のアドリブなのか、何か独立した曲なのか、よくわからなかった。いずれにせよ、He’s A Healer, deliverer、 gonna be alrightのしつこいほどの繰り返しが、頭でループしている。
■ エッセンシャル ライヴで歌われた3曲収録。

Essential Hezekiah Walker (Bril)
Essential Hezekiah Walker (Bril)
posted with amazlet at 10.11.13
Hezekiah Walker
Verity (2007-10-02)
売り上げランキング: 25825

■メンバー Hezekiah Walker & THE LOVE FELLOWSHIP CHOIR
ヘゼカイア・ウォーカー / Hezekiah Walker(Leader/Vocals)
ホープ・ローレンス / Hope Lawrence(Vocals)
ロニー・ボビアン / Roni Bobien(Vocals)
セシリア・ブラウン / Cecilia Brown(Vocals)
イラニ・パターソン / Ilani Patterson(Vocals)
ヘザー・コビントン / Heather Covington(Vocals)
メアリー・コリーモア / Mary Collymore(Vocals)
ディミトリウス・ブラウン / Demetrius Brown(Vocals)
メラニー・レズリー / Melanie Lesley(Vocals)
フランクリン・ホルト / Franklin Holt(Vocals)
ロナルド・カミングス / Ronald Cummings(Vocals)
オレサ・ナッパー / Oresa Napper(Vocals)
ジェイソン・クレイボーン / Jason Clayborn(Vocals)
ロナルド・ブラック / Ronald Black(Organ)
ネイサン・マックネアー / Nathan McNair(Keyboards)
ジュールズ・バーソロミュー / Jules Bartholomew(Keyboards(MD))
クリストファー・メルセデス / Christopher Mercedes (Bass)
ジェフリー・レズリー / Jeffery Lesley(Drums)
■ セットリスト
Setlist : Hezekiah Walker & The Love Fellowship Choir @ Billboard Live, Tokyo November 12, 2010
Show started 21:30
01. Power Belongs To God
02. Anyway You Bless Me
03. I Need You To Survive
04. Faithful Is Our God
05. Grateful
06. ~ (He’s A Healer, deliverer)(?) (Gonna Be Alright)(?) (All Night, I Can Dance)(?)
07. Souled Out
Show ended 22:42
(2010年11月12日金曜、ビルボードライブ東京=へザカイア・ウォーカー・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Walker, Hezekiah

This entry was posted in ライヴ評・レポート. Bookmark the permalink.

Comments are closed.