■TVワンの強力ソウル・ドキュメンタリー「アンサング」

■TVワンの強力ソウル・ドキュメンタリー「アンサング」
【TV ONE: “Unsung” Featured Miki Howard】
TVワン。
アメリカ・ワシントンDC在住の翻訳家、押野素子さんが、TVワンの強力なソウル・ドキュメンタリー番組『アンサング』というのを教えてくれた。現在第3シーズンで、次週のオージェイズで一度終わってしまうそうだが、毎週約40分、一人のアーティストにスポットをあてて、その人物のキャリアを複数の関係者からの証言でドキュメントするもの。ひじょうに真っ当で、正しいドキュメンタリーの王道中の王道番組だ。
今週放送されたのが、ミキ・ハワードの生涯で、これも実におもしろかった。現在2010年11月8日までの期間限定で、フル・プログラムがネットで見られるので、興味ある方はぜひ。
http://www.tvoneonline.com/shows/show.asp?sid=902&id=2959
TVワン(TV ONE)局は、アメリカ東部メリーランド州シルヴァースプリングに本拠を持つ黒人向けテレビ局。アフリカン・アメリカン向けに、かつてのブラック・プログラム、『エイメン』『グッドタイムス』『リヴィング・シングル』などのクラシックから、現在のライフスタイルにフォーカスした番組や、エンタテインメント番組、ドキュメンタリーなどを制作、放送している。全米にはケーブルや、衛星回線で配信し、2004年から放送を開始している。特に2008年7月、バラク・オバマをフィーチャーして取り上げるようになると、TVワンの認知度、人気も急上昇した。
■ミキ・ハワードの生涯
さて、今週の『アンサング』、ミキ・ハワードの回。知らないことばかりだった。シカゴに生まれ、父は家庭に寄り付かず、母親はゴスペル・グループの巡業で娘(ミキ)のめんどうをみず、フォスター・ペアレンツ(里親)に育てられる。9歳で母親とLAに出向き、ハイスクール時代にサイド・エフェクトに加入。このバンドのリーダー、オーギー・ジョンソンと恋仲になり2人の息子を産む。一人目が1980年か1981年誕生のブランドン、もう一人がニコラス。だが、オーギーと結婚したかったにもかかわらず、それは実らず、二人は別れ、グループも解散。その後、なんとミキは、ジェラルド・リヴァートと付き合う。しかし今回も結婚にはいたらず、次の男と結婚。しかし、この男がだめ夫で、暴力はふるうわ仕事はしないわで、大荒れの人生になる。途中で、ソロ・シンガーとしても契約をものにするものの、やれ、ホイットニー風に売れだの、なんなのと音楽的方向性が定まらず、いつの間にかドラッグにおぼれてしまう。結局、息子2人、その後生まれた娘(ケイトリン)と、親友らの助けでドラッグ渦から抜け出し、新たな一歩を踏み出す。そんな話が約40分で語られる。こんなに彼女が苦労しているとは知らなかった。まさに、ミキ・ハワードの「ソウル・サーチン」だ。
ここで興味深いのは、ミキの息子は、サイド・エフェクトのオーギー・ジョンソンとの間に生まれた子供とされている点だ。番組ではミキが20歳のときに、ブランドンを生んだ、と言っている。ブランドンの生年月日がわからないので、なんともいえないが、ミキは1960年9月30日生まれということなので、ブランドンは1980年9月30日から1981年9月29日までの間に生まれたことになる。さて、マイケル・ファミリーとの関連はどうなるのだろうか。ここは、これだけでは、なんともいえない。
いずれにせよ、この『アンサング』。全部見てみたい。そして、できれば日本に紹介したい。
ENT>TV>TV ONE>Unsung

This entry was posted in ドキュメンタリー. Bookmark the permalink.

One Response to ■TVワンの強力ソウル・ドキュメンタリー「アンサング」

  1. SOUL SISTER says:

    SECRET: 0
    PASS:
    アンサング&ミキ・ハワードの記事読みました。日本でも、このような音楽番組があれば良いのに、と思いました。 私、昨日来日中のブルース・ブラザーズ・バンドのエリック・ユーデルに電話をかけて話をしました。電話の声が少年のようでして。 吉岡さんのブログを見て、文章を書く勉強をさせてもらってます。写真は私でなければ撮れないものが写せますが、ライブを詳細に表現出来なくて。感想はいつも『よかった』の一言しか出てこなくて。もし、東京のライブを見に行かれましたら、ルー・マリーニ&エリック・ユーデルに、よろしく伝えてください。 寒いのでお体大切になさって下さいね!