■『ソウル・ブレンズ』~ドタバタクンの巻

■『ソウル・ブレンズ』~ドタバタクンの巻
【Behind The Scene At “Soul Blends”; Hot Mess Topics From Hot Studio】
ドタバタクン。
世の中、どこでもドタバタクンは、いる。
昨日の『ソウル・ブレンズ』(10年目突入)内「ソウル・サーチン」(第109回)では、スティーヴィー・ワンダーの先週のサマソニ・ライヴ報告をした。主な内容は、すでにブログに書いた通りなのだが、妙にアルバム『キャラクターズ』の話題がマーヴィンと盛り上がってしまい、その話に集中。曰く「失敗作といわれながらも、こうやって2曲歌ってそのメッセージが有効なのは、スティーヴィーの素晴らしさ」「このアルバム、誰も知らないよ」「フリーって曲・・・デニース・ウィリアムスじゃないよ」「(アルバム収録曲)『スケルトン』は、シングルのB面に入っていたインストでよく歌っていた」(マーヴィン)「こんなに久々にこの曲をやった理由が知りたいね。在庫処分か」「このアルバムは、中古屋行けば、100円で買えますよ(笑)」(オッシー=これは曲がかかっている間のコメント)などなど。
ライヴのオープニングが同アルバム収録の「マイ・アイズ・ドント・クライ」だったので、これをかけ、同じアルバムから「フリー」をやった、という話が盛り上がった。で、その中で僕は「(「フリー」を)次におかけしますが…」と言った。僕は、もうすっかり「フリー」をかけるつもりでいたんだが、実は、これが大きな勘違い。前日に選曲しているときに、最初「マイ・アイズ…」と「フリー」を選んだのだが、さすがにどっちもなじみのない曲なので、「フリー」をやめて、誰でも知ってる「アナザー・スター」に代えて、選曲を送った。だから、オッシーはじめスタッフは、CDプレイヤーに「アナザー・スター」をスタンバイしていた。
「フリー」話が盛り上がり、次にかけるなどと言ってるときに、妙に僕の後ろがざわつく気配を感じた。マーヴィンが不思議そうな顔をしていたのだ。オッシーやディレクターの進ちゃんは、僕の真後ろにいるので、僕からは見えない。キューシート(選曲や進行が書かれたシート)を見ると、「アナザー・スター」と書いてある。「そうだ! 『フリー』じゃなくて、『アナザー・スター』をかけるんだった」と気づいたのは、トークも終盤のころ。あわてて、「アナザー・スター」の紹介をした。その間、後ろは僕のせいで超ドタバタになっていた。僕がドタバタクンでした。すいません、ご迷惑、おかけしました。(笑)
その後オッシーはツイッターで「吉岡さんは今週も笑かしてくれました。もう天然人としか言いようがないですな(笑) ドタバタコンビも早10年。もう私は何も驚きません。(笑)」と書いた。
オッシーたちは、このドタバタ騒ぎを「フリー事件」と名づけたそうだ。ドタバタクンは、ガリガリ君のメロディーで歌ってください。
■ スティーヴィー・ワンダー サマソニ・ライヴ評
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10614929054.html
■ 『キャラクターズ』(紙ジャケット)

キャラクターズ(紙ジャケット仕様)
スティーヴィー・ワンダー マイケル・ジャクソン
ユニバーサルインターナショナル (2010-04-01)
売り上げランキング: 147561

『キャラクターズ』(プラスチックケース盤)

キャラクターズ
キャラクターズ
posted with amazlet at 10.08.15
スティーヴィー・ワンダー
ユニバーサル インターナショナル (2007-06-27)
売り上げランキング: 132982

ENT>RADIO>Soul Blends
ENT>ESSAY>Soul Blends

This entry was posted in ラジオ>. Bookmark the permalink.

Comments are closed.