⊿プリンス最新情報~新作『20Ten』は7月リリースの予定

⊿プリンス最新情報~新作『20Ten』は7月リリースの予定
【Prince Information Update: Courtesy Of Tuna】
最新情報。
プリンス作品は、日本では2007年の『プラネット・アース』以来メジャーレコード会社からリリースされていない。そのため、ニュースの入り方も途絶えがちだが、プリンス本人は精力的に、新作発表、ライヴなどを行っている。7月には新作『20Ten』(トゥエンティーテン)がアメリカ、ヨーロッパの一部でリリースされる予定。ただこれが日本でどのような形でリリースされるかは未定。
(6月30日午後1時半追記)
イギリスのインディペンデント誌電子版が、この新作について、イギリスの新聞「デイリー・ミラー」、スコットランドの「デイリー・レコード」がそれぞれ7月10日付けの新聞にCDを添付する、また、7月22日発行のドイツの「ローリング・ストーン誌」にも添付すると伝えた。
http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/music/prince-to-release-27th-studio-album-via-european-newspapers-2013972.html
(↑追記ここまで)
今年(2010年)に入ってからのプリンスの最新情報を、日本一のプリンス・フォロワー、ツナさんがまとめてくれた。力作なので、了承をとってほぼそのまま掲載する。主な活動は次の通り。
2010年情報
1月17日
地元のアメリカン・フットボールチーム「ミネソタ・ヴァイキングス」がダラス・カウボーイズを迎えての試合を、ラリー・グラハム夫妻とブリア・ヴァレンティ(昨年の3枚組みアルバム『Lotus Flow3r』収録の「エリクシール(Elixir)」を歌っている女性)と一緒に観戦。ちなみに、彼女が着ていたジャージは背番号28番のランニング・バック、エイドリアン・ピーターソン。
1月21日
新曲、「パープル・アンド・ゴールド(Purple and Gold)」を発表。紫と金はプリンスの色ではなく、彼の地元のアメリカン・フットボールチーム「ミネソタ・ヴァイキングス」のチームカラー。(一応、チームの応援歌だが、その直後チームはスーパーボウルをかけたチャンピオンシップゲームで負けた)(下記リンク先にて試聴できる)
http://www.vikings.com/media-vault/videos/Princes-Vikings-Song—Purple-and-Gold/e48c43f8-27e8-4ff4-a367-1d36975dd042

ちなみに、それに対抗してか、シーラEがこんなことしている。
http://www.youtube.com/watch?v=qKmHGPs6-dQ&feature=player_embedded
対戦相手の「ニューオーリンズ・セインツ」の応援だが、プリンスの物まねをして見事スーパーボウルを勝利に導いた。
2月26日
新曲、「コーズ・アンド・エフェクト(Cause and Effect)」をミネソタのラジオ局、89.3 The Currentにて発表。
下記リンク先にて試聴できる)
http://minnesota.publicradio.org/collections/special/columns/music_blog/archive/2010/02/prince-cause-and-effect.shtml

6月7日
52歳の誕生日。この日にもミネソタのラジオ局、89.3 The Currentにて新曲「ホット・サマー(Hot Summer)」を発表。(下記リンク先にて試聴できる)
http://www.antiquiet.com/news/2010/06/prince-hot-summer-mp3/
6月15日
雑誌、エボニー(Ebony)発売。表紙とインタヴュー掲載
http://www.ebonyjet.com/ebony/
内容はエホバのことについてなど。
その他、ジェット誌やローリングストーン誌ドイツ版、ブリッツ(BLITZ)マガジンなどにも表紙や記事が掲載予定。
6月16日
ニューヨークのライヴハウス「BBキング・ブルーズ・クラブ・アンド・グリル(B.B. King Blues Club & Grill)」にて行われたラリー・グラハム率いるグラハム・セントラル・ステーションのライヴに飛び入りしてスライ&ファミリー・ストーンの「サンキュー」を演奏。(下記リンク先にて視聴できる)
http://www.youtube.com/watch?v=XxnmmhQlGoY&feature=player_embedded
6月27日
BET(ブラック・エンタテインメント・テレビ)の生涯功労賞(Lifetime Achievement Award)を受賞。パフォーマンスはない予定
http://betawards.bet.com/honorees/prince
また、これらの一連の動きにともない先週(6月22日)、以前所属していたワーナーとコンタクトを取った。
http://www.drfunkenberry.com/2010/06/23/prince-meets-with-warner-bros-records/
2010年7月以降、ライヴがヨーロッパで開催される。
7/4 デンマーク
7/5 ドイツ、ベルリン
7/9 フランス、アラス
7/10 ベルギー
7/12 スイス
7/13 オーストリア
7/18 ポルトガル
また、新作については下記のような情報がある。
プリンスの新作CD『20Ten』(仮称=トゥエンティーテン=2010)は、ベルギーの新聞の付録として7月10日にリリースされる予定。 新作リリースにあわせて、新聞に同時に掲載されるインタヴューも行われた。 他の新聞も目下交渉中とのことで、同じく付録としてのリリースが実現する可能性がある。 ワーナーブラザーズは、新作のリリースに関して、ベルギー以外の国でのリリースは新聞の付録という形にはならないだろうと述べている。 これは、以前にプリンスが同様のリリースをした際(アルバム『プラネット・アース(Planet Earth)』)に、米国はその対象ではなかったことから、今回も米国内での新聞への添付販売はないということのようだ。プリンスは 6月22日、ワーナーブラザーズと接触しており、 ワーナーからの新作リリースの準備は完了しているようだ。判明したところによると、対話の内容は契約に関する内容であったとのことだが、 しかしこの新しいCDのことではないらしい。 つまり、ワーナーとの契約によってリリースされるのは全く別の作品となる可能性もある。
火曜日(6月22日)の夜に、プリンスはハリウッドでカサンドラ・ウィルソンのショーを観覧した。
新作アルバム『20Ten』の予定トラックリストは下記リンク先に掲載。(既発曲やタイトルトラックがない)
http://www.moquake.com/forum/viewtopic.php?f=2&t=371&sid=9f48d6f4268d845e488cd76caf064e85
1. Compassion
2. Beginning Endlessly
3. Future Love Song
4. Sticky Like Glue
5. Lavau%
6. Act Of God
7. Walk In Sand
8. Sea Of Everything
9. Everybody Loves Me
その他のソースでのトラックリスト
1.Eye Came 2 Get funky
2.Hot Summer
3.SometimesNever
4.Play The Game
5.Fight 4 Ur Love
6.Alicia
7.Footprints
8.If Eye Could…
9.Cold
10.20Ten
■ プリンス『ロータスフラワー(Lotusflow3r)』

Lotusflow3r/Mplsound/Elixir
Lotusflow3r/Mplsound/Elixir

posted with amazlet at 10.06.29
Prince
NPG (2009-04-07)
売り上げランキング: 3769

ENT>ARTIST>Prince

This entry was posted in アーティスト関連. Bookmark the permalink.

Comments are closed.