⊿ミュージカル『ドリームガールズ』始まる (パート1)

(内容でます。これからごらんになる方はご注意ください)
⊿ミュージカル『ドリームガールズ』始まる (パート1)
【Musical Dreamgirls Just Begun】
最新技術。
ニューヨーク・ブロードウェイで1981年12月に始まったミュージカル『ドリームガールズ』、その後、2006年に映画化され、そこからはビヨンセが話題になったり、ジェニファー・ハドソンの新スターも誕生、日本でも大ヒットになった。これが、2009年12月から全米で新ヴァージョンとなりスタート、その唯一の海外公演が2010年5月19日、東京渋谷・文化村オーチャードホールで始まった。6月5日まで続く。
$吉岡正晴のソウル・サーチン
一言で言えば、ひじょうによくできたミュージカル、歌もダンスも迫力いっぱいで、ストーリーもわかりやすく、何度も見たくなる作品になっている。実は1983年か1984年に、僕もブロードウェイで見たのだが、それと比べると、最新の技術が思い切り導入されていて、まるで新作だ。今回は最新のLEDパネルを5枚、実にうまく使って、場面転換、舞台演出、映像スクリーンと自由自在に操る。舞台正面のシーンかと思えば、次の瞬間、舞台裏になったり。これによって、場面転換が実にスムーズに自然に行く。またアーティストたちの瞬間着替えも、見事。改めて映像の使い方、LEDパネルの使い方のうまさに今後のミュージカルの将来の姿を感じる。個人的にもストーリーが頭に入っているせいか、パフォーマンス自体にものすごく入り込めて、楽しめた。
歌唱では、やはり、エフィー・ホワイト役モヤ・アンジェラが、いい場面ごとに大きな拍手喝さいを集める。特に第一幕最後の「アンド・アイム・テリング・ユー…」、第二幕が始まってまもなく歌われる「アイ・アム・チェンジング」、さらに最後の「リッスン」(ディーナとエフィーで歌う)などは、圧巻で拍手が鳴り止まなかった。
オリジナルの1981年版にはなかった楽曲で、映画版『ドリームガールズ』に加えられたのが、ビヨンセが歌った「リッスン」。映画のハイライトのひとつともなったが、ここでは、その「リッスン」を挿入するが、映画版が一人で歌っていたものを、この新版ではディーナとエフィーが友情を確認するという歌詞に変更している。違いのその一だ。もうひとつ、このミュージカル版で新たに加えられたのが、第二幕冒頭に歌われる「ホワット・ラヴ・キャン・ドゥ」。これは僕も初めて聴いたので、最初戸惑ったが、歌詞を見ていくと「アイ・アム・チェンジン」への導入部として生きていることがわかった。
観客は、20代から50代、60代、男女比も、若干女性が多いか。休憩20分を含めて2時間46分。舞台左右に字幕付き。最後、本編が終わり、もう一度全出演者が出てきて挨拶をするが、最後の最後に登場したエフィー役モヤにはスタンディング・オヴェーションが終わらない。ミュージカルのチケットは高いが、これくらい内容があると、ニューヨークまで飛行機代をかけて見に行くより安いと思える。(笑) また見たいと思った。
2010年6月5日まで。オーチャードホールで。
(この項続く)
■『ドリームガールズ』オーチャードホール・ウェッブ↓
http://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/10_dreamgirls/index.html
■ DVD映画『ドリームガールズ』

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

posted with amazlet at 10.05.20
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2008-06-20)
売り上げランキング: 1870

1981年版のCD

Dreamgirls (1982 Original Broadway Cast)
Dreamgirls (1982 Original Broadway Cast)

posted with amazlet at 10.05.20
Original Broadway Cast
Geffen (1990-10-25)
売り上げランキング: 13237

■過去『ドリームガールズ』関連記事
2010年05月07日(金)
『ドリームガールズ』トーク・イヴェント無事終了
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10527948535.html
ブラック・ミュージカルの歴史、『ドリームガールズ』についてのあれこれ
December 20, 2006
Musical Movie “Dreamgirls”: Born In 1981
http://blog.soulsearchin.com/archives/001463.html
December 22, 2006
“Dreamgirls”(Part 2) : Between Fiction And Non-Fiction
http://blog.soulsearchin.com/archives/001465.html
映画『ドリームガールズ』評。
April 13, 2007
Beyonce To “Dreamgirls”
【ビヨンセ~『ドリームガールズ』】
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200704/2007_04_13.html
●ニューヨーク在住・トミーさんのブログ記事
2009年10月17日付け
今日のトミー ~NYハーレム便り~tommyNY.exblog.jp
新!☆ドリームガールズ☆ に興奮!
http://tommyny.exblog.jp/12141118/
■キャスト
Cast: in order of appearance
M.C. Jared Joseph
Stepp Sister: Felicia Boswell
Stepp Sister: Tallia Brinson
Stepp Sister: Nikki Kimbrough
Stepp Sister: Kimberly Marable
Marty Madison: Milton Craig Nealy
Joann: Talitha Farrow
Charlene: Brittany Lewis
Curtis Taylor, Jr.: Chaz Lamar Shephered
Deena Jones: Syesha Mercado
Lorrell Robinson: Adrienne Warren
C.C. White: Trevon Davis
Effie White: Moya Angela
Little Albert: Marc Spaulding
Tru-Tone: Robert Hartwell
Tru-Tone: Chauncey Jenkins
Tru-Tone: Douglas Lyons
Tru-Tone: Jarran Muse
James “Thunder” Early: Chester Gregory
Tiny Joe Dixon: James Harkness
Wayne: Chauncey Jenkins
Dave: Bret Shuford
Sweetheart: Emily Ferranti
Sweetheart: Stephanie Gibson
Frank: Jarran Muse
Michelle Morris: Margaret Hoffman
Jerry: Jared Joseph
Mr. Morgan: James Harkness
Ensemble: Felicia Boswell, Tallia Brinson, Ronald Duncun, Talitha Farrow, James Harkness, Robert Hartwell, Erick Jackson, Chauncey Jenkins, Jared Joseph, Nikki Kimbrough, Brittany Lewis, Douglas Lyons, Kimberly Marable, Jarran Muse, Marc Spaulding
Effie: Patrice Convington
Also there are other understudies.
■セットリスト 『ドリームガールズ』
Setlist: Dreamgirls, May 19, 2010, Orchard Hall, Tokyo
Act I
Show started 19:07
01. “I’m Lookin’ for Something” – The Stepp Sisters
02. “Goin’ Downtown” – Little Albert & the Tru-Tones
03. “Takin’ the Long Way Home” – Tiny Joe Dixon
04. “Move (You’re Steppin’ on My Heart)” – Effie, Deena, and Lorrell
05. “Fake Your Way to the Top” – Jimmy, Effie, Deena, and Lorrell
06. “Cadillac Car” – Curtis, Jimmy, C.C., and Marty, Effie, Deena, and Lorrell- Company
07. “Steppin’ to the Bad Side” – Curtis, Jimmy, C.C., Wayne, Lorrell, Effie, Deena, and Company
08. “Party, Party” – Effie, Curtis, Jimmy, and Lorrell
09. “I Want You Baby” – Jimmy, Effie, Deena, and Lorrell
10. “Family” – Effie, C.C., Jimmy, Lorrell, Curtis, and Deena
11. “Dreamgirls” – Deena, Lorrell, and Effie
12. “Press Conference” – Company, Deena, and Curtis
13. “Heavy” – Deena, Lorrell, and Effie
14. “It’s All Over” – Effie, Curtis, C.C., Deena, Lorrell, and Michelle
15. “And I Am Telling You I’m Not Going” – Effie
16. “Love Love Me Baby” – Deena, Lorrell, and Michelle
performance ended 20:24
Act II
Performance started 20:45
01. “Act II Opening” 1 – Deena, Lorrell, Michelle, Curtis, and Jimmy
02. “What Love Can Do” – Deena, Lorrell, Michelle, C.C, Curtis, Jimmy and Company
03. “I Am Changing” – Effie
04. “One More Picture Please” – Company, Deena, Lorrell, and Michelle
05. “You Are My Dream” – Curtis and Deena
06. “Got to Be Good Times” – The Five Tuxedos
07. “Ain’t No Party” – Lorrell and Jimmy
08. “I Meant You No Harm” – Jimmy
09. “The Rap” – Jimmy
“Firing of Jimmy” – Jimmy, Curtis, Lorrell, and Company
10. “I Miss You Old Friend” – Les Styles, C.C., and Effie
11. “One Night Only” – Effie and Company
12. “One Night Only (Disco)” – Deena, Lorrell, Michelle, and Company
13. “I’m Somebody” – Deena, Lorrell, and Michelle
14. “Listen” – Deena & Effie
“Chicago/Faith in Myself” – Effie, C.C., Curtis, Wayne, and Marty
15. “Hard to Say Goodbye, My Love” – Deena, Lorrell, and Michelle
16. “Dreamgirls (Reprise)” – Effie, Deena, Lorrell, and Michelle
show ended 21:53
(2010年5月19日水曜、東急文化村オーチャードホール=ドリームガールズ(ミュージカル)
ENT>MUSIC>LIVE>MUSICAL>Dreamgirls
2010-75

This entry was posted in ライヴ評・レポート. Bookmark the permalink.

Comments are closed.