◆「評価されない覚悟を持ってやっている」

◆「評価されない覚悟を持ってやっている」
【Preparation For Not Appreciated】
覚悟。
5月13日にNHKで渡辺淳一氏の「褒めて、才能を引き出そう」という話を聞いたと思ったら、翌日たまたまつけたテレビで作家の冲方丁(うぶかた・とう)氏が、「自分は怒られて育った。自分の父親からは何をやっても褒められず、怒られてばかりで、それでこんちくしょうと思ってやる気をだした。今思うに、欠点を指摘してくれる人は、本当に貴重だ。自分は作品を作るときに、評価されない覚悟をしてやっている」といったことを語っていた。テレビ番組は、5月14日放送のフジテレビ系の朝番組『とくだね!』だ。そのインタヴュー・コーナーで、中野アナが彼の自宅に行き、インタヴューをしていた。その中での発言だ。
これも、ご意見として本当にもっとも。何かクリエイティヴなものを作っている人は、常に、それが評価されないということを覚悟していなければならない。正しい評価とは何か、というのはちょっと別の問題なのだが、いずれにせよ、自分が作った楽曲やレコード、小説、絵画、写真などが評価されなくても、それに腐っていてはだめということだ。
褒めて才能を引き出すのもひとつ。叱って才能を引き出すのもひとつ。ただ、最近の傾向だと、叱るとすぐやめてしまったりするので、どちらかというと、褒めて才能を引き出すほうが、大勢ではないだろうか。スポーツ選手を育てるのも、昔はスパルタ式が当然のように思われたが、最近は少しばかり勝手が違うようだ。
人間は誰でも、無意識のうちに、何かしら、評価されることを望んでいる。そして、評価されモチヴェーションがあがり、やる気がさらにアップし、いい結果につながっていく。欠点を知り、それを修正することによって、自分のレヴェルがあがる。それも、真理だ。
さて、あなたは叱られて伸びるタイプか、それとも、褒められて伸びるタイプか。
ENT>ESSAY>

This entry was posted in エッセイ>ブログ関連. Bookmark the permalink.

One Response to ◆「評価されない覚悟を持ってやっている」

  1. かうゆ says:

    SECRET: 0
    PASS:
    わたしは自分では褒められて伸びるタイプだとおもってます☆
    が、なかなか父に褒めてもらえないのが現実です。
    要領よくないのも理由のひとつかな。。。
    吉岡さん、体育祭のダンスで“ビート・イット”を踊る事になりました!☆
    がんばります。