☆ケイ・グラント氏、『ソウル・ブレンズ』をジャック

☆ケイ・グラント氏、『ソウル・ブレンズ』をジャック
【Kei Grant Jacked Soul Blends】
ジャック。
昨日(2010年5月9日)アワ・ファミリー、アワ・ブラザー、ケイ・グラントさんが『ソウル・ブレンズ』に、自身の51歳デビュー・シングル「星の輝く夜だから」のプロモーションのために、やってきた。
ほぼ自主制作のようなインディ・レーベルからの発売で、プロモーションのブッキングもすべて自分。店頭でのイヴェントなどは、なかなかできないので、知り合いのラジオ関係者などをこまめに頼んでいるという。
当初ゲストコーナーは午後2時から15分の予定。1曲は下記の曲をかけ、もう1曲はオージェイズの「シー・ユースタ・ビー・マイ・ガール」を用意していたが、急遽、カップリング曲「朝に」をかけながら、本人が解説することに。ここで、けっこう時間が延び、結局、オージェイズをかけてさよならすることになった。
そもそもケイさんは、心臓の病で手術をし、人生もそんなに長くないかもしれない、悔いのないようにやりたいことはやっておこう、ということで、51歳だがデビューを決意したという。以前からケイさんの声を聞いて、CD出そうと言ってくれて人物がいてサポートしてくれた。
で、その後、僕の「ソウル・サーチン」のコーナーだが、ここではこの日は先週までライヴをやっていたシック(ナイル・ロジャース)をご紹介。ということで、ケイさんは、ナイルのギターコンテストの最終日の司会をやっていたこともあり、飛び入り出演。いろいろナイル話を。結局、ケイさんは約50分、『ソウル・ブレンズ』をジャックしていった。(笑) プロデューサー、オッシーも「まあ、ケイさんだから、しょうがないなあ…(苦笑)」。
■ ケイ・グラントの昭和歌謡「星の輝く夜だから」(作詞・作曲・歌:ケイ・グラント)

星の輝く夜だから
星の輝く夜だから
posted with amazlet at 10.05.09
ケイ・グラント
Ame-mura O-town R (2010-05-05)
売り上げランキング: 5755

僕は、リアル・ブラッドのルーサー市村さんと声が似てるなあ、と思った。番組の途中で話が出たが、有線にリクエストして、有線から火がついたりするといいんじゃないだろうか。
ENT>RADIO>Soul Blends

This entry was posted in ラジオ>. Bookmark the permalink.

Comments are closed.