☆スティーヴィー・ワンダー・トリビュート~ケイリブ・ジェームスら

☆スティーヴィー・ワンダー・トリビュート~ケイリブ・ジェームスら
【Stevie Wonder Tribute:】
スティーヴィー。
ケイリブ・ジェームス、ピアノの秋谷えりこさんらが集まって、スティーヴィー・ワンダー作品をカヴァーするトリビュート。ブルース・アレイ。
スティーヴィーは、『ソウル・サーチン』でも記念すべき1回目と2回目にとりあげた。2003年11月と2004年4月。初回はレコード、2回目にケイリブの弾き語りでやってもらった。そこからどんどんバンド志向になっていった。スティーヴィーは何しろいい曲が多いだけに、選ぶのが苦労するのは大変よくわかる。15曲(内1曲はメドレー)だが、選曲の密度は濃く、当たり前だが捨て曲がない。
$吉岡正晴のソウル・サーチン
冒頭2曲がインスト曲だったが、これにセカンドのトップが「コンテュージョン」、途中でラムゼイ・ルイスがやった「スプリング・ハイ」というインスト曲で、4曲が歌なし。しっかり歌を歌うのがケイリブ、ゲイリーとユリとサユリー。「コンテュージョン」は元々『キー・オブ・ライフ』収録のインストなので、これはおもしろい試み。インストはこれ1曲、あるいはどうしてもというならあと1曲くらいでよいのでは?
「イフ・イッツ・マジック」は、オリジナルはハープを使うが、ケイリブ曰く「ハープはレンタルするのがものすごく高いので(笑)、今日はピアノでやる」といって、ハープ部分を秋谷さんがグランドピアノで伴奏。これはなかなかのアイデアだ。
印象に残ったのは、ケイリブが少し解説した組曲となっている「スーパーウーマン」のフル・ヴァージョン。「子供のころ、スティーヴィーがこの曲をやっているのを聴いて、スティーヴィーが何かコミックの曲をやったのかと思った。スーパーマンの女版で、スーパーウーマンかと思った。そうしたら、ぜんぜん違ってた。組曲スタイルになっているすばらしい曲です」と言って約8分余を歌いきった。
ただこれだけの曲数をやっても、スティーヴィーのあれも聴きたい、これも聴きたい、という曲はある。なお、結局、「アイ・ジャスト・コールド・トゥ・セイ・アイ・ラヴ・ユー」は、時間の関係でできなかった、という。なんだ。(笑) 全体的にゆるい感じで進行していたので、スティーヴィーのライヴでも見て、全体的な流れを参考にするといい。スティーヴィーは後半のメドレーで一気に煽るから
ねえ。
$吉岡正晴のソウル・サーチン
■ 過去スティーヴィー関連記事
(2007年2月のジャパン・ツアー総力取材記事。全部読むと相当読み応えがあり、スティーヴィー博士になれます(笑))
February 18, 2007
Stevie Wonder Live: Yokozuna Of Musician
http://blog.soulsearchin.com/archives/001594.html
スティーヴィーの前回来日ライヴ評。ここに過去スティーヴィー関連記事一覧があります。
February 19, 2007
Stevie Wonder: Day Two: “Because I Like It”
http://blog.soulsearchin.com/archives/001601.html
February 20, 2007
Stevie Wonder Live: Secret Of His Live Performance
http://blog.soulsearchin.com/archives/001602.html
February 21, 2007
Stevie Wonder In Nagoya: Sings “Lately” Finally
http://blog.soulsearchin.com/archives/001603.html
February 23, 2007
Special Jam Night; Stevie Wonder’s Band: Music Is My Hobby
http://blog.soulsearchin.com/archives/001605.html
February 25, 2007
Stevie Wonder At Sendai: Show Dedicated To His Mother
http://blog.soulsearchin.com/archives/001607.html
February 28, 2007
Stevie Wonder Osaka Setlist: 4 Songs In A Row From “Innervisions”
http://blog.soulsearchin.com/archives/001610.html
March 01, 2007
Stevie Wonder Japan Tour: It Was A Mini “Innervisions” Tour
http://blog.soulsearchin.com/archives/001611.html
■ 最近のベスト 『ディフィニティヴ・コレクション』

Definitive Collection
Definitive Collection

posted with amazlet at 10.03.30
Stevie Wonder
Universal International (2005-10-11)
売り上げランキング: 66739

■ メンバー
WE Love Stevie Wonder
(Vo/Key)Kaleb James (Pf/Key)秋谷えりこ (Ds)JAY Stixx (B)滝元堅志
(G)マサ小浜 (Sax/Fl)Andy Wulf (Vo)Yuri、Sayulee、Gary Scott
■Setlist : We Love Stevie Wonder: Tribute: March 29, 2010
セットリスト
[ ] denotes singer
show started 19:44
01. Higher Ground (Instrumental)
02. Another Star (Instrumental)
03. As [Kaleb + Yuri + Sayulee]
04. Isn’t She Lovely [Gary]
05. Ribbon In The Sky [Kaleb]
06. Send One Your Love [Sayulee]
07. Superwoman [Kaleb]
show ended 20:40
show started 21:15
01. Contusion (Instrumental)
02. Too High [Kaleb]
03. Medley: Signed, Sealed, Delivered And I’m Yours [Kaleb]
Until You Come Back To Me [Yuri]
It’s A Shame [Gary + Yuri]
If You Really Love Me [Kaleb]
Betcha Wouldn’t Hurt Me [Yuri]
All I Do [Kaleb]
04. Spring High (Instrumental)
05. If It’s Magic [Gary & Kaleb]
06. Living For The City [Kaleb]
Enc. Supersitition [Gary]
Enc. I Wish [Kaleb]
show ended 22:25
(2010年3月30日火曜、目黒ブルース・アレイ=ウィ・ラヴ・スティーヴィー・ワンダー・トリビュート)
ENT>MUSIC>LIVE>We Love Stevie Wonder Tribute
2010-48

This entry was posted in ライヴ評・レポート. Bookmark the permalink.

Comments are closed.