◆巡り巡って、そのソウルの旅は出発点に

◆巡り巡って、そのソウルの旅は出発点に
【What Goes Around Comes Around】
原点回帰。
拙著『ソウル・サーチン』(音楽之友社)は、2000年7月に発売された。初版だけで、好評のためか出版元も品切れだが、2刷りにはならず、今ではヤフオクなどでときにとてつもなく高い値段がついている。
実は、僕の手元にもほとんどないので、ヤフオクなどで安い値段で出ていると、適宜買ったりしている。ずいぶん前、もう半年以上前に、どこからか買ったものを、そのまま放っておいたが、ちょっと必要があって、封を切った。
すると、な、な、なんと、そこの裏表紙に、ボ・ボ・僕のサインが書かれてるではないか。いやあ、めぐり巡って、作者のところに戻ってくるんだ。
ただこのサインにはだれそれさんという宛名がない。ただサインしたのかなあ。記憶がない。で、日付はある。2000年10月15日。
そこで、古い手帳をひっぱりだしてみた。な~~るほど。この日、僕は自由が丘のマルディ・グラで、この『ソウル・サーチン』の発売記念トークイヴェントを、友人の守島さんのご尽力で行っている。たぶん、ここで本を持参された方にサインしたのであろう。それとも、即売会してたかなあ。記憶がない。
いやあ、しかし、10年かけて、よ~く、僕のところに戻ってきたなあ。(笑)海に投げた(流した)ボトルが、戻ってくるみたいなものですかね。
別に売った人に対して、怒ってないですよ、ラヴです、ラヴ。オール・フォー・ラヴ! 

ソウルサーチン R&Bの心を求めて
吉岡 正晴
音楽之友社
売り上げランキング: 729777
おすすめ度の平均: 5.0

5 音楽が変る、人生が変る!

+++++
10年。
で、この『ソウル・サーチン』、2000年7月に出てから、今年の7月でちょうど10年になるんですね。
この10年の間に随分と状況は変わっている。何より、第一章で取り上げたジョン・ホワイトヘッド。彼こそが、僕に「ソウル・サーチン」という言葉を1988年に教えてくれた人物だが、彼も亡くなった。その相棒、ジーン・マクファーデンも亡くなった。
第2章はハーヴィー・フークワの目から描いたマーヴィン・ゲイ・ストーリーでもあるが、そのマーヴィンの伝記を昨年(2009年)、筆者の翻訳で出せた。マーヴィン物語を、これで、ある意味で表と裏で立体的に捉えられるかもしれない。
第3章、マイケル・マッサーで触れたモハメド・アリを巡る動きでは、1974年の「キンシャサの奇跡」が、1996年に映画となり、2010年にそのサイド・プロジェクトでもあるライヴの様子が映画になった。ここで焦点を当てたホイットニー・ヒューストンは、結婚から離婚、ドラッグ中毒から復活へと、マッサー以上のソウル・サーチンをした。
第4章、ナイル・ロジャースは隔年のようにやってきて、今年(2010年)の来日も決まった。
第5章、ウーマック&ウーマックで登場するテディー・ペンダーグラスは2010年1月に亡くなった。
第6章、ミニー・リパートンの冒頭とエンディングに登場する六本木のソウル・バー、ジョージズは、ミッドタウンの開発で、六本木から西麻布に引っ越した。
第7章のナタリー・コールは、持病が悪化し、苦労をしている。
ということで、改訂版でも出さなければならないなあ、と思っている今日この頃だ。
ENT>BOOK>Soul Searchin

This entry was posted in 書籍関連. Bookmark the permalink.

Comments are closed.