▲シニーズ・ジャム(高田真バンド)ライヴ~再演望む

▲シニーズ・ジャム(高田真バンド)ライヴ~再演望む
【Shinny’s Jam With Friends Live At Blues Alley】
ヴァイブ。
すばらしきヴァイブ、見事なグルーヴ。『ソウル・サーチン:ザ・セッション』でも確実なドラムスを披露してくれているソウル・サーチャーの一員、高田真が6年ぶりに単独自己名義ライヴ。メンバーが、これまた間違いないメンバーで、その名前からある程度、出来は想像できたが、実際生で聴いたら、想像以上のグルーヴ感とユニットとしていいヴァイブが出来上がっていた。
ファンキーなドラマーが、ファンキーなメンツを集めただけのことはある。しかもセットリストもかなりマニアック。アップテンポの曲が多かっただけに、ドライヴ感あふれる疾走するグルーヴが最高だった。
「ダン・ブラックマンは、素晴らしい才能を持った男だった。彼のうちに行ったことあるんだけど、相当の変わり者なんだよ。彼は、どこで寝てると思う?いいか、棺おけの中で寝てるんだ。自宅のベッドルームに棺おけを置いて、そこで寝てるんだよ」と解説をつけたのは、ケイリブ・ジェームス。ほかにこの日はフランク・マッコム楽曲などでいい歌声を聴かせた。
一方、もう1人のキーボード、キース・ヘインズは最近では高田真とともにエイヴェックスのミヒマルGTのツアーなどに出ているが、彼も実に素晴らしい歌声を聴かせた。彼の歌を初めて聴いたがその「アイム・ユア・メロディー」は、実に透明感あふれるキースのヴォーカルが印象的だった。
そして、意外なキャスティングと思えた小沼ようすけは、彼がまだプロになる以前10年以上前から高田と知りあっており、「そのときめちゃくちゃファンキーなドラマーだなあ、と思っていたので、今回声をかけてもらえて、ものすごく嬉しかったです」と言う。ふだんは綺麗な感じのギターをプレイする小沼ようすけが、この日は周囲が黒いせいか、リズムのカッティングなど実にファンキーでかっこいい。やはり自由で音楽性の幅広いギタリストは変幻自在に何でもこなせる。ケイリブ、キースらも小沼とは初顔合わせだったが、ともに「彼は素晴らしいギタリストだ」とベタ褒め。小沼は6月くらいに新作アルバムが出るとのこと。ちょうど、ニューヨークでレコーディングしてきて帰ってきたばかり。
もちろん、ファンキー・ベース・ナンバーワンの小松秀行も文句なしのベース・プレイ。しかも、今回はこのマニアックなセットリストのすべての楽譜を耳でコピーして取ったという。特にシーラEの「ジョイ」は超むずかしく、途中で「やめようよ~」と高田に泣き付いたらしい。(笑)
「イン・ザ・グルーヴ」とか、バーナード・ライトの「ブレッド・サンドウィッチ」あたりのミディアム・アップのグルーヴは、このシニーズ・ジャムの良さを表わす楽曲かもしれない。
かなりグレイトなバンドだったので、ぜひ再演を。
$吉岡正晴のソウル・サーチン
$吉岡正晴のソウル・サーチン
■メンバー
高田真(ドラムス)、小松秀行(ベース)、ケイリブ・ジェームスKaleb James(キーボード、ヴォーカル)、キース・ヘインズ Keith Haines (キーボード、ヴォーカル)、小沼ようすけ(ギター)、高橋あず美(コーラス)
■ セットリスト [ ] original artist
Set List : Shinny’s Jam @ Blues Alley, March 15, 2010
show started 19:45
01. Maiden Voyage [Herbie Hancock]
02. Actual Proof [Herbie Hancock]
03. Mr. Clean [Bernard Wright]
04. Hearts Desire [Don Blackman]
05. I’m Your Melody (Keith On Vocal) [Lonnie Liston Smith]
06. Looking At You (Kaleb On Vocal) [Frank McComb]
07. In The Groove [Rodney Franklin]
show ended 20:47
second set
show started 21:18
01. Floor & Move [Ronnie Jordan]
02. Joy [Sheila E]
03. Action Speak Louder Than Words (Kaleb On Vocal) [Frank McComb]
04. Since You’ve Been Away So Long (Kaleb On Vocal) [Don Blackman]
05. Just Chillin’ Out [Bernard Wright]
06. Never Too Much (Kaleb On Vocal) [Luther Vandross]
07. Bread Sandwich [Bernard Wright]
Enc. Can’t Hide Love (Keith On Vocal) [Earth Wind & Fire]
show ended 22:40
(2010年3月15日月曜、目黒ブルース・アレイ=シニーズ・ジャム=高田真バンド・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Shinny’s Jam
2010-38

This entry was posted in ライヴ評・レポート. Bookmark the permalink.

Comments are closed.