⊿マル・ライヴ@渋谷プラグ

⊿マル・ライヴ@渋谷プラグ
【Maru Live At Plug Shibuya】
ホーム。
つい先月は、ブラン・ニュー・ヘヴィーズのバック・コーラスを担当していたシンガー、マルが久々に渋谷のライヴハウス、プラグで単独ライヴ。2009年11月10日プラグ以来4ヶ月ぶり。ここのプラグは、渋谷の駅から近く、足の便もよいので多くの若手アーティストが使う。マルもデビューからここをホームグラウンドのように使っているので、「ホーム」の安心感があるのだろう。
この日も狭い会場が超満員。入るなり、煙もうもうでおもいきり煙かった。(笑)バンドは、ドラムス、ギター、ベース、キーボードにコーラス2人。メンバー表を見てもお分かりのように、現在若手のこの手のサウンドでは最強の布陣だ。
$吉岡正晴のソウル・サーチン
マルもすっかり安定した堂々とした歌いっぷり。下記セットリストで2、6などが新曲。6曲目の「手紙」は一般のJポップ風の曲で印象に残った。最近のマルの新曲の中では1番いいかも。とてもスペースのある曲でアレンジをもうちょっと固めればすぐ完成しそう。たとえば、フックの「ひとつだけ」という言葉が効いてるのでタイトルも「ひとつだけ」とか、あるいは( )付きの副題か。またギターのカッティングももっと徹底して決めのカッティングにするとアクセントが付く。ヒューマン・リーグの「ヒューマン」のようなギターを思い描いた。ただ一歩間違うとミーシャの二番煎じ的になってしまいそうなので、そこを注意してぜひマル色を出して欲しい。
ちなみにマル色とは、アップテンポの曲でのメロディーに載せて歌詞を歌うスタイルとか。「キャント・ストップ」などは彼女らしさがよく出ている。
最近バックを務めたブラン・ニュー・ヘヴィーズのヒット「ユーアー・ザ・ユニヴァース」も、すっかりこなれて自分の曲のよう。アンコールでは、今度4月のビルボード・ソロ・ライヴでマルがバックをつけるゴスペラーズ黒沢薫さんが登場。これまでにも2人は『ソウル・サーチン』のルーサー・ヴァンドロス回での「ソー・アメージング」以来何度かデュエットを歌っているが、最新デュエットは、マイケル・ジャクソンのデュエット曲「アイ・ジャスト・キャント・ストップ・ラヴィン・ユー」。これを黒沢さん、まるで映画『ディス・イズ・イット』のマイケルの如く振舞う。身振り手振り、相当見込んだ様子が伺える。時折声まで似せる。このデュエット前に、マルは黒沢さんに「実は、夢があるんです。黒沢さんとCDでデュエットしたいんです」と告白。これまでにもライヴではデュエットしているが、レコーディングではまだなので、いつかそういう機会があれば、とのことだ。
$吉岡正晴のソウル・サーチン
そして、マルによれば、「今年いよいよ(CDメジャー)デビューできそうです」との宣言も飛び出し、暖かい拍手を集めた。めでたしめでたし。
■ 過去関連記事
2009年08月15日(土)
マルは髪の毛を切り、心機一転成長してJZに登場
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10320359295.html
(前々回ライヴ評)
2010年02月28日(日)
ブラン・ニュー・ヘヴィーズ・ライヴ~マル、バック・コーラスで参加
http://ameblo.jp/soulsearchin/archive1-201002.html
November 08, 2007
Maru First Full Show At Blues Alley: With Surprise Guest
【マル、ブルース・アレイ・デビュー】
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200711/2007_11_08.html
September 13, 2007
Maru Will Write New Song With Each Live
http://blog.soulsearchin.com/archives/002023.html
(前回ライヴ評)
May 15, 2007
Maru Live; Takeo & Mana Live
http://www.soulsearchin.com//soul-diary/archive/200705/2007_05_15.html
(ここに過去記事一覧があります)
■マル・オフィシャル・ページ
http://www.marudiva.com
■ メンバー
マル (ヴォーカル)
藤川学史 (キーボード、音楽ディレクター)
岸田容男 (ドラムス)
渥美幸裕(ギター)
笹井”BJ”克彦(ベース)
サン(コーラス)
ヒロアキー(コーラス)
■セットリスト
Setlist : Maru @ Shibuya Plug, March 11, 2010
show started 20:26
01. Intro
02. Dancing Gipsy
03. Kitty Boy
04. 1234U
05. Slight Of Hope
06. 手紙
07. Can’t Stop ~ Lovin’
08. Goldenboy
09. You Are The Universe
10. Beautiful Life
Enc. I Just Can’t Stop Loving You (duet with Kurosawa Kaoru)
Enc. 守りたいから
show ended 21:58
(2010年3月11日木曜、渋谷プラグ=マル・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>maru
2010-37

This entry was posted in ライヴ評・レポート. Bookmark the permalink.

Comments are closed.