◎鈴木雅之デビュー30周年記念コンサート~ルーツを探し求めて

◎鈴木雅之デビュー30周年記念コンサート~ルーツを探し求めて
【Masayuki Suzuki 30th Anniversary Live: The Roots ~ Could Be The Night】
凝縮。
まだ客席の照明はついたまま、BGMの音量があがってきた。聞き覚えのあるナレーション。そう、レイ・グッドマン&ブラウンの「ハッピー・アニヴァーサリー」が流れ始めた。アニヴァーサリーを飾るには、もっともふさわしい1曲だ。そして、軽快なケイ・グラント氏の流暢なアナウンスで、ショー・タイムが始まった。ステージにはリーゼント、黒のタキシードに蝶ネクタイで決めたミュージシャンたちが勢ぞろい。スペシャルな夜を演出する。
ラヴ・ソングを歌い続けて30年。1980年2月25日にシャネルズのリード・シンガーとしてデビューした鈴木雅之が、メジャー・デビュー30周年をむかえ、記念コンサートを1日だけ行った。その豪華な顔ぶれ、リッチなステージ、そして豊潤なセットリスト。仲間とスタッフと、なにより素晴らしきファンに囲まれて、マーチンは「ヴォーカリスト鈴木雅之の30回目の誕生日パーティー」を華麗に行った。
豪華な顔ぶれは、実姉・聖美、桑野信義、佐藤善雄、村上てつや、酒井雄二、そして、佐藤竹善。しかも、今回のステージはリズム隊を加えると総勢20名を越えるビッグバンド仕様のバック。念入りにリハーサルを重ねたヴォーカリスト鈴木雅之の30回目の誕生日は、ことのほか、豪華絢爛であった。
$吉岡正晴のソウル・サーチン
この会場に入れなかったとしても、下記セットリスト(曲順)とそのゲストを見るだけで、この30年間の一部が走馬灯のようにフラッシュバックすることだろう。
ドゥー・ワップ、ロックンロール、そして、ソウル。マーチンのルーツを見つめなおし、通常のライヴではあまり歌われない楽曲をもふんだんに取り入れ、原点に回帰。さらに、多くのファンが聴きたいと思う曲をこれでもかと詰め込んだ3時間弱。30年という歳月が見事にこの3時間に凝縮された。実に濃く、熱い時の流れだった。それにしても、30年間、ファンに支えられ歌い続けられる鈴木雅之というヴォーカリスト、シンガーも幸せだ。そして、ファンもいわばその「幸せのおすそ分け」をもらう。ハッピー(幸せ)とラヴとほんの少しの甘いほろ苦さ(ビタースイート)が、3時間溢れていた。
最後アンコールのところで、2月25日にリリースされるマーチンのボックスセットのボックスの巨大版が登場。通称「ブラック・ボックス」にも過去30年の歴史が凝縮されていると宣言した。
■ The Complete~History of RATS&STAR~(DVD付)28700円(定価より6300円オフ)

The Complete~History of RATS&STAR~(DVD付)
The Complete~History of RATS&STAR~(DVD付)

posted with amazlet at 10.02.25
ラッツ&スター シャネルズ RATS & STAR
ERJ (2010-02-25)
売り上げランキング: 882

いくつか気づいたことなど。
村上・酒井のゴスペラッツ・チームは、顔は黒塗りにせず、普通仕様で。田代まさしさんは、実にかっこいい白のスーツで決めていて「いつ呼ばれても、出て行ける態勢だった」とのこと。残念ながら登場チャンスがなかった。次の機会だろうか。佐藤竹善さんとは、30周年を向かえての記念シングルを。これは13年ほど前に会ってからいつか一緒にやろうと思っていたことが、遂に実現した。バックステージには、恩師大瀧詠一さん、ブラザー・コーン、そして、シャネルズのメンバーなども。観客男女比は4:6で若干女性が多かったように思う。年齢層は30代から50代、60代まで幅広い。かつて20歳でマーチンのファンになった人も、今では50歳になっている。あらゆる点で歴史の重み、継続の偉大さがここに光り輝いていた。
あ、そうそう、マーチンが「ランナウェイ」が始まる前におもむろに白の手袋(キラキラ付き)を取り出してきたとき、マイケル・トリビュートで「ビリー・ジーン」を歌って、ムーンウォークでもするのか、と一瞬思った。(笑)
■ メンバー
Masayuki Suzuki (Vocal)
Hideyuki Komatsu (Bass, Musical Director)
Kiyoshi Kamada (Drums)
Toshibumi Sibata (Keyboards)
Dr. KyOn (Keyboards)
Teruyuki Chinen (Guitars)
Spam Kasugai (Percussions)
Naoki Takao (Background Vocal)
Yoshito Fuchigami (Background Vocal)
Tetsuo Tachibana (Background Vocal)
Takuo Yamamoto (Horns Arrange & Sax)
Masakuni Takeno (Sax)
Osamu Yoshida (Sax)
Kei Suzuki (Sax)
Naoya Takemura (Sax)
Koji Nishimura (Trumpet)
Masahiko Sugasaka (Trumpet)
Hitoshi Yokoyama (Trombone)
Yoichi Murata (Trombone)
Azusa Tojyo (Trombone)
Katsuhisa Asari (Trombone)
Yoshio Sato (Vocal)
Nobuyoshi Kuwano (Trumpet, Vocal)
Chikuzen Sato (Vocal)
Kiyomi Suzuki (Vocal)
Tetsuya Murakami (Vocal)
Yuji Sakai (Vocal)
■ セットリスト 鈴木雅之
Setlist:  Masayuki Suzuki 30th Anniversary Live: The Roots ~ Could Be The Night February 24, 2010 @ NHK Hall, Shibuya, Tokyo
show started 19:05
00. CD “Happy Anniversary” (Ray, Goodman & Brown)
00. Opening: It Don’t Mean A Thing (If It Ain’t Got That Swing)
01. Everybody Loves A Lover
02. Love Potion Number 9
03. That Is Rock And Roll
04. Zoom
05. Sh-Boom
06. Chapel Of Dreams
07. It’s A人生 (+鈴木聖美)
08. 黄昏のビギン(デュエット)(+鈴木聖美)
09. Taxi (+鈴木聖美)
10. グッドナイト・ベイビー
11. いつも夢中(アカペラ)
12. Tシャツに口紅
13. ガラス越しに消えた夏
14. (Instrumental) Sing, Sing, Sing
15. 楽しき街角 (+桑野信義)
16. 街角トワイライト
17. トゥナイト
18. 憧れのスレンダー・ガール
19. ハリケーン (+村上てつや、酒井雄二)
20. め組の人 (+村上てつや、酒井雄二)
21. ランナウェイ
22. 涙のスウィート・チェリー
Enc.1 Tonight (Could Be The Night)  (+桑野信義)
Enc.2 夢見る16歳
Enc.3 キミの町にゆくよ (+佐藤竹善)
Enc.4 夢で逢えたら(solo version) (+佐藤善雄、桑野、聖美、竹善)
show ended 21:54
(2010年2月24日水曜、NHKホール=鈴木雅之ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Suzuki, Masayuki
2010-30

This entry was posted in ライヴ評・レポート. Bookmark the permalink.

5 Responses to ◎鈴木雅之デビュー30周年記念コンサート~ルーツを探し求めて

  1. ひろみ says:

    SECRET: 0
    PASS:
    吉岡さん、セットリスト、リポート、Twitterでの写真、ありがとうございます!!
    私はマーチンの30年来のファンです。
    昨日は本当に感動でした!!
    オープニングから、Chapel Of Dreamsまでや、シャネルズ・ラッツメドレーに、ルイードを思い出し、ナミダ涙。
    あっ、セットリストに一曲抜けてますよ。
    Taxiの後だったと思うけど、「黒い歯並び」違う「黒い花びら」。
    私がただ一曲、口ずさめない曲だったので(笑)。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >ひろみさん
    水原弘さんの曲は、「黄昏のビギン」(聖美さんが歌った)です。(セットリスト8曲目)。これは、水原さんの「黒い落ち葉」という曲のシングルのB面に入っていた曲とのこと。お父さんが、このB面を気に入っていたというお話でしたね。水原さんは、当時「黒い~~」とタイトルのついたヒットを立て続けに出していました。「黒い花びら」など、「黒いシリーズ」として人気を得ました。

  3. kayomuh says:

    SECRET: 0
    PASS:
    Twitterから飛んできました。フォローさせていただいていますm(__)m
    マーチンさんのライヴ、チケットが取れず諦めたのですが、先生の文章を読んだら、行った気分になりました。でも豪華なゲスト人をみるとやっぱり生で観たかった~(笑)

  4. ひろみ says:

    SECRET: 0
    PASS:
    >黄昏のビギン
    そうだったんですね。
    大変失礼いたしました。
    実は、隣に座っていた人たちが、マーチンとお姉ちゃんのトークの間から曲までずーっとしゃべっていて(怒)、「黒い花びら」と曲紹介されたのかとカンチガイしてしまいました。
    いつも、マーチンファンクラブ会報などでの吉岡さんの文章や対談、楽しみにしております。
    これからもよろしくお願い致します。

  5. 玉響 says:

    SECRET: 0
    PASS:
    テレビでちらっとだけ見れたんですが、凄く行きたかったです(´;ω;`)
    でも先生のレポ見て、凄く嬉しかったです(*'ω`*)DVDで出ないか期待(笑)