◆(告知)日経エンタテインメント増刊・発売、マイケル・ジャクソンDVD発売関連イヴェントなど

◆(告知)日経エンタテインメント増刊・発売、マイケル・ジャクソンDVD発売関連イヴェントなど
【Michael Jackson’s This Is It DVD Release Event】
特集。
映画『ディス・イズ・イット』のDVD発売(2010年1月27日)に伴い、「日経エンタテインメント増刊 マイケル・ジャクソン THIS IS IT」(2010年1月22日発売=定価790円)が発売された。内容をご紹介する。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT特集号 日経エンタテインメント!2010年2月号臨時増刊[雑誌]
マイケル・ジャクソン THIS IS IT特集号 日経エンタテインメント!2010年2月号臨時増刊[雑誌]

posted with amazlet at 10.01.23
日経エンタテインメント!
日経BP社

これは、すごい特集本だと思った。全84ページのうち今回は24ページほどを担当させていただいたが、僕は自分の担当分にかかりっきりだったので全体のことはわからなかったが、完成した本を見て驚いた。他の作品解説、ケニー・オルテガ、トラヴィス・ペインのインタヴューなど実に読み応えたっぷり。『ディス・イズ・イット』を見るガイド本としては最適だ。しかも790円って、安い。これはもし僕がかかわってなかったとしても、星5つでお勧め。(笑) 原稿は1月12日深夜、正確には13日朝まで、死にそうになったが、一気に書いた。そのため、SWVとか、レデシーのライヴに行けなかったのだが、21日にはコンビニ、書店にならんでしまうのだから、すごい。週刊誌と同じテンポ。
さて、少し内容について。今回は新たな評伝と映像作品11本の解説を担当。新たな評伝は、さすがにバイオ的なことは充分に出尽くしているので、視点をきっぱり変えて、彼の歌から読み取るメッセージと、彼の人道活動家、社会活動家としての面にフォーカスしてみた。たぶん、この視点でマイケルを語った評伝はこれまでにないはず。もちろん参考資料は、『マイケル・ジャクソン全記録1958-2009』。マイケル・ジャクソン全記録 1958-2009 (笑) 事実確認に、これはマストの座右の書。時系列を追ってマイケルのことを書くときに、本当にこの本は便利だ。マイケル・ジャクソン学の必須教科書です。彼が「ヒューマニタリアン・アワード」などを取っていることは、あまり知られていない。
映像作品は11本。既発DVDと別に4ページ特集で今回同時発売されることになっていた『ソウル・トレイン』。10本を見直すだけでも、改めて勉強になったが、いろいろ調べたのでぜひご一読を。残念なのはこの『ソウル・トレイン』が発売延期になってしまったこと。いいDVDなので、発売にこぎつけて欲しいところ。曲目リストは掲載されているので、CDでそれらを聴きなおすのもいいかもしれない。それまでは、この紹介文で想像を膨らませてください。『ソウル・トレイン』では、マイケルの成長ぶりが時系列ででてくるので、とてもいい資料になっている。
+++++
イヴェント。
マイケル・ジャクソンのDVD『ディス・イズ・イット』が2010年1月27日に発売されるのに伴い、いくつかイヴェントが行われる。
1)2010年1月25日(月)渋谷タワーレコード「今夜はTHIS IS IT!」カウントダウン・イヴェント
タワーレコード渋谷店では、2010年1月25日(月)夜「今夜はTHIS IS IT!」カウントダウン・イヴェントを行う。
◆21時~:渋谷店B1Fイヴェントスペース「STAGE ONE」にて「THIS IS IT」上映および、久保田利伸と吉岡正晴(音楽評論家)によるトーク・イヴェント(要イヴェント入場券)【入場券の配布は終了いたしました】 21時から映画上映、トークは23時過ぎから。
◆閉店後23時~:渋谷店1Fエントランスにて、DJ KOMORIによるDJ PLAY
23時50分~:渋谷店1Fエントランスにて、久保田利伸によるカウントダウン・セレモニー
2010年1月26日(火)0時~2時:渋谷店1Fにて、DVD「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」の特別販売
トーク・イヴェントの入場券の配布は終了していますが、23時過ぎからの1階でのカウントダウン・イヴェントには、どなたでもご参加いただけます。
詳細はこちら↓
http://tower.jp/store/event/1711
2)2010年1月28日(木)銀座山野楽器本店 吉岡正晴によるフリートーク・イヴェント
銀座山野楽器本店では、2010年1月26日(火)から28日(木)まで3日間にわたって「マイケル・ジャクソン『ディス・イズ・イット』発売記念イヴェント」を行う。3日間、同DVDから編集された約40分の映像を、毎時公開。さらに、1月27日(水)マイコーりょう・スペシャル・イヴェント、28日(木)19時から吉岡正晴トーク・イヴェントを行う。会場は銀座山野楽器本店7階ジャムスポット。入場無料。
※ 当日会場にて吉岡正晴 訳書「マイケル・ジャクソン全記録1958-2009 新訳本」をお買い上げの方に本人がサインをいたします(先着数量限定)
詳細はこちら↓
http://www.yamano-music.co.jp/docs/shops/ginza/index_b1f.html
DVD This Is It通常2枚組み

マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]
マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]

posted with amazlet at 10.01.23
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2010-01-27)
売り上げランキング: 1

ブルーレイ版

マイケル・ジャクソン THIS IS IT (Amazon限定スチールブック仕様/完全数量限定/特製ブックレット付き) [Blu-ray]
マイケル・ジャクソン THIS IS IT (Amazon限定スチールブック仕様/完全数量限定/特製ブックレット付き) [Blu-ray]

posted with amazlet at 10.01.23
Sony Pictures Entertainment (2010-01-27)
売り上げランキング: 8

ENT>ANNOUNCEMENT>Jackson, Michael
ENT>MICHAEL JACKSON

This entry was posted in マイケル・ジャクソン関連. Bookmark the permalink.

4 Responses to ◆(告知)日経エンタテインメント増刊・発売、マイケル・ジャクソンDVD発売関連イヴェントなど

  1. MJ KINGDOM says:

    SECRET: 0
    PASS:
    購入しました。
    内容が良いし、値段も安いし、マイケルのカレンダーの付録が付いているので良かったですね。
    DVDとブルーレイの発売が待ち遠しいです。

  2. 赤海鼠磯吉 says:

    SECRET: 0
    PASS:
    きのう7回目「THIS IS IT」を観て、やはり泣けてしまいました。ダンスの一挙手一投足、何度見ても飽きません。日経エンターテイメント買いました。中身濃いですね。オルテガ監督がスタッフにMJが病院にいることを伝え、皆で祈りを捧げ、死を知る場面まで撮影されてたとは、ショックでした。そんな悲しすぎる場面を使わなかったオルテガ監督の思いに感謝です。コンサートのラストも3Dですごい企画だったみたいで、コンサートの映像の3D映画も観たかったと切に思ってしまいました。改めてクリエーター・エンターテイナーMJのすごさに驚くことばかりです。

  3. とんぼ says:

    SECRET: 0
    PASS:
    読みました。マイケルの衣装や靴のこだわりの部分、とても興味深かったです。また映画を観て、また改めてこの本を読んで確信した、マイケルの懐の深さ、こだわり、やさしさ。もうすぐ発売となりますが、早く観たいです。ソウルトレインも予約してるんだけどなあ…
    でも何よりも生きていて欲しかったです。

  4. tamiaki says:

    SECRET: 0
    PASS:
     ラジオネーム「みく」です。
     吉岡先生のデータは本当に素晴らしいです。
     
     感謝感謝です。