★『ディス・イズ・イット』特典映像は、映画本編と表裏一体(パート1)

★『ディス・イズ・イット』特典映像は、映画本編と表裏一体(パート1)
【Extra Footage For “This Is It” (Part 1): Reveals Behind The Scene Of “This Is It” Tour】
表裏一体。
2009年7月から行われる予定だったマイケル・ジャクソンのロンドン・ツアーのリハーサルを記録した映画『ディス・イズ・イット』のDVDが2010年1月27日に発売される。その中に、映画では公開されなかった映像が「特典映像」として収録されるが、それを5日、ソニー・ピクチャーズのオフィースで見せてもらった。
特典映像は、トータル約165分。通常のDVDとブルーレイの両方につくものと、ブルーレイだけにつくものがある。
(通常特典)(どちらのディスクにも収録)
1. カンバックにかける想い (2種)
2. キング・オブ・ポップの衣装について
3. スタッフが語るマイケル・ジャクソン
4. ダンサーのオーディション風景
5. コンサート制作の舞台裏 (3種)
ダンサー編、バンド編、ヴォーカリスト編
6. オリジナル劇場予告編
(ブルーレイ用特典)(ブルーレイ・ディスクのみに収録)
1. ショートフィルム 「スリラー」(今回のライヴ用撮り下ろし)
2. ショートフィルム 「スムース・クリミナル」(今回のライヴ用撮り下ろし)
3. メイキング・オブ・ショートフィルム 「スムース・クリミナル」
4. 振り付け師が語るマイケルのダンス
5. フォトギャラリー
6. BD-LIVE (インターネットのサイトに、このディスクを通じてつないで見る映像。このディスク経由でないと見られないらしい。今回はこの部分だけまだ見られなかった)
通常DVDは映画本編と特典映像の2枚組みだが、ブルーレイは1枚のディスクに、本編と特典映像が収録される。ブルーレイのほうがそれだけ容量が多いということだ。
一言で言えば、ここでは多くのミュージシャン、ダンサー、スタッフの証言が多数収録されており、これらの証言を総合していくと、映画『ディス・イズ・イット』本編で見られたものが、あくまで全体像の一部でしかないことが浮き彫りになる。そして映画本編を表の顔とすれば、これは、裏の顔だ。両者を脳内合成して見ると、まるで『ディス・イズ・イット』のライヴを真に体験したかのように思えてくる。
関係者は誰もがこのツアーへの熱い思いと、マイケルへの思いを淡々と語り、胸が熱くなる。そして、曲によってどんな衣装になるか、曲によってどんな舞台装置、仕掛けがあるのかなどが具体的に詳細に語られると、見ているほうは『ディス・イズ・イット』のアドヴェンチャーの壮大なスケールにただただ驚嘆する。多くの世界一流のスタッフがここに集まり、最高のアート(芸術)、エンタテインメント作品を作るために、叡智を結集し、最大限の努力をし、マイケルのドリームワールドを実現させようとしている。映画本編では、表が明らかになったが、ここでは、まさに裏方の人々がどれだけ知恵を絞っているかが明らかになる。まさに表裏一体だ。
最大のポイントは、多くの参加者が、マイケルはこの映画で大きなメッセージを伝えたいと考えていたと証言する部分だ。それは、たとえば「アース・ソング」についての解説のところで顕著だった。「マイケルは、はるか以前から環境破壊について懸念し、立ち上がろうとしていた。もっと我々は自然に対して敬意を払わなければならない。これは現代の人類に対する警鐘だ。マイケルは(コンサートのラストを)ハッピー・エンディングにしたいと思っていなかった。行動しないとだめだというメッセージだった」といったことが語られる。
この「ハッピー・エンディングにしたくなかった」というのは、衝撃だ。本編映画でも映っていたが「アース・ソング」の最後にトラクターが出てくる。前の「ヒストリー・ツアー」では、ここは戦車だった。このメッセージは、「世界を壊すのは機械(トラクター)ではなく、人間なのだ」と説明する。強烈なメッセージだ。
そして、やはりここで語られるマイケル像を見れば、誰しもが「マイケルって何ていい人間だったのだろう」と思わずにはいられなくなるだろう。
ブルーレイ用特典映像の「スリラー」と「スムース・クリミナル」は、ライヴ会場で実際にそれらの曲が歌われる前にLEDスクリーンに映し出されるほぼ完成形の映像だ。もちろん今回のために撮影された撮り下ろし。一部は『ディス・イズ・イット』本編でも紹介されていたのでご記憶の方も多いだろう。
「スリラー」は、3Dで撮影されているが、ここでは平面映像だが、それでも画像がきれいなせいか、この部分が浮き上がってくるのだろう、というのがわかる。これがあの大きなスクリーン(30メートルx9メートル=超巨大だ!)に映し出されたら、それはものすごい迫力だろう。
いくつか軽くネタばれになるが、ここは見所だというところを紹介する。
ショーが始まる部分。本編でも「ライトマン」が少し紹介されていたが、その「ライトマン」の詳細が語られ、どのような形でショーが始まるかがイメージできる。もちろん、マイケルがどんな衣装を着ているかが、詳細に紹介されているから頭の中で合成できる。
そして、「スリラー」「スムース・クリミナル」の映像からライヴへの導入部分。おもわず、「な~~るほど」とうならされた。
さらに圧巻だったのが、映画本編でも少し触れられた謎の「MJエアー」。これはショーのエンディングだが、その全貌が明らかにされる。ケニー・オルテガらの説明とその映像、なによりそのアイデアには度肝を抜かれた。なぜ、この部分が映画本編にいれられなかったのか、少し疑問に思ったのだが、もちろん他にも「ここも本編にいれればいいのに」と思ったシーンは多々あり、あれもこれもいれていくと120分に収まらなくなってしまったのか、泣く泣くカットだったのかとも思った。本当に「すごい」としかいいようがない。
また、一瞬だが、ホワイトボードにセットリストの一部をケニーが書いていたシーンがあった。これが最終的なセットリストかどうかは不明だが、興味深い発見がいくつかあった。
そのホワイトボードには、映画本編では歌われていなかった「ドント・ストップ・ティル・ユー・ゲット・イナフ」、「ロック・ウィズ・ユー」、「デンジャラス」、「ダーティー・ダイアナ」、「ユーアー・ノット・アローン」、「ウィル・ユー・ビー・ゼア」の曲目が書かれていた。さらに「ウィ・アー・ザ・ワールド」と「ヒール・ザ・ワールド」がメドレーで歌われるように書かれていた。その後「ユー・アー・ノット・アローン」に行き、本編が「ビリー・ジーン」で終わる。そして、アンコールで「ウィル・ユー・ビー・ゼア」、「マン・イン・ザ・ミラー」で本当にショーが終わるという形になっていた。前述のようにこれが最終形かどうかはわからない。だが、「マン・イン・ザ・ミラー」で会場を去るというのは、そのメッセージなどあらゆる点から言って僕は納得した。
(この項、明日以降に続く)
■ 『ディス・イズ・イット』関連記事
October 28, 2009
『ディス・イズ・イット』全容~『ムーンウォーカー』も11月7日から公開
http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20091028.html
映画公開前に総力取材しての全容。
October 29, 2009
『ディス・イズ・イット』~夢と冒険に溢れる2時間
http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20091029.html
映画を初日に見ての感想。
October 30, 2009
マイケル・ジャクソン・デイ~『ディス・イズ・イット』と『マイケル・ジャクソン全記録』~セットリスト
http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20091030.html
映画内で歌われる曲、全曲のセットリスト。
+++++
集中。
昨日は、この映像を西寺郷太さんを誘い、一緒に見たのだが、3時間程度で見られるかと思いきや、途中、DVDを止めたり、戻したり、メモを取ったり、相当2人とも集中して見たため、結局4時間半くらいかかってしまった。この前のお台場でのトーク・ショーと同じくらいの長さになった。(笑) ここはどうなってる、などと言いながら、映像を少し戻したりして見ていたので、えらく時間がかかった。彼も「ほんと集中して見たんで、すごく疲れました」と言う。僕も、これほどテレビ画面を「ガン見」したことはなかった。
今回嬉しかったのは、ダンサーの名前と顔がすべて字幕などもあり、一致したこと。一瞬だが、ケント・モリさんも出ている。また、ミュージシャンらの経歴もインタヴューで軽くでてきたので、勉強になる。しかし、いわゆる特典映像でこんなに楽しめたことはなかった。
見る前に担当の方と少し話したが、僕がブルーレイの再生専用機をドンキかどこかで2-3万円で買うつもりです、と言ったら、再生だけでいいなら、プレステーションが機能的にとてもいいですよ、ディスクとの相性も、普通の機械よりプレステがいいと勧められたので、プレステ3を買うことにした。(笑) ゲームはしないんだけど…。確かに3万弱なら、値段はそれほど変わらない。
Play Station 3 (これを買えばいいのかなあ…)28370円

PlayStation 3(120GB) チャコール・ブラック(CECH-2000A)
PlayStation 3(120GB) チャコール・ブラック(CECH-2000A)

posted with amazlet at 10.01.06
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2009-09-03)
売り上げランキング: 2

+++++
This Is It DVD デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組み)2746円

マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]
マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]

posted with amazlet at 10.01.06
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2010-01-27)
売り上げランキング: 1

This Is It DVD (Blu-Ray) 3500円

マイケル・ジャクソン THIS IS IT(特製ブックレット付き) [Blu-ray]
マイケル・ジャクソン THIS IS IT(特製ブックレット付き) [Blu-ray]

posted with amazlet at 10.01.06
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2010-01-27)
売り上げランキング: 2

ENT>MICHAEL JACKSON>This Is It
ENT>MOVIE>This Is It
ENT>MICHAEL JACKSON-OLOGY

This entry was posted in マイケル・ジャクソン関連. Bookmark the permalink.

7 Responses to ★『ディス・イズ・イット』特典映像は、映画本編と表裏一体(パート1)

  1. MJ KINGDOM says:

    SECRET: 0
    PASS:
    DVD(デラックス・コレクターズ・エディション)とブルーレイを予約しました。
    発売が待ち遠しいです。
    ブルーレイを再生するためにプレステ3を購入しました。
    (実はファイナルファンタジー13をやりたいのとTHIS IS ITを見たいために買いました。笑)
    初めて絡みはマイケルがきっかけが多いですね。
    初めて買ったCDがマイケルのバッドでした。

  2. tea for two says:

    SECRET: 0
    PASS:
    DVDが届くまでにもう一度大画面で観たいと思っていますが、DVDもとても楽しみになってきました。あらゆる最新機器で作られたものを最後に脳内で合成して完成、というところがなんともいいですね。これは初めての体験です。

  3. まいこー says:

    SECRET: 0
    PASS:
    私もTII ブルーレイのためにPS3を買いました。
    PS3ならそのままネットにも繋がるので、BD-LIVEもテレビで見られていいかもしれませんね。
    この記事を読んでますます発売が楽しみになりました。
    めちゃめちゃ待ち遠しいです。

  4. とんぼ says:

    SECRET: 0
    PASS:
    私はブルーレイレコーダー購入しました。DVDもブルーレイも予約しましたが、吉岡さんのブログを読んで早く観たい気持ちが高まってきました。あと2~3回は劇場で観て気持ちを高めます!MJエアーどんなんだろう?楽しみだな。

  5. いぬ says:

    SECRET: 0
    PASS:
    ブルーレイは高額なので特典映像等、少しあきらめモードでした。
    プレステ3よいな、と思ったら、
    THIS IS ITブルーレイとPS3本体がセットになったものがあるみたいですね。
    パッケージもMJのようなので心が揺らぎます。。

  6. だい says:

    SECRET: 0
    PASS:
    僕はソニーの回し者ではありませんが、PS3を持ってるので、解説しますと、
    PS3の良い所は、ブルーレイを綺麗に表示できるのはもちろん、DVD再生で、映像を大画面で見ても遜色ないように補正してくれる機能がついてるので
    マイケルの出てるDVDも綺麗に修正してくれます!
    リモコンも別売りにあるので、
    PS3悪くないと思いますよ

  7. ym says:

    SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして、MJが亡くなってからその偉大さに気がつきこちらのページを日々チェックさせていただいています。
    映画は一度しか見にいけていないのですが、すぐにDVDは予約しました。そしてこの記事でブルーレイも予約してしまいました(^^;)
    bmr02月号にThis is itの特集があり読んだのですが、再発見する見どころがありました。
    プロの方がみるとこういうところまで気がつくのか。。もっと知りたいと感じました。
    映画の字幕だけではわからなかったところを吉岡さんにぜひ解説していただきたいと感じました。
    そういった詳細解説本が出版されるといいなあと切に思います。