☆謹賀新年

☆謹賀新年
新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
ますます、ソウル・サーチンに精進いたします。
みなさんにとっても、幸多き一年になりますように。
2010年1月1日
吉岡正晴
The Soul Searcher
+++++
検証。
さて、昨年15項目の目標を書きました。
1) 聴いたCDは、そのCDのプラスチックケースの中に必ず戻す。そして、最初にあったところに必ず戻す。
2) 届いた郵便物は3日以内に必ず封を切る。
3) いらないものはすぐ捨てる。そして大掃除。
4) しっかりプランを練る。予定や目標や企画を立てて、紙に書く。そして実行する。
5) 聴いたこと、見たこと、感じたことは、忘れないうちにすぐ書き記す。
6) スタンダード1000曲を覚える。
7) オールタイム・ベスト100アルバムを選出する。
8) 50・50・50をなんとか一度は成し遂げてみたい。 (ライヴ50本、書籍50冊、映画50本を見る)
9) 「ソウル・サーチン・ウェッブ」のリノヴェーションをしたい。
10) 「ソウル・サーチン」イヴェントと、その周辺アーティストのライヴを充実させたい。
11) ソウル関係の本を何か出す。
12) 音楽映像番組を作る。 (ドキュメンタリーでも音楽番組でも)
13) 週刊誌か月刊誌でコラムをはじめる。
14) 何か月1でもいいので、これぞというソウル番組をラジオでやりたい。
15) また、アーティストたちとからんで、これまでと違う何かクリエイティヴなことをやってみたい。
2009年の最大の心残り。いわゆる本当の大掃除ができなかったこと。
やはり、昨年から、どうも、これといった発展、進化がない。日々に流され、あっという間に1年が過ぎていく…。
上記、6、7、8、9はどうしても積み残してる。10は7月に2年4ヶ月ぶりに「ソウル・サーチン:ザ・セッション~アイズレー・ブラザース」が、しかも今回は2デイズでできたのは、よかった。内容的にはよかったが、これで収支がとんとんになれば言うことはないのだが…。(笑)
11は、マーヴィン・ゲイの自伝は、予定より遅れたが出版できた。うれしい。しかし、驚いたのが、マイケルの逝去とともに、マイケルの「全記録」本を急遽出したこと。年に2冊も本を出したのは自分でもびっくり。12から15は、これまた積み残しです。その結果、ライヴへ行った本数が少なくなったのは、まあ、しかたないかなあ。
2009年を振り返ってみると、何といってもマイケル・ジャクソンの急死だ。日本時間では6月26日(現地6月25日)以降、すべてが変わったような気がする。マイケルを軸に、そのメッセージ、マイケルとメディアの戦い、そして、映画『ディス・イズ・イット』の公開など、語るべきことは実に多く、僕の周辺はマイケル一色になった。中でも西寺郷太さんとの3回のトークイヴェント、NHK-FMでの2時間40分の番組は、本当に楽しくやりがいがあった。
今年はまた書籍を出したい。1冊計画中のマイケル本のほか、1000円以内で出せる本というのを出したい。果たして実現するかな。
ツイッターとブログを連動させた何かで発信できるものがあれば、そのあたりも視野にいれておきたい。
というわけで、今年もよろしくお願いします。
ENT>ANNOUNCEMENT>

This entry was posted in 告知関連. Bookmark the permalink.

4 Responses to ☆謹賀新年

  1. cyanmui says:

    SECRET: 0
    PASS:
    昨年はありがとうございました・・・
    本年もどうぞよろしくお願い致します(‐^▽^‐)
    素敵な本が出版できますよに・・・

  2. MJ KINGDOM says:

    SECRET: 0
    PASS:
    昨年はマイケルに続き7月15日に母が亡くなり喪中により新年の挨拶として代えさせていただきます。
    今年も吉岡さんのマイケル愛の日記を楽しみにしています。
    また、マイケル関連の本の出版を望みます。
    今年もよろしくお願い致します。

  3. Uchu says:

    SECRET: 0
    PASS:
    あけましておめでとうございます。
    今年もソウルサーチンを毎日読みます。

  4. tea for two says:

    SECRET: 0
    PASS:
    あけましておめでとうございます。
    今年も吉岡さんのソウル・サーチンを楽しみにしています。
    もうマイケルの死から半年も経ったんですね。あれから大きなうねりのように自分の中にマイケルが入ってきました。NHKのラジオも本当に聴き応えがありました。「バタフライ」という曲は初めて聴きました。素晴らしいですね。
    6月26日以降、私の家だけでも何回マイケルのCDやDVDがかかっていることか・・。ミュージシャンの方がライブでマイケル追悼をされてることも数知れず(紅白まで!)、いくつもの家庭でもうちと同じ現象が起こっているとすれば日本中でマイケルが鳴ってるわけで、マイケルならそれは世界規模になるのですから・・・地球全体でマイケルが鳴り響き・・・想像するだけで気が遠くなります。