▲松尾潔さん、NHK-FMでスモーキー・ロビンソンを語

松尾潔さん、NHK-FMでスモーキー・ロビンソンを語る~スモーキーとダリルズ・ハウス
【Matsuo KC Would Talk About Smokey Robinson On NHK-FM】
スモーキー。
プロデューサー、松尾潔さんが来る2009年12月28日(月)NHK-FM(全国放送)で1時間半にわたってスモーキー・ロビンソンについて語る。番組は、恒例の「偉人たちシリーズ」の1回で副題は「スモーキーが教えてくれた」。19時30分から21時まで。
収録は12月の初旬に行われたが、それまで松尾さんはかなりスモーキーを徹底研究したようで、すっかりスモーキー漬けになっていたそうだ。だが、例によって番組はわずかに1時間半。しゃべりたいことの半分もしゃべれなかったかもしれない。スモーキーのような偉人を1時間半で語ることなど到底不可能で、松尾さんも相当もんもんとした様子。気になる方は、ぜひ、エアチェックを。
スモーキー・ロビンソンは1940年2月19日ミシガン州デトロイト生まれ。1957年ごろ、ベリー・ゴーディーと知り合い、ベリーがのちに設立するモータウン・レコードに参加。自らヒットを放つシンガーとして、また同レーベルの他のアーティストへの楽曲提供など幅広く活躍している。当初は友人と組んだミラクルズのリーダーとして、1972年からはソロ・シンガーとして活動中。ボブ・ディランが、「現有するアメリカ最高の詩人」と絶大な評価をした。50年以上のキャリアを持ち、現役でも活躍中。今年久しぶりの新作『Time Flies When You’re Having Fun』を出した。ハイヴォイス気味の声と、独特の詞の世界、メロディーが大変魅力的。テンプテーションズの「マイ・ガール」などがよく知られる。最近ではマイケル・ジャクソン追悼式(2009年7月)で弔辞を読んだ。
収録の様子。(NHKのブログ)↓
http://www.nhk.or.jp/fm-blog/200/31495.html
すでに番組でのオンエア曲が公開されています。事前にお知りになりたくない方は、ご注意ください↓
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2009-12-28&ch=07&eid=229
◎ NHK-FM 2009年12月28日(月)19時30分~21時00分
「真冬の偉人たち~スモーキーが教えてくれた」
出演: 松尾潔
(2009年12月28日追記)松尾さん、28日月曜21時からはTBSラジオに出演↓
http://www.tbs.co.jp/radio/newyear/index-j.html
++++
ダリル・ホールのウェッブ番組『ダリルズ・ハウス』にスモーキー・ロビンソン登場
【”Live From Daryl’s House”】
ヒーロー。
さて、一度、ちらっとダイアン・バーチのライヴ評の中で書いたダリル・ホールのウェッブだけで無料で見られる月一の音楽番組『ダリルズ・ハウス”Live From Daryl’s House”』を改めてご紹介しよう。スモーキー・ロビンソンの予習の意味でもどうぞ。字幕などはありませんが。
この番組は2007年11月から月1回約1時間ウェッブでの放送で始まったもの。ダリル・ホールが、親しいミュージシャンらを自宅に招き、自身のバンドとともに、自由にジャム・セッションを繰り広げる。曲の演奏の合間にダリル・ホールとそのゲストがかなり自由なトークを繰り広げたり、休憩時間には地元の有名レストラン・シェフが、ダリルの自宅キッチンで料理を作り、みんなに振る舞い一緒に食事をするシーンなども盛り込まれる。
ミュージシャンシップのある自由な雰囲気でのジャム・セッションと合間のトークが、本当に素晴らしい。2007年11月公開の第1回目では、ダリル・ホールがソロで、第2回でジョン・オーツを迎えている。以降トラヴィス・マッコイ、KTタンストール、ニック・ロウ、トッド・ラングレン、ダイアン・バーチなどが登場している。
ダリルズ・ハウスのオフィシャルページ↓
http://www.livefromdarylshouse.com/index.php?page=member_archive
ここでアーカイブ(過去映像)がすべて見られる。
そして、その『ダリルズ・ハウス』の2009年8月15日に公開された第22回目のエピソードで、スモーキー・ロビンソンが登場した。
スモーキー・ロビンソンの回↓
http://www.livefromdarylshouse.com/index.php?page=ep22
他の出演者たちは、大体、普通の車でやってくるのだが、このスモーキーの場合、なんと長尺のブラック・リムジンで登場。このあたりから、度肝を抜かれる。曲への指示の出し方など、マイケル・ジャクソンの映画『ディス・イズ・イット』でマイケルがミュージシャンたちに指示を出していたあの姿を思わせる。スモーキーもまた口伝えで曲のニュアンスを指示する。
休憩の間の、スモーキーの昔話を、ミュージシャンたちが頷きながら聴くところが最高だ。本当にこういうミュージシャンたちの話はおもしろい。
こんな番組、作ってみたい。
(このスモーキー・ロビンソンの回については、内容を詳しく明日のブログでご紹介します)
++++
■スモーキー最新作『タイム・フライズ・ホェン・ユーアー・ハヴィング・ファン』(ノラ・ジョーンズの「ドント・ノウ・ホワイ」のカヴァー収録)

タイム・フライズ・ホェン・ユーアー・ハヴィング・ファン
タイム・フライズ・ホェン・ユーアー・ハヴィング・ファン

posted with amazlet at 09.12.26
スモーキー・ロビンソン インディア・アリー ジョス・ストーン カルロス・サンタナ
ライス・レコード (2009-11-01)
売り上げランキング: 12877

■ スモーキー&ミラクルズ ベスト

ザ・ベスト・オブ・スモーキー・ロビンソン&ミラクルズ
ザ・ベスト・オブ・スモーキー・ロビンソン&ミラクルズ

posted with amazlet at 09.12.26
スモーキー・ロビンソン&ミラクルズ
USMジャパン (2008-12-17)
売り上げランキング: 152251

ENT>ARTIST>Robinson, Smokey
+++

This entry was posted in ラジオ>. Bookmark the permalink.

Comments are closed.