○NHK-FM、ゴスペラーズ、アースもろもろ

○NHK-FM、ゴスペラーズ、アースもろもろ
【NHK-FMマイケル特番、ゴスペラーズ・ライヴ、アースなど】
もろもろ。
今日(2009年12月20日)、午後7時20分からNHK-FMで『サウンド・ミュージアム マイケル・ジャクソン』が放送される。午後10時まで2時間40分、たっぷりマイケル・ジャクソンの歴史、魅力などを語る。出演は吉岡正晴と西寺郷太。ぜひお聴き逃しなく。
編集されたファイナル・カットを聴いたが、曲は次々とかかり、とにかくマイケルについての細かいトークが続く。マイケル・ファンにはたまらない内容になっていると思う。
ただ、収録が12月9日までに終わっていたため、12月16日に日本テレビ系列で放送された『愛と哀しみの真実』についての感想が入っていない。また、トーク・テーマは多数あったが、じっくりマイケルが書いた歌詞についてのトークができなかった。そのあたりが心残りと言えば心残りだ。
番組、聴いていただいたら忌憚ないご感想などをお寄せください。12月23日のトーク・ライヴに反映させます。

ビデオ・グレイテスト・ヒッツ~ヒストリー [DVD]
ビデオ・グレイテスト・ヒッツ~ヒストリー [DVD]

posted with amazlet at 09.12.20
Sony Music Direct (2005-12-07)
売り上げランキング: 26

+++++
ゴスペラーズ・ライヴ。
12月19日(土)、夕方、国立代々木第一体育館でゴスペラーズのライヴ鑑賞。超満員のぎっしりぎっしり。1万人以上が入っていて、完全売り切れ。内容については、12月21日が解禁とのことなので、セットリストなどは21日(月)以降にご紹介予定。
いやあ、でも、驚きましたよ。あのときには…。ライヴ後、メンバーらとほんのちょっとだけ面会。酒井さんにいろいろ聞きましたが、月曜以降に。
横のモニターに映される映像も綺麗だが、正面バックのLEDモニターが実に彩りよく綺麗。20日(日)には、WOWOWの収録がカメラ20台以上で行われるそうで、それがいずれオンエアされる。
15周年記念ライヴ、おめでとうございます。
最新作

Love Notes II(初回生産限定盤)(DVD付)
Love Notes II(初回生産限定盤)(DVD付)

posted with amazlet at 09.12.20
ゴスペラーズ
KRE (2009-10-28)
売り上げランキング: 2126

+++++
先週のアース・ウィンド&ファイアーの小ネタ。
アースのリード・ヴォーカルのひとりに、ベンジャミン・デイヴィッド・ウィットウォースという人物がいた。このところ、ずっとアースのサポートメンバーとして来日していたが、なんと、彼はかつて日本でも人気が出たアカペラ・グループ、14カラット・ソウルに在籍していて、アース以前に何度も来日していたそうだ。
その情報を得て、早速14カラット・ソウルのCD、LPを探そうとしたが、ちょっとすぐに出なかったので、確認できていないのだが。通称はトゥティグ(tootigg)という。いろいろネットなどでも調べたが、メンバーが出ているものがなくてまだよくわからない。
Benjamin David Whitworth / Vocals/Percussion

エッセンシャル・アース・ウインド&ファイアー 3.0【完全生産限定盤】
エッセンシャル・アース・ウインド&ファイアー 3.0【完全生産限定盤】

posted with amazlet at 09.12.20
アース・ウインド&ファイアー
SMJ (2009-12-23)
売り上げランキング: 50382

ENT>ARTIST>

This entry was posted in 告知関連. Bookmark the permalink.

9 Responses to ○NHK-FM、ゴスペラーズ、アースもろもろ

  1. かぁ says:

    SECRET: 0
    PASS:
    一緒に歌ったり、踊ったり、ぼろぼろ泣きながら、あっという間の2時間40分でした。
    裁判に関する具体的で丁寧な説明が印象的でした。
    20年とか、25年前とか聞いていると、
    私の人生も大半がMichaelと共にそれだけ経ってるんだなぁ、と感慨深いですが、
    私は彼に、何もしてあげられなかったんだろうか、と自責の念にかられて仕方ないです
    外国に住む一般人であり、そんなのは当たり前なのですが
    こんなに長い間楽しませてもらったMichaelに、
    愛も感謝も、信じていることも伝えられなかった、
    なんの恩返しも出来ないままで過ぎ去ってしまったことが、悲しくてたまらないのです
    この喪失感が癒える日は来るのでしょうか
    励ましの言葉をいただけると嬉しいです  笑

  2. ゴマ子 says:

    SECRET: 0
    PASS:
    NHK-FMの番組、聴かせていただきました。
    先日の日本テレビの番組は複雑な感情が残り、もやもやしていたのですが、今夜のラジオは落ち着いて聴くことができました。
    特に、「HIStory」~「Invincible」の解説はなかなかお話してくれるかたが居ないので、とても興味深かったです。
    マイケルが亡くなる約半年前くらいからは「HIStory」のディスク2をよく聴いていましたし、「Invincible」も名曲揃いで、これらのアルバムはマイケルを知る上でまだまだもっと研究するべきものだと思っております。
    「Invincible」は子育てに喜びを感じているマイケルがたくさん詰まっているんだなと新しい発見がありました。
    23日の西寺さんとのトークイベントは残念ながら参加できませんし、インターネット中継も見ることができないので、また詳細をブログにUPしていただきたいです。
    楽しみに待っております!

  3. MJ KINGDOM says:

    SECRET: 0
    PASS:
    昨日、聴きました。
    吉岡さんと西寺さんのトークはマイケルに対する愛でいっぱいでした。
    もっとこう言う番組が増えることを願っています。
    ラストのヒール・ザ・ワールドがかかった時は涙ぐんでしまいました。

  4. まいこ- says:

    SECRET: 0
    PASS:
    ラジオ聴かせていただきました。何十年かぶりにカセットテープを購入し録音して何度も聞き返しております。
    内容も選曲もとてもよかったです。ますますマイケルの事を知りたくなりました。吉岡さん訳の本と西寺さんの本とマイケルジャクソン裁判の本でまたマイケルについてお勉強したいと思います。

  5. junko says:

    SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして。
    私もNHKのラジオを聴かせていただきました。
    ウイアーザワールドでのライオネルの話やマイケルとあったときの話など、乗り出して聴き入ってしまいました。
    悲しい出来事も多かったマイケルで、マイケルに対する偏見やひどい仕打ちに対しては怒りや悲しみを感じますが、虐待疑惑後のヒストリーというアルバムの素晴らしさや亡くなった後の[THIS IS IT]という映画の素晴らしさ、メッセージ性を考えると複雑です。それらがなければ生まれなかったと考えると・・・。
    吉岡さんがおっしゃっていたようになにか運命的な、必然的なものを感じました。本当にマイケルは天使だったのかもしれませんね。

  6. かぁ says:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは*
    今日、NHK-FMでPM11:00~マイケル特集のような
    放送があって聴いていたのですが、
    同じ放送局なのかなぁと思うほど
    昨日と今日の内容が違いすぎて悲しくなりました。
    やっぱり、マイケルのことを知り尽くしている
    吉岡さんと西寺さんに語っていただきたいと強く思いました。

  7. イズミ says:

    SECRET: 0
    PASS:
    マイケルの曲は毎日のように聞いていますが、お二人がその時代時代のマイケルやアルバムについて語ってくださった後にラジオから流れてくる音は不思議といつもと違った新鮮さを含んでいるように感じました。
    マイケルのその時々に起こった出来事や時代背景ががどんなふうに彼の曲作りに影響していったかを音楽をよく知っているお二人から聞けるのはとても楽しかったです。
    23日のL.O.V.E(ラヴ)・ナイト、インターネット中継だけでも聞きたかったのですが、仕事で聞くことができません。 本当に残念無念です。
    こちらのブログでその時のお話を少し教えていただけたらありがたいです。

  8. みい says:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは
    昨夜、通しでラジオを聞けませんでしたので、録音したものを今日聞かせて頂きました。
    最初、司会のアナウンサーの方もいらっしゃるのかな?と思ったほど、聞きやすく渋いお声に驚き(ごめんなさい・・)、いつも書かれた物は読ませて頂いていても、吉岡さんのお声を聞くのは初めてだということに気づきました。
    ・・・2時間半、あっと言う間でした。
    感想としましては、吉岡さんが83年にマイケルの家に行かれた時の詳細・郷太さんが、マイケルの死は悲しいけれど、でもこの映画がそれによってつくられたことの意味と意義の話が心に残りました。
    ただ、今回の映画を見てファンになった方や、マイケルが亡くなったことによって彼のことを知りたくなった方のために、大まかなヒストリー有りで、その中に細かなエピソードを入れるという構成になったのかもとは思いましたが、もう少しマニアックな(菊地成孔さんとのトークで挙がっていた幾つかのタイトルのような)話が、吉岡さんや郷太さんの本を読み終えたり、郷太さんの過去のラヂオトークを聞いているファンや長年のファンためには、出て欲しかったなと思いました。
    今回十何年ぶりかで、ラヂオをカセットに録音するという作業をしたのですが、丁度片面が終わり、ひっくり返す時に限って、郷太さんの「トーチャーのアルバムの・・」・「インビンシブルはボクが一番・・」という聞きたい話を聞き逃し、昔の手作業感を思い出しました(;;)
    明日のイベントは、視聴予約しましたがその時間パソコンの前にいられない用が出来てしまい残念です。
    またお話の内容をUPしてくださるのを楽しみにしています。
    (先ほど、途中まで書きかけの文がもし送信されてしまっておりましたら、お見捨ておき下さい)

  9. とんぼ says:

    SECRET: 0
    PASS:
    一応録音しましたが、砂嵐ばかりでほとんど聴こえませんでした(;_;)最後の1時間は何とか聴けましたが、レイ・チャールズとマイケルの曲は是非聴きたいです。あと昨日THIS IS IT観に行きましたが曲の構成(歌っていない曲を含めて)お話頂けるといいなあ、と思いました。
    あとスリラー25周年のアルバムの話しなどあれば聞きたいです。
    裁判などつらい話しではなく、前向きになっていた、とかいうようなマイケルの話しがあれば聞きたいです。