★マイケル・ジャクソンの「愛と哀しみの真実」の意義

★マイケル・ジャクソンの「愛と哀しみの真実」の意義
【Michael Jackson’s Special On NTV】
意義。
日本テレビで2009年12月16日(水)午後7時56分から2時間にわたって放送された「マイケル・ジャクソン 愛と哀しみの真実」を見た。ちょうど放送中は打ち合わせの最中だったので、終わってから移動中の車を停めて途中から見て、うちに戻ってから改めて録画を見た。
マイケルの無罪、無実のことが、はっきりとわかりやすい形で、テレビで、しかもゴールデンタイムで2時間にわたって放送されたことはとても意義が大きいと思う。郷太くんも言うように、マイケルをよく知る人の間では、すでに既定の事実だが、マイケルを知らないマスコミの人たち、一般の人たちには、よい「教科書」になったのではないだろうか。
特にイヴァン・チャンドラーのあくどさをうまく表現していた。こんなことをやられたら、マイケルに限らず、有名人はひとたまりもないだろう。
それにしても、トーマス・メゼロー弁護士とか、マイケルとか、再現フィルム、けっこう似ている人をキャスティングしているなあ、と感心した。(そんなことはどうでもいいが(笑))
しかし、イヴァン・チャンドラーの死を伝えてないのは、ちょっと片手落ち(片方の手続きに落ち度があること=一部で放送自粛の動きもある言葉)ではないか。
いわゆるマイケルを疑惑の目で見てきたメディアの人たちは、メゼロー弁護士らの言葉を反芻するといい。そして、今までマイケル疑惑を煽ってきたメディアは、それと同じかそれ以上の訂正をしなければならないだろう。
オウムのサリン事件で冤罪となった河野さんの例と同様に、マイケルはまったく予期せぬところから火の粉をかぶってしまったのだ。河野さんは、冤罪が晴れたが、マイケルはなかなか晴れていなかった。この番組をきっかけにそうした雲が取り除かれることを願う。
それにつけても、このイヴァン・チャンドラーのゆすり・たかりに対して、マイケルは示談金を支払うが、これはやはり結果的に大きな判断ミスだったような気がする。マイケルの気持ちはわかるが。この示談の姿勢こそ「It Doesn’t Matter Who’s Wrong Or Right Just Beat It, Beat It(誰が正しいか、間違っているか、関係ない。ただ逃げろ)」の精神だった。「ビート・イット」の歌詞・歌が、まさかマイケルの身に直接ふりかかるとは、マイケル自身も夢にも思わなかっただろう。また、執念の検事トム・スネドンのあの執念は何なのだろう。そして、2度目のアルビーノ一家からのゆすりのときに、もう逃げないと考えたのも、また、予想だにしなかったはずだ。
ところでこの番組の中では、マイケル・ジャクソンのアーティストとしての素晴らしさとかは一切出てこないが、これは番組制作者が、裁判・ゆすりのところだけにフォーカスしたからなのだろうか。つまり、誰でも知ってる有名人が突然死んだ。そこには複数にわたる不可解な裁判があった。そしてそれはどちらもはめられたものだった。そうしたプレッシャーで、その有名人は死に至った、というストーリーか。
しかし、このストーリーだと、そういう風にマイケルを追いやったアメリカ(加えて世界の)メディアの責任がまったく描かれない。僕はもちろん第一義的にはマイケルをゆすろうとしたイヴァン・チャンドラーが一番悪いと思うが、それを必要以上に伝え、一方、無実の証拠がでてきたときには、それをまったく伝えようとしなかったメディアの責任は巨大だ。
■ マイケルのエンタテイナーとしてのすばらしさ 『ライヴ・イン・ブカレスト』

ライヴ・イン・ブカレスト [DVD]
ライヴ・イン・ブカレスト [DVD]

posted with amazlet at 09.12.17
Sony Music Direct (2005-12-07)
売り上げランキング: 9

ENT>MICHAEL JACKSON
ENT>ARTIST>Jackson, Michael

This entry was posted in マイケル・ジャクソン関連. Bookmark the permalink.

10 Responses to ★マイケル・ジャクソンの「愛と哀しみの真実」の意義

  1. MJ KINGDOM says:

    SECRET: 0
    PASS:
    本編の「マイケル・ジャクソン愛と哀しみの真実」を放映する前の番組、サプライズ「マイケル・ジャクソンSP」は要らなかったですね。
    マーティン・バシールの顔を見ただけで腹が立ちました。
    「マイケル・ジャクソン愛と哀しみの真実」をゴールデンタイムに放映してくれた事にはファンとしては感謝します。
    マイケルを誤解している人たちの理解を得る為に番組は良かったですね。
    最後は涙があふれてきて止まりませんでした。
    ただ、最後は万人受けするスリラーを流すのではなくマン・イン・ザ・ミラーかヒール・ザ・ワールドで終わってほしかったです。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    私も見ていましたが、今更な内容に少し驚きました。ファンはみんな知っているような内容だっただけに、少し残念でした。
    THIS IS ITで初めて興味を持った人や、一般の人をターゲットとしている番組のように思えました。
    ファンの間でも、たくさんの意見が飛び交っていますが、MJのやってきた世界を救う活動をもっと出してほしかったです。
    頭がモヤモヤしていましたが、自分が思っていたことを全て書いてくださったこの記事を読んで、とても気持ちが軽くなりました。
    ありがとうございます。

  3. ナナ says:

    SECRET: 0
    PASS:
    「マイケル・ジャクソン愛と哀しみの真実」の前にやったサプライズ「マイケル・ジャクソンSP」は、バシールの悪意ある編集をしたひどい番組で、見ていて本当に腹がたったし、許せませんでした。あんな番組をやる必要があったのでしょうか・・?
    「マイケル・ジャクソン愛と哀しみの真実」は、全て知っていたことではありましたが、マイケルがあまりにも可哀想で、涙が止まりませんでした。
    あんなに純粋で優しいマイケルを、お金を巻き上げる為にとんでもない陰謀を企てる一家、異常なまでの執念でマイケルを有罪に陥れようとする検事、マイケルをまるで有罪かのように歪めた報道をするマスコミ・・あまりにも酷すぎます。これは、魔女狩りであり集団リンチだと思いました。無罪になったことだけが、唯一の救いでしたが・・。
    番組では裁判のことだけでしたが、マイケルが一生懸命やっていた慈善活動のことも、もっと伝えて欲しかったです。
    マイケルは、愛と優しさに溢れる偉大な宗教家でもあり、哲学者でもあり、現代のキリストみたいな人だと思います。。

  4. とんぼ says:

    SECRET: 0
    PASS:
    マイケルのことを知っている人ならなかなか納得のいかない内容だけれども、映画を見て気になっていた人には先ずはいいんじゃないでしょうか。
    ただ生きている間にやって欲しかったです。
    歌詞の内容とかマイケルがやってきた偉業とか次はして欲しいかな。
    スマスマの内容は最後に希望を持たせてくれて良かったんですがね。

  5. チャコチャンママ says:

    SECRET: 0
    PASS:
    マイケルファンなら 十分知っている内容でしたが マイケルが亡くなってから・This is it
    を観てから ファンになった人たち・それ以外の人たちの多くは あの2つの事件=マイケルと思っている方が多い中 まずは無罪判決に至る経過が分かりやすく 説明してくれた事はよかったと思います 「無罪判決が全てを払拭してくれる事になるとはマイケルも思ってはいなかった」というナレーションで終わってしまったが その通りで
    日本も罷免事件はたくさんあり 「松本サリン事件」の河野さんの家族の強さと凛とした態度 犯人扱いされた事に訴える事もせず、マイケルも同じで彼らを訴えず この10年の持って行き場のない全ての思いを考えると 辛い 悲しい 悔しいです。マイケルは怒りを自分の純粋性と愛を磨いて、自分を信じる事に努力した人だと思います チャンドラー君がマイケルの亡くなった後
    「お父さんのために嘘をいった マイケル ごめんね」と発表 彼もこれからずっと 一生背負っていくかねばならない!! ある意味犠牲者でもあると思います 
    マイケル バッシングの後には人種差別が色濃くあり ブラックアメリカンが頂点に(スリラー以降)立つ事は許されず 何かにつけマイケルが標的になったと思うし 揺るがないマイケルの才能を潜在的に消し去ろうとしたのではないかと思います。人種差別の裏返しは「白人至上主義ですからね!」 マイケルはたくさんのものと闘ってきたと思います それらが全部作品となり彼の音楽性がネガテヴさを感じさせないで 心に響く作品になったと思います が
    そこまでを掘り下げて 番組を作り上げるほど
    日本のマスコミは成熟していない
    マイケルのの純粋性にひれ伏してしまうけど
    マイケルを黒としたい人たちは自分たちの汚れた心があぶり出される事に直視できないからですよ
    世界中であれだけたくさんの聴衆を熱狂させ ファンを魅了させ 力の限りを 愛を くれたマイケルの心を意志を自分の課題にフィードバックしてマイケルの成し遂げたかった事を少しでも自分の世界で創っていくいく事なんだよね と今はおもいます。でも 生きていてほしかった。

  6. くろねこ says:

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようごさいます。
    初コメント致します。
    いまさらながら、マイケル・ジャクソンの魅力に引き込まれてしまいました。生きている間にファンになっていたらなぁと、申し訳なく思います。
    ただ、信じれないかも知れませんが、彼を疑っていたわけではありません。洋楽と言うものに関心がもてなかったんです。
    (顔を見て名前がわかるアメリカ人は、一流のメジャーリーガーと、大統領くらいなものです。)
    わたしが、ワイドショー的な報道に嫌悪感をもともともっていたからなのかも知れませんが、
    疑惑が起こったときの報道内容に、マイケルに対する悪意というか、とにかく、もやもやとした空気を感じたんです。
    そんな中、初めてマイケルの姿をみました。
    マイケルって、こんな顔してたんだと思った以上に、じぶんでも説明できないのですが、直感的にこの人は潔白だと思ったんです。
    その時には、裁判になるだろうと聴いて、無実が証明できるからいいのでは、ぐらいにしか思わなかったのですが・・
    とにかく彼が亡くなって、本当にいまさらながら彼の作品をきちんとみてみようという気になったのです。
    水曜日の番組は、いまマイケルジャクソン裁判の本を読んでいる私には復習の意味もあってわかりやすく、いいものでした。
    長々失礼いたしました。

  7. hanako says:

    SECRET: 0
    PASS:
    バシールはイギリスでも一方的な番組製作をして問題になったことがあると聞いています。
    マイケルの番組を作った時も二枚舌を使い、マイケルに対して言う言葉と実際に放送した内容が違っていたのが歴然だったのにそのことにはあまり触れられませんでした。
    内容が捻じ曲げられて報道されたことが一般の視聴者には伝わりにくかったと思います。
    マイケルが「子供と同じベッドで寝る」と言った発言がありましたが、おそらくその話の前後が抜け落ちているか、補足が全くなく、これは非常に誤解を招く発言のまま放送されました。
    そして、最後はなぜか唐突に「スリラー」でマイケルがゾンビのまま終わる。。最悪
    何か意図するものがあったのか、聞きたいものです。
    93年の事件の父親エバン・チャンドラーは最近自殺しました。
    ラストは”悪事を働いて人を陥れ大金を騙し取ったとしても、幸せな人生は送れない”と結んで終わってほしかった。
    この番組を見た一般の視聴者はマイケルへの誤解を解くことなく、「やっぱりマイケルは変な人」の固定観念のままだったのでは?と、本当に憂慮します。

  8. なお says:

    SECRET: 0
    PASS:
    実はこれまで、マスコミの言う事を全て信用してはいないものの、情報として頭の中にあったものですから、THISISITを見て、まず何か違うんじゃないかと思い、見終わった後はマイケルに申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
    それからPCで調べたり本を読んで、余りにも真実とかけ離れた報道に愕然としました。
    当時からずっとマイケルを信じ支持してきたファンの方はすごいです。
    なのでこんな私には最近知った事実とは言え、あの番組のおかげで、マイケルがどんなにつらく深く傷ついていったかがリアルにわかりました。
    世の中はもうマイケルの行動をおもしろおかしく扱ったものには飛びつかないでしょう。
    メディアは彼の真の姿を、もっと、今までの謝罪も兼ねて、報道すべきだと思います。

  9. mariann says:

    SECRET: 0
    PASS:
    マイケルが亡くなった後、追悼番組等で初めてSFを観たり、音楽を聴くようになり、気がついたら大ファンになっていました。
    それ迄は、全く興味が無かったので、こんなに素晴らしい人だったんだと今更ながら改めて思いました。
    亡くなってから気づくとは本当に申し訳なく、ごめんなさいという気持ちで一杯です。
    日テレの裁判の話は、何にも知らない人には分かりやすくて良かったと思います。
    ただ、本ではなく画像で伝えた事で、あまりにも優しかったマイケルがどれだけ辛く、嫌な思いをし、精神的に社会的にあり得ないぐらいのダメージを受けたかと思うと本当に悲しくて、悔しくて。
    この頃、私もTV等で裁判の件は知っていましたが、無罪になったという報道はあまり大きくやっていなかったような記憶があります。
    マスコミは彼の音楽についての凄さとか慈善活動とか地球環境保全についての気持ちとか全くといって良いほど流して無かったですよね。一体、何故でしょう?
    あと、皆さん思っているように、スネドンとロス市警は私怨でマイケルを潰そうとしたんでしょうか?酷すぎるでしょう?
    余りにも優しく本当に少年のように純粋な心をもっていたマイケル。
    そこが、マイケルの素晴らしいところだったのに、それを逆手に取り、お金の為にあんなに酷い事をするなんて。
    裏切られたショックは相当ですよね。
    しかも、2度も。
    彼は100%被害者なのにマスコミのせいで今までずっと悪者扱いでした。
    そんな過去を断ち切り、ロンドン公演を頑張ろうとしていたのに、神様酷すぎます。
    何故、今。
    映画は2度見ました。
    ダンスも歌も素晴らしかったけど、痩せすぎです!!
    それもこれも精神的にかなりダメージを受け、やせ細ってしまった裁判のせいだったんですね。
    ほんとに頭にきます!
    マイケルの素晴らしさに気づくのがあまりにも遅くなりましたが、それでも気づけたので幸せだと思います。
    最後に嘘の情報や憶測で真実を伝えてこなかったマスコミ、マイケルと謝れ!と強く言いたい!

  10. WAKAME says:

    SECRET: 0
    PASS:
    マイケルジャクソンの死後、裁判本を読んだりすることなどで、ことの真相知り、改めて「マスコミ」の暴力と、アメリカの人種差別の奥深さを感じました。こういう重いことを背負ったからこそ、マイケルジャクソンの輝きがまし、世界中の人が心から、「生き返ってほしい」とおもうんだと思います。少なくとも、この番組は、一般の人に、「ぬれぎぬ」だったと思わせる内容だったと思います。これからもマイケルのすばらしい音楽と彼の思いを受けていけるファンでありたいと思います。