△告知 今後の吉岡正晴ラジオ・ゲスト出演の予定

△告知 今後の吉岡正晴ラジオ・ゲスト出演の予定
【Yoshioka Masaharu Will Be On Radio Programmes】
ゲスト。
『マイケル・ジャクソン全記録 1958-2009』が2009年11月10日に発売されるのに伴い、監修・翻訳をてがけた吉岡正晴が、ラジオ・ゲスト出演して、マイケル・ジャクソンについて語る。
第一弾は、11月12日(木)ベイFM(千葉=78.0mhz)の夕方の帯番組『ベイ・ライン・ゴー・ゴー』(16時~19時)。この中で、18時頃から約30分出演する。DJは伊津野亮、岡部玲子。
第二弾は、11月16日(月)深夜(正確には17日午前0時すぎ)FM横浜(神奈川県=84.7mhz)の『ダンシング・グルーヴ』(0時~4時)。この中で、0時半ごろから30分出演の予定。DJは、鈴木しょう治。
今後いくつか増える予定。また、12月23日のトーク・イヴェント(2009年11月8日付ブログで発表)以外にも、小規模なものが企画中。決定次第、本ブログなどで発表する。
++++
プロンプター。
先週、映画『ディス・イズ・イット』を新宿のバルト7という映画館で見てきた。館内は超満員、マイケル風のファンも何人かいて、マイケルの映画を見るには絶好の環境だ。さまざまな人たちが、それぞれの地元で見ている感想を聞いたりするが、いつしか僕はそういう人たちに「拍手、起こった?」と必ず聞くようになってしまった。映画館によってかなり温度差があるようだ。ちなみに新宿のバルトでは、終わった後、拍手が起こった。
3回目にして初めての発見。なんと、マイケル、「ウォナ・ビー・スターティン・サムシン」を歌っているとき、いわゆる「プロンプター」を使っていたこと。プロンプターとは、歌詞カードを曲の流れとともに、モニターに映し出すもの。カラオケの文字がメロディーとともに流れるものと同じだ。
舞台、マイケル側から客席に向かって、右側の端にそれがほんの少しだが映し出されていた。ちょっと衝撃だ。リハだからプロンプターを動かしていたのか。まさか本番では使わないとは思うのだが。確かに、曲によっては歌詞も全部が全部をきっちりと歌っていたわけではなかったが。まさに、それも含めて、改めて我々がここで見ている映像は、リハーサルなのだ、ということを感じた。
しかし、これを見たら誰だって本番を見たくなる。本番への、これほど素晴らしいプロモーション・ツールはない。こんな映像を見せられたら、最低でも10回くらいは本番は見たい。ひょっとして来年の7月から、本当はこのツアーがあって、それへのプロモーションではないか、などとも思ってしまう。
最近、『ディス・イズ・イット』を3回見て、この映画の意義、マイケルの死の意味をよく考えるようになっている。たとえば、「フェイドアウトの死」ではなく、オマー・エドワーズが語っていた「カットアウトのような死」のこと、ゴシップの意味、「Gossip Killed Radio Star」ということ、あるいは、死がもたらす大きな影響力、といったこと。ライヴはせいぜい100万にしか見ることができない「クローズド」なものだが、映画という媒体によって、何千万人、何億人という人がマイケルのメッセージを受け取ることができる。この運命的必然のこと。いろいろ頭を巡るので近いうちに考えをまとめて、文章にしてみたい。
++++
発売。
2009年11月10日発売の『マイケル・ジャクソン全記録 1958-2009』、アマゾンで予約された方には、すでに昨日あたりから届き始めているようだ。アマゾンのページにもすでに感想が書き込まれ始めている。感謝。
引き続き、よろしくお願いいたします。

マイケル・ジャクソン全記録 1958-2009
マイケル・ジャクソン全記録 1958-2009

posted with amazlet at 09.11.09
エイドリアン・グラント
ユーメイド
売り上げランキング: 21

++++
ENT>ARTIST>Jackson, Michael

This entry was posted in マイケル・ジャクソン関連. Bookmark the permalink.

7 Responses to △告知 今後の吉岡正晴ラジオ・ゲスト出演の予定

  1. MJ KINGDOM says:

    SECRET: 0
    PASS:
    映画は3回目です。見る度に新しい発見があります。まだ見るかもしれません(笑)
    映画の影響で新しいマイケルのファンが増えて嬉しいですね。
    マイケル・ジャクソンの全日記 1959~2009 は明日、家に届く予定です。

  2. MANNA says:

    SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして。
    映画、2回観ました。先日六本木ヒルズで観たときは終了後に拍手が起きました。
    東京は上映館が少ないのに驚いてます。というか、うちの辺りが異常?うちは茨城ですが、車で30分以内に3館のシネコンがあって、見放題(笑)です。…ガラガラですが。
    初日は観客が少ない中、曲終わりで拍手する人がいたので便乗しました(*^_^*)
    私は、ダンサーだちがマイケルを本当に尊敬してる感じ、ステージ下で盛り上がる姿に感動します。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    気付きませんでした。
    吉岡さんすごいです!
    また今週見に行くので発見したいと思います♪
    私もマイケルの急逝と今回のTHIS IS IT公開が決まった時感じましたが実は大がかりなプロモーションかな、と思ってしまいました。
    吉岡さんとはニュアンス違うかもしれませんが映画公開が終わったらマイケル復活ツアーがもしや始まるのでは(*^^*)
    だったらいいなと。
    ほんとにマイケル…もういないんですかね。(>_<)
    吉岡さんますますお忙しくなるようですね。
    どうかお体気をつけてがんばってくださいッ♪
    ブログでマイケルジャクソンラヴナイト紹介させて頂きました。勝手にすみません。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    一昨日、3回目を観てきました。何度観ても違う発見があってやめられないです。
    その日はIMAXで観たんですが、最後に大きな拍手がありました。
    今まで私が観た映画館で、拍手が無かったことはありませんでした。Michaelが愛されているということを日々感じます。
    2週間長引いたので、出来る限り映画館に通いたいと思ってます。

  5. みい says:

    SECRET: 0
    PASS:
    吉岡さんの書かれる事、毎日楽しみにしています。
    「ひょっとして来年の7月から、本当はこのツアーがあって、それへのプロモーションではないか、などとも思ってしまう」 
    今日はこの言葉に泣けました。
    吉岡さんでもそう思われるんだなあとズンときます。
    アマゾンから届いた吉岡さんの新版の本、今日から少しづつ大事に読みます。

  6. ミムラン says:

    SECRET: 0
    PASS:
    昨日、川崎ラゾーナで「マイケル全記録」2冊購入しました。(1冊は保存用で)
    気になる部分は、マーカーで印をつけたりと、まさしくこれはマイケルをもっと知ることができる参考書です!!バイブルです!!
    まだ、少ししか読めてませんが、読んでいて感じたのは、マイケルはここ10年くらい特に華々しいコンサートをするわけでもなく、少し残念だな~と思っていました。
    しかし、その期間はマイケルにとっては愛する子ども達のための子育て期間だったのかもと感じています。それは、パリスちゃんが「最高のパパでした・・・」という言葉を聴いて、本当にマイケルは子ども達と一緒に幸せな時間を過ごしていたんだ~とつくづく感じました。
    映画は4回観ました~。あと、少なくとも3回行く予定です~♪

  7. may says:

    SECRET: 0
    PASS:
    >ライヴはせいぜい100万にしか見ることができない「クローズド」なものだが、映画という媒体によって、何千万人、何億人という人がマイケルのメッセージを受け取ることができる。
    この部分に関して、私も同様の事を考えました。吉岡様の見解がとても気になります。
    この映画を公開して頂けたお陰で、私もそのパフォーマンスの一部を観られる事ができています。チケットを手にステージを楽しみにしていた方の気持ちも計り知れませんよね。色々と考えあぐねてしまいます。