○メイズ・フィーチャリング・フランキー・ビヴァリー

【Maze Featuring Frankie Beverly】


旋風。


まさに、メイズ旋風と言っていいかもしれない。15年ぶりの来日を果たしたメイズは東京ソウル・シーンに大きなインパクトを与えっていった。


ウェッブ・マガジンに、ちょっとしたライヴ評が掲載されたのでご紹介。↓
http://openers.jp/culture/COTTON_CLUB/Maze03.html


フランキーやメンバーには最終日ライヴ後に、少しだけゆっくり会って話ができた。メイズのアナログのアルバムを何枚かもっていき、サインなどを頼んだ。


昔のジャケット内に収められていた写真と同じポーズ↓



(写真1)
吉岡正晴のソウル・サーチン

さすがに30年近い年月が経っているが、ほとんど変わらない笑顔。ト音記号のイヤリングは変わらず。


最初に撮った写真は白い帽子が、まるで後光が差しているかのように映った。それを見せたら、すぐに黒い帽子で撮り直そうと言ってくれた。↓


(写真2=後光が差すフランキー)↓

吉岡正晴のソウル・サーチン

(写真3=これなら、OK? フランキー)↓

吉岡正晴のソウル・サーチン

「ところで、『シルキー・ソウル』とか、今回セットリストに入ってなかったですよねえ…」というと、「おお、そうだな、じゃあ、次回来るときにはやるよ」

フランキーは、「東京」と書かれたTシャツをご愛用。成田空港か、浅草で買ったのかなあ。(笑) 彼はけっこう和食が好きで、お寿司も食べる。それと、ウナギが大好物。ソウル・フードと近いものを感じるのだろうか。


メイズに関するブログ。


人見氏が長文のライヴ評↓(パート1と2)
http://hit2japan.exblog.jp/9032962/#9032962_1

ちなみに、東京のメイズの案内人、フィリップ・ウーは、彼ら御一行が無事帰途についた後、熱を出して、1~2日、寝込んだそうだ。(笑) いや、笑えない。おつかれさま~フィリップ。



フィリップがインタヴューされているときのブログ。フィリップのブログ↓
http://blog.goo.ne.jp/philipwoo/e/e3b05e8e189b7688b516bd34b7995b0f

初日の様子(以下、数日にわたってでています)
http://blog.goo.ne.jp/philipwoo/d/20090922


ENT>MUSIC>ARTIST>Beverly, Frankie & Maze


This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.