○マリー・トラヴァース(ピーター・ポール&マリー)死去

○マリー・トラヴァース(ピーター・ポール&マリー)死去
【Mary Travers Dies At 72】
訃報。
1960年代に多くのヒットを放ったフォーク・トリオ、ピーター・ポール&マリーの紅一点、マリー・トラヴァースが2009年9月16日(水)、コネチカット州のダンブリー病院で死去した。72歳だった。白血病を患っていた。
仲間のピーター・ヤロウ、ポール・ストゥーキーとともにピーター・ポール&マリーを結成、きれいなスリー・パート・ハーモニーを聴かせ1960年代に「レモン・トゥリー」「イフ・アイ・ハド・ア・ハンマー」、「パフ」など多数のヒットを放った。ボブ・ディラン作の「ブロウイン・イン・ザ・ウィンド(風に吹かれて)」はボブのヴァージョンとは違った耳当たりのいい洗練されたヴァージョンにしてヒットさせた。
メリー・アリン・トラヴァースは1936年11月9日ケンタッキー州ルイヴィル生まれ。2歳のときに両親とともにニューヨークに移り住んだ。後にボブ・ディランをマネージするアルバート・グロスマンという人物が、当時無名だったピーター・ヤロウのマネージメントをしており、キングストン・トリオのような女性を含めたフォーク・トリオのイメージを思いつき、カフェの壁に貼ってあったメリーの写真を見て、連絡を取り、グループを結成した。3人目のポールはマリーの友人だった。
1962年、「レモン・トゥリー」が全米で初ヒット。当時の彼らのあこがれでもあったピート・シガーの作品「イフ・アイ・ハド・ア・ハンマー」を同年にカヴァーし、これがポップでトップ10入りを果たすヒットとなり、注目のトリオとなった。その後「パフ・ザ・マジック・ドラゴン」、「風に吹かれて」など多数のヒットを生み出し、フォーク・ブームの牽引車となった。また政治的発言なども多く、当時の時代の空気を反映したグループとなった。
■死去を伝えるニューヨーク・タイムス紙の記事
http://www.nytimes.com/2009/09/17/arts/music/17travers.html
+++++
ピーター・ポール&マリーは、僕が、それこそ洋楽を聴き始めた頃にすでに大人気だったグループだった。深夜放送やFENでよくかかっていて耳なじんだ。何よりも、中学時代の同級生がギターを弾きながら、「パフ」やら「風に吹かれて」をコピーしていたのを、耳たこで聴かされたことをよく覚えている。「パフ」なんかは、ギターの入門曲で、ギターを買った者はみなこのあたりから覚えたのだ。その同級生は北海道大学で医学部の教授になっている。
■ ベスト・オブ

Best Of Peter, Paul & Mary
Best Of Peter, Paul & Mary

posted with amazlet at 09.09.17
Peter Paul and Mary
Warner Bros. (1995-02-10)
売り上げランキング: 196149

ENT>OBITUARY>Travers, Mary November 9th, 1936 – September 16, 2009, 72 year old

This entry was posted in 訃報関連. Bookmark the permalink.

Comments are closed.