●デルズのジョニー・カーター、ソングライター、エリー・グリーニッチ死去

●デルズのジョニー・カーター、ソングライター、エリー・グリーニッチ死去
【デルズのジョニー・カーター、エリー・グリーニッチ死去】
訃報。
アメリカのソウル、R&Bシンガーでドゥワップ創成期から活躍してきたジョニー・カーターが去る2009年8月21日、地元イリノイ州ハーヴィーの病院で肺癌のため死去した。75歳だった。ジョニー・カーターは、R&Bヴォーカル・グループ、デルズのシンガーとしても知られる。ただデルズのリードは、マーヴィン・ジュニアというシンガーでその印象が強いが、ハイヴォイスを歌いコーラスをいれていた。
ジョニー・カーター(本名ジョン・E・カーター)は、1934年6月2日、シカゴ・サウスサイドの生まれ。シカゴで18歳のとき1952年にドゥーワップ・グループ、フラミンゴスを結成、1956年、「アイル・ビー・ホーム」がヒット。その直後徴兵され、戻ってくると、彼のポジションが別の者に取られていたため、自身で新たなグループを探す。1960年、ちょうどデルズのジョニー・ファンチェズが辞めるところに参加。デルズはダイナ・ワシントンのバック・グループとなり約2年活動。その後、デルズとしてシカゴのチェス・レコード傘下、カデットなどでシングルをリリース、ヒットを多数生み出した。特に、「ステイ・イン・マイ・コーナー」(1968年)、「オー・ホワット・ア・ナイト」(1956年と新録が1969年再ヒット)「ラヴ・イズ・ブルー」(1969年)、「ギヴ・ユア・ベイビー・ア・スタンディング・オヴェーション」(1973年)などが大ヒット。ヒット曲は50曲近い。
カーターが所属した両グループともロック殿堂入りを果たし、2つのグループで殿堂入りを果たした5人のうちのひとりとなった。カーターは、1960年にデルズに参加以来、死去するまで49年間在籍していた。
娘のジュウェルによるとカーターは、釣りが好きで、料理もよく作ったという。ジュウェルによれば父は「話すことより、歌っているほうが好きだった」と言う。
■ニュース記事
http://www.mercurynews.com/news/ci_13190707
■ デルズ

The Best of the Dells
The Best of the Dells
posted with amazlet at 09.08.28
The Dells
Polygram UK (2001-09-25)
売り上げランキング: 119612

+++++
(速報)ソングライター、エリー・グリーニッチ死去 
訃報。
ニューヨーク出身のソングライター、エリー・グリーニッチが2009年8月26日、ニューヨークのルーズベルト病院で心臓発作のため死去した。68歳だった。「ダ・ドゥ・ロン・ロン」「チャペル・オブ・ラヴ」「ビー・マイ・ベイビー」などの大ヒットで知られる。多くの作品を夫のジェフ・バリーとともに書き、プロデューサー、フィル・スペクターともコラボレートした。
エリー・グリーニッチは、1940年10月23日、ニューヨーク生まれ。エリノア・ルイーズ・”エリー”・グリーニッチ。シンガーを目指したが、途中からソングライターとしての活動が多くなり、ヒット曲を多数生み出す売れっ子ソングライターとなった。
ビーチボーイズのブライアン・ウィルソンは、「彼女はあらゆる時代における最高のメロディー・ライターだった」と振り返る。「(彼女が書いた作品は)、永遠に残る織物のひとつ」というのは自ら作詞・作曲するダイアン・ウォーレン。
http://www.latimes.com/news/obituaries/la-me-ellie-greenwich27-2009aug27,0,5623596.story
(詳細は後ほど)
■作品集

ドゥ・ワ・ディディ~エリー・グリニッチ&ジェフ・バリー作品集
オムニバス ザ・トーケンズ ザ・ダーレッツ サム・ホーキンス ザ・ディキシー・カップス ザ・バタフライズ アンディ・キム カレン・ヴェロス ボビー・シーン ジ・オーキッズ ザ・サミッツ
ミュージック・シーン (2008-10-25)
売り上げランキング: 9538

OBITUARY>Carter, Johnny (Dells) (June 2, 1934 – August 21, 2009, 75 year-old)
OBTUARY>Greenwich, Ellie (October 23, 1940 – August 26, 2009, 68 year-old)

This entry was posted in 訃報関連. Bookmark the permalink.

Comments are closed.