△マイケルの急死を悼んで~マイケル・ジャクソンとメディアの戦い (パート1)

マイケルの急死を悼んで~マイケル・ジャクソンとメディアの戦い (パート1)
【マイケル・ジャクソンとメディアの戦い(パート1)】
嘘。
「自分の行動には十分注意しなさい。なぜなら、嘘だって(いつしか)真実になってしまうから」(And be careful of what you do ’cause the lie becomes the truth) (「ビリー・ジーン」から)
嘘だとしても、それがメディアで繰り返し流されてしまえば、多くの人が信じてしまう「虚像の真実」になってしまう。この「嘘が(いつしか)真実になる(lie becomes the truth)」という一行は、1982年暮れに発表された『スリラー』の「ビリー・ジーン」の中でも強烈なマイケル・ジャクソンの主張だった。すでにこの時点で、マイケル・ジャクソンはメディアと距離を置き、一切のインタヴューを受けないと宣言していた。
それは、いくらインタヴューに答えても、メディアは自分が書きたいと思う趣旨の記事しか書かず、何か書く時は、その趣旨にあわせ、発言者の発言をねじまげて書く。そうしたことにすっかり嫌気が差したマイケルは一切の取材を遮断する。メディアに答えなくなると、今度はメディアは憶測と想像でストーリーを作り始める。すると、マイケルはさらにメディア嫌いになっていく。もはや悪の連鎖は誰にも止められなくなった。それが1980年代初期のことだ。
マイケルは、『オフ・ザ・ウォール』(1979年発表)のリリース時にはいくつかの媒体のインタヴューを受けていた。だが、『スリラー』(1982年発表)の時には、一切のインタヴューを受けなかった。1984年にジャネット・ジャクソンに僕がインタヴューしたときに、「なぜ、マイケルは一切のメディアのインタヴューを受けなくなったのか」と尋ねると、「かつて、自分が言ったこととまったく逆のことを書かれ、とても傷ついたので、それ以来一切の取材を断ることにしたのよ」と言っていたことを思い出す。
その後、マイケルは、編集ができない生放送でのインタヴューならという条件で2度インタヴューに答える。それがオプラ・ウィンフリー(1993年2月10日)とダイアン・ソーヤーのトーク・ショー(1995年6月15日)への出演だ。
では取材を断るようになって以来、マイケルはどうしたかというと、自分の主張や考え方は、時折開かれる何かの記者会見のときや、自らのレコード、作品の中で発表するようになる。「ビリー・ジーン」での一行は、そうしたメディアに対するメッセージだ。
+++++
黒白。
未だに多くのメディアが「マイケルは白人になりたかった」「肌を脱色している」と書く。肌の件は、彼の持病だ。膠原病(こうげんびょう)という病気で、肌の色素が壊れてしまい、白い斑点ができてしまうというもの。免疫力も低下するという。彼は肌の病気だということを1980年代の初めから言っている。
僕が1983年8月、マイケルの自宅で彼に会ったとき、マイケルは「僕は太陽の光に当たってはいけないんだ」と言ったことを強烈に覚えている。真夏の暑い日ざしのカリフォルニアだったからだと思った。そのときは、僕自身それがどれほど重大なことかまったく認識していなかった。その発言自体をずっと忘れていたほどだ。だが、その後彼の肌が変化するにつれ、ダイアン・ソーヤーのショーに生放送で出演し、肌の病気のことを語ったとき、そのことを思い出した。
彼の音楽や出自をじっくり観察し冷静に考えてみれば、マイケルが「白人になりたい」などと思うはずがないことは自明の理なのだ。白人のエンタテイナーを尊敬することはあれ、自身の黒人としてのプライドは強い。それをおもしろおかしく、「白人になりたい黒人」というステレオ・タイプにはめ込んだほうがネタとして売れるので、そういうストーリーを作ったのだろう。
しかし、メディアで「マイケルは白人になりたがった」ということが繰り返し流されると、多くの人はそうだと思ってしまう。メディアのいいかげんさが良く出た例だ。まさに「嘘も(いつしか)真実になってしまう」のだ。これはマイケルのことだけに限らない。
肌の病気ゆえに、『マイケルは白人になりたがっている』といわれてしまったのは、彼にとっても本当に不本意だったことだろう。この病気ゆえに痛み止めを常用し、それが中毒となり、痛み止めのオーヴァードーズ(過剰摂取)が死に至らしめたとしたら、この病気こそ、彼の大きな死因となる。(このあたりは今後の死因の正式な発表を待たねばならない)
僕はマイケル自身もこの病気については、もっとはっきりと声明なりを発表すればよかったと思う。そこで本当に文字通り白黒はっきりさせるべきだったと言えるが、今となってはそれも結果論かもしれない。
(この項、つづく予定)
■ マイケル・ジャクソン逝去関連記事(リンクはコピー&ペーストしてください)
June 27, 2009 04:53:57
●マイケル・ジャクソンが成し遂げたこと
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10288332826.html
June 29, 2009 04:52:33
★マイケル・ジャクソンの死とマーヴィン・ゲイの死
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10289623911.html
July 04, 2009 05:56:21
△ マイケル・ジャクソンのリハーサル模様
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10292898588.html
July 08, 2009 06:54:44
◆ マイケル・ジャクソン追悼式
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10295593849.html
July 09, 2009 05:14:04
○ マイケル・ジャクソン・メモリアル:5人のグローヴに見る兄弟の絆
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10296230966.html#main
++++
2003/12/23 (Tue)
From King To King
http://www.soulsearchin.com/entertainment/tv/diary20031223.html
2003/02/25 (Tue)
Michael Jackson’s Soul Searchin’
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200302/diary20030225.html
■ マイケル・ジャクソンの言葉はここの現場に 『ヒストリー』

ヒストリー パスト、プレズント・アンド・フューチャー ブック1(紙ジャケット仕様)
ヒストリー パスト、プレズント・アンド・フューチャー ブック1(紙ジャケット仕様)

posted with amazlet at 09.07.12
マイケル・ジャクソン
SMJ (2009-07-08)
売り上げランキング: 37

『デンジャラス』もメッセージいっぱい

デンジャラス(紙ジャケット仕様)
デンジャラス(紙ジャケット仕様)

posted with amazlet at 09.07.12
マイケル・ジャクソン
SMJ (2009-07-08)
売り上げランキング: 14

ENT>MUSIC>ARTIST>Jackson, Michael

This entry was posted in マイケル・ジャクソン関連. Bookmark the permalink.

2 Responses to △マイケルの急死を悼んで~マイケル・ジャクソンとメディアの戦い (パート1)

  1. 水色T says:

    SECRET: 0
    PASS:
    吉岡さんのブログの更新を、日々楽しみにしております。
     今回は、初めてコメントします。
    先週は、ズームインスーパーで、二日間、吉岡さんご自身が、コメントされていましたね。
    マイケルジャクソンが、膠原病だった事、知りませんでした。私自身も、間違った解釈のままでした。子供へも、伝えたいと思います。
     吉岡さんが、ブログで教えたいただいた事に、
    感謝します。引き続き、パート2も、読みたいと思います。

  2. 美女入門 says:

    SECRET: 0
    PASS:
    私もマイケルが膠原病だったなんて知りませんでした!ずっとマスコミが言ってる事を信じてたので、びっくりです。確かに歌詞をよく読めばわかる事だったかもしれませんね。今更だけどわかってよかったです。