⊿『ソウル・サーチン~アイズレイ・ブラザーズ』曲目解説

【『ソウル・サーチン~アイズレイ・ブラザーズ』曲目解説】
解説。
『ソウル・サーチン』で歌われた楽曲を簡単に解説します。当日、ごらんになった方はこれを見ながら、あの感動を思い出してください。そして、おいでになれなかった方は、きっとすごかったんだろうと思いを馳せてください。
■セットリスト(2009年7月15日)
SOUL SEARCHIN: THE SESSION VOL.3 A TRIBUTE TO ISLEY BROTHERS @ BLUES ALLEY, JULY 15, 2009
1st set
19:31 show started
Panelist Talk #1
M01. Harvest For The World (Kaleb)
1976年8月からのヒット。ソウル・チャート9位、ポップ・チャート63位。同名アルバムからのスマッシュ。イントロのアコースティック・ギターから、味わい深いメロディーが印象的。ここではマサ小浜がナイスなギターを。ショーのオープニングには最高の1曲。
『ハーヴェスト・フォー・ザ・ワールド』

Harvest for the World
Harvest for the World
posted with amazlet at 09.07.19
The Isley Brothers
Sony (2008-02-01)
売り上げランキング: 21475

M02 Who’s That Lady (60s version and 70s version) (Gatz)
1964年ごろ録音された1960年代ヴァージョンを少しやって、1970年代ヴァージョンをメドレーで。70年代ものは1973年にアルバム『3+3』からヒット。ソウルで2位、ポップでも6位。当時シングルはミリオン・セラーを記録。CBS/ティーネックの黄金時代の華麗なる幕開けとなった。60年代ヴァージョンはちょっとボサノヴァ風で、これをロックっぽい70年代ものとつなげたのは、ものすごく『ソウル・サーチン』っぽいと思う。(自画自賛です)
アルバム『3+3』

3 + 3
3 + 3
posted with amazlet at 09.07.19
The Isley Brothers
Sbme Special MKTS. (2008-02-01)
売り上げランキング: 2408

M03. Footsteps In The Dark (Brenda)
「東京レディー・ソウル・ナンバー・ワン」ブレンダ・ヴォーンのリクエスト。これはシングルとしてはヒットしていないが名曲。1977年のアルバム『ゴー・フォー・ユア・ガンズ』収録。

Go for Your Guns
Go for Your Guns
posted with amazlet at 09.07.19
The Isley Brothers
T Neck (2008-02-01)
売り上げランキング: 17668

M04. This Old Heart Of Mine (Kishita Kohshi)
吉岡正晴のソウル・サーチン
そして、『ソウル・サーチン』2005年6月のレイ・チャールズ以来休まずレギュラーとなっている木下航志。まず、モータウン時代の1966年の大ヒット、ソウルで6位、ポップで12位。ホランド・ドジャー・ホランドの書いたいかにもモータウン風のヒット。

This Old Heart of Mine
This Old Heart of Mine
posted with amazlet at 09.07.19
Isley Brothers
Remember (1993-11-01)
売り上げランキング: 184012

M05. Summer Breeze (Kishita Kohshi)
そして、もう1曲、日本でもとても人気のあるアイズレイ曲。元々は白人グループ、シールズ&クロフツの1972年のヒット(ポップで6位)のカヴァー。アイズレイ・ヴァージョンは1974年3月からヒットし、ソウルで10位、ポップで60位。アルバムは『3+3』。
M06. Voyage To Atlantis (Kaleb)
これはケイリブのたっての願いではいった曲。「フットステップ…」同様、1977年のアルバム『ゴー・フォー・ユア・ガンズ』から歌詞の意味も興味深い1曲。一応シングルとしてソウルで50位を記録しているが、大ヒットではない。このあたりを選曲してくるところも『ソウル・サーチン』らしい。
M07. For The Love Of You (Yuri)
ホイットニー・ヒューストン、最近ではジョス・ストーンがカヴァーしたことでも知られるこの曲は、1975年のアルバム『ヒート・イズ・オン』からのシングル・ヒット。ソウルで10位、ポップで22位を記録。コーラスからユリが堂々のフロントへ。
M08. Close To You (Take from Skoop On Somebody)
吉岡正晴のソウル・サーチン
この日、第一のスペシャル・ゲスト。3年ほど前の『ソウル・パワー』で初めて歌声をライヴで聴いて圧倒されたスクープ・オン・サムバディーのタケさん。さすがに、名前を紹介すると驚きの歓声が沸きあがった。タケさんも聴きこんだという『アイズレイ・ミーツ・バカラック』からカーペンターズの「クロース・トゥ・ユー」。フィリップとケイリブのキーボード2人だけにタケ・ヴォーカルで独特の世界を作り出した。

Here I Am: Ron Isley Sings Burt Bacharach
Ron Isley Burt Bacharach
Dreamworks (2003-11-11)
売り上げランキング: 127623

M09. Love The One You’re With (Kaleb)
『ソウル・サーチン~ルーサー・ヴァンドロス』の回でも歌われた曲。1971年のティーネック/ブッダ時代のアルバム『ギヴン・イット・バック』収録曲。もともとは、1971年、白人アーティスト、スティーブン・スティルスの全米14位まで行った大ヒット。「君と一緒にいる相手を愛しなさい」というメッセージ。ケイリブが歌うとやはりソウルフルになる。

Givin' It Back
Givin’ It Back
posted with amazlet at 09.07.19
The Isley Brothers
Sony Mid-Price (1997-07-10)
売り上げランキング: 137815

end stage 21:04
Second set
show started 21:22
Panelist Talk #2
M10. Work To Do (Gatz)
1972年11月からのヒット。ソウルで11位、ポップで51位。アヴェレージ・ホワイト・バンドのカヴァーも知られる。ガッツ改め中澤信栄(なかざわ・のぶよし)のソウルフルなヴォーカルも魅力的。アルバム『ブラザー・ブラザー・ブラザー』から。

Brother, Brother, Brother
Brother, Brother, Brother
posted with amazlet at 09.07.19
The Isley Brothers
Sony Mid-Price (2008-03-01)
売り上げランキング: 13015

M11. At Your Best (Shanti)
吉岡正晴のソウル・サーチン
アイズレイの1976年のアルバム『ハーヴェスト・フォー・ザ・ワールド』収録の秀逸曲。アイズレイはシングル・ヒットさせていないが、これを有名にしたのは今は亡きアリーヤ。彼女のヴァージョンは1994年9月からヒットし、ブラックで2位、ポップで6位になり彼女の名刺代わりの1曲ともなった。ここではシャンティが実に彼女にあったパフォーマンスを聴かせる。今まで『ソウル・サーチン』で歌った楽曲の中で1番あっていたのではないか。
M12. Don’t Say Goodnight (Yuri)
吉岡正晴のソウル・サーチン
1980年のソウル・チャート1位曲。ポップでも39位。ユリが「この曲を女性が歌うのはどうかと思ったが、でも歌ってみます」といって実にいい雰囲気を醸し出した。これも彼女にあっていると思う。女ロナルドというところか。アルバム『ゴー・オール・ザ・ウェイ』。

Go All the Way
Go All the Way
posted with amazlet at 09.07.19
The Isley Brothers
Icon (2008-10-28)
売り上げランキング: 22539

M13. Lay Your Troubles Down (Kaleb & Robbie Danzie)
1990年、当時ロナルドとつきあっていたアンジェラ・ウィンブッシュとのデュエットでブラックで10位を記録した大ヒット。ここでは、ケイリブとロビー・ダンジーの魅力的なデュエットが聴かれる。
M14. (Medley 14-17) Make Me Say It Again (Kaleb & Robbie)
吉岡正晴のソウル・サーチン
ここから4曲メドレー。1975年のアルバム『ザ・ヒート・イズ・オン』からの1曲。これは隠れた名曲といったところ。これもケイリブとロビーのデュオ。ケイリブの選曲だが、これは驚いた。
M15 Smooth Sailin’ Tonight (Kaleb)
1987年5月から大ヒット、ブラックで3位。ロナルドの魅力全開の1曲。

Smooth Sailin'
Smooth Sailin’
posted with amazlet at 09.07.19
The Isley Brothers
Warner Brothers (2009-02-03)
売り上げランキング: 154703

M16 Don’t Let Me Be Lonely Tonight (Kaleb)
1973年のアルバム『3+3』収録曲。元々は、白人のシンガー・ソングライター、ジェームス・テイラーが書いて1972年12月からヒットさせ、ポップで14位を記録した作品。ケイリブは一部、こぶしを利かせひじょうにユニークな歌を聴かせた。
M17 Caravan Of Love (Kaleb)
メドレー4曲目は、意外とポップな曲。これは分裂した兄弟たちの下のほうのグループ、アイズレイ・ジャスパー・アイズレイの1985年のヒット。ブラックで1位、ポップで51位。

Caravan of Love
Caravan of Love
posted with amazlet at 09.07.19
Isley Jasper
Epic (1988-12-01)
売り上げランキング: 296250

M18 If You Were There (Kurosawa Kaoru)
吉岡正晴のソウル・サーチン
今回のスペシャル・ゲスト、ゴスペラーズの黒沢薫さん。今回は、いくつかの曲に歌いたいという希望が重なったこともあって、選曲と歌い手の組み合わせに大いに悩んだ。そこでアイズレイの『3+3』収録の日本では人気が高いこれをお願いした。黒沢さん自身もこの曲が大好きということと、MCでも言っていたが、これを歌うことで大好きなアイズレイと山下達郎さんにもトリビュートできます、とのこと。達郎さんの「ダウンタウン」のフレーズを織り込むと客席から歓声が沸きあがった。ケイリブとゲイリーの日本語コーラスもおもしろかった。
M19 It’s Your Thing (Brenda)
吉岡正晴のソウル・サーチン
1969年3月からヒットし、ソウルで1位、ポップで2位を記録した大ヒット。ミリオンセラーにもなった。ティーネック/ブッダからの最初の大ヒットでもある。ブレンダが観客を巻き込み、総立ちにさせる。

It's Our Thing/Go All the Way
It’s Our Thing/Go All the Way
posted with amazlet at 09.07.19
The Isley Brothers
Beat Goes On (2008-06-02)
売り上げランキング: 15931

M20. Between The Sheets (Kaleb & Brenda)
吉岡正晴のソウル・サーチン
吉岡正晴のソウル・サーチン
そして、そのブレンダがステージに残り、ケイリブとのデュエットで、おそらく日本で一番アイズレイ作品としては知られる「ビトゥイーン・ザ・シーツ」。1983年4月からヒットし、ブラックで3位、ポップで101位。

Between the Sheets
Between the Sheets
posted with amazlet at 09.07.19
The Isley Brothers
T Neck (1989-03-03)
売り上げランキング: 123635

M21 Shout (Tyrone)
アイズレイ・ブラザーズの実質的なデビュー・ヒット。1959年と1962年、2度ヒットしている。前者でポップで47位、1962年は94位。個人的には、1975年のフィラデルフィアのトランプスのヴァージョンもお気に入り。

Shout and Twist with Rudolph, Ronald & O'Kelly
The Isley Brothers
Ace (1993-12-20)
売り上げランキング: 258255

Encore Fight The Power (all)
show ended 23:08

The Heat Is On
The Heat Is On
posted with amazlet at 09.07.19
The Isley Brothers
Sony (2008-02-01)
売り上げランキング: 5766

吉岡正晴のソウル・サーチン
最後のアンコールは、1975年の大ヒット、ソウルで1位、ポップで4位、ミリオンセラー。FENなどの放送局では、この曲の中の「Bull Shit」(牛のクソ)という言葉が放送不適切用語ということで、1kcのピーという音が入るが、ケイリブは、この言葉を大きな声で歌い、しかも、観客に歌わせるという度肝を抜く演出をしてみせた。
シンプルにそろえたければ、この『エッセンシャル』

エッセンシャル・アイズレー・ブラザーズ
アイズレー・ブラザーズ
Sony Music Direct (2004-10-06)
売り上げランキング: 164740

(2009年7月15日水曜、目黒ブルース・アレイ=ソウル・サーチン・ザ・セッションVol.3 アイズレイ・ブラザース)
ENT>LIVE>Soul Searchin
ENT>LIVE>James, Kaleb & The Soul Searchers

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.