★北欧のブルーアイド・ソウル・シンガー、トゥオモ登場

★北欧のブルーアイド・ソウル・シンガー、トゥオモ登場
ブルーアイド・ソウル。
北欧フィンランド出身のシンガー・ソングライター、トゥオモの2007年12月以来の2度目のライヴ。僕は前回見ていないので、今回が初体験。
編成はドラムス、ギター、ベース、パーカッションにキーボード&ヴォーカルでトゥオモ本人の計5人。トゥオモは、途中ギターもプレイするのでなかなか器用だ。さすがに、「北欧のスティーヴィー・ワンダー」とキャッチをつけられるだけあって、1970年代ソウルの申し子という雰囲気はたっぷりあり、生音系のネオ・ソウル風サウンドだった。僕の第一印象としては、「ネクスト・フランク・マッコム」という感じ。マッコムよりソウル度を薄くし、若干ポップ、ロック度を高めるとトゥオモになる。リリースした2枚のアルバムからの曲で構成。
観客もかなり若い、ちょっとおしゃれ系学生風。トゥオモのライヴを渋谷あたりでやれば、デュオでやっていたロイ・エヤーズ的にスタンディングで若い世代にかなり受けそう。そういう意味で、すごく渋谷っぽいアーティストに思えた。
全体的には、70年代ソウル、60年代モータウン風、スティーヴィーにダニー・ハザウェイをベースとして、アル・グリーン的歌唱、カーティス・メイフィールド的歌唱、そして、ロック色をまぶすという感じだ。下記セットリスト7曲目はとてもスティーヴィー・イッシュ、8曲目、9曲目あたりは、アイザック・ヘイズの「シャフト」風のギター・リフが印象的、そしてカーティス風メロディーだ。11曲目はロックぽい。そして、12曲目は、「タイトン・アップ」(アーチー・ベル&ドレルス)風のリズム。~~と60年代~70年代ソウルのいいとこどりである。
ライヴ後、サイン会にでてきたので、ほんの一言、二言。「スティーヴィーのアルバムの中でどれが一番好きですか」と尋ねると、一生懸命考えて、「うーん、『トーキング・ブック』かなあ…」。どうも、スティーヴィーが一番影響を受けた風ではなかったので、「誰に一番影響を受けたの?」と聴くと、「一番はプリンスだよ」との答え。いきなり納得した。あの11曲目の「ザ・グラント」は、まさにプリンス・イッシュだ! ギター・フレーズ聴くと、なるほどと思える。
来日は通算3度目だそうで、1度、プロモーションで来ているという。ライヴとしては2度目。また、彼の名前、Prattala(aの上にチョンチョンがつく)はどう発音するのか尋ねると、「プラッタラ」と教えてくれた。プラの「ラ」のところを思い切り、巻き舌にする。(ちょっと文字にしづらい) 誕生日は、1979年4月30日、ということで現在30歳だ。昭和54年生まれで未年(ひつじどし)です。
吉岡正晴のソウル・サーチン
彼のライヴは、もう1日、2009年6月23日(火曜)横浜モーション・ブルーで行われる。フランク・マッコム系が好きな方は、要チェックだ。
■ マイスペースで数曲、聴けます。

http://www.myspace.com/organkane

■ モーション・ブルー

http://www.motionblue.co.jp/schedule/

045-226-1919(11am 10pm)
6時半、9時半、入れ替え制。
■ 過去記事
June 14, 2009
トゥオモ~北欧のスティーヴィー・ワンダー~来日

http://blog.soulsearchin.com/archives/002953.html

■ 2作目『リーチズ・アウト・フォー・ユー』

リーチズ・アウト・フォー・ユー
リーチズ・アウト・フォー・ユー

posted with amazlet at 09.06.22
トゥオモ
Pヴァイン・レコード (2009-05-20)
売り上げランキング: 23957

■ メンバー
Tuomo(vo,key), Aki Haarala(g), Heikki Laine(b), Mikko Kaakkuriniemi(ds), Abdissa Assefa(per)
■セットリスト トゥオモ@コットン・クラブ 2009年6月21日
Setlist : Tuomo @ Cotton Club
show started 20:00
01. Firsts
02. Ordinary
03. Since Or Before
04. Love & Friendship
05. Sweet With Me
06. Cry To The Moon
07. So Surreal
08. Ballroom Girl
09. 26
10. Head Above The Water
11. The Grant
12. Don’t Take It Too Hard
Enc. I Won’t Worry
Enc. Good Night
show ended 21:18
(2009年6月21日日曜、丸の内コットン・クラブ=トゥオモ・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Tuomo
2009-66

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

One Response to ★北欧のブルーアイド・ソウル・シンガー、トゥオモ登場

  1. MIE says:

    SECRET: 0
    PASS:
    行きました~。
    (^-^)/
    セットリストありがとうございます!
    知りたかったのです。
    プリンスに影響受けたのですね~。
    私は「26」にしびれました。