★アンソニー・ハミルトン7月に初来日

アンソニー・ハミルトン7月に初来日Anthony Hamilton Will Be Coming To Japan In July
【アンソニー・ハミルトン7月に初来日】
サザンソウル。
グラミー賞も獲得しているソウル・シンガー、アンソニー・ハミルトンが2009年7月、初来日する。ビルボード東京で7月24日(金)、25日(土)、27日大阪ビルボードの予定で日本公演を行う。
アンソニー・ハミルトンは、1971年1月28日、ノース・キャロライナ州シャーロッテ生まれ。元々教会でゴスペルを歌っていたが、プロとしての成功を求め1993年ニューヨークへ。ここでアンドレ・ハレルのアップタウン・レコードと契約。
1995年、アップタウンでデビュー・アルバムを録音するが、レコード会社が活動をやめたため未発売のまま終わる。そこでアップタウンからMCAに移籍、1996年『XTC』をリリース。評価は高かったが、まったく売れなかった。1999年、ロスのソウルファイアー・レーベルへ移籍し、アルバム1枚分の作品を録音するが、またもソウルファイアーが活動停止し、これらの作品も未発売となった。これらの作品の中には、サンシャイン・アンダーソンの「ラスト・ナイト」や、ドネル・ジョーンズでヒットする「ユー・ノウ・ワッツ・アップ」などもあったという。
2000年、アンソニーはディアンジェロに誘われワールドツアーへ。その後、ナッピー・ルーツの「ポー・フォークス」などで歌声を聴かせ、さらにジェイダキス、2パックらラッパーたちとのコラボレーションを多くこなし、知名度をあげていった。2003年のグラミーで、ナッピー・ルーツの曲がグラミーにノミネートされ、パフォーマンスをしたところ、業界のヴェテラン、マイケル・モウルディンの目に留まり、彼の息子に契約を勧めた。その息子というのが、ジャーメイン・デュプリだった。こうしてアンソニーは、デュプリのソー・ソー・デフと契約。2003年、同レーベルからのデビュー『カミング・フロム・ホエア・アイム・フロム』がリリースされ、これが大評判となり、アンソニーの名は決定的となった。この作品で、アンソニーは21世紀のサザン・ソウル・シンガー的な立ち位置を確立。
その後、ソウルファイアー時代のものが2005年にリリースされ、同年、ソー・ソー・デフからの第2弾『エイント・ノーバディー・ウォーリン』、そして、2007年、過去音源のものを集めた『サザン・コンフォート』が出て、2008年、最新作『ザ・ポイント・オブ・イット・オール』が出ている。
ヒップ・ホップ・アーティストとの関連が強いが、彼自身は典型的なゴスペルに根付いたオールド・スクールの本格派シンガー。いずれの作品も熱いソウルを聴かせる。最近では、映画『アメリカン・ギャングスター』で歌手役で出ている。
□ 来日情報、ビルボード・ライヴ(東京)

http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=6982&shop=1

□ CD

カミング・フロム・ウェア・アイム・フロム
アンソニー・ハミルトン スカーフェイス ジャーメイン・デュプリ
BMG JAPAN (2004-02-25)
売り上げランキング: 112586
Soulife
Soulife
posted with amazlet at 09.04.22
Anthony Hamilton
Atlantic/Rhino (2005-07-05)
売り上げランキング: 68983

div class=”amazlet-box” style=”margin-bottom:0px;”>

エイント・ノーバディ・ウォーリイン
アンソニー・ハミルトン ターシャ・マクミリアン
BMG JAPAN (2006-01-25)
売り上げランキング: 148254
ポイント・オブ・イット・オール
アンソニー・ハミルトン デヴィッド・バナー
BMG JAPAN Inc.(BMG)(M) (2008-12-24)
売り上げランキング: 130206

ENT>ARTIST>LIVE>ANNOUNCEMENT>Hamilton, Anthony

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.