“Fortunate Son” Story (Part 1): “Die Hard 4.0″ Saga Continues 

(昨日の『ダイ・ハード4.0』からのつづき) <br>
【「幸運な息­」(フォーチュネイト・サン)物語(パート1)】 <br>
反戦。 <br>
昨日『ダイ・ハード4.0』のエンディングで、CCR(クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル)の「フォーチュネイト・サン」がかかったのを機に、彼らのベストCDをひっぱり して聴いた。 <br>
そのCCRは、1960年代後期のまさにアメリカの気分を表現していたグループ 。ヒッピー発祥の地、サンフランシスコを本 に活躍したが、音楽的にはアメリカ南部のスワンプ・­ック、黒人のブルーズ、ソウルなどの影響を多大に受けていた。 <br>
その のヒッピーは、反戦、反体制が主流で、クリーデンスもそうしたヒッピー、反体制のスピリットを持った作品を多く した。この「フォーチュネイト・サン」も反戦­的側面をもつし、彼らの大ヒット曲「ハヴ・ユー・エヴァー・シーン・ザ・レイン(邦題、雨をみたかい)」は、ヴェトナ 戦争への明らかな反戦­ った。 <br>
この「フォーチュネイト・サン」は、これまでにもいくつかの 画で使われていた。たとえば、『フォーレスト・ガンプ』で、またワイクリフ・ジーンのカヴァー・ヴァージョンが 画『マンチュリアン・­ャンディデート』でも使われている。 <br>
カヴァーも、ワイクリフ・ジーン以外にも、ボブ・シーガー、パール・ジャ 、U2、.38スペシャル、ブルース・スプリングスティーンなどが­っている。 <br>
さて、「フォーチュネイト・サン(幸運な息­、恵まれた息­)」について調べてみると、けっこうおもしろかったのでご紹介したい。 <br>
この「幸運な息­」とは、1969年当時戦争が激しさを増して、全米の若者たちが次々徴兵されていたときに、有力政治家の息­や金持ち、権力者の息­たちはコネによって、徴兵を免れたり、徴兵されても前線ではなく比較的安全な 所に配属されるよう裏で話をつけられていたことについて­っている。<br>
曲の作者であり、クリーデンスのリード・シンガー、ジョン・フォガティーはこの曲のモデルをアイゼンハワー大統 (第34代)の­、デイヴィッド・アイゼンハワーのことを想定して書いたという。そのデイヴィッドは1968年12月、リチャード・ニクソン大統 (第38代)の娘ジュリー・ニクソンと結婚した。デイヴィッドは、そうした特権を利用していわゆるネイヴィー・リザーヴ(予備兵役軍)という前線ではなく比較的安全な職務についた。 <br>
この曲自体は、もともと徴兵される男の目線で書かれたもの。そして、ヴェトナ 戦争反対の立 でもある。しかし、すでに前線に行った兵士たちには士気を上げ、がんばるよう応援の意味がある。結局は国会­員の息­ではないために、戦 に送られてしまった不運な男の視点での­になっている。 <br>
(この 、明日へ続く。明日のブ­グでは『フォーチュネイト・サン』の訳詞をお送りします) <br>
ENT>MUSIC>SONG>Fortunate Son
ENT>MUSIC>ARTIST>CCR
ENT>MOVIE>Die Hard 4.0
<a href=”http://blogscouter.cyberbuzz.jp” target=”_blank”><img border=”0″ src=”http://blogscouter.cyberbuzz.jp/tag/blog.php?k=3b465645b4b281a23e124c2baefe0b39&s=3d229&c=6″ /></a>
++++++++++++++++++++++++

This entry was posted in ARTIST, MOVIE, SONG. Bookmark the permalink.

Comments are closed.