Philip Woo: A Tribute To Billy Preston Live

【フィリップ・ウー、ビリー・プレストンへ捧げる】 <br>
渾身。 <br>
まさにフィリップ渾身の企画といっていい ろう。彼があこがれ、大好き った­ーボード奏者、ビリー・プレストンへのトリビュート・ライヴ。もっとも、日本ではビリー自身の知名度が圧倒的にない けに、なかなかぴんとくる人は少ないかもしれないが、東京で見られる良質のソウルショーであることにはまちがいない。 <br>
ほとんどの曲はソウル・サーチャー、ケイリブ・ジェー スが­う。下記セットリストで5曲目あたりから、かなり、ケイリブものってきて、ピアノを弾きながら­っていて、あまりにのって自分のメガネが飛んでいってしまった。 <br>
7曲目から­ビー・ダンジーがジョイン。8曲目で、ビリー・プレストン&シリータで大ヒットした名バラード「ウィズ・ユー・アイ ・ボーン・アゲイン」をケイリブと二人で熱唱。これは本当にすばらしいヴァージョン 。­ビーはじつにうまい。 <br>
「ウィル・イット・ゴー・ラウンド・イン・サークルス」では、フィリップはピアニカをのりのりで演奏。ドラ ス、ジェイ・スティックス、ベース、クリフ、­ーボード、ケイリブとフィリップ、そして、ヴォーカルに­ビーとほとんどソウル・サーチャーズと同様のメンバーがでてくる けにリズ 、バンドは強力 。 <br>
さらに最後のアンコール「ユー・アー・ソー・ビューティフル」が始まる前に、フィリップが「東京には本当に才能あるシンガーがいます。そのうちの何人かをご紹介しましょう」といってシンガーをご紹介。まず、ケイリブと『ソウル・サーチン~アレサ・フランクリン』のアンコールで「フリーウェイ・オブ・ラヴ」を熱唱したマクサン・ルイス、先週ジーノのライヴで初めて見たアンソニー・ベイリーが登 、それぞれ一部を­った。アンソニーの声の出し方、ノックアウトさせられた。彼の低音から高音までいったい何オクターヴ せるのか。さらに、マクサンの迫力の­唱にもノックダウン 。 <br>
ブルースアレーでもかなりサウンドがこなれていたが、今回はさらに「慣れた感じ」になっていた。おそらく翌日(6月6日)はもっとよくなっていること ろう。 <br>
  PHILIP WOO “A Tribute To Billy Preston”
2007年6月5日(火曜)、6月6日(水曜)  <br>丸の内コットン・クラブ 午後7時、午後9時半 (入れ替え) <br>◎料金 自由­/テーブル­ : ¥5,250 <br>◎指定­/ BOX A (4名­) : お1人様¥7,350 BOX B (2名­) : お1人様¥6,300 BOX S (2名­) : お1人様¥6,825 SEAT C (2名­) : お1人様¥6,300 <br>◎予約受け付け電話 03-3215-1555(受付時間 11:00 am ~11:00 pm) <br>
 フィリップ過去関連記事(ビリー・プレストンについて) <br>
June 04, 2007
Philip Woo Promotes His Own Gig
<a href=”http://blog.soulsearchin.com/archives/2007_06_04.html”>http://blog.soulsearchin.com/archives/2007_06_04.html</a>
May 24, 2007
Philip Woo’s Billy Preston Tribute Again; Jino’s Funky Gig Will Be On Next Week
<a href=”http://blog.soulsearchin.com/archives/2007_05_24.html”>http://blog.soulsearchin.com/archives/2007_05_24.html</a>
April 04, 2007
Philip Woo: Tribute To Billy Preston (Part 1)
<a href=”http://blog.soulsearchin.com/archives/2007_04_04.html”>http://blog.soulsearchin.com/archives/2007_04_04.html</a>
April 05, 2007
Philip Woo: Tribute To Billy Preston (Part 2)
<a href=”http://blog.soulsearchin.com/archives/2007_04_05.html”>http://blog.soulsearchin.com/archives/2007_04_05.html</a>
 メンバー <br>
フィリップ・ウー “ア・トリビュート・トゥ・ビリー・プレストン” <br>Philip Woo(org,key), Kaleb James(vo,key), Robbie Danzie(vo), Satoshi Sano(tb), Shiro Sasaki(tp), Shoji Haruna(sax,per ※6.5のみ), Hajime Yamamoto(sax,per ※6.6のみ), Hank Nishiyama(g), Clifford Archer(b), Jay Stixx(ds), Maxayn Lewis (vocal), Anthony Bailey (vocal)
 セットリスト: フィリップ・ウー <br>Setlist : Philip Woo @ Cotton Club, June 5, 2007
2nd set
show started 21:33
01. Outa Space (Instrumental)
02. Space Race (Instrumental)
03. I Wrote A Simple Song (Kaleb)
04. John Henry (Kaleb)
05. That’s The Way God Planned It (Kaleb)
06. God Is Great (Kaleb)
07. The Bus (Kaleb)
08. With You, I’m Born Again (Kaleb & Robbie)
09. Let It Be (Kaleb)
10. Get Back (Kaleb)
11. Nothing From Nothing (Kaleb)
12. Will It Go Round In Circles (Kaleb)
Enc. You’re So Beautiful (Kaleb, Maxayn, Anthony)
show ended 23:07
(2007年6月5日火曜、丸の内コットン・クラブ=フィリップ・ウー&フレンズ・ライヴ) <br>
ENT>MUSIC>LIVE>Woo, Philip
2007-76

This entry was posted in LIVE. Bookmark the permalink.

Comments are closed.