Mardi Gras: Memory Of Jiyugaoka, Back In The Day (Part 1)

【マルディ・グラからつながる自由が丘の思い出】 <br>
自由が丘。 <br>
自由が丘の駅から東横線沿いに日吉方面に右側の道を­いていくと四つ角がある。左に曲がると上が東横線が走るガード。右角に雑貨屋があり、その地下に「マルディ・グラ」がある。 <br>
『ガンボズ・イアーVol.12~ソウル・サーチン・ビデオ・ナイト』でお世話になった「マルディ・グラ」は、名前から想像できるように、ニューオーリンズ気分にしてくれる音楽のある店 。壁には何枚もの1970年代の­ックやソウルのレコードのジャケットが額に入れて飾られている。ここで守島さんのイヴェント『ガンボズ・イアー』の第1回が行われたのが2000年10月。ちょうど同年7月に拙著『ソウル・サーチン』が発売され、「発売記念イヴェントは別にないです」と言ったら、守島さんが「じゃあ、なにかやりましょう」ということで企画してく さった。 <br>
それから7年を経て、再び、ここで「ガンボズ・イアー第12回」に参 したの が、実は、この会 「マルディ・グラ」のある 所については以前から気になっていた。 <br>
レノン・ストリート。 <br>
その昔、1970年代後半から自由が丘でよく来る店があった。それは「レノン・ストリート」という当時比較的おしゃれな店 った。それこそ田­康夫氏の小説『なんとなく、クリスタル』(1980年)に出てきそうな(ひょっとしたら出てきていたかもしれない)店 。ま 「カフェ・バー」という言葉が生まれる前に、新しめの洋楽のレコードをかけていた「カフェ・バー」風の店 った。たぶん1978年か1979年あたりのこと ったの ろう。 <br>
で、7年前(2000年)に「マルディ・グラ」に来たときに、この辺に「レノン・ストリート」があったような気がおぼろげにしていた。そのときは、すっかりそれを確かめるのを忘れたの が、日曜日(8月19日)に久しぶりに行った「マルディ・グラ」のオウナー川村さんに尋­た。 <br>
すると、やはり、この地はまさにかつて「レノン・ストリート」があった 所 ったの 。「レノン・ストリート」の入口は東横線沿い ったが、「マルディ・グラ」の入口がそれと直角に交わる道にあるので、ちょっとわからなかったの 。川村さんによれば、この 所は「レノン・ストリート」のマスター(僕や仲間たちは当時彼のことを「レノン・ストリートのマスター」ということで略して「レノマス」と呼んでいた)の両親が持っていたもので、建物を一部改装し、2階に住居、1階部分を「レノン・ストリート」という店にしていたの という。もちろん、「レノマス」は、ジョン・レノンが大好き ったから、この店名にした。 <br>
「レノン・ストリート」も店内はブラックを基調にしたいい店で、レコードジャケットを壁に飾っていた。ビートルズや西海岸のイーグルスや、マイケル・フランクスやら、ちょっとしたソウル系、フュージョン系のレコードをそれほど大音量ではなくかけていた。 <br>
そして1980年代後期か1990年代初期に、「レノマス」はアメリカ人女性と結婚し、アメリカに移住することになり、この土地を売却、新たに買い求めた人が3階建てのビルを建て、その地下1階に「マルディ・グラ」がはいったらしい。 <br>
「マルディ・グラ」は最初のオウナー、ミックさんが1992年にオープン。しかし、1997年10月彼は事情で九州・熊本県人吉市に引っ越し、そのときにミックさんから現在のオウナー川村さんが店を引き継い 。ミックさんは熊本でも、やはり「マルディ・グラ」のようなレコードをたくさん置いている音楽バー「ベアーズ・カフェ」という店を経営されている。ミックさんは、「マルディ・グラ」の前には青山で「サル・パラダイス」という店もやっていたというから っからのミュージック・マンのよう 。「マルディ・グラ」はオープンして15年、川村さんの代になってからでもすでにちょうど10年 。 <br>
僕が初めて「マルディ・グラ」に行ったのがいつ ったかは­確には覚えていないの が、2000年に行ったときは初めてではなかったので、その前に行っているはず 。ひょっとしたら、あの近くに住んでいるFM局のディレクターをやっていたC氏に連れられて行ったのかもしれない。この店名から「音楽関係のバー」 ということはわかる。(笑) <br>
エスピガ。 <br>
さて、さきほどの「レノマス」 が、彼は1983年 、「レノン・ストリート」も経営しながら、同じ自由が丘に「エスピガ(espiga)」というレストランをオープンした。これはスペイン語で「穂」といった意味らしいが、メ­シコ系の食事を していた。「カフェ・バー」という言葉はこの までにかなり浸透したが、「カフェ・バー」というよりレストラン、しかし、若い人も入れるカジュアルなレストラン った。「レノン・ストリート」よりもっと広く明るい店になっていた。そして、そこはレストランなのに音楽好きのオウナーの趣味を反 し、店の­央の一段高いところにターンテーブルが2台あり、BGM的にDJをやっていた。レストランでDJブースがある店など、あの時代には他にはなかった。 <br>
そこで、「レノン」時代からのつきあい った「レノマス」から、「週一でもいいからDJをしないか」と誘われた。そして、僕は週一でDJを始めたの 。オープンしてまもなく ったので、やはり1983年 のこと ろう。僕は毎週水曜に入ったが、そのとき、別の曜日に別のDJが入った。たぶん、彼は金曜あたり ったような記憶なの が、違うかもしれない。それがUK­ックの大家・音楽評論家の大貫憲 さん 。 <br>
僕は、どういう選曲をしようかいろいろ考えたの が、ちょうどその ­在を知ったアメリカのラジオで流行り した「クワイエット・ストー 」のフォーマットを真似してやろうと思い、その路線で選曲をした。当時は「ラウンジ」などという言葉はなかったが、今から思えばまさに「ラウンジDJ」 った。 <br>
この「クワイエット・ストー 」を取り入れたのは、相当早かった。ちゃんと向こうのラジオのように、波の音とか、鳥の鳴き声とか、エアポートの音などの効果音を曲間にはさんでかけた。ターンテーブルは2台しかなかったので、効果音は事前にカセットに録音してかけたり、効果音のレコードなら、2-30秒かけている間に次の曲をセットするという早­をやっていた。 <br>
アメリカで「クワイエット・ストー 」がブレイクするのが1985年から1986年以降なので、かなり時代の先を行っていたかもしれない。僕はサンフランシスコのKBLX局のテープを入手したか、誰かから話をきいたかで、「クワイエット・ストー 」のことを知った。 が「クワイエット・ストー 」の­史自体を知るのは、そのずっと後のこと 。当時のソウルのス­ー・ジャ (そんな言葉もなかった)と若干のフュージョン系インストゥルメンタル曲に効果音。自分でいうのもなん が、けっこういけてた。たぶん、「エスピガ」でやっていたものも、何本かカセットに録音して自分でも楽しんでいたように思う。 <br>
ところで、先ほどからずっと「レノン・ストリート」のマスターのことを「レノマス」としか書いてないのには、わけがある。実は「レノマス」の本名を思い出せないのである。(笑) 当時はもちろん知っていたの が・・・。ずいぶん昔のことなので、かなり記憶がおぼろげである。情けない。(笑) <br>
(この 、続く) <br>
(明日は、なぜ大貫さんと僕がこの店でDJをすることになったか、などについてご紹介します) <br>
ENT>MUSIC>ESSAY>Jiyugaoka
<a href=”http://blogscouter.cyberbuzz.jp” target=”_blank”><img border=”0″ src=”http://blogscouter.cyberbuzz.jp/tag/blog.php?k=3b465645b4b281a23e124c2baefe0b39&s=3d229&c=1″ /></a>

This entry was posted in ESSAY. Bookmark the permalink.

Comments are closed.