“Soul Blends” Goes To La fete Tama

【『ソウル・ブレンズ』公開生放送】
極寒。
昨日(1月28日・日)は『ソウル・ブレンズ』(インターF­・毎週日曜午後2時から5時まで放送)の公開生放送が多摩のラフェット多摩で行われた。僕が公開生に出向くのは2003年5月に青山で行われた時以来。番組の収録は横浜や、お台 であったが、そのときは『山野ミュージックジャ 』のコーナーは、スタジオから出していたので、僕が人前でしゃべるというのはなかった。
会 には、何人か『ソウル・ブレンズ』のへヴィーリスナーの方々もいらっしゃって少しお話をさせていた いた。お声がけ いたかたありがとうございました。
しかし、今日のステージは外 った けに、3時間ほとんど出っぱなし ったマーヴィンとちーちゃんは、きっと寒かったことでしょう。極寒の生放送。 ­の方は、ライトが当たってけっこう暖かいの が、足元がひじょうに寒い。 ­寒足熱ならぬ、 ­熱足寒であった。
ゲストのひとり、ゲイリー・アド­ンスと初めて会った。なんとその昔横浜のクラブ「ヘヴン」にハコバンドででていたという。例の最近のギャツビーのC­でスタイリスティックスの大ヒット「愛がすべて」を­っているシンガー 。
うちからの道のりは、地元のちーちゃんが丁寧に教えてくれ、そのとおりに行ったら着いた。うちから50­­超。1時間半弱かかった。さすがに い。(笑) 
ラフェット多摩は、かなり巨大なアウトレット った。
++

This entry was posted in Essay. Bookmark the permalink.

Comments are closed.