Kubota Toshinobu Shouted “You Are My Soul” At The Center Of The Stage

(少しネタばれになります。これからライヴをご覧になる方は充分ご注意く さい)
【代々木競技 のステージの­心で『あなたたちは、僕のソウル 』と叫ぶ】
三拍­。
FOR REAL?本編が終わり、アンコールの2曲目で、久保田は「オー・ホワット・ア・ナイト」を­った。ここで、彼は代々木競技 の観客を3パートに分け、違ったダンスを教え踊らせた。この日は、ナインティーナインの岡村が客­から呼び出され、観客同様にその踊りを習いステージで披露。
ステージを­面に見て左側(南側)1階2階には、「ファン­ー・バード」を、逆サイド(北側)1階2階には、「ファン­ー・スネーク」、そして、­央アリーナには、「ファン­ー・ジェリーフィッシュ(くらげ)」を踊らせる。それぞれダンサーのワーナー、マサコ、そして、久保田本人が 番に教える。そして、その教えた通りに、みんなが身体を動かす。僕はちょうど南にいたので、­面北側の観客が全員で腕を蛇のようにく­く­させるのを見て、驚かされた。気持ち悪いくらい、みんなく­く­していて、最高 った。そして、アリーナ全員もくらげをやった。これ け多くの、おそらく1万人を超える人たちに、同時に踊りを教えるダンスの先生は、彼らをおいてほかにいない ろう。この観客を取り込み、会 全体をひとつにする久保田は圧巻 。
約2時間半のライヴを終えるとき、彼はそのグルーヴを見て叫ん 。「ファン­ー・ピープル! アイ・ラヴ・ユー! ユー・アー・マイ・ソウル!」 アーティストにとって、自ら演奏し­っていたものがソウル・ミュージックという けでなく、観客そのものがソウルになった瞬間 った。
DJがかなり盛り上げ、ライヴが始まる。今回のツアー・タイトルは「ウイ・フォー・リアル」。「我々、本物」。2時間以上のライヴを片時も飽きさせず、しかも、一貫したグルーヴを保ち、リアル・ミュージシャンとリアル・シンガーによるリアル・ミュージックを見せた。「ダンス・イフ・ユー・ウォント・イット」から、ス­ーの「君のそばに」へ続けるところなど、まさに「ソウル・ショウ」の原型 。
てい­いに­う久保田の­は、圧倒的にうまい。そしてそれをサポートするバンドが、どんなにス­ーの曲でも完璧なグルーヴを生み出す。1曲1曲を聴かせることもあるが、それ以上に曲の組合せによる流れ(flow)の作り方がものすごくうまいと感じた。­がうまく、バックがよく、そして構成もしっかりしている。というわけで、三拍­そろったコンサートということになる。
個人的に感心したのは、アメリカのテレビ番組『ソウル・トレイン』に彼が出演した時に­ったという「ブレイ­ング・スルー」ともう1曲ス­ーの「シャドウズ・オブ・ユア・ラヴ」。後者は、メ­ーでエ­ーでソウルフル。こんな曲を日本人シンガーが­えるとは思わなかったので大変驚いた。
ドラ ス、­ーボード2、ベース、ギター、DJ、コーラス3、ダンサー2という布陣。鉄壁 。
僕は彼のライヴを10年以上前に見た記憶があるの が、今日のこのライヴを見て、次回ツアーもぜひ見たいと思った。
(詳細なセットリストは、ツアー終了の明日以降に紹介する予定です)
(2006年7月29日土曜、国立代々木競技 =久保田利伸ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Kubota, Toshinobu
2006-148

This entry was posted in LIVE. Bookmark the permalink.

Comments are closed.