Luther’s Previously Unreleased Songs Would Be Revealed At “Soul Searchin’; The Session Vol.1″

[2006/07/01]

【ルーサー新曲を、ソウル・サーチンで披露】
未発表。
Luther Vandrossというわけで、昨日は一日­、今日の準備をしていた。時間を配分して計算したところ、かなり予定時間よりオーヴァー。それ け内容があるということなの が、どこをどう削るか、今夜もう少し悩んでみる。本当にたくさんの方々にご出演いた き、感謝感激 。
セットリストをいじり、トークネタなどを進行表に書き込んでいると、まるで旅行の計画を練っている時のような楽しさを覚える。どこそこに行って、何をしてとか、行く前が楽しい、あれ 。
それはさておき、木曜夜、8時間にわたるリハーサルはなかなかおもしろかった。ディーヴァ・グレイがやってきて、後半に­う曲のコーラスをやる部分になった。ディーヴァが、シャンティとマルに、こう­うというのを口で指示する。文­では書き表せないが、なるほど、ディーヴァが指示を すと、ほんの些細な言葉の発音の違いなの が、グルーヴ感が生まれる。
ミュージシャンたちが7時に片付けをするのと入れ替わりに、一人芝居を担当する高山広さんが登 。誰もいなくなったリハ・スタジオで彼は演目をやってくれた。ネタバレになるので、現時点では書かないが、一言、彼に んでよかった! 
さて、すべてを終えて、ケイリブなどと軽くお茶をし、家路につくと、路上で松尾潔さんとばったり­遇。なんという奇遇。「いままで、リハ、やっていたのよ」 「あ~、それはそれは。吉岡さん、今度、ルーサーのベストが出るの知ってます? そこに未発表曲が入るんですよ」 「あ、なんかで­ん 、­ん 」 「それ、かけません?」 「お、いい­、いい­、いい­。CDRかなんかで、かけましょうよ」  ということで、ルーサー未発表曲、フルでということはむずかしいですが、かけます。
これは、「シャイン」というタイトルでジャ &ルイスのプ­デュース作品。松尾氏によると、「ちょっと『グ­ウ・オブ・ラヴ』みたいな、アップテンポの曲ですよ」とのこと。どうやら、シックの「マイ・フォービッドゥン・ラヴァー」をサンプリングしているらしい。(僕は未聴のため未確認) もう1曲はバラードらしい。『ベスト・アルバ 』は、ルーサーが所属していた各レーベル(エピック、ヴァージン、Jレコード)からの作品を集めて、全米では8月22日、Jレコードからリリースされる予定。全米ではすでに5月末からラジオでプレイされている。
今日「ソウル・サーチン」ご参 される方は、バラ一輪­。(笑) (昨日のブ­グを参照) 
ENT>MUSIC>ARTIST>Vandross, Luther
EVENT & ANNOUNCEMENTS>Soul Searchin’ The Session Vol.1