Some Are Omitted, Some Are Added To The Final Setlist

[2005/07/20]

【試行錯誤の選曲】

没。

実は、昨日のライヴで、他にいくつかの候補曲があったが、ぼつになったものがあった。当初、いろいろ候補曲を上げてみて、その中から17曲ほど選んだCDをメンバー用に作った。1曲目にいれたのが、「スターダスト」だった。

フランクリンズは3回リハーサルをやったが、「スターダスト」は結局、できなかった。というのも、時間がなくなってしまったということと、この曲はかなり難しいということで、西任(にしと)さんがギヴアップした。一方、スティーヴィーの「レイトリー」はリハーサルはして一応形にはなったが、オリジナルの持つ独特の雰囲気を出すことがひじょうに難しいということで、没になった。

他に、幸三さんのリクエスト、「青い影」が没になった。リハができなかった。こういうポップスを1曲いれてもよかったかもしれない。その代わり、お店のスタッフのリクエストで「シャドウ・オブ・ユア・スマイル(いそしぎ)」が入った。

純粋な40年代のスタンダードから、60年代のオールディーズ、ジャズ・インスト、ボサ調とか、ヴァラエティーをだしてもよかった。

また40分を2ステージということで、結局7曲ずつ14曲を選んだが、これでも実際の時間は50分近くになった。きっと、6曲ずつてもよかったのかもしれない。

2度のセットのトップはインストゥルメンタルでというのは、すぐに決まった。そして、一番最後の曲を決め、その間にはいる曲をいろいろ考えながらみんなで決めてみた。

曲順の順列組合せは星の数ほどある。そこからひとつのセットリストを作るのは、けっこう大変だ。

ENT>MUSIC>LIVE>Franklins