Monthly Archives: October 2009

⊿マイケル・ジャクソン、物故者長者番付で3位初登場

⊿マイケル・ジャクソン、物故者長者番付で3位初登場 【Top Dead Celebrities 2009:】 4ヶ月。 毎年10月末にアメリカの雑誌フォーブスが発表する物故者長者番付(トップ・アーニング・デッド・セレブリティーズ 2009)が、今年も発表された。物故者の過去1年の収入を集計し、ランク付けしている。2001年から同誌が発表、当初5年連続1位になったのは、エルヴィス、2006年だけカート・コベインが1位になり、2007年、2008年と再びエルヴィスが首位を奪回した。 フォーブスによると、今年の1位は、ファッション・デザイナーのイヴ・サン・ローランでおよそ3億5000万ドル(1ドル100円として350億円)の収入があった。2008年6月1日に死去したサン・ローランは、持っていた資産をオークション会社などで売却。その売り上げが高収入につながった。 それまでの1位は大体年収5000万ドル(50億円)前後だったので、桁外れの金額だ。また第2位には、たくさんのスタンダードを書いた作曲家チーム、ロジャース&ハマーステインが2350万ドル(235億円)でランクイン。ロジャース&ハマーステインは、ミュージカル『シンデレラ』、『南太平洋』、『サウンド・オブ・ミュージック』などを生み出した作曲家チーム。そして第3位に今年の6月25日に死去したマイケル・ジャクソンが実質4ヶ月の集計だけで9000万ドル(90億円)を得てランクインした。例年の水準だったら、堂々の1位初登場だった。マイケルはおそらく来年1位になるものと見られる。 エルヴィスは、今年4位に落ちたが、毎年の収入は着実に伸びているところがすごい。しかも、この金額には1963年までに彼がレコーディングした原盤権などは入っていないという。すでにそれらの権利は売却されているから、そこから生み出される印税などはエルヴィスに入ってこないらしい。主としてグレイスランドの入場料、物販などでこの金額になる。 最近ではこの死んだセレブを、デッド・セレブ、略してデレブというそうだ。 フォーブス誌記事↓ http://www.forbes.com/2009/10/27/top-earning-dead-celebrities-list-dead-celebs-09-business-entertainment-intro.html 今年のランキングは次の通り。 Top Earning Dead Celebrities: 2009 (1ドル=100円で換算) 01. Yves Saint Laurent $350 million (3億5000万ドル=350億円)(2008年6月1日死去、72歳) 02. Rodgers & Hammerstein $235 million 03. Michael Jackson $90 million 04. Elvis Presley $55 … Continue reading

Posted in マイケル・ジャクソン関連 | 2 Comments

△マイケル・ジャクソン・デイ~『ディス・イズ・イット』と『マイケル・ジャクソン全記録』~セットリ

△マイケル・ジャクソン・デイ~『ディス・イズ・イット』と『マイケル・ジャクソン全記録』~セットリスト付き 【Michael Jackson Day: “This Is It” Setlist】 デイ。 まさにマイケル・ジャクソン・デイだった。10月28日は日本時間の朝から、ロス・アンジェルスのノキア・シアターで行われていた「ワールド・プレミア」の様子をインターネットなどで見る。ロスでは10月27日の午後7時(日本時間28日午前11時)からプレミア公開されていた。日本より1日早い。東京では、1時と4時の回、六本木ヒルズで5時からのレッドカーペットがあったが、4時の有楽町試写に臨んだ。 マリオンでは1時の回はかなり超満員になったようだが、4時の回は比較的落ち着いていた。並ぶ覚悟で3時15分くらいに行ったら、まだ全然楽勝で拍子抜け。レコード会社の関係者としばし談笑後、本編へ。西寺郷太さんと、松尾潔さん、急遽参加の今回の『マイケル・ジャクソン全記録』の発行人、編集者である熊澤さんと一緒に鑑賞。 松尾さん、いきなり、これ着て見て欲しいんだよね、と言って、「I・ラヴ・MJ」(ラヴはハートマーク)と書かれたTシャツを僕と、郷太くんにプレゼント。ちょっときつかったが、着て鑑賞させていただきました。(笑) 6時頃、本編終了。「いやあ、すごかったねえ」の感想しきり。外に出ると、7時からの回を見る人たちが並び始めていた。そこで、サイト「ムーンウォーカー」を運営しているトヨさんを、西寺さんから紹介される。 次の六本木ヒルズでの回が9時からなので、西寺さんと軽く何か食べに行くことにする。松尾さんはスタジオ仕事があるために、解散。熊澤さんは見本を取りに社に戻る。こちらは、六本木方面に向かい、西寺さんが前日もらったばかりという『ディス・イズ・イット』のサントラ見本盤を車のCDプレイヤーにいれる。「どうせなら、『スピーチレス』とか、ここにいれればいいのにね」と郷太さん。「ウォナ・ビー・スターティン・サムシング」のデモ・ヴァージョンなどを聴く。 その後、7時過ぎに『マイケル・ジャクソン全記録』の見本が少量できてくるので、出版社近くにある六本木の「佐世保バーガー」へ。ちょうど食べ終わる頃、熊澤さんから電話。出来上がったので、西寺さんのも含めて持って行きます、とのこと。 ほどなく熊澤さん、到着。本を見た2人の第一声。「おおっ、ブアツ(ぶ厚い)」 パラパラめくりながら、マイケル談義、ひとしきり。おそらく11月4日か5日には大量に印刷が仕上がり、配本され、早いところでは8日か9日には店頭に出るのではないかとのこと。いちおうオフィシャルの発売は11月10日だが、一部店頭、アマゾンなどでは早くなるかもしれない。郷太さんは、すぐに写メを撮り、モヴァ・ツイッターにアップ。普通のツイッターとモヴァ・ツイッターの違いがよくわからない。(笑) だらだら話をしていたら、まもなく9時になるので、あわてて六本木ヒルズに移動。 六ヒルのスクリーンにぎりぎりに入ったら、一番前まで超満員。もう予告編が始まっていた。ところどころ、曲終わりで拍手が巻き起こる。試写のときは、ちょっと抑えていたもののここでは拍手ができた。(笑) 映画が終わると、西寺さんはノーナ・ファンに囲まれている。彼はもういちど見るので、28日だけで3回見ることになる。別れ際、「もう1・2度来ましょうか」と西寺さん。 本編で歌われなかった曲について。「ユー・アー・ノット・アローン」、「ヒール・ザ・ワールド」「デンジャラス」「ユー・ロック・マイ・ワールド」「ウィル・ユー・ビー・ゼア」「ダーティー・ダイアナ」「リメンバー・ザ・タイム」などが出てこなかった。「ヒール・ザ・ワールド」はエンドロールででたが。 これらの曲はリハはしていたが、それを撮影した素材がなかったのか、あるいは元々セットリストに入っていなかったのかもしれない。撮影しても使えるクオリティーのものがなかったのか。いずれにせよ、より精査して、「ディス・イズ・イット~コンプリート・ヴァージョン」みたいなものが出てほしいと思った。 しかし、映画とは言え、2本ライヴを集中して見た感じで、さすがにぐったりになったが、ヘロヘロながらも感想文をアップした。マイケル映画『ディス・イズ・イット』鑑賞、そして、『マイケル・ジャクソン全記録』の完成、まさにマイケル三昧の1日だった。 圧倒的な事実の積み重ねの向こうにしか、「本当のマイケル」は見えてこない。 『マイケル・ジャクソン全記録 1958-2009』、アマゾンにアップされました マイケル・ジャクソン全記録 1958-2009 posted with amazlet at 09.10.29 エイドリアン・グラント ユーメイド Amazon.co.jp で詳細を見る +++++ 以下セットリストを、「ムーンウォーカー」のトヨさんのご協力を得て作ってみました。下記リストのほかに「ゴースト」が前半のどこかに入っているようです。また、曲のカウントの仕方が、まだ迷い中です。「02」の「スピーチレス」を1曲とするか、「スターティン・サムシン」の中の挿入とするか、そのあたりはあと何度か見て煮詰めてみます。 ■ セットリスト(未完): 映画『ディス・イズ・イット』 … Continue reading

Posted in マイケル・ジャクソン関連 | 3 Comments

☆『ディス・イズ・イット』~夢と冒険に溢れる2時間

(映画内容が出ます。これからごらんになる方はご注意ください) ☆『ディス・イズ・イット』~夢と冒険に溢れる2時間 【This Is It, This Is It, This Is It】 冒険。 夢にあふれるシンガーがいる。夢にかけるミュージシャンがいる。そして、夢を追い続けるダンサーがいる。彼の元に集まるアーティストたちは、みな、大きな夢を持ってオーディションにやってくる。オーストラリアから、オランダから、ヨーロッパから、全米から。冒頭、ダンサーのオーディション・シーンが出てくる。彼らは、マイケル・ジャクソンというアーティストとステージを共にしたいという強烈な夢を胸に秘め、世界から集まってきた。何百人の中から選ばれた十数名の精鋭たち。彼らの目の輝きの素晴らしきこと。 2009年4月から6月にかけて行われた、マイケル・ジャクソンの『ディス・イズ・イット』コンサートのリハーサル模様を編集した音楽映画『ディス・イズ・イット』(監督・ケニー・オルテガ)が2009年10月28日から公開された。ドキュメンタリーではあるが、僕は彼のステージを見ているかのような錯覚に何度も陥った。マイケルのライヴが、スクリーンで繰り広げられている。たまたま実際のステージ(3次元)ではなく、平面(2次元)のステージだが、マイケルのオーラとソウルは、観客に否が応でも飛び出してくる。 第一の感想は、何でこれだけ元気にステージ狭しと動いているこのスーパースターが、6月25日に亡くならなければならないのかという大きな疑問だ。なぜ、一体何が起こったのか。 もうほとんど完成しているではないか。もちろん、リハーサルだから「声をセーヴする」マイケルもいるが、プロダクションは8割方出来上がっていると言える。前半部分は何度もリハを重ね、その記録映像も多くのテイクが残っている。だが、最後の「ビリー・ジーン」や「マン・イン・ザ・ミラー」はほとんど1テイクのみが披露される。おそらくまだ何度も何度もやっていなかったのだろう。「ビリー・ジーン」に限って言えば、まだ6割ぐらいの完成度だが、それでもおもしろい。 曲によって完成度がそれほどでなかったとしても、マイケルはじつにかっこいい。マイケルの踊りの切れもいいし、ダンサーたちも素晴らしい。ミュージシャンも、シンガーも。 マイケルの天才性を垣間見せるシーンが「スムース・クリミナル」であった。マイケルが客席側に向いていて、その後ろのスクリーンにモノクロの映像が流れている。それが終わったところで、歌に入るのだが、そのキュー(きっかけ)が後ろのスクリーンを見ていないとわからないのではないか、とオルテガがマイケルに言う。するとマイケルは、しばし考えて「感じるよ(I’ll feel that)」と言い切った。天才だ。 今回、ライヴに付随して使われる映像がすごい。一番感動したのは、「アース・ソング」の密林と少女の映像。また、「ゼイ・ドント・ケア・アバウト・アス」から「ヒストリー」で使われる11人のダンサーで撮影したものを無限大にコピーした映像。そして、曲ごとの大仕掛けがすごい。映像、仕掛け、ダンス、歌…。すべてがひとつになった瞬間、このライヴ・コンサートは、日常からかけ離れた大冒険になる。これは、マイケルがステージ上で作り上げる2時間のアミューズメント・パークだ。マイケルも全力で夢をファンに与えているのだ。 完成度の高いライヴ・ステージであれば、それは何度でも見たくなる。「いい物は何度見てもいい」ということだ。この映画を見る者は、この本番8掛けのリハから一体どんな完成形が生まれるのか、イマジネーションを広げる。リハでここまでできていたら、本番ではどうなったのだろうか。そら恐ろしい。 マイケルはこのライヴに、「ヒール・ザ・ワールド(世界を癒そう、直そう、治癒しよう)」というメッセージを込めた。地球の温暖化で、地球が傷ついている。早く治療しなければ、だめになってしまう。誰かがやってくれる、ではなく、今、自分たちで始めようというメッセージだ。彼は4年以内にやらなければならないという。なぜ、4年と区切ったのだろうか。 一度4時からの試写を見て、9時から六本木ヒルズの東宝シネマでもう一度見た。ヒルズのスクリーンは満員。何曲か、曲が終わるところで、観客から拍手。映画が終わったところでも拍手が巻き起こった。 この映画は、後にも先にも、おそらく音楽史上唯一のリハーサルだけで一本の映画として完成した作品となる。本番を見せず、リハーサルだけの映像で、これだけの感動を与えられるなんて、宇宙に彼しかいない。 ビルボード誌によれば、アメリカでは好評であれば、2週間限定が延長される可能性がある、という。ぜひそうしてもらいたい。この作品は、人々を何度も映画館に引き寄せる強烈な「カルト・ムーヴィー」になる。 (映画『ディス・イズ・イット』~2009年10月28日から全世界で公開) +++++ 圧倒的な事実の積み重ねの向こうにしか、「本当のマイケル」は見えてこない。 『マイケル・ジャクソン全記録 1958-2009』、アマゾンにアップされました マイケル・ジャクソン全記録 1958-2009 posted with amazlet at 09.10.29 エイドリアン・グラント ユーメイド Amazon.co.jp … Continue reading

Posted in マイケル・ジャクソン関連 | 4 Comments

◎『ディス・イズ・イット』全容~『ムーンウォーカー』も11月7日から公開

◎『ディス・イズ・イット』全容~『ムーンウォーカー』も11月7日から公開 【This Is It, This Is All About】 全容。 いよいよ今日2009年10月28日から公開される『ディス・イズ・イット』だが、総力取材で、その全容を事前に可能な限り解明してみよう。 まず、この映画は、今年のヒット映画の1本になりそうだ。 音楽専門誌「ローリング・ストーン」によると、全米でも3000のスクリーンにかけられ、アメリカ以外での上映スクリーンは19000にものぼるという。すでに配給元のソニー・ピクチャーズは遺族側に6000万ドル(約54億円)を支払っているが、一説では2億5000万ドル(約225億円)の興行収入を得るだろうという。また、アメリカでは、同名タイトルのアルバム『ディス・イズ・イット』の初回出荷は140万枚。リリースと同時にプラチナ・アルバムになる。 +++++ メンバー。 『ディス・イズ・イット』は、同名コンサートのリハーサルの模様を収録している。同コンサートのライヴ・メンバーは次の通り。 Directed by Kenny Ortega Vocal & dancer: Michael Jackson Choreographer: Michael Jackson, Travis Payne Keyboards: Michael Bearden, Morris Pleasure Lead guitar: Orianthi Panagaris Rhythm guitar: … Continue reading

Posted in マイケル・ジャクソン関連 | 2 Comments

◆『マイケル・ジャクソン全記録 1958-2009』~緊急発売決定 (パート3)

◆『マイケル・ジャクソン全記録 1958-2009』~緊急発売決定 (パート3) 【Michael Jackson Visual Documentary】 新バイブル。 初版の『マイケル・ジャクソン観察日誌』が、マイケル・ファンのバイブルになって、ヤフオクなどで高い値段がついていたことは知っていた。なので、早く、この新版を出したいと思っていた。実は7月に、これを出した当時の編集者に、新版は出さないのですか、と打診したところ、ちょうど、この新版の売り込みがあって、小学館でも検討していた。しかし、編集会議で、正式に小学館では出せないという結論が出た、ということだった。ひじょうに残念に思ったが、いずれどこからか出るだろうとは思っていた。たぶん、その後いくつかの出版社に打診が行き、今回のユーメイド社がいくつかの競争から勝ち抜いて出版権を獲得したのだろう。結局、ユーメイド社からお声がけいただき、幸運だった。 この新版の見所はいくつもあるが、特にリサ・マリーがマイケル逝去に関して彼女のブログに書いた文章は、感動的だ。日本版でも2ページにわたる長文になった。リサとマイケルがかつてじっくりと話をしたときにマイケルはこう言ったという。「僕(マイケル)は彼(エルヴィス・プレスリー)のように死ぬんだと思う。彼がそうだったようにね」 もちろん、リサはそんなことはないと、その考えを止めさせようとする。 そして、途中にさまざまなストーリーがあり、リサはこう締めくくる。「~~ここに座って、今までの私の最大の失敗となるものに対しての悲しみ、反省、混乱に圧倒され、ニュースを観ていますが、それはほとんど1977年8月16日(エルヴィスの命日)に起こるのを見ていたまさにそのシナリオが一幕ごとそのまま、今再びマイケルに起こっている(私が2度と見たくなかった光景だ)。彼が予言した通りに。~~」 リサとマイケルがそんな話をしたのはおよそ15年くらい前だという。 もうひとつ、今回翻訳していて、ひじょうに印象に残った言葉があった。それは2005年3月30日付けの事項のところで、ボクシング界のスーパースター、モハメド・アリがノルウェイの新聞に語ったというコメントだ。「どこから(モハメド・アリの)力が沸いてくるのかと尋ねられた時、私(アリ)はこう答えている。私はマイケル・ジャクソンが見ている男と同じ男を見ている。その男とは、マイケルの鏡に映る男(マン・イン・ザ・ミラー)なのだ。(そこから力を得ている)」 モハメド・アリなりのマイケルへの支持とも受け取れる一方、アリ自身への応援歌としてマイケルを見ているとも受け取れる。マイケルが受けている様々な困難、苦難を、アリ自身が経験してきた困難、苦難とかぶらせて見たのかもしれない。アリ自身も、アメリカの白人メディアにはさんざんやられてきた。マイケルを見て、我がことのように思ったとしても不思議ではない。アリはマイケルが果敢にそうしたバッシングに向かって、強く立ち向かっていたと見ていたのだろう。 この言葉を読んだとき、マイケルが鏡の中で見ていた男(マン・イン・ザ・ミラー)に、マイケルはどのような気持ちを持っていたのだろうか、という思いを馳せた。アリが感じたほど、マイケルは強かったのか、と今になっては思う。 事実の積み重ねだけが、真実への唯一の道。郷太氏のキャッチコピーはこれだ。「圧倒的な事実の積み重ねの向こうにしか、『本当のマイケル』は見えてこない」 『マイケル・ジャクソン全記録 1958-2009』が、マイケル・ファンの新たなるバイブルになって欲しいと思う。 (アマゾンで予約が取れるようになりましたら、すぐにこのブログでもご案内いたします) ENT>BOOK>Jackson, Michael

Posted in マイケル・ジャクソン関連 | 5 Comments

(速報)○エリザベス・テイラー:『ディス・イズ・イット』をツイッターで語る

(速報)○エリザベス・テイラー:『ディス・イズ・イット』をツイッターで語る 【Elizabeth Taylor Wrote About “This Is It” On Twitter】 つぶやき。 マイケル・ジャクソンの親友エリザベス・テイラーが、一足先に映画『ディス・イズ・イット』を鑑賞、ツイッターにその感想文を書き込んだ。この書き込みは、日本時間2009年10月27日(火曜)午前8時(LA時間26日、午後4時)頃から19回に分けて書き込まれた。ツイッターは一度に約30ワードまでしか書き込めないので、これだけの回数に分けてアップされた。トータルで約430ワード。これによると、テイラーは、先週、秘密裏に試写を見て、今日情報解禁で、やっと感想を公開できることになった、という。 全訳は次の通り。 私は先週『ディス・イズ・イット』を特別に見る機会を与えられました。見たことは秘密にするように言われていましたが、今日やっとお話できます。これは、私が今まで生涯見た映画作品の中で、もっとも見事な作品です。マイケルのクリエイティヴィティー(創造性)の天才さを、あらゆる側面で永遠に決定付けています。 彼をただ「天才」と呼ぶだけではまだまだ過小評価としか言いようがありません。彼はあらゆる音をやさしく包み込み、音楽自体を現実を超えたはるか深みのある地点まで聴く者を誘います。 私は、彼が神から授かった才能に心の底から涙しました。彼のような人物は、将来決して2度と現れないでしょう。そしてこの映画作品は、彼のような人物がこの世に存在したことを永遠に忘れさせることなく、思い起こさせ続けるでしょう。神はマイケルにキスしていました。神はマイケルを賛美していました。神は彼をまったく無意味な存在などにしていません。神はただひたすら彼を愛しています。 マイケルは、マジックを生み出すために、どのように音を作り、いかにニュアンスを表現すればよいか、すべて知り尽くしています。 彼を天才だというのはあまりに小さすぎます。私は、彼を表現するもっと適当なヴォキャブラリー(語彙)をもてればと思います。 あなた自身、あなたの愛する人と何度も繰り返しこの作品を見ましょう。あなたの記憶にとどめ、あなた自身で確認してください。「私は、自分の人生の中に天賦の才能を見た」と。私自身の人生における天賦の才能を愛しています。私は神にとても優しくしていただきました。私はマイケルを永遠に愛します。まだ彼を愛していない方も、きっと(この映画を見れば)彼のことを愛することになるでしょう。 私は恩着せがましく言うつもりは毛頭ありません。私が何を言いたいのか、みなさんにはおわかりだと思います。ただ、何度も何度も見に行ってください。 繰り返し言います。アイ・ラヴ・ユー。私はマイケルがあなたたちを愛していたことに思いを馳せます。彼は完璧に今日、生きています。彼のあらゆる歌の中に今日のメッセージがあります。 彼の歌詞を聴けば、そこには現代への予言があります。彼はその予言を私たちに聴いて欲しいと願っています。お説教をするつもりはありません。あなたを不快にさせてしまいますから。でも、ただ彼に耳を傾けてください。彼のメッセージに。 「ブラック・オア・ホワイト」から「マン・イン・ザ・ミラー」、そして「ウィ・アー・ザ・ワールド」における啓示、彼の真摯な言葉に真剣に向き合わなければなりません。 私たちは彼の人生を無駄にしてはなりません。そして愛をもってみつめなければなりません。それを心に刻みましょう。彼のことを忘れずにいましょう。そして彼と彼に天賦の才能を与えたくれた神に感謝しましょう。 ケニー・オルテガが、マイケルがステージに上がる前に、完璧なショーを作る過程で素晴らしい仕事を成し遂げました。マイケルが注ぎ込むすべてをまさにAからZまで、あらゆるレヴェルで、垣間見ることができます。オルテガ氏は、ダンサーとしての天才性、マイケルのあらゆる動きを捉えています。あなたはマイケルの天才性がこの映画作品の中で花開いているのを直接目撃します。ケニー・オルテガと彼のスタッフのおかげです。 私はこの映画作品が考えられるあらゆるカテゴリーにノミネートされるべきだと真剣に考えます。 (2009年10月26日午後3時=LAタイム=27日午前8時=日本時間=ころからのエリザベス・テイラーの書き込み) +++++ エリザベスのツイッターへの書き込みは次の通り。 . Dame Elizabeth: I was honored with the great privilege of seeing … Continue reading

Posted in マイケル・ジャクソン関連 | 2 Comments

◆『マイケル・ジャクソン全記録 1958-2009』~緊急発売決定 (パート2)

◆『マイケル・ジャクソン全記録 1958-2009』~緊急発売決定 (パート2) 【Michael Jackson Visual Documentary】 緊急。 2009年10月2日(金)夜遅くに一本のメールを受け取った。今回編集で尽力された水科さんからのもので、『マイケル・ジャクソン観察日誌』の新版の発売権を取ったので、ぜひ大至急翻訳監修をしていただきたい、というものだった。すぐに翌日(3日・土曜)出版社(今回のユーメイド社)の担当・熊澤さんとともに会い、説明を受けた。変なゴシップ本の翻訳だったら引き受ける気はなかったが、こと、この『観察日誌』の新版であれば、喜んで引き受けた。ただ、この時点では同社は版元と大筋で合意していたが、契約書の調印がまだということで、正式発表は後日、ということになった。 10月5日(月)に社としての出版が確定、改めて翻訳を正式に依頼され、こうして緊急出版計画がスタートした。しかも、なんとか10月28日に出したい、ついては1週間、連休明け(13日)までに追記100ページ分を訳出して欲しいということだった。さすがに1日10ページは厳しいので、何人かに助けてもらうことにする。10月8日、デザイナー、編集者、一堂に会して表紙、本文レイアウトなど打ち合わせ。古い文字データは、昔僕が使っていたキャノワード(ワープロ)のフロッピーに残っていたので、それをパソコンで読めるようにMS-DOS化し、送ることにする。水科さん、熊澤さんらが古いデータの編集作業をしてくれるので、こちらはとにかく新規100ページの翻訳作業に没頭する。表記など、13年前のものなので、すっかり忘れていて、当初はかなり僕もとまどう。 それにしても1週間で入稿、1週間で校正、1週間で印刷、なんて行程表が本当に出るんだと驚く。こうやって、さまざまな関連本が急遽出たわけだ。傍目には見ていたが、それが自分の身にふりかかるとは思わなかった。 そして、10月13日に若干漏れた部分が残ったが、追加された新原稿の第一稿を9割方いれた。翌日、残りを入れ、あと、前書き、あとがき、訳者あとがきなどをいれる。それからすぐに校正がでてくる。と同時にそれまで、初版版の文字データの整理、ディスコグラフィーなどのデータ編集を水科さん熊澤さんらがやってくれていたものが出てきて、チェック作業。 今回はディスコグラフィーが難儀だった。基本はオリジナルのアルバムをリリース順に並べる、というのが一番いいのだが、最近は昔のアルバムがCDのいわゆる2イン1(ツー・イン・ワン=2枚のアナログが1枚のCDになっている形式のもの)で出ていて、並べ方も難しい。またモータウン時代の音源はかなりの数のコンピレーションが出ていて、これらは新音源のないものはスペースの関係もあり泣く泣くカットした。原書にはイギリス盤のシングル・リストもついているのだが、さすがにこれはカット。いずれ時間に余裕が出たら、マイケル関連の完璧ディスコグラフィーなども作って出版してみたい。 また途中からページ数が予想以上に多くなりそうということで、できるだけ無駄を省く作業が始まった。 さて、これらの作業をしつつも、この『観察日誌』の新版が出るという大ニュースははやく発表したいところだが、両社(ユーメイド社とオムニバス社)がまだ契約書にサインしていないので、万が一のことがあるといけないので、準備はしておくが、両社サイン後に印刷機を回すということに。よって、それまでは発売に関しての公式発表ができないことになった。 本の大きさ(版型)は前作と同じ。前作との連続性も整える。また熊澤さんが、西寺郷太さんに本の帯の推薦原稿を書いて欲しいということで、僕が直接、依頼。二つ返事で引き受けてくれ、ほんの3日で素晴らしい帯原稿があがってきた。 タイトルに関してもさまざまな案が出た。結局、それぞれがいくつものアイデアが出たが、西寺郷太さんのアイデアでもあった『マイケル・ジャクソン全記録 1958-2009』になる。 何度も何度もメールや電話でやりとりをして、10月23日深夜、完全に最終入稿。その前日あたりまでに、契約書のサインをとりかわしたことで、発表にゴーサインが出た。結局、この後のスケジュールだと10月28日くらいに一度見本が出来上がり、それらが書店・取次ぎへ回り、本格印刷、11月10日くらいまでに書店へ並ぶ、という流れのようだ。アマゾンなどにはこれから情報が流れるので、まだ予約はできない状態。たぶん2-3日で予約が取れる形になるだろう。 水科さん、熊澤さん、そしてその他関係者のみなさん、おつかれさまでした。ありがとうございます。 というわけで、怒涛の3週間だった。 (この項、明日へ続く) (アマゾンで予約が取れるようになりましたら、すぐにこのブログでもご案内いたします) ENT>BOOK>Jackson, Michael

Posted in マイケル・ジャクソン関連 | 2 Comments

★緊急発表:『マイケル・ジャクソン観察日誌』新版『マイケル・ジャクソン全記録 1958-2009

★緊急発表:『マイケル・ジャクソン観察日誌』新版『マイケル・ジャクソン全記録 1958-2009』~新装発売決定 (パート1) 【Michael Jackson Visual Documentary Will Be Out In November】 新装発売。 マイケル・ジャクソン・ファンの間で根強い人気を持つものの、長く絶版になっていた『マイケル・ジャクソン観察日誌』(エイドリアン・グラント著、吉岡正晴監修翻訳=小学館)の新装改訂版が、緊急出版される。新装本のタイトルは、『マイケル・ジャクソン全記録 1958-2009』(発行・株式会社ユーメイド)となり、発売日は2009年11月10日。書店店頭には10日ころまでに並ぶ予定。 http://mstng.net/umade/tachiyomi/mj/index.html これは、マイケル・ジャクソン・ファン・クラブを運営するイギリス在住のエイドリアン・グラントが、マイケル・ジャクソンが生まれてから、いつ、どこで、なにを、だれと、どうした、といったいわゆる5W1Hを詳細に調査し、書き記したもの。日本版初版は1997年1月1日に小学館から発行され、好評を博した。その後、エイドリアンは改訂版を出していたが、マイケル逝去にともない急遽、死去前後の事項を書き加え、緊急出版した。今回日本で発売されるのは、その最新版。2009年7月7日のメモリアル・サーヴィスまで書かれている。 『マイケル・ジャクソン観察日誌』の原書は1994年秋の刊行。原書の記事は1994年春までの事項だったが、日本版のためにエイドリアンが1995年9月までを加筆。その後1996年11月までを翻訳者・吉岡が加筆した。今回は原書の1995年10月以降、2009年7月までおよそ14年弱の事項が加筆され、それらをすべて含めたものになる。原書で約100ページが新たに追記され、それに応じて日本版も180ページほど増え、500ページほどになる。小学館版は320ページ。この新版には、小学館版にはなかった16ページのカラーページが含まれる。 『マイケル・ジャクソン全記録1958-2009』 エイドリアン・グラント著、吉岡正晴・監修・訳 帯・西寺郷太 発行・株式会社ユーメイド 定価 1900円+税=1995円 発売日 2009年11月10日 版型 四六版 508ページ、カラー16ページ 1995年から2009年のこの間に、マイケルには2度の結婚、子供の誕生、さまざまな裁判トラブルなどがある。「ヒストリー・ツアー」、「30周年記念コンサート」(2001年9月)、2003年2月のマーティン・バシールの悪評高き番組などを経て、衝撃の2009年6月25日、7月7日のメモリアル・サーヴィスまで事実が記される。特に、今回はリサ・マリーの長文の追悼文は胸を打たれる。 ひとつひとつの事実の積み重ねだけが、真実に到達する唯一の道、ということを如実に表わす著作だ。 (緊急出版までの経緯を明日以降のブログでご紹介します) ENT>BOOK>Jackson, Michael

Posted in マイケル・ジャクソン関連 | 3 Comments

▲フラミンゴス、初来日へ~シカゴ出身のブルーズ&ソウル・アーティスト・ライヴで

▲フラミンゴス、初来日へ~シカゴ出身のブルーズ&ソウル・アーティスト・ライヴで 【Flamingos: First Live Concert Ever In Japan Due January】 ドゥーワップ。 1950年代に黒人ストリート・ヴォーカル・スタイルのドゥーワップを歌い人気を博したフラミンゴスの初来日が決まった。今回、『シカゴ;ブルーズ&ソウル・ショウダウン』と題された複数出るアーティストのイヴェントの1アーティストとして来日する。シカゴを中心にしたブルーズ&ソウル系のアーティスト4組を招聘、これに日本の若手シンガー・ソングライター、木下航志を加えた5組でライヴを行う。来日アーティストは、フラミンゴス、パスター・ミッティ・コリア、バイザー・スミス、ジョニー・ロウルズ。 フラミンゴスは1953年ごろ、シカゴで結成されたドゥーワップ・グループの名門中の名門グループ。1950年代後期から1960年代にかけて「アイ・オンリー・ハヴ・アイズ・フォー・ユー」(1959年)などの名作、ヒットを多数生み出した。1956年のヒット「アイル・ビー・ホーム」は同年、白人のパット・ブーンがカヴァーしヒットさせた。その後、メンバー・チェンジなども多数あり、また分家のグループなども生まれた。今回来日するのは、ほぼオリジナル・メンバーであるテリー・ジョンソンが入っているフラミンゴスだ。 ほかに来日するミッティー・コリアは、1964年のヒット「アイ・ハド・ア・トーク・ウィズ・マイ・マン」の大ヒットで知られるシカゴのチェス・レコード所属のドル箱シンガーの1人。彼女は最近では、ゴスペルに転向しているそうで、基本的にはゴスペル曲を歌うそうだが、いくつかのR&Bヒットも歌うらしい。 最近、シカゴは、チェス・レコードを描いた『キャデラック・レコード』の話題やオバマの本拠ということもあり、注目だ。 ■公演概要 【タイトル】  CHICAGO; Blues & Soul Showdown  (シカゴ ; ブルーズ&ソウル・ショウダウン) 【公演日時】 2010年1月21日(木)~1月25日(月)18:00 開場 / 19:00 開演 (本編 約3時間の予定) *土・日曜日は17:00開場、18:00開演 【会場】 よしもとプリンスシアター 〒108-8611 東京都港区高輪4-10-30 品川プリンスホテル アネックスタワー3F クラブeX (東海道新幹線、JR、京浜急行の品川駅高輪口から徒歩2 分) 【出演者】 ザ・フラミンゴス/パスター・ミッティ・コリア/バイザー・スミス/ジョニー・ロウルズ/木下航志 【主催】 ㈱フライアーズ・ポイント/㈱よしもとクリエイティブ・エージェンシー … Continue reading

Posted in 告知関連 | Comments Off

■アース・ウィンド&ファイアー、12月に来日

■アース・ウィンド&ファイアー、12月に来日 【Earth Wind & Fire’s 12th Japan Tour Due December】 12。 日本でも大変人気のあるブラック・グループ、アース・ウィンド&ファイアーが2009年12月、およそ3年11ヶ月ぶりに来日する。1979年3月の初来日以来今回で12回目のジャパン・ツアーになる。 メンバーは、フィリップ・ベイリー、ラルフ・ジョンソン、ヴァーディン・ホワイト他の予定。モーリス・ホワイトは帯同しないものと見られる。 アースの過去の来日は次の通り。 1979年3月(武道館ほか)、1988年6月、1990年10月(東京ドーム)、1994年4月、1995年4月、1996年9月、2000年9月、2001年11月、2002年11月、2004年9月、2006年1月。 このほかに、元アースのギタリスト、アル・マッケイが結成しているアル・マッケイ・オールスターズも何度も来日している。 今回の招聘元はザックコーポレーション。来日公演は次の通り。大阪、東京のほか、札幌(12月14日)、福岡(12月16日)公演も予定されており、詳細は近日中に発表される。 ■ アース・ウィンド&ファイアー 2009年来日公演 2009年12月7日(月)大阪:なんばHatch 2009年12月9日(水)大阪:なんばHatch OPEN 6:00PM / START 7:00PM 前売 ¥ 9,800(税込・1Fスタンディング・ドリンク代別途) 前売 ¥11,000(税込・2F指定・ドリンク代別途) (問)大阪ウドー音楽事務所:06-6341-4506 2009年12月11日 (金) 東京:東京国際フォーラムホールA OPEN 6:00PM /START 7:00PM 2009年12月12日(土) 東京 :東京国際フォーラムホールA … Continue reading

Posted in アーティスト関連 | 3 Comments

△『ディス・イズ・イット』監督ケニー・オルテガ、引き続き語る

△『ディス・イズ・イット』監督ケニー・オルテガ、引き続き語る 【Kenny Ortega Talks: Continues】 引退。 先週の『オプラ・ウィンフリー・ショー』への出演に続き、映画『ディス・イズ・イット』の演出、プロデュースをてがけたケニー・オルテガがビルボード誌(電子版)2009年10月20日付けのインタヴューに答えた。 オルテガによると、マイケルは50本のコンサートをやることに大変興奮していた。リハーサルが始まり、死の数日前あたりになると、それまでとはまったく違う「ギア」にシフトして、やる気まんまんになっていた、という。さらに、彼はリハーサルの模様に十分満足しており、ロスでのリハを終えて、ロンドンでのリハを楽しみにしていた。 マイケルがドラッグに依存していたか、との質問にオルテガは、きっぱりと「ノー」と答えた。 さらに続けて彼はこう語る。「これが最後だった。This was it.これがファイナル・カーテン・コールだった。私の考えだが、彼はこれを最後にパフォーマンスすることから引退するつもりだったのではないだろうか。その後、映画製作やその他のことをやるつもりだったのではないか。彼はかつて、これ以上もうパフォーマンスするつもりはない、と言っていた。だから、彼がこうしたことを出来る十分な若さを持っているときに今回のチャンスが訪れた、と思ったんじゃないかな。彼は(自分の)子供のために、そして、ファンのためにやろうと思ったのだろう」 ロンドンでは、記者向けに12分の映画映像が公開された。また、予告編もすでに出ているが、この中でマイケルは「ヒューマン・ネイチャー」のリハーサルをしている。また、12分の映像の中には、「ザ・ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィール」をダンサーたちと踊っているシーンもあるという。 オルテガは、マイケルがこのコンサートを負債返済のため、あるいはお金のためにやったということは、まったくないと言明している。ただしこの記事を書いた記者は、マイケルには5億ドル(500億円)の負債があったと推定される、としている。また、ソニー・ピクチャーズはこの映像に6000万ドル(約60億円)を支払ったという。6000万ドルは、映画予算としてかなりの規模、ハリウッドの大型映画並だ。ちなみに、『ドリーム・ガールズ』が7500万ドル、『レイ』が4000万ドル、『ブルース・ブラザース2000』は2800万ドル、『キャデラック・レコード』は1200万ドルだ。 この話が本当であれば、マイケルはこのライヴを文字通り「ファイナル・カーテン・コール」にして、引退するつもりだったのかもしれない。 ■マイケル・ジャクソン ワックスポエティックス第6号 マイケル特集 Wax Poetics Japan No.6 posted with amazlet at 09.10.21 GruntStyle Amazon.co.jp で詳細を見る ■ 新しい「マイケル・ジャクソン」の教科書、西寺郷太著 新しい「マイケル・ジャクソン」の教科書 posted with amazlet at 09.10.21 西寺 郷太 ビジネス社 売り上げランキング: … Continue reading

Posted in マイケル・ジャクソン関連 | 1 Comment

⊿「ディス・イズ・イット」、~ケニー・オルテガ語る / ポール・アンカもクレジット入り

⊿『ディス・イズ・イット』~ケニー・オルテガ語る / 楽曲はポール・アンカもクレジット入り 【This Is It : Paul Anka Gets His Own Credit】 ケニー・オルテガ、『オプラ・ウィンフリー・ショー』に出演 演出家。 今回の『ディス・イズ・イット』のショーの演出などをてがけたケニー・オルテガが、2009年10月16日のテレビ番組『オプラ・ウィンフリー・ショー』に出演し、いろいろ語った。ケニーはマイケルと1984年に知り合っているので、25年の友人、ファミリーだ。インタヴューの中で、ケニーはマイケルの体重を心配し、「ちゃんと食べているか」とマイケルを気にかけていた、という。冷蔵庫には、食べ物やヘルシーなドリンクなども十分に用意されていた。 ケニーはマイケルの死の14時間前まで一緒にいて、その死を知って、大変な衝撃を受け、今回の映画も完成できるとは思わなかった、という。 また、ケニーは「マイケルは彼の半分の年のダンサーたちを凌駕していた。それはあたかも、マイケル自身が音楽のようだった」と振り返る。またマイケルが不眠に悩んでいることも知っており、ケニーはマイケルに「君にはちゃんと睡眠を取ってもらいたいんだ。ちゃんと(体の)管理をしてくれよ」とも言っていた。だがクリエイティヴなことをしていることで、マイケルが覚醒し、元気になっていたのだろう、とも見る。 「この映画を見れば、あなたは彼が死んでるなんて、とても思えなくなるよ」とケニーは言っている。 +++++ ■ポール・アンカもクレジット獲得 共作。 先日マイケル・ジャクソンの未発表新曲「ディス・イズ・イット」が公開されたところ、ヴェテラン・シンガーであり、「マイ・ウェイ」などの大ヒットを生み出したソングライターでもあるポール・アンカが、同曲が1983年に彼とマイケルで共作した作品だと主張。それが認められ、マイケルのこの曲を管理していた遺産管財人は、ポール・アンカの名前を急遽楽曲クレジットにいれることになった。 この曲は1983年にポール・アンカの自宅スタジオでデモ・テープが録音された。しかし、この時期、マイケルは、『スリラー』の空前の大ヒットで多忙になり、次作に収録されることもなく、埋もれた。それが後に、1990年、ラテン系のシンガー、サファイアーが歌うことになり、彼女が「アイ・ネヴァー・ハード」とタイトルを変えリリース。それほどのヒットにはいたらなかった。 マイケルの遺産管財人は、多くの未発表テープから、偶然今回のロンドン・ツアーのタイトル「ディス・イズ・イット」と同じものを見つけ、これをデジタル技術などで録音しなおし、マイケルの未発表新曲として世に送り出した。 おそらくマイケルには多数の未発表曲があり、それらは、ものによっては途中までしかできていないもの、あるいは、ほぼ完成しているものなど、さまざまなレヴェルのものがあると思われる。 今回のものがどの程度のものだったかは、わからないが、いずれにせよ、部分をやり直して完成させた。ジャクソンズの兄弟の参加は、まさに今年だから、できたものだろう。もし『スリラー』の次の『バッド』の収録候補曲になったのであれば、ジャクソンズの参加はほぼなかったものと見られる。 +++++ ■映画『ディス・イズ・イット』は2009年10月28日午後7時から一般公開。媒体関係者向けの1回だけの試写が16時から行われる。 ■ 映画サントラ (映画で使用される楽曲の既存音源を収録。タイトル曲のみ新発表) マイケル・ジャクソン THIS IS IT オリジナル・サウンドトラック(1枚組通常盤) posted with amazlet at 09.10.20 マイケル・ジャクソン … Continue reading

Posted in マイケル・ジャクソン関連 | 1 Comment

△加藤和彦さん死去~人生の美学と無常

△加藤和彦さん死去~人生の美学と無常 【Kazuhiko Kato Dies At 62】 美学。 加藤和彦さんが2009年10月16日、軽井沢のホテルで亡くなった。62歳。死因は自殺。 加藤さんは僕は個人的には面識はないが、お見かけしたことは何度かある。飯倉のキャンティあたりだったと記憶している。インテリでおしゃれで、なんでもかっこいい、という雰囲気だ。個人的に面識はないのだが、ここ1-2日、なぜ自殺なんかしたんだろう、と頭の中が混乱している。 今回の死をきっかけに彼の足跡がさまざまなメディアで紹介されていた。で、ふと思ったのが、なんとなくジョン・レノンっぽいなあ、ということ。元々アングラから出発し、今で言うオルタナティヴ・カルチャー(傍流・対抗文化、カウンター・カルチャー)のメインストリーム(!)を堂々と歩んで来た。前にやったことを繰り返すのが嫌いで、革新的で、それで独特の美学を持っている。 当初新聞などの報道で軽井沢のホテルと報道されていて、「ホテルってどこだろう」と友人に訊かれたので、すぐに「万平じゃないの」と答えた。それも僕の中で加藤さんとジョン・レノンあたりがどこかで無意識につながっている理由かもしれない。 飯倉キャンティでよく見かけた伊丹十三さんも別の理由で自殺している。インテリで独自の美学を持っていた2人にも、理由はないが僕はなぜかかぶるものを感じる。 1967年、深夜放送(僕は「オールナイト・ニッポン」)で聴いた「帰ってきたヨッパライ」は強烈だった。当時父親が英語のレッスン用に買ったオープンリールのテープレコーダーを勝手に借りて、録音した。それから自分で自分の声を録音して、テープの再生速度を倍にして聴いて、同じような声になるのが、本当におもしろかった。 アーティストとしてやることがなくなった、というコメントが紹介されているが、人間を辞めるのではなく、ただアーティストを辞めることはできないのかと思う。スポーツ選手は、自分の限界を知って引退するが、まさかそれで自殺はしない。行き詰ったら、アーティストも引退して、その後は悠々自適に暮らせばいいのではないだろうか。でも、出来ないんだろうなあ…。才能がある人ほど。才能がある人が自殺をするのって「悲しくてやりきれない」。なによりも、もったいないと思う。「オラは死んじまっただ~やっと天国の門についただ~」と歌う「帰ってきたヨッパライ」は、最後は生き返るのだが、加藤さんは生き返らない。 自殺が、彼にとっての最後の美学だったのだろうか。僕にはそうは思えない。そこまで思考できずに、煮詰まって、それでもある程度考えて、自ら決断したのだろう。これはかなわぬが、もし加藤さんに何か言えるとしたら、「それ(自殺)は、あなたの美学にあっていますか」と問いたい。 そして、これから自殺を考える人にはこう言いたい。「あなたを必要としていると思う人が、この世にたった一人でもいる限り、あなたは自ら死んではいけない」 それでも人間というのは、その生の中にあらゆる矛盾を孕(はら)んでいるものだ。人生無常なり。 ■ ベストもの フォーク・クルセダーズ・アンド・ゼン posted with amazlet at 09.10.20 ザ・フォーク・クルセダーズ 北山修 加藤和彦 シューベルツ クライマックス ジローズ エンドレス ズートルビー EMIミュージック・ジャパン (1998-03-28) 売り上げランキング: 144 Amazon.co.jp で詳細を見る OBITUARY>Kato, Kazuhiko … Continue reading

Posted in 訃報関連 | 2 Comments

☆ビヨンセ・ライヴ~『アイ・アム…ツアー』絶好調

☆ビヨンセ・ライヴ~『アイ・アム…ツアー』絶好調 Beyonce Live: I Am…Tour 絶好調。 2007年4月東京ドーム以来約2年6ヶ月ぶりのビヨンセのライヴ。前回ライヴ評で「これまでのブラック・エンタテインメントの歴史、もっているものすべてをここにつぎ込み、しかも、自分のものに消化している。ジェームス・ブラウンが開墾した道、マイケルが舗装した道、ジャネットが拡張した道、マドンナが通った道、それらの道をさらにビヨンセは未来へ向けて広げ、開拓している」と書いたが、その感想、本質はまったく変わらない。これに書き忘れたティナ・ターナーを加え、そして、「やるべきことをきっちりとやっているアーティスト」という言葉も加えたい。 白と赤の衣装を着たダンサーを従えて登場したスーパースター日本最終公演。さいたまスーパーアリーナの、アリーナ部分は前方がVIPシートで、後ろはスタンディング。3階以外は2階までほぼ満席。さすがにビヨンセだけに女性ファンの方が多かった。 『アイ・アム・・・ツアー』は2009年3月からスタートし、ヨーロッパ、北米、オーストラリア、アジア、アフリカなどを回り計100本のライヴをこなすという大規模ツアー。2009年11月まで続く。10月1日までで、5300万ドル以上の売り上げを記録しているという。 それにしてもステージ・プロダクションはハンパではない。ステージバックのLEDライトと思えるパネルは、色だけでなくビデオ・モニターにもなり、2時間のショーの間中休むひまなく、何かを映し出す。席がステージからかなり遠かったので結局、その正面のモニターばかりを見てしまった。なにしろ、次々と趣向を凝らした演出があるので、歌を聴くより、そうした仕掛けに目を奪われてしまう。 バンドは、ドラムス2人、キーボード2人、ギター、ベース、パーカッション、コーラス3人、ホーンが3人、ダンサーが6人プラス多数という編成。アシスタント・ミュージカル・ディレクター兼キーボードの辻利恵さんは日本人。ビヨンセの歌声は力強く、スーパーアリーナの広さ、ものともせずという感じだったが、途中のMCでのしゃべり声はけっこうかすれていて、ツアーの疲れでもでたか。 観客の持つペンライトがアリーナではかなり振られ、上から見ていると実に綺麗。ビヨンセを見ていると、21世紀のマイケル・ジャクソン的なポジションを狙っているかのようにも思える。歌と踊りと仕掛け、3拍子が揃う。「フリーカム・ドレス」は、マイケルの「ビート・イット」を思わせるロック・ギターをフィーチャー、「ディーヴァ」のストップ・モーションは、マイケルの「シーズ・アウト・オブ・マイ・ライフ」あたりのストップを彷彿とさせる。 映像とパフォーマンスはどれも印象的だが、前半の「スマッシュ・イントゥ・ユー」での海の中の映像とのコラボは、まるでビヨンセが海の中で歌っているかのよう。 後半は、アリーナ中央に作られたいわゆるBステージに移動。照明が一瞬暗くなり、ライトがついた瞬間、ビヨンセがBステージに立っていた。サプライズ。BステージからAステージに戻る時は、観客の間の通路を小走りに行くために、ファンがどっと押し寄せ、手を伸ばす。 映画『キャデラック・レコード』からの「アット・ラスト」は、彼女がオバマ大統領夫妻の前で歌ったときのシーンを使ったり、『ドリームガールズ』の「リッスン」はその映像も使う。 最後アンコールで、マイケル・ジャクソンへのトリビュート・ソング「フォーエヴァー・ヤング・マイケル」というしっとりとしたバラードを歌ったが、これは彼女がマイケルのために書き下ろしたもの。多くのブラック系アーティストが過去3ヶ月マイケル・トリビュートをやっているが、それらはみなマイケル楽曲を演奏していた。ビヨンセ・クラスのアーティストがマイケルのために新曲を書き下ろしたのは初めてだ。 全米では8月にラス・ヴェガスで収録されたこのツアーの模様が2009年11月にDVDとしてリリースされる。 (この項続く) ■アイ・アム… サーシャ・フィアース プラチナム・エディション(期間生産限定盤)(DVD付) アイ・アム… サーシャ・フィアース プラチナム・エディション(期間生産限定盤)(DVD付) posted with amazlet at 09.10.18 ビヨンセ カニエ・ウェスト SMJ (2009-10-07) 売り上げランキング: 254 Amazon.co.jp で詳細を見る ■ビヨンセ過去記事 April 11, … Continue reading

Posted in ライヴ評・レポート | 1 Comment

◎ソウル・バー・エクセロ35周年記念パーティー、11月に開催

◎ソウル・バー・エクセロ35周年記念パーティー、11月に開催 【Soul Bar Shizuoka-Ya/Excello Will Celebrate 35th Anniversary】 35周年。 現状でワン・オーナーで続くソウル・バーとしては日本最古の下北沢「しずおか屋・エクセロ」が1974年のオープンからちょうど35周年となる今年、35周年記念パーティーを下北沢のライヴハウス、440(フォーフォーティー)で2009年11月3日に行う。 エクセロがオープンして10周年のころは、ちょくちょくそうした周年パーティーを開催していたが、最近はあまりやっていなかった、という。この35周年は、20周年をやって以来15年ぶりのパーティー。今回は、吉岡正晴が司会を担当、お店のオーナー、富田さんとその友人のバンド演奏、ゲストとのトーク・パートなどもある盛りだくさんのパーティーになる模様。また、エクセロの過去35年にわたる常連さんなども参加する、という。初期のエクセロには、鈴木雅之率いるシャネルズのメンバーなどもよく来ていた。 パーティーに関する詳細は下記参照。 ■エクセロ・しずおか屋に関する過去記事 January 26, 2006 Excello/Shizuoka Ya @ Shimokitazawa: Soul Oden Restaurant 【しずおか屋~下北沢のソウル・おでん屋】 http://blog.soulsearchin.com/archives/000795.html 2003/04/03 (Thu) As the boy, so the man http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200304/diary20030403-1.html 2003/12/19 (Fri) Synchronicity @ Shizuoka-Ya & … Continue reading

Posted in ソウル・バー関連 | Comments Off

○メイズ・フィーチャリング・フランキー・ビヴァリー

【Maze Featuring Frankie Beverly】 旋風。 まさに、メイズ旋風と言っていいかもしれない。15年ぶりの来日を果たしたメイズは東京ソウル・シーンに大きなインパクトを与えっていった。 ウェッブ・マガジンに、ちょっとしたライヴ評が掲載されたのでご紹介。↓ http://openers.jp/culture/COTTON_CLUB/Maze03.html フランキーやメンバーには最終日ライヴ後に、少しだけゆっくり会って話ができた。メイズのアナログのアルバムを何枚かもっていき、サインなどを頼んだ。 昔のジャケット内に収められていた写真と同じポーズ↓ (写真1) さすがに30年近い年月が経っているが、ほとんど変わらない笑顔。ト音記号のイヤリングは変わらず。 最初に撮った写真は白い帽子が、まるで後光が差しているかのように映った。それを見せたら、すぐに黒い帽子で撮り直そうと言ってくれた。↓ (写真2=後光が差すフランキー)↓ (写真3=これなら、OK? フランキー)↓ 「ところで、『シルキー・ソウル』とか、今回セットリストに入ってなかったですよねえ…」というと、「おお、そうだな、じゃあ、次回来るときにはやるよ」 フランキーは、「東京」と書かれたTシャツをご愛用。成田空港か、浅草で買ったのかなあ。(笑) 彼はけっこう和食が好きで、お寿司も食べる。それと、ウナギが大好物。ソウル・フードと近いものを感じるのだろうか。 メイズに関するブログ。 人見氏が長文のライヴ評↓(パート1と2) http://hit2japan.exblog.jp/9032962/#9032962_1 ちなみに、東京のメイズの案内人、フィリップ・ウーは、彼ら御一行が無事帰途についた後、熱を出して、1~2日、寝込んだそうだ。(笑) いや、笑えない。おつかれさま~フィリップ。 フィリップがインタヴューされているときのブログ。フィリップのブログ↓ http://blog.goo.ne.jp/philipwoo/e/e3b05e8e189b7688b516bd34b7995b0f 初日の様子(以下、数日にわたってでています) http://blog.goo.ne.jp/philipwoo/d/20090922 ENT>MUSIC>ARTIST>Beverly, Frankie & Maze

Posted in ブログ | Comments Off

◆グレイト・ストーリーテラー、リオン・ウェアはノンストップでしゃべる

◆グレイト・ストーリーテラー、リオン・ウェアはノンストップでしゃべる 【Leon Ware Is Talking, Talking, Talking…】 語り部。 8月末(2009年8月20日木曜から23日日曜)のリオン・ウェアの来日、公演はソウル・ファンの間で大きな話題になった。2002年11月、大阪・福岡ブルーノートでのライヴ以来約7年ぶりの来日、しかも東京地区は初ということで注目された。 そこでソウル・サーチンでもインタヴューをオファー。土曜(8月22日)本番前にインタヴューする機会に恵まれた。すこし遅くなったが、やっとテープ起こしの一部ができたのでご紹介しよう。 もろもろのセッティング中、前説。「実はあなたには勝手に親しみを感じてるんです。あなたは2月16日生まれですよね」 「ああ、そうだよ」 「僕も2月16日なんですよ」というと、「おおっ、ホントか。えーと、アート・スチュワート知ってるか? モータウンのエンジニア、彼も2月16日だよ。あと、もう一人いたんだが…、だれだっけかな」 「ジェームス・イングラム!」 「ああ、知ってる、彼とは話したことがある。もうひとりいた…。思いだせん」 「テニスのジョン・マッケンローもそうです」 「おお、そうか…。もうひとり。おい、もうひとり誰だっけ…(とアシスタントの息子に尋ねる)」 そして、インタヴューは粛々と始まった。僕が彼に、ありきたりだが、基本的な質問をなげかけた。「あなたとモータウンとの最初のかかわりを教えてください。どのようにモータウンに入ったのですか」 「ウェル…」と言い、姿勢を正しながら彼がゆっくり話し始めた。「ベリー・ゴーディーと知り合ったのは、私が17歳(1957年)のとき、彼がまだモータウンを作るまえのことだった。彼がプロデューサーで、私はシンガーという立場だった。彼が私をプロデュースしたんだ。それは、レコードとしては世にでなかったけどね。それはそれで一旦終わるんだけど、それから3年くらい後かな、ハイスクールの同級生とばったり会ってね、彼が、今、モータウンというところで曲を書いたりしているんだ。一度、遊びに来ないか、と誘ってくれた。それがラモント・ドジャーだ。そのときにはすぐには行かなかったけど、後で行って、いろいろやりだすことになった。モータウンと実際契約するのは、1959年、いや、60年代に入ってかな、1962年だったと思う。それからモータウンには2年ほど在籍した。1964年に去るんだがその年の終わりに、私はアイズレー・ブラザーズの「ガット・トゥ・ハヴ・ユー・バック」で初めてのゴールド・レコードを手に入れるんだ…」 (訳注、この曲は1967年5月からヒットし、ソウル・チャートで47位、ポップ・チャートで93位を記録。このあたりは、若干、年号などで本人の記憶違いもあるかもしれない。なにしろ40年以上前のことだからしかたない。あるいはレコーディングは1964年に行われ、シングルリリース、ヒットが3年後の1967年だったのかもしれない。ここは要再調査だ。またここでリオンが言うゴールド・レコードは、最初の大ヒット曲、くらいのニュアンスだろう) 「あの頃、1曲、いや何曲かマーヴィン用に作った。あの時代はとても実りのある時期だった。何曲書いたかはわからないが、1967年、私はロスアンジェルスに引っ越す。モータウンも1965年か1966年ごろ、(一部のオペレーションを)ロスアンジェルスに移し始める。(訳注、実際の正式な本部の引越しは1972年。それまでに一部スタッフなどがロスに出向き、レコーディングなどを始めていた) その頃、またモータウンで曲を書き出した。ダイアナ・ロスの弟のアーサー・T・ロスと知り合って、一緒に曲を書くようになり始めた。1971年頃かな。姉(=ダイアナ・ロス)が私に弟に協力してあげてというので、いろいろ一緒にやるようになった。1曲書いて、また書いて、一緒にやって4曲目に出来たのが『アイ・ウォント・ユー』だった。それを作っている間に、ベリー・ゴーディーがスタジオにやってきた。これはとても珍しいことなんだ。彼はとても協力的で、父親のように、(僕たちのことを)いろいろ気にかけてくれた。そこで、デモの『アイ・ウォント・ユー』を聴かせた。彼はそれを聴くと、「すごい、気に入った。これはマーヴィン・ゲイにいいんじゃないか。このテープをくれ」と言った。それから3日後、テープを聴いたマーヴィンはものすごくこの曲を気に入ったんだ…。その後私とマーヴィンは実際に会う。彼は1歳僕より年上なんだが、会ってみるとものすごく波長があった。私たちは、同じような趣味を持っていた。実際に彼に会う2年くらい前から共通の友人が、『君とマーヴィンはよく似ている』なんてよく言われていたんだ。『君は、マーヴィンみたいだ』とかね。そういうのは珍しかった。音楽の趣味も、人生に対する考え方も、女性に対しても(笑)、セックスも(笑)、嗜好が似ていた。とても兄弟みたいに近しい存在だった…」 僕はただただ彼が語る話に「フンフン…」とうなずくだけ。リオンはただひたすらしゃべる。そして30分以上過ぎただろうか。リオンが言った。「ああ、そうだ、私はしゃべりだすと、必要のないことまでしゃべってしまい、話が質問からそれてしまうようなことがよくあるんだ。いつでも、私の話をさえぎって、話を正しい方向に持ってってくれていいんだよ」 おっと・・・。(苦笑) もうその時点で、僕の持ち時間はほとんどなくなっていたのだ。 ということで、この続きはまた近いうちに。 ■レオン・ウェアがよくしゃべる映像 (英語)(レッドブルがスポンサードしているトーク・セッション) http://www.redbullmusicacademy.com/video-archive/lectures/leon_ware__come_with_me_angels 約1時間半にわたって、いろいろなことを話します。 ENT>INTERVIEW>Ware, Leon

Posted in インタヴュー | 1 Comment

★シンガー、ユリ@ブルース・アレイ

シンガー、ユリ@ブルース・アレイ 【Yuri Live At Blues Alley】 ソウルフル。 久保田利伸、AIなどのバックコーラスとしても活躍しているシンガー、ユリがブルース・アレイで12日(月曜)ライヴを行った。 僕はゴールドコンサートの審査員の仕事があったので、それが終ってかけつけると、セカンドの途中だった。祝日だったので、通常より1時間早くスタートしていた。 相変わらず、うまい歌を聴かせ、聴衆をうっとりさせていた。ゆったりとしたミディアム調の曲からファンキーなアップテンポまで。シャーデーの曲など意外と彼女にあってる。とはいうものの、アンコールのシャカ・カーン&ルーファスあたりになると、一段と輝きを増すような感じがする。 バンドもほぼいつものメンバーで、ファンキーかつ実にソリッド。このバンドでやっていると、ソウル・シンガーというイメージが圧倒的に強いが、彼女自身はより白っぽい曲も歌えるところが強み。 コーラスに盟友、有坂美香さん、オリヴィアを従える。セカンド後半でこの日、遊びに来ていたAIがステージに飛び入り。歌は歌わなかったが、「ユリさん、ほんとヤバイ。感動した」と言って、バックのバンドにうながされて、マイケル・ジャクソンの真似などをしてみせ、大いに受けていた。 ■メンバー Yuri (vocal)日野賢二(bass)、柿崎洋一郎(Key)、マサ小浜(g)、Armin Linzhichler (d),Olivia Burrell (chorus), 有坂美香(chorus) ENT>MUSIC>LIVE>yuri

Posted in ライヴ評・レポート | Comments Off

▲第6回ゴールドコンサート

【6th Annual Gold Concert 】 年々。 障害者のミュージシャンをサポートする全国規模の大会、ゴールドコンサートの第6回が、10月12日東京国際フォーラムCで行われた。今年は11組がエントリー。優勝したのは、珍獣王国というファンキーなインストゥルメンタルだった。 年々、予選を通過してくるアーティストたちのレヴェルが上がってきていて、頼もしい。今年優勝した珍獣王国は、メインの人が障害を持つがサポートする3人は健常者。ファンキーでのりのいいインスト曲、リアル・ミュージックが会場を盛り上げていた。デモテープの段階でもかなりいい印象を持っていて、僕個人では出場者の中で1番高い点を与えていた。プロフィールには好きなアーティストとしてラリー・グラハムなどの名前もあったので、きっと僕との相性もよかったのだろう。 一方準優勝の穴澤さんは昨年一昨年に引き続き3年連続2位。賞をプレゼントするときに、「2度あることは3度あるでして・・・」と苦笑されたのが、おもしろかった。来年はぜひ4度目の正直を。彼はヴァイオリンのインストゥルメンタルということで、上位2位を奇しくもインストものが取った。 3位に入ったダブルMは、2人とも盲目のデュオ。いかにもJポップ風の曲だった。今年も、そして、年々上位入賞者の点数が拮抗している。 http://www.npojba.org/news/20091013 来年2010年は10月3日に行われる。 ENT>EVENT>Gold Concert

Posted in ライヴ評・レポート | Comments Off

■マイケルの映画『ディス・イズ・イット』は2度連続見か?

■マイケルの映画『ディス・イズ・イット』は2度連続見か? 【This Is It: Should We See It Two Times In A Row?】 大興奮。 昨日行われたゴールド・コンサートで審査員の湯川れい子先生と久しぶりにお会いした。楽屋に挨拶にいくと、いきなり「あなた、マイケルの映画見た?」。 試写はないと聞いていたので、「いや、まだです、予告編だけ」と答えると、「私、字幕の監修をやって、おととい見たんです。ものすごいわよ」といきなり、すごいニュース。 「いやあ、ほんとにすごい。あんなの見たことない。(実現していたら)今までのツアーの中で、最高のものになったんじゃないかしら。1回しか監修のために、見られなかったんだけど、途中、うるうるしちゃったりして、字幕の仕事にならなかったわ(笑) あれは、あなた、映画館でも2度続けてみた方がいいわよ」 と立て板に水でマイケル映画のお話。「あのリハーサルを何度も何度もやるところ。リハでも全然マイケルは手を抜かないで、細かいところに指示を出すのよ」 湯川先生も大興奮だが、それを聞いてるこっちも大興奮してくる。「1度しか、ごらんになれなかったんですか」 「そう、1度だけ。事前に英文と和文のスクリプトはあって、それと映像を照らし合わせて見たんだけど、すごいわよ~~」 「じゃあ、字幕のわからないところがあったりしても、フィルムは止められないんですか」「止められないわよ」「で、もう一度見たくなると…」「そう、だから私も映画館でもう1度見ようと思って…」 「先生、パンフレットの原稿とか書かれたんですか?」 「いや、それが今回はね、パンフレットも作っちゃいけないんですって。チラシさえもだめらしいのよ」 「ええ、パンフなし? チラシもだめなんですか。それはまた厳しい…」 そして、もう一点、いわゆるサントラとされている『ディス・イズ・イット』はどうやら、正確には映画のサントラではないらしい。湯川さんは、「イマジナリー・サウンドトラック(想像上のサントラ、イメージを共有するサントラ)」と呼んでいる。映画で流れる音がそのままサントラになっているわけではないらしい。僕はサントラも、映画も見ていないので、このあたりはまた情報が入ってきたらご紹介しよう。 いずれにせよ、フィルムは日本国内に到着した。あとは10月28日の公開を待つだけだ。 ENT>MOVIE>This Is It

Posted in マイケル・ジャクソン関連 | 8 Comments

△ゴールドコンサート、今日開催~障がい者の音楽祭、今年で6回目

△ゴールドコンサート、今日開催~障がい者の音楽祭、今年で6回目 【Gold Concert : For Challenged Musicians】 ゴールドコンサート。 いわゆるチャレンジド(障がい者)で音楽を作る人々のコンサートとして、年1回行われている「ゴールドコンサート」の第6回が、今日、2009年10月12日(月曜=体育の日)、東京の国際フォーラムCで開催される。今回は12組のアーティストたちが登場。優勝を狙う。今回も昨年同様、この模様をインターネットで生中継する。当日券も若干ある模様。 オフィシャル・ウェッブ(詳細) http://www.npojba.org/news/20091008_2 http://www.npojba.org/ インターネット生中継の詳細 http://www.npojba.org/goldconcert/6/summary 概要 日時:2009年10月12日(月・祝)15時30分開場 16時30分開演 会場:東京国際フォーラム ホールC (東京都千代田区丸の内三丁目5番1号TEL:03-5221-9000) ※会場はバリアフリー対応です 制作・総指揮:貝谷嘉洋 特別ゲスト出演:今井絵理子(elly) 審査員長:湯川れい子(音楽評論家、作詞家) 特別審査員:吉岡正晴 (音楽評論家) 鎌田俊哉 (音楽プロデューサー) GOH HOTODA (録音エンジニア・プロデューサー) 審査員:阿部恒世 (WaWaWa編集長) 工藤由美 (音楽ジャーナリスト) 仲川一昭 (福祉の管弦楽団まごころ・オーケストラ「響」代表・指揮者 NPO福祉ネットワーク「結」) 萩原岳   (ユニバーサルミュージック合同会社) 畠山卓朗 (早稲田大学人間科学学術院教授) 田中孝様(株式会社徳間ジャパンコミュニケーションズ) 司会:鮎貝健、長崎圭子 +++++

Posted in 告知関連 | Comments Off

◆マイケル・ジャクソン、新曲「ディス・イズ・イット」リリース

◆マイケル・ジャクソン、新曲「ディス・イズ・イット」リリース 【Michael Jackson New Single】 新曲。 マイケル・ジャクソンの新曲「ディス・イズ・イット」がまずデジタル・ダウンロードでリリースになる。日本ではソニー・ミュージックのサイトで買える。全米での解禁は、2009年10月12日(月曜)深夜0時、アメリカ東部標準時、日本では10月13日(火曜)午後1時の予定。現在、下記サイトで43秒ほど試聴できる。 http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/ES/MichaelJackson/index.html この曲、バック・コーラスをジャクソンズのメンバーがつけているそうだ。 『ディス・イズ・イット』の映画のサントラ↓ 2009年10月28日発売 マイケル・ジャクソン THIS IS IT オリジナル・サウンドトラック posted with amazlet at 09.10.11 マイケル・ジャクソン SMJ (2009-10-28) 売り上げランキング: 228 Amazon.co.jp で詳細を見る また一方、アメリカのユニバーサル・モータウンは、2009年11月10日、モータウン時代のレコーディングから、ジャクソン・ファイヴの未発表曲と、未発表テイクを含めたアルバム『アイ・ウォント・ユー・バック! アンリリースド・マスターズ』をリリースする。この中から「ザッツ・ハウ・ラヴ・イズ」がシングル・カットされるが、これは一足先に10月6日からiTunes(アイ・テューンズ)でリリースされている。シングル「ザッツ・ハウ・ラヴ・イズ」の作詞作曲家クレジットは、ザ・コーポレーション。これは、ベリー・ゴーディー、フレディー・ペレン、フォンス・マイゼルあたりだと思われる。 このトラック・リストは次の通り。 1. Medley: I Want You Back/ABC/The Love You Save (Alternate version) … Continue reading

Posted in マイケル・ジャクソン関連 | 2 Comments

☆フィリップ・ウー、メイズについて語る

☆フィリップ・ウー、メイズについて語る 【Philip Woo Talks】 インタヴュー。 我らがフィリップ・ウーが、メイズの来日に関連して雑誌のインタヴューを受けるので、その通訳をやってくれと頼まれた。フィリップの頼みとあっては断るわけにいかない。雑誌はBMR。そこで10月5日(月)、編集部に行き、付き添い通訳をやってきた。 ライター、インタヴューはBMRで健筆を奮う林剛さん。彼の質問を英語に直し、フィリップに伝える。フィリップが英語で答える。時折、日本語が混ざる。基本的にはメイズの話しだったのだが、当初の予定1時間を大幅に超えて、2時間超。マネージャーさんによると、フィリップは普段無口なのに、よくしゃべったと驚いていた。 話しの内容は、11月10日発売のBMRに出るので、ここでは触れないが、BMRは、10月10日発売号でもメイズの特集をやっているという。つまり、2ヶ月連続で大々的にメイズの記事をフィーチャーするわけだ。 メイズ関連で言うと、日本で彼らのアルバムが初めてリリースされたのが1985年6月の『キャント・ストップ・ラヴ』。そのライナーノーツを僕が書き、そこには詳細なメイズ・ストーリーを掲載した。もちろん、書いたことは覚えていたが(かなり調べて長文を書いたので覚えていた)、今回の来日にあたって自分の保存していたLP盤をチェックしたら、アナログ・ジャケットにレコードはちゃんとはいっていたのに、なんと、ライナーノーツがない! なぜだ。どこかで使ったのをそのままにしたに違いないが、焦った。 ほぼ同時期に、マーヴィン・ゲイ本などでお世話になった人見氏が、その日本盤を持っていることがわかり、ライナーもきちんと保存されていたので、あわててライナーをコピーして郵送してもらった。1985年4月26日に書いた原稿で、フランキー・ビヴァリーのグループ、バトラーズ、メイズの前身ロウ・ソウルから、メイズになって、7枚目であるこのアルバムまでよく書けている。これはまだ僕がワープロを使用する以前のものなので、テキストデータがないから、もう一度打ち直さないとならないが、時間があるときでもやってみよう。 ■ メイズと言えば、『ライヴ・イン・ニューオーリンズ』 Live in New Orleans posted with amazlet at 09.10.10 Maze With Frankie Beverly Capitol (1990-10-25) 売り上げランキング: 132479 Amazon.co.jp で詳細を見る Can’t Stop The Love これは日本盤ではなく、輸入盤↓ Can’t Stop the Love … Continue reading

Posted in アーティスト関連 | 1 Comment

◎ラウル・ミドン、新作『シンセシス』登場

◎ラウル・ミドン、新作『シンセシス』登場 【Raul Midon’s First Album For Decca】 移籍。 EMIから出たアルバムで音楽シーンに衝撃を与えた盲目のブラック・シンガー・ソングライター、ラウル・ミドンがレーベルをデッカに移籍し、最新作『新セシス』を発表した。現在プロモーションで来日し、昨日(10月8日)、代官山でショーケースを行った。 残念ながら僕は別の急の仕事がはいり行けなかったが、新作からの楽曲を披露したもよう。 さてこのニュー・アルバムが、またいい。 シンセシス posted with amazlet at 09.10.09 ラウル・ミドン ユニバーサル ミュージック クラシック (2009-10-07) 売り上げランキング: 676 Amazon.co.jp で詳細を見る 基本的には彼の音楽は、変わらない。ギターを弾き、彼が「見た」もの、感じたことを楽曲に託し、彼が歌う。ときにマウス・トランペットを披露し、ラウルの世界を作る。彼のような真摯な音楽的アプローチを見ていると、1970年代に活躍し、いまでは隠遁生活をしているブラックの吟遊詩人ビル・ウィザースを思い起こさせる。流行り物には関係なく、自分がいいと思ったものを、ただ黙々とやる。そんな感じだ。 今回のプロデューサーは、ラリー・クライン。1980年代からジョニ・ミッチェルの仕事でも大変有名だ。最近ではハービー・ハンコックの『リヴァー~ジョニ・ミッチェルへのオマージュ』のアルバムをハービーと共同プロデュースして、グラミー賞の「アルバム・オブ・ジ・イヤー」を獲得した。 ラウル・ミドンは1966年3月14日アメリカ・ニューメキシコの生まれ。そう、クインシー・ジョーンズの誕生日(1933年3月14日)と同じだ。って、前のブログにも同じこと書いてた。(苦笑) >Swing Oさん、『マーヴィン・ゲイ物語』のご紹介、ありがとうございます。感謝感謝です。 http://www.waxpoetics.jp/blogs/45/2009/10/09/ ■ラウル・ミドン過去関連記事 September 02, 2007 【ラウル・ミドン~見たものを歌に託す】 http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20070902.html October 25, … Continue reading

Posted in アーティスト関連 | Comments Off

○ブレンダ・ヴォーン、ゴスペル・アレイにする

○ブレンダ・ヴォーン、ゴスペル・アレイにする 【Brenda Vaughn Turns Blues Alley Into Gospel Alley】 迫力。 ブレンダ・ヴォーンの5回目のソロ・ライヴ。この日のテーマは「乳がん」。ピンクのバルーンを会場内に飾り、ミュージシャンたちはどこかにピンクをワンポイントで。デイヴィッド、アンソニーはネクタイがピンクだった。 スクリーンに乳がんから生き残った人々が映し出される中、ステージでブレンダは言った。「みなさん、1年に一度は乳がんの検診をするように。実は私も数年前、検診でそれがわかりました。でも、早く見つかったので、私はこうしてサヴァイヴ(生き残って)しています」 その映像の中には、シェリル・クロウ、メリッサ・エスリッジ、トニー・ブラクストン、カイリー・ミノーグ、ダイアン・キャロルなどが映り、そこには[Survivor](生き残り)という文字が出る。そして一番最後、川村かおり、そして、ミニー・リパートンの写真も出るが、サヴァイヴァーの文字はなかった。 ファーストセットから飛ばすブレンダ。バラードあり、アップあり。いつもながらのエンタテイナーぶりは大船(おおぶね)に乗った気分で体も揺れる。ファースト7曲目は、なんと最近彼女がGTSで歌ったハウス調の曲。踊れる感じだ。セカンドでは、木下航志が飛び入り登場。ジャクソン・ファイヴの「ネヴァー・キャン・セイ・グッドバイ」を歌った。なかなか、やる。 そして、圧巻はセカンドの最後のあたり。「ハウ・アイ・ガット・オーヴァー」では、途中ノーマイクで歌うシーンがあり、ライヴ会場を彼女の素の声で満たした。このあたりは百戦錬磨実力派面目躍如。アンコールは、ゴスペル・メドレー。アンソニーとデイヴィッドも自分の好きなゴスペル曲を少し歌い、ブルース・アレイはこの夜、ゴスペル・アレイになった。こういうゴスペルは素晴らしい。最後はダルフール関連の話をして、そのDVDを上映。 ライヴ後、ブレンダに「ゴスペル曲ばかりでやるショーはどう?」というと「考えるわ」と。ブレンダ、デイヴィッド、アンソニーらのゴスペル隊も魅力的だ。彼ら3人のゴスペル、ポップ・ゴスペル・ショーが見たい。何度も繰り返すが、これだけのソウルフルなライヴが東京でいつでも見られるというところがすごい。 ■ GTS最新作『マジェスティック』 この中のMeet Me On The Moonでブレンダがリードを取っています Majestic posted with amazlet at 09.10.08 GTS GTS feat.メロディー・セクストン GTS feat.mink GTS feat.ベイビー・M GTS feat.DOUBLE GTS feat.ロビー・ダンジー GTS feat.arvin … Continue reading

Posted in ライヴ評・レポート | Comments Off

◆マイケルのDNAを受け継いで~MJ-スピリット@モーフ

◆マイケルのDNAを受け継いで~MJ-スピリット@モーフ 【MJ-Spirit Live @ Morph】 DNA。 まさにブルー・トゥリー(マイケル・ジャクソン役)には、マイケルの魂が、そして、DNAが宿っているかのようだ。この大音量、大拍手の中でブルー・トゥリーがパフォーマンスをしているのを見ていると、マイケル・ジャクソンがそこにいるような錯覚に陥る。まるで、マイケル・ジャクソン・ショーを見ているかのような気になってしまう。 マイケルのパフォーマンスを完全に習得し、自分のものにして、踊ってみせるブルー・トゥリー率いるMJ-スピリットの六本木モーフでのワンマン・ライヴ。2時間超、実に細かいところまでを完全コピー。歌詞も覚えているのね。ここまでできれば、本当に「あっぱれ」の一言。 今回は総力を挙げて、「ディス・イズ・イット」ツアーを予想し、それを再現してみた、という。 ファン層は圧倒的に若い人が多い。マイケルの死をきっかけにマイケルを知ったのだろう。もちろん、昔からのファンの人もいるが、7-3で若い世代の方が多いような気がした。 前回ライヴ(2008年11月の「バッド・ツアー」)と比較すると、下記セットリストで2、3、9、11、14、15、16、19、21、22、23が今回加えられた。 「ジャム」「ゼイ・ドント・ケア・アバウト・アス」などは、なるほど、こうなるか、という感じ。また、「スムース・クリミナル」では、ちゃんと斜めに倒れこむ「ゼロ・グラヴィティー」もほんの少し。自作で仕掛けを作った。「ヒール・ザ・ワールド」では子供たちを集めて、ステージを歩かせるという演出も。実に芸が細かい。この日(昼の回)は「ヒール・ザ・ワールド」の次に「マン・イン・ザ・ミラー」をやる予定だったが、機材トラブルでそのまま最後の「アース・ソング」へ。ま、そういうこともたまにあるでしょう。(笑) マイケルの素晴らしさをこうして後世に伝えていくことは、とても大切なことだ。 ■ DVD ライヴ・イン・ブカレスト (結局、ライヴDVDは現状これだけ) ライヴ・イン・ブカレスト [DVD] posted with amazlet at 09.10.07 Sony Music Direct (2005-12-07) 売り上げランキング: 62 Amazon.co.jp で詳細を見る ■ 追加公演が10月に 出演 mj-spirit 日時 2009年10月25日(日) 開場17時30分、開演18時 (小学生以下の方は保護者同伴) 各公演後、グリーティングタイム(写真撮影等)ありす 会場 モーフ東京「morph-tokyo」 地下鉄 日比谷線「六本木駅」4a/6/3番出口 … Continue reading

Posted in マイケル・ジャクソン関連 | Comments Off

★マイケル・ジャクソン・トリビュート・ライヴ

★マイケル・ジャクソン・トリビュート・ライヴ 【Michael Jackson Tribute】 大発見。 ブルース・アレイで、在日ブラック・ミュージシャンを中心にしたバンドによるマイケル・ジャクソンの曲ばかりを演奏するマイケル・ジャクソン・トリビュートが行われた。ピアノの秋谷さんが音頭を取り、ケイリブ・ジェームス、ブレンダ・ヴォーン、デイヴィッド・キング、マサ小浜、ジーノ、ジェイ・スティックス、そして、ピエール・アンドレ、サユリーといったメンバーで全19曲。 今回の大発見は、デイヴィッド・キングの高い声が、マイケル曲にとってもあっているということ。また彼はパフォーマンスもやる気まんまんで、マイケルのキラキラの手袋(グローヴ)を手作りしてやってきた。足元の靴下までは時間がなかったそうだが…。(笑) その手袋を仰々しくはめたり、はずして、横のピエールを経由してケイリブのところに置いたりといった、かなりおもしろいキャラを見せていた。「本当は、ムーンウォークも出来るが、ステージが狭いから出来ない」と言い訳をおもしろおかしく言うところもいい。 デイヴィッドに一番合ってると思ったのが、セカンド終盤で歌われた「ベンのテーマ」。冒頭の「アイ・ウォント・ユー・バック」も彼の声がところどころマイケルのように聴こえた。 もちろん、バンドとしてのまとまりは、このメンバーだけに言うことはない。ただ、やはりマイケル・ライヴだと、ノンストップでどんどん押していくというイメージが強いので、1曲終わっておしゃべり、というスタイルはマイケルにはなじまないかもしれない。その点、セカンドの「ブラック・オア・ホワイト」から「オフ・ザ・ウォール」までの3曲メドレーは、それだけで圧倒してくる。 本編で「ビート・イット」の予定がなかったのだが、その「ビート・イット」の一部をやったら、えらく受けたので、この曲なども本編にいれればよかったですねえ。(笑)やはりマイケルの曲もたくさんあって、そこから19曲選ぶのは相当大変だろう。 ひとつ強く感じたのは、やはりマイケル曲、特にミディアムからアップ・テンポの曲は、本当に難しいということ。 そして、マイケルと言えば、ダンスの要素をはずせないので、ダンスの要素なしにただ曲演奏だけだと物足りなくなるのだが、ステージが小さいのでダンサーはなかなかいれられないような感じだ。同時にマイケル曲は、映像のイメージが強いということを改めて感じた。「ヒューマン・ネイチャー」のところでは、ミラー・ボールを回したい。この曲では条件反射でミラー・ボールが回る映像が浮かぶ。カヴァーしている曲を聴いているだけで、映像イメージが浮かぶなんてほんとにマイケルはすごい。 もし、「ソウル・サーチン」でやるとしたら、映像(ヴィジュアル・イメージ)とダンス(ダンサー)ははずせない。また、これらの難しい楽曲をどうするか、ということを考えると、ジェームス・ブラウン同様、とても「触(さわ)れない案件」という感じもしてくる。(苦笑) 本当にハードルが高いなあ、ということを改めて感じた。この日の選曲からはもれた「ドント・ストップ」、「バッド」、「スムース・クリミナル」などもかなり難しそう。それか、マイケルという存在と楽曲を完璧に切り離すしかない。あるいは遊びと割り切るか。(笑) 選曲、曲順などに関しては、例えば、「アイ・ウォント・ユー・バック」の後は、「ザ・ラヴ・ユー・セイヴ」か「アイル・ビー・ゼア」でなければならないという黄金律も再確認した。(笑)逆に、この日は歌われなかったが、「シーズ・アウト・オブ・マイ・ライフ」などのバラードはいいかもしれない。あるいは、「アイ・ウォナ・ビー・ホエア・ユー・アー」をマーヴィン・ゲイ・ヴァージョンでやれば、可能だ。マイケルの真にすごいところは、リズムに乗って、実にパーカッシヴにヴォーカルを操るところだ。これは、本当に天才としかいいようがない。 だが、ライヴとしては十分に楽しめた。これだけの力量のミュージシャンとシンガーがちゃんとやれば、ショーとしては完成する。なによりも、すっかりデイヴィッドやケイリブに笑わせてもらった。 たまたま見つけたクラシック界のアンドレ・リュウのマイケル・トリビュート、「ベンのテーマ」。これは泣ける。踊りがなければ、こういうアプローチもありだ。 André Rieu – Ben / Tribute to Michael Jackson 直接リンク http://www.youtube.com/watch?v=89Bi1bmWyL8 ◎ マイケル・ジャクソン THIS IS IT オリジナル・サウンドトラック 映画はいよいよ10月28日公開 マイケル・ジャクソン THIS IS IT オリジナル・サウンドトラック posted with … Continue reading

Posted in マイケル・ジャクソン関連 | 1 Comment

▲ジョー・ライヴ~R&B王道を行くソウル・シンガー

▲ジョー・ライヴ~R&B王道を行くソウル・シンガー 【Sensual, Cool, Gentleman: Joe’s Live At Billboard】 王道。 セクシーでかっこいいソウル・シンガー、ジョーの2007年9月、2008年10月以来のビルボードでのライヴ。この日は会場の上のほうから登場。観客も7-3で女性が多い。ジョーの歌声は熱いシャウト系ではなく、ソフトでメローな囁き系。甘くスイートでジェントル、それが持ち味だ。ゆったりしたミディアム調の曲でジョーが歌えば、観客の女性は歓声とため息。 ジャケットに蝶ネクタイがひときわ紳士風。まさに21世紀R&Bの王道を行っている感じだ。全体的にレイド・バックしたグルーヴで、観客をゆったりと躍らせる。最近、このグルーヴに浸ったなあ、と思ったら、メイズ・フィーチャリング・フランキー・ビヴァリーがこの雰囲気だった。 と思ったら、なんと、アンコールでそのメイズの大ヒット「キャント・ゲット・オーヴァー・ユー」を歌うではないか。このリズムは本当にジョーにもあっている。さらに、それに続いて、マイケル・ジャクソン・トリビュート。ジョーが選んだのは「ロック・ウィズ・ユー」。しかも、途中でマイケル風キックをいれ、さらにムーンウォークを試みるが、残念ながらできず、観客(全員女性)から大いに受けていた。そして舞台をはけるとき、観客が前に殺到し、サインをねだると、バックが演奏を続ける中、必死にサインをこなしていた。ジョーは本当にグッドガイという感じ。 なぜメイズ作品かと思ってツアー・マネージャーのボビー・ダケットに聞くと、彼がメイズ・トリビュートのアルバムで1曲歌を録音したから、だという。そうだった、トリビュートに入っていた。しかも、ジョーはメイズのオープニング・アクトもアメリカでやっていたそうだ。さらに、ジョーが日本に来たとき、空港で、ガラス越しにジョーたちは、入国、メイズのメンバーが出国で、手を振り合ったという。 ■ 過去記事 October 20, 2008 ジョーとピーボの共通点~ジョー・ライヴでの発見 http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20081020.html September 05, 2007 ジョー、ビルボードライブに初登場 http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20070905.html 2003/12/13 (Sat) Sex & Soul: That’s What Joe Is http://www.soulsearchin.com//soul-diary/archive/200312/diary20031213.html ■ Joe’s Albums 1. Everything (Mercury)(1993) 2. … Continue reading

Posted in ライヴ評・レポート | Comments Off

■シーラE&C.O.E.D.ライヴ

シーラE&C.O.E.D.ライヴ 【C.O.E.D. Live At Bluenote Tokyo】 リズム。 シーラ・E、ロンダ・スミス、キャット・ダイソンら錚々たるメンバーを有した女性だけのバンド、C.O.E.D(シー・オー・イー・ディーと発音、あるいは、まとめてコエドとも発音する)のライヴ。シーラをフィーチャーするところが一番盛り上がるが、それでも各メンバーにしっかりとスポットライトを当てる場所がある。 たとえば、キャット・ダイソンが歌う「リアル・マン」などは少しばかりブルージーで印象的、かと思えば、なぜかキーボードのカサンドラが、ノラ・ジョーンズの「ドント・ノウ・ホワイ」をカヴァー。一方、ベースのロンダ・スミスは自分がもっとも尊敬するベース奏者としてラリー・グラハムの名前を挙げ、グラハム・セントラル・ステーションの「POW(パウ)」をカヴァー、バチバチとベースの音を決めた。みなしっかりうまい。 シーラのドラムス、ロンダのベース、カサンドラのキーボード、そして、キャットのギターと、リズム・セクションがシュアで手堅いのでバンドとして聴いていて実に安心感がある。これにサックスのミンディー(白人)が色を添える。ステージの上には女性ばかり5人。華やかな5人衆だ。 ただオリジナルのインスト曲が、演奏はいいのだが、楽曲がどうしても覚えにくいというか、とっつきにくい作品がある。このあたりの方向性を煮詰めるのが課題なのだろう。 それにしても、「グラマラス・ライフ」と「ラヴ・ビザール」は、どうアレンジを変えようとも、楽器編成を変えようとも、普遍の輝きを持つ。これはやはり、ヒット曲の持つ黄金の原石の輝きか。 ■ シーラE関連過去記事 May 05, 2008 シーラE・ライヴ http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10093915804.html August 11, 2006 Sheila E’s New Band: C.O.E.D Debut http://blog.soulsearchin.com/archives/001193.html 2004/04/10 (Sat) Sheila E Live @ Duo: Heartbeat From Ancient Times … Continue reading

Posted in ライヴ評・レポート | Comments Off

●豪華マイケル・ジャクソン本~ア・トリビュート・トゥ・ザ・キング・オブ・ポップ

マイケル本、どれがお勧め(パート12) 【Michael Jackson Vault: A Tribute to the King of Pop 1958-2009】 豪華。 アマゾンでマイケルの豪華本を買った。正式なタイトルは、”Michael Jackson A Tribute To The King Of Pop 1958-2009 / Platinum Edition Collector’s Vault” というもの。アメリカ・ジョージア州アトランタのウィットマン・パブリシングから発売された。全米で49.95ドル、日本では5650円。大きさは31cmx27.5cmx厚さ4.5cm。146ページ。 アマゾンから到着。 これがすごい。届いてびっくり。全頁けっこう珍しい写真を集め、しかも、あちこちに別の印刷物が織り込まれているのだ。たとえば、最初のジャクソン・ファイヴのライヴ・チケットのレプリカや、フライヤー、あるいは、ブロマイドなどだ。絵が飛び出たり、これはファンなら垂涎(すいぜん)ものだ。見てるだけで楽しい豪華本だ。 右側のようなボックスに、本体が入っている。それはそれはがっしりしている。 最初のジャクソン・ファイヴのライヴのチケットのコピー。 いろいろ葉書みたいなものが。 リサ・マリーとの結婚証明書のコピーも。 最後の追悼式の写真とマイケルの遺書のコピー。 写真もゲイリー・インディアナ時代から、ジャクソン・ファイヴ時代、ジャクソンズ時代、ウィズ、オフ・ザ・ウォール、スリラー、さらに最後の葬儀まで。まさにマイケル・ジャクソンのメモリアル・ブックだ。 さまざまな資料のレプリカ・コピーもおもしろい。マイケルがペプシのCM撮影でやけどをしたときに、当時のレーガン大統領からのお見舞いの手紙や、リサ・マリーとの結婚証明書、ネヴァーランドの絵葉書、最後のマイケルの遺書のコピーまではいっている。 ほんとに、指紋をつけてはいけないような感じにさえなる。(笑)それにしてもこのヴォリュームに感服。 アマゾンへ直行だ。(笑)↓ … Continue reading

Posted in マイケル・ジャクソン関連 | Comments Off

⊿ウィリー・ネルソンの新作『アメリカン・クラシック』はジョー・サンプルが顔をだす

⊿ウィリー・ネルソンの新作『アメリカン・クラシック』はジョー・サンプルが顔をだす 【Willie Nelson’s New Album “American Classic” Is Another Joe Sample Album】 グラミー。 僕はそれほど熱心なウィリー・ネルソンのファンではないが、新作を裏のクレジットなども見ずにCDプレイヤーにいれた。1曲目は「ザ・ニアネス・オブ・ユー」だった。すると瞬時に聞き覚えのあるピアノ・サウンドがそこの空気を覆った。一聴してそのピアニストが誰かわかった。その比類なきピアノ、それはジョー・サンプルだ。 そういえば、ジョーが前回来日時(2009年3月)に、ウィリー・ネルソンのアルバムを作っている、と言っていたことを思い出した。しかし、この一歩引き気味ながら、このジョー印のついたピアノの音はなんなのだろう。ウィリー・ネルソンとジョー・サンプルのデュエット・アルバムのようにさえ聴こえる。 ジョーのレイラ・ハサウェイと出したアルバムや、リズ・ライトを迎えたアルバム、そして、ランディ・クロフォードとのアルバムなどを聴いていると、シンガーとジョーが互角にわたりあっているが、このウィリー・ネルソンのアルバムでも同じ感覚に陥った。ウィリーの声も聴くのだが、いつもジョーのピアノに耳を傾けてしまっている。 今度のウィリーのアルバム『アメリカン・クラシック』は、彼の1978年のアルバム『スターダスト』以来、スタンダードばかりを吹き込んだ作品。曲目は下を見ていただくとして、12曲中2曲以外がジョーのピアノだ。彼のピアノでない2曲が、なんとダイアナ・クロールが歌で入り、ピアノも弾く。そして、もう1曲がノラ・ジョーンズが歌い、ピアノで参加。アルバム全体のプロデュースは長年の友人トミー・リピューマ。ドラムス、ルイス・ナッシュ、ベース、クリスチャン・マクブライドという鉄壁な布陣だ。(アルバム・ライナーのクレジットに10~12曲目にジョーのピアノ・クレジットがない。なぜなのだろう。単なるまちがいなのかな) 音楽に普遍的という言葉があるなら、このアルバムこそそれにふさわしいアルバムだろう。1989年にリリースされても、2009年にリリースされても、そんなことはまったく関係ない。きっと来年のグラミーに大きくノミネートされるに違いない。少なくともカントリーか何かは間違いなく獲得だ。ひょっとして「レコード・オブ・ジ・イヤー」「アルバム・オブ・ジ・イヤー」などのノミネートも可能ではないか。 と思って調べてみると、8月25日にリリースされ(次回のグラミーノミネートには間に合う)、カントリー・アルバム・チャートで14位、ポップ・アルバムで43位、とまだあまり売れてない。 ウィリー・ネルソンは1933年4月30日テキサス州アボット生まれ。ジョー・サンプルは1939年2月1日テキサス州ヒューストン生まれ。奇しくも同じテキサス出身だ。ウィリーはテキサス・ソウルマンか。ウィリーのほうが6歳も年上なんだ…。 ■ ジョー・サンプル再び来日決定 2009年10月29日(木)~30日(金) コットン・クラブ http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/index.html 2009年11月1日(日曜)~11月5日(木) ブルーノート東京 http://www.bluenote.co.jp/jp/index.html ■ あさって2009年10月4日日曜『ソウル・ブレンズ』内「山野ミュージック・ジャム」(インターFM=東京地区、76.1mhz=午後4時半から)で、このウィリー・ネルソンのアルバムをご紹介します。 ■ アルバム『アメリカの歌』(ウィリー・ネルソン) American Classic / Willie Nelson (Bluenote/EMI) 1 The Nearness Of You 2 … Continue reading

Posted in アーティスト関連 | Comments Off

△ブレンダ・ヴォーン、5回目のソロ・ライヴ、10月7日に

△ブレンダ・ヴォーン、5回目のソロ・ライヴ、10月7日に 【Brenda Vaughn’s Gig Will Be On October 7th】 ソウルフル。 「東京レディー・ソウル・ナンバー・ワン」ブレンダ・ヴォーンが来週2009年10月7日(木)、目黒のブルース・アレイで自身5回目のソロ・ライヴを行う。前回は2008年12月なのでおよそ9ヶ月ぶり。 ブレンダのライヴは毎回ソウルフルで定評があるが、過去半年、彼女がてがけてきたダルフール・プロジェクトの楽曲「タッチ」も披露されそうだ。(詳細は下記リンク「ダルフール・チャリティー・ソング」の項を) メンバーはいつもの強力な東京ソウル・バンド。つい最近メイズ・フィーチャリング・フランキー・ビヴァリーで大活躍したフィリップ・ウー、ジェイ・スティックス、ローレンス・ダニエルズらに加え、デイヴィッド・キング、アンソニー・ベイリーらのバック・コーラスが参加。 これだけ本格派のソウル・ショーが東京で見られることが嬉しい。ブレンダはこれまでにアレサ・フランクリン、シャカ・カーン、レデシー、ジル・スコット、ステファニー・ミルズ、カーク・フランクリン、グラディス・ナイトなどの作品や、ゴスペル曲を堂々と歌っている。 大体年に1回か、10ヶ月に1回程度コンスタントにライヴを行っているブレンダ・ヴォーン。今回もいくつかの新曲を交えて新しい魅力を披露してくれるに違いない。 ■過去ブレンダ・ヴォーン記事 December 28, 2008 ゴールデン・ライフを生きて~ブレンダ・ヴォーン・ライヴ http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20081228.html March 29, 2009 ブレンダ・ヴォーン、「ナバーナ」で大爆発 http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20090329.html March 14, 2008 ブレンダ・ヴォーン・ライヴ http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20080314.html (過去記事一覧も) August 22, 2009 ダルフール・チャリティー・ソング「タッチ・ザ・スカイ」完成 http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20090822.html ■ ライヴ概要 ライヴ: ブレンダ・ヴォーンWednesday … Continue reading

Posted in 告知関連 | Comments Off