Category Archives: チャリティー関連

○『ウイ・アー・ザ・ワールド25フォー・ハイチ』完成~特別寄稿・松尾潔氏

○『ウイ・アー・ザ・ワールド25フォー・ハイチ』完成~特別寄稿・松尾潔氏 【We Are The World 25 For Haiti】 公開。 2010年1月12日ハイチを襲った大地震の被災者に手を差し伸べようと、25年前に作られた「ウイ・アー・ザ・ワールド」が、2010年2月1日、ロスアンジェルスで新たなメンバーによって再録された。その「ウイ・アー・ザ・ワールド25フォー・ハイチ」がついに2月12日、公開された。 リンク映像。 http://www.youtube.com/watch?v=Glny4jSciVI 「リーン・オン・ミー」は、目だった形では入っていない。また、メイヨー・アンジェルーの詩の朗読も確認できなかった。後半ラップ部分は、LLクールJが中心となって作ったという。今回は、クインシー・ジョーンズとライオネル・リッチー、そして、ハイチ出身のワイクリフ・ジーンが中心となっているが、25年前クインシーがやったタクトを振る役を元テイク6のマーヴィン・ウォーレンが担当している。やはり、どあたま、かつてライオネルが担当したところを、ジャスティン・ビーバー(1994年3月1日カナダ・オンタリオ生まれ=15歳)がやっている部分は、大抜擢という印象だ。 ソロを取る登場人物は、登場順に次の通り。たぶん大体あっていると思うが、二人が同時に映っている場合は、特にどちらが先ということは意味しない。また2度目にソロとして登場する場合は、( )をつけた。 We Are The World 25 For Haiti Justin Bieber Jennifer Hudson Nicole Scherzinger Jennifer Nettles Josh Groban Tony Bennett Mary J. Blige Michael Jackson Janet Jackson … Continue reading

Posted in チャリティー関連 | 1 Comment

◎『ウィ・アー・ザ・ワールド:25 フォー・ハイチ』動画など

◎『ウィ・アー・ザ・ワールド:25 フォー・ハイチ』動画など 【More Update For “We’re The World : 25 For Haiti”(Part 2)】 アップデート。 「ウィ・アー・ザ・ワールド25 フォー・ハイチ」のプロジェクトについて、さらなるアップデート情報。記者会見の様子が動画などで出始めた。このプロジェクトは、アメリカ音楽業界で2010年最大のニュースかもしれない。 いくつか新情報を。 1)キャサリン・ジャクソン(マイケルの母親)の要請で、著名な詩人メイヤ・アンジェルーが詩を書き下ろし、「ウィ・アー・ザ・ワールド25」のエンディングで朗読されることになりそうだ。そのナレーションにジャクソンの子供の起用という話が持ち上がっている。ジャクソンの子供が、パリス、プリンスらを意味するのか、その他のジャクソン家の子供たち、レコーディング・セッションに参加していたグループ、3Tのメンバーなのかは不明。 2)記録映像は、3Dで撮影された。2月12日のテレビ(冬季オリンピックの開会式関連のセレモニー中に公開予定)でも、3Dで放送されるかもしれない。今回の記録映像が、3Dで撮影されると聞いてバーブラ・ストライサンドが言った。「私の鼻はどう映るのかしら?」 (バーブラは独特のちょっと高い鼻がトレードマーク) 3)まだオフィシャルから正式には発表されていないが、今回のレコーディングの参加者は少なくとも81名。前回の45名の倍近くになった。参加リストにアース・ウィンド&ファイアーの名前があるが、この場合4名なのか、ここから何人参加したのかなど細かいことはまだわからない。 4)今回のレコーディング・スタジオは、前回のスタジオと同じ。当時はA&Mスタジオと呼ばれていたが、現在は呼称が「ヘンソン・レコーディング・スタジオ」となっている。 5)「ウィ・アー・ザ・ワールド25」は、もともと2010年1月28日に、同じスタジオでクインシー、ライオネルの音頭で、再録音しようという計画があった、という。これまでにも、何度か周囲から再録音を誘われていたが、なかなか実現までこぎつけなかったようだ。それがハイチ大地震の発生で、このチャリティーにしようということになった。また、前回は、「アメリカン・ミュージック・アワード」の授賞式の直後にレコーディングしたが、今回は「グラミー賞」授賞式の翌日にレコーディングが組まれた。前回はレコーディングのスタートが夜遅く、未明までかかってしまったため、今回は翌日の午後からスタートすることにしたようだ。 6)”Please check your egos at the door”(あなたのエゴ=わがまま=は、このドアで捨ててきてください) この有名な張り紙は、今回もスタジオの入口に張られたようだ。 MTVウェッブでの動画。 http://www.mtv.com/videos/news/478110/celebrities-describe-working-on-we-are-the-world-remake.jhtml#id=1631035 ENT>NEWS>We Are The World

Posted in チャリティー関連 | 1 Comment

◎『ウィ・アー・ザ・ワールド:25 フォー・ハイチ』続報

◎『ウィ・アー・ザ・ワールド:25 フォー・ハイチ』続報 【More Update For “We’re The World : 25 For Haiti”】 続報。 グラミー賞受賞式が行われた翌日の2010年2月1日。クインシー・ジョーンズとライオネル・リッチーの呼びかけで集まった70人以上のスターたちが録音した「ウィ・アー・ザ・ワールド」。1月12日に起こったハイチ大地震の被災者救済のチャリティー・シングルは、正式なタイトルが「We’re The World : 25 For Haiti」となり、2月12日ヴァンクーヴァー冬季オリンピックの開会式セレモニーの中で、録音風景などとともにNBCテレビが生中継する。このときは、その映像は3Dで放映されるという。このビデオは、『ミリオン・ダラー・ベイビー』などで知られるポール・ハギスが監督。この作品からの収益はすべて「ウィ・アー・ザ・ワールド基金」に行き、そこからハイチの人々へわたる。ハイチ出身のワイクリフ・ジーンもエグゼクティヴ・プロデューサーの1人となっている。 さらに昨日以降、いくつかアップデートされた情報が集まっているので、簡単にまとめておきたい。 そもそもこのプロジェクトは、今年の1月28日がオリジナルの「ウィ・アー・ザ・ワールド」の歴史的レコーディングが行われてからちょうど25周年になるということで、何かをやろうということになっていた。そのための準備がクインシー、ライオネル周辺で計画されていた。そんな中、1月12日に突然ハイチに大地震が起こり、すでに20万人もの犠牲者が出る史上稀に見る大惨事になった。そこで、この「ウィ・アー・ザ・ワールド」をこのハイチ救済のために再録音しようと、軌道修正された。 今回集まった70人以上は、発起人のクインシー、ライオネル以外、前回レコーディングに参加したものは1人も参加していない。ここは憶測だが、前回の参加者を1人呼ぶと「彼は呼んで、こっちは呼ばない」などとなると収拾が付かなくなるので、それなら、いっそのこと全員呼ばず、新しい人たちを集めようとしたのかもしれない。 ライオネルによれば、「(新しい人だけでやったことについて)それは、ひじょうに厳しい決断だった。みんなこれにかかわりたいわけだからね。だが、バトンを次(の世代)に手渡さなければならないときもあるのだ」と言う。ライオネル自身も、今回は歌わず、彼のパートはジャスティン・ビーバー(1994年3月1日カナダ生まれ)に譲っている。 またライオネルによれば、前回のレコーディングと一番の大きな違いは、前回は自分のパートがないときには、参加者は手持ち無沙汰にしていたが、今回はみな携帯でツイッターをやったり、写真を撮ったりして、以前より録音に時間がかかってしまったことだという。 楽曲は、全員のコーラスによるビル・ウィザースの作品「リーン・オン・ミー」の一部をアカペラで歌うシーンが入っている、という。これは、長時間立ったままレコーディングしていたために、参加者の1人、メラニー・フィオナ(1983年7月4日カナダ・オンタリオ生まれ)の足が痛くなり、隣にいたミュージック・ソウルチャイルドに『あなたに寄りかかるわI was going to lean on you』と言ったところ、彼が『this isn’t ‘Lean on Me.’(寄りかかってる場合じゃないだろ)』と答えた。すると、それを聞いた誰かが「リーン・オン・ミー」といい、セリーヌが「リーン・オン・ミー」を歌いだした。そして、みんなで一緒にコーラスをして歌い始めた、という。 元の楽曲でマイケル・ジャクソンが歌ったラインは、妹ジャネット・ジャクソンが歌うが、ジャネットはすべてではなく、若干マイケルの声も残される、という。 『アメリカン・アイドル』出身のジョーダン・スパークス(1989年12月22日生まれ)は、1985年の時点ではまだ生まれていなかったが、この楽曲が持つインパクトは、ジョーダンに大きな影響を与えていたという。 エイコンは、つい最近までマイケルと一緒に曲作りをしていたと伝えられているが、その作業中にマイケルから、オリジナルの「ウィ・アー・ザ・ワールド」のレコーディングのときの様子などの話を直接聞いていた、という。だから、まさか今回この新録に立ち会えるなどということは想像だにしていなかった、という。 ライオネル・リッチーとクインシーは、今回は完全に裏方に回っているが、リッチー曰く「信じられないかもしれないが、マイケルがもし生きていたら、必ずや、彼もこのプロジェクトを裏方で支えたと思う」。 ジョッシュ・グローバンは、ケニー・ロジャースとポール・サイモンがハーモニーを取っていた部分を歌う。 … Continue reading

Posted in チャリティー関連 | 4 Comments

○『ウィ・アー・ザ・ワールド』四半世紀経て再度録音~ハイチ救済で

○『ウィ・アー・ザ・ワールド』四半世紀経て再度録音~ハイチ救済で 【Quincy Recorded New “We’re The World” For Haiti】 再度。 クインシー・ジョーンズとライオネル・リッチー、マイケル・ジャクソンが音頭を取り、1985年1月にレコーディングされたチャリティー・ソング「ウイ・アー・ザ・ワールド」が、2010年1月12日大地震に襲われたハイチの被災者への基金用に、2010年2月1日(月)再度録音された。今回もクインシーとライオネルが声をかけて70人以上のセレブたちがこのレコーディングに集まったが、前回(1985年)のセッションに参加した人は、1人も参加していない。また録音スタジオも、25年前と同じハリウッドのA&Mスタジオ。 参加者は、ピンク、セリーヌ・ディオン、ナタリー・コール、ジョナス・ブラザース、カニエ・ウェスト、トニー・ベネット、ジェニファー・ハドソン、エイコン、そして、驚いたことにスーパースター、バーブラ・ストライサンドまで。バーブラは、自身のピッチが不満で何度も自分のパートを録音し直した。バーブラは、オリジナルではダイアナ・ロスが歌っていたパートを録音したが、彼女に付きっ切りで歌唱指導したのは、パティー・オースティンだった。 また、本来であればギターで参加のカルロス・サンタナも歌で参加。一方、ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンとアル・ジャーディンはお互い無視しあっていた、という。 この中には15歳のカナダのジャスティン・ビーバーなどもいたが、ジャスティンはオリジナルが録音されたときは、もちろんまだ生まれていない。ナタリー・コールによれば、お互いがファン同士なので、ここで会ったスーパースターたちがそれぞれ連絡先を交換するなどしていた、という。 リル・ウェインとバーブラの間に入ったジョシュ・グローバンは、今までにない緊張をしたといい、このセッション自体が「インスパイアード・ケオス(お互いが影響しあうケオス(混乱)」だったと述べた。 またそのリル・ウェインは、母親からグラディス・ナイトと一緒の写真を撮るように言いつけられた。彼は、オリジナルではボブ・ディランが歌っていたところを歌った。ラッパーとしては、他にLLクール・J、ブラック・アイド・ピーズのウィル・アイアムも参加。 オリジナルの歌詞に若干の変更が加えられ、ウィル・アイアムのラップも追加される。また元曲でマイケル・ジャクソンが歌っていたラインを、1985年のセッションには参加していない妹のジャネット・ジャクソンが火曜日にアトランタから録音する予定。 このレコーディングに声をかけたが、残念ながら参加できなかったアーティストは、ビヨンセ、ジェイZ(翌日すぐにニューヨークに帰った)、テイラー・スイフト(翌日オーストラリアへ出発)、レディー・ガガも不参加となった。 火曜遅くまでレコーディング作業は続き、完成されたヴァージョンは2010年2月12日、ヴァンクーヴァー冬季オリンピックのセレモニーで公開される予定だ。 ■ビルボード誌 http://www.billboard.com/#/news/quincy-jones-gathers-stars-for-we-are-the-1004064069.story ■ロイター配信 http://www.reuters.com/article/idUSTRE6111GH20100202 ENT>NEWS>Haiti

Posted in チャリティー関連 | 4 Comments

◆ダルフール・チャリティー・ソング「タッチ・ザ・スカイ」完成

【Darfur Project Reception Party At Dutch Embassy】 完成。 先日、このブログでもお伝えした「ダルフール・プロジェクト」のチャリティー・ソング「タッチ・ザ・スカイ」が完成、2009年8月20日(木)、都内のオランダ大使館でそのお披露目パーティーがあり、ブレンダ、ケイリブらがこの曲を歌った。 ダルフール・プロジェクトとは↓ △ダルフール紛争へのチャリティー・ソング「タッチ」、ブレンダたちが集結 http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10307496709.html#main ⊿「ダルフールのための歌」~レコーディング・セッション (ダルフール=パート2) http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10308169535.html#main ダルフールはアフリカ、スーダン国の西側の地域。ここで人種間紛争が起こり、何十万人とも言われる大虐殺がなされ、被害者が近隣の諸国に難民となって逃れ大きな問題となっている。このことについて、関心を高めようという映画『シング・フォー・ダルフール』(監督・ヨハン・クレイマー)が昨年発表され、その日本での配給権を取った会社が、「ウィ・アー・ザ・ワールド」的なダルフールへの賛歌を作ろうとブレンダ・ヴォーンらに声をかけて実現した。 パーティーはオランダ駐日大使のあいさつ、映画の編集ヴァージョン、また、今回の総指揮した臺プロデューサー、ゲストで来ていた女優の鈴木杏さん、世界的デザイナーのワダエミさん、映画コメンテーターのリリコさんらもあいさつ。さらに、ケイリブ・ジェームス、ブレンダ・ヴォーン、ポーラ・ジョンソン、レディーヨーらがあいさつし、この曲を生で歌った。この作品はウェッブで無料公開される。 オランダ大使館で行われたのは、監督ヨハンがオランダ人であるため。この映画を大使館もサポートする。 ニュース記事↓ YAHOO NEWS http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090821-00000003-eiga-movi 9月の映画公開にあわせ下記ウェッブでこの曲の完成ヴァージョンが無料でダウンロードできるようになります↓ SING FOR DARFUR http://www.plusheads.com/singfordarfur/ ++++ レセプション。 オランダ大使館は港区の東京タワーの近くにある。かなり大きく、見事な建物だった。フィリップ・ドゥ・ヘーア大使によると、この建物は関東大震災で崩壊した震災の2年後に立て直されたという。ライヴ後は、大使館専属のフレンチのシェフが作った料理、デザートなどが供された。 ブレンダは、この完成パーティーがことのほか感慨深かったようで、あまりの感激に歌ったあと泣き出してしまったほど。かなり力をいれて作り、しかも完成までが相当大変だったからだ。最初ブレンダがダルフールのことを聞いたのは、昨年(2008年)11月のこと。それから企画が動き出し、曲を書き、歌うメンバーを集め、7月末にレコーディングをし、ミックスし完成させた。ミックスをしたのは、ブレンダの昔からの友人コン・ファンク・シャンのフェルトン・パイレートだ。 立食のディナー・タイムになってブレンダもずいぶんと落ち着いたようだが、芝生の庭ではバーベキューがなされ、ブレンダはハイヒールがずぼずぼと芝生に刺さってしまうので、靴を脱いで裸足で歩いていた。終盤になると、ブレンダやケイリブらもすっかりリラックスした様子で、食事が残っていると、「私は明日の昼までここにいてもいいわ。ブレックファーストもここで食べるわ」と上機嫌。さらに、ケイリブは「すばらしい、料理だ。ドギーバッグで持ち帰るか?」とジョークを飛ばす。ブレンダ。「『テイクアウト』って、ここではどういったらいいんでしょう(笑)」 さて、完成したヴァージョンの歌詞があり、「日本語に訳して欲しい」と頼まれたので、さっそくやってみた。前回ご紹介したものと少しだけ変わっているので、完成ヴァージョンの英語詞とその訳詞をご紹介する。(日本語のニュアンスの違いなどありましたら、ご連絡ください。変更も可です) 「タッチ・ザ・スカイ」 (訳詞・ソウルサーチャー) 私たちが学ぶこと、それはすべて母のために 私たちが学ぶこと、それはすべて父のために 私たちの家が焼き尽くされたことからさえも、私たちは学びます 私たちの村が茫漠たる地にされても、そこから私たちは学びます 私たちが学ぶこと、それはすべて姉妹たちのために 私たちが学ぶこと、それはすべて兄弟たちのために … Continue reading

Posted in チャリティー関連 | Comments Off