Category Archives: LABEL

David “God’s Hand” T. Walker: There’s Movement In Stillness

【デイヴィッド・T・ウォーカー、港横浜に足跡を印す】 静嵐。 まさに「静かな嵐」 。デイヴィッド・T・ウォーカーのパフォーマンスは、静かにもかかわらず、激しく熱くなる。「クワイエット・ストー 」は、詩人スモー­ー・­ビンソンの代表曲のひとつでもあるが、スモー­ーはまったく対照的なふたつの単語を組み合わせて、独特な状況を描き す天才 。彼が書いた­詞~「曇りの日に太陽を見つけた」と­い すのは、テンプテーションズの「マイ・ガール」。曇りと太陽というまったく相容れない単語を組み合わせて予期せぬストーリーを作る。 なんてことを思いながら彼のギターの音色に耳を傾けていたら、デイヴィッドに「クワイエット・ストー 」をやってもらいたくなった。これは、彼にぴったりの曲 。 まさに「神の手」 。デイヴィッドの手、指から醸し出される音色は、スモー­ーに勝るとも劣らず景色を描き出す。彼の優しい指先が弦に触れて出てくる音は神の音かもしれない。 まさに「愛の音」 。4人のミュージシャンとともに積み重­られるデイヴィッドのサウンドは愛とやさしさと、ソウルと時に強さが込められている。彼のライヴを見終わると、ほっとしたり、心が温かくなったり、安らい 気持ちになるのは、ひとえに彼の人間性に うところが大きい。それらすべてをひっくるめて言えばデイヴィッドの愛の大きさ 。それはスティーヴィー・ワンダーとも共通する。 ーヴメント(動き)の­に静がある。そして、静寂の­に動きがある。 情熱の­にクールがある。そして、クールの­に情熱がある。 やさしさの­に 固な芯がある。そして、芯の­にやさしさがある。 笑顔の­に一粒の涙が見える。そして、一粒の涙の­に微笑みが見える。 円熟の­にフレッシュな若さが飛び散る。そして、若さの­に円熟味がにじみ出る。 デイヴィッド・Tのギターにはそんな相反する表情がある。 からそれが彼のギターに奥行きを与えている。 +++++ 職人。 セットリストは、東京と同じ った。これは日が進むにつれてどんどんバンドサウンドは固まっていくに決まっている。しかし曲によって微妙にのりが違う。それよりも、ときにデイヴィッドのギターを、たとえば、リッ­ー・­ウソンのドラ で聴いてみたいと思った。いえ、別にンドゥグに文句があるわけではありません。(笑) でも、ちょっと出すぎのところがある。デイヴィッドのように、一­控えめでもいいかもと思う。ジェリー・ピーターズの­ーボードの弾き方、超マニアックというか、オタクっぽくてよかった。音ももちろん。この日、デイヴィッドは7回演奏­に立ち上がった。この­には、彼がジャケットを脱ぐために曲間に立ち上がった回数は含めていない。ジェリーも演奏­3回立ち上がった。そして、みな、音の、楽器の職人であった。デイヴィッドは1941年6月25日カリフォルニア州生まれ、現在66­。 デイヴィッド・T 関連記事 December 19, 2007 Distinctive Fingers, David T. Walker … Continue reading

Posted in LABEL | Comments Off

Brenda Vaughn & Kanagawa Philharmonic Pops Orchestra

【ブレンダ・ヴォーンら神奈川フィル・ポップス・オーケストラで­う】 別。 ステージ上のオーケストラの人数を数えるのも大変。なほどの、フル・オーケストラ。50人近い大所帯に、ブレンダ・ヴォーンをはじめとするソウル・シンガーたちがクリスマス・ソングを­う。 定時にスタートした演奏会。オープニングはオーケストラとブレンダ・ソ­による「アメージング・グレイス」。珍しくブレンダが冒 ­、あがっていたように思えた。あのブレンダでもあがるのか。(笑) いや、それでも、このフル・オーケストラをバックに 々と­う姿は晴れ晴れしい。途­から­で、グリニス・マーティン、アージー・ファイン、­ビー・ダンジーらが わる。まさにソウルフル・クリスマス 。しかし、バックのオーケストラはきれいで華麗な音をかなでる。 一部での聴き物はブレンダが­う「スターダスト」。ブレンダと雑談をしていて、「クリスマス(神奈川県民で)『スターダスト』­うわよ」と言ったので、「おおっ、それは僕の大好きな曲 」と言ったら、ぎくっとして、「じゃあハードに練習しないと」と返ってきた。(笑) このフル・オーケストラをバックにこうしたスタンダードをブレンダが­うというのも 別のものがある。 休憩をはさんで第二部での聴き物はブレンダに­ビー、アージー、グリニスも わる「ホット・ア・マイティ・ゴッド・ウィ・サーヴ」。ゴスペル­ぷんぷんのヴォーカル陣に、きれいきれいな粉雪のようなオーケストラのアンバランスがおもしろい。 演奏会が終わって楽屋に行きブレンダらに会う。グリニス、アージーは10月のフィリー・ソウル以来、­ビーはいつ 、ディーヴァ・グレイ以来か。「ブレンダ、『アメージング・グレイス』あがってたでしょ」「そうなの、実は、あれ­いながら、私、次の曲のこと(スターダスト)、考えてたのよ。ははは。でも、途­からOKって感じになったわ。こういうゴスペルとクラシカルのミックスってあんまりないけど、私にとってもチャレンジ し、とてもおもしろい試み と思うわ」 アンコールでの「ジングル・ベル」で、ブレンダ、アージー、­ビーの女性3人がドリー ガールズよろしく赤いドレスのそれもミニで登 。­ラ­ラでかわいかった。 しかし、フル・オーケストラの生音はいいもの 。 Setlist : Kanagawa Phil Pops Orchestra, December 20, 2007 セットリスト Show started 19:00 01. Amazing Grace (Brenda) 02. … Continue reading

Posted in LABEL | Comments Off

Stax 50th Anniversary: Reactivate Legendary Soul Label

【スタックス・レコード創立50周年】<br> <br> 50周年。 <br> アメリカ南部テネシー州メンフィスで­立された名門ソウル・レーベル、スタックスが今年(2007年)で創立50周年ということで、これを記念し、スタックス・レコードが再活動を始めた。スタックスは1975年に倒産して以来、新­のレコーディングはなく、旧作の再発、編成物の発売など け ったが、今年になって『アース・ウインド&ファイアー・トリビュート』、『スタックス50』などのオ ニバスをリリース、さらには、アンジー・ストーン、アイザック・へイズ、ソウライヴなどのアーティストと契約、再契約をして新作をレコーディングする。 <br> 50周年にあわせてスタックスのヒット曲50曲を2枚組にしたオ ニバス『スタックス50』は日本盤が6月27日に発売された。 <br> <div class=”amazlet-box” style=”margin-bottom:0px;”><div class=”amazlet-image” style=”float:left;”><a href=”http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000PDZNY0/soulsearchiho-22/ref=nosim/” name=”amazletlink” target=”_blank”><img src=”http://images-jp.amazon.com/images/G/09/icons/music/comingsoon_music.gif” alt=”Stax 50!~スタックス50周年記念ベスト\” style=”border: none;” alt=”no image” /></a></div><div class=”amazlet-info” style=”float:left;margin-left:15px;line-height:120%”><div class=”amazlet-name” style=”margin-bottom:10px;line-height:120%”><a href=”http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000PDZNY0/soulsearchiho-22/ref=nosim/” name=”amazletlink” target=”_blank”>Stax 50!~スタックス50周年記念ベスト</a><div class=”amazlet-powered-date” style=”font-size:7pt;margin-top:5px;font-family:verdana;line-height:120%”>posted with <a href=”http://www.amazlet.com/browse/ASIN/B000PDZNY0/soulsearchiho-22″ title=”Stax 50!~スタックス50周年記念ベスト\” target=”_blank”>amazlet</a> … Continue reading

Posted in LABEL | Comments Off