Category Archives: SONG

Ron Miller: Great Poet (Part 2) – The Meaning Of “I’ve Never Been To Me”

【­ン・ミラー作品~「愛はかげろうのように」の意味】 <br> 自分。<br> この曲の­詞を書いたのは­ン・ミラー、彼はこれを書いたとき、シャーリーンと付き合っていたという。レコーディングした後、別れ、その後シャーリーンは別の男性と結婚。さらに離婚、また結婚している。<br> 途­で­われる「アンボーン・チャイルド(生まれなかったこども)」は、当時ちょっとした論­をまきおこした。­の主人公はこの­を­絶したのか否か。これは、微妙 が、作者たちは­絶したのではなく、単純に生まれなかったというつもり ったらしい。<br> ソウル・サーチャーは、この­で­われる「パラダイス」を今風に「セレブな生活、人生」と意訳してみた。物質社会、マテリアル・ワールドと同意 。<br> 今、­育てに忙しく、夫にも不満たらたらな若い女性に向かって、この年配の女性は語りかける。<br> どんなにぜいたくな生活をし、いいものに囲まれても、決して自分自身が居心地がよかったことはなかった。本当の自分は探せなかった。それをあなたに伝えたい。ある意味で、自分探しのテーマと言えるかもしれない。<br> 結婚式では使わないで­。(笑) 訳詞は、叶姉妹に捧げるヴァージョンでおおくりしよう。<br> +++++ “I’ve Never Been To Me”  「愛はかげろうのように」(叶姉妹に捧げる・ヴァージョン)<br>­:シャーリーン<br>作詞:­ン・ミラー 作曲:ケン・ハーシュ ­え、あなた、あなたはいつも不満たらたらで、ちゃんとした母親ではないって自分の人生を呪ってるわ­<br> あなたは決して手に入れられないものを欲しがってるんでしょう<br> でも­、私が今、あなたにこうしてアドヴァイスしているように、昔、誰かが私にアドヴァイスをしてくれればよかったのにって思ってるの<br> ジョージアにも行った、カリフォルニアにも行った、行きたいところは世界­どこでも旅した<br> 牧師の手を取り、太陽の下で愛し合ったこともある<br> でも、もう行くところも尽きたし、やさしい友達からも逃げ出したいと思った <br> なぜなら、私自身自由になりたいと願ったから<br>私は、夢のようなセレブな人生を送ってきた<br>でも、決して本当の自分を見つけることはできなかった<br> ­え、あなた、行かないで最後まで話を聴いて<br>なぜ私が今 に独り身でいるか教えてあげたいの <br>あなたの瞳にかつての私を重­てしまうから<br>幾千もの嘘で涙に濡れた心をあなたに教えたい <br> ニースにも行った、ギリシャの小島にも行った<br>シャンペーン片手に地­海でのヨット・クルーズもした<br>モンテカル­ではジーン・ハー­ー(1930年代に活躍したセクシー女優)気取りで、自分の容姿をみんなに見せびらかしたわ<br>そのおかげで王様たちと寝て、とても普通の女性が見られないような世界も目撃した<br>私は夢のようなセレブな人生を送ってきた、でも、決して本当の私自身を見出すことはなかった<br> (語り)<br>­え、セレブな人生(パラダイス)ってなん と思う?<br> それは­、すべて嘘で固められた世界なの。人々に求める幻想であり、こうなればいいと思う 所もまた幻想(お金持ちという人種も幻想なら、豪邸もまた幻想)<br> じゃあ、真実はどこにあると思う?<br>それは­、今あなたが抱いている小さなベイビーであり、今朝ちょっとした言い争いをした夫 ったりするのよ<br>そんな夫と今夜も愛しあう、それが真実、それが愛なのよ <br>(語りここまで)<br> 生まなかった­供のことを思って泣いたこともある<br>もしその­が生まれていれば、私の人生も完璧なものになっていたかもしれない<br>でも、私は甘美な人生を選ん のよ<br>そのときは、そんな甘い人生がほろ苦くなるなんて夢にも思わなかったわ<br>私は、ちょっとずる賢く体を売ってセレブな人生を送ってきた<br>でも、そのおかげで自由になるためには、ずいぶんと回り道をしてしまった<br> ­え、あなた、私はいやというほどセレブな人生を送ってきた、それは贅沢で豪華絢爛な人生 った<br>でも、一度たりとも決して本当の私自身を見出すことはできなかった<br>本当は自分がどう生きたかったのか決してわからなかった<br> +++++ ENT>MUSIC>SONGS>Heaven Help Us All ENT>MUSIC>SONGWRITER>Miller, Ron <a … Continue reading

Posted in SONG | Comments Off

Ron Miller: Great Poet (Part 1)

【­ン・ミラー、偉大な詩人(パート1)】 <br> 詩人。<br> 去る2007年7月24日に74­で­去した­ン・ミラー。モータウン・レコード所属のソングライターとして多くの作品を世に送り出したが、彼の作品には­詞にすぐれたものが多い。­ン・ミラーの生涯を追っているうちに、彼の作詞家としてのユニークさが浮かび上がってきた。いくつかを紹介してみたい。<br> July 25, 2007 Ron Miller Dies At 74 <a href=”http://blog.soulsearchin.com/archives/001917.html”>http://blog.soulsearchin.com/archives/001917.html</a> ­ンの作品にはこんな­詞がある。<br> Time has to take me but life will wake me Whenever people feel the road’s too long, They’ll need some music And I want to come … Continue reading

Posted in SONG | Comments Off

“Fortunate Son” Story (Part 1): “Die Hard 4.0″ Saga Continues 

(昨日の『ダイ・ハード4.0』からのつづき) <br> 【「幸運な息­」(フォーチュネイト・サン)物語(パート1)】 <br> 反戦。 <br> 昨日『ダイ・ハード4.0』のエンディングで、CCR(クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル)の「フォーチュネイト・サン」がかかったのを機に、彼らのベストCDをひっぱり して聴いた。 <br> そのCCRは、1960年代後期のまさにアメリカの気分を表現していたグループ 。ヒッピー発祥の地、サンフランシスコを本 に活躍したが、音楽的にはアメリカ南部のスワンプ・­ック、黒人のブルーズ、ソウルなどの影響を多大に受けていた。 <br> その のヒッピーは、反戦、反体制が主流で、クリーデンスもそうしたヒッピー、反体制のスピリットを持った作品を多く した。この「フォーチュネイト・サン」も反戦­的側面をもつし、彼らの大ヒット曲「ハヴ・ユー・エヴァー・シーン・ザ・レイン(邦題、雨をみたかい)」は、ヴェトナ 戦争への明らかな反戦­ った。 <br> この「フォーチュネイト・サン」は、これまでにもいくつかの 画で使われていた。たとえば、『フォーレスト・ガンプ』で、またワイクリフ・ジーンのカヴァー・ヴァージョンが 画『マンチュリアン・­ャンディデート』でも使われている。 <br> カヴァーも、ワイクリフ・ジーン以外にも、ボブ・シーガー、パール・ジャ 、U2、.38スペシャル、ブルース・スプリングスティーンなどが­っている。 <br> さて、「フォーチュネイト・サン(幸運な息­、恵まれた息­)」について調べてみると、けっこうおもしろかったのでご紹介したい。 <br> この「幸運な息­」とは、1969年当時戦争が激しさを増して、全米の若者たちが次々徴兵されていたときに、有力政治家の息­や金持ち、権力者の息­たちはコネによって、徴兵を免れたり、徴兵されても前線ではなく比較的安全な 所に配属されるよう裏で話をつけられていたことについて­っている。<br> 曲の作者であり、クリーデンスのリード・シンガー、ジョン・フォガティーはこの曲のモデルをアイゼンハワー大統 (第34代)の­、デイヴィッド・アイゼンハワーのことを想定して書いたという。そのデイヴィッドは1968年12月、リチャード・ニクソン大統 (第38代)の娘ジュリー・ニクソンと結婚した。デイヴィッドは、そうした特権を利用していわゆるネイヴィー・リザーヴ(予備兵役軍)という前線ではなく比較的安全な職務についた。 <br> この曲自体は、もともと徴兵される男の目線で書かれたもの。そして、ヴェトナ 戦争反対の立 でもある。しかし、すでに前線に行った兵士たちには士気を上げ、がんばるよう応援の意味がある。結局は国会­員の息­ではないために、戦 に送られてしまった不運な男の視点での­になっている。 <br> (この 、明日へ続く。明日のブ­グでは『フォーチュネイト・サン』の訳詞をお送りします) <br> ENT>MUSIC>SONG>Fortunate Son ENT>MUSIC>ARTIST>CCR ENT>MOVIE>Die Hard 4.0 <a href=”http://blogscouter.cyberbuzz.jp” target=”_blank”><img border=”0″ src=”http://blogscouter.cyberbuzz.jp/tag/blog.php?k=3b465645b4b281a23e124c2baefe0b39&s=3d229&c=6″ /></a> ++++++++++++++++++++++++

Posted in ARTIST, MOVIE, SONG | Comments Off

The World Of Linda Creed: Portrays The Blackness

【リンダ・クリードの描くブラックの世界】 黒さ。 引き続き、リンダ・クリード・ネタで。彼女はきっとかなりのインテリで、しかも、ストリートの底辺の人たちの気持ちもよくわかっているの ろう。 からこそ、当時の黒人たちから支持された。 ここではスタイリスティックスの『ラウンド2』に収録されている「チルドレン・オブ・ザ・ゲットー」とスピナ-ズの『ニュー・アンド・インプルーヴド』に収められている「ゲットー・チャイルド」を選んで訳してみた。 当時はプ­モーション・ビデオなんてものはなかったが、この­詞を­む けで、プ­モ・ビデオの 像が想像できるではないか。それ けストーリー構成、描写がうまいということ 。­詞から 像が浮き上がる詞というのはとても優れている。 「チルドレン・・・」は後に同じくフィラデルフィアのガール・グループ、ジョーンズ・ガールズがカヴァーする。この2曲とも、ものすごく「ブラックネス(黒さ)」が感じられる。他にも、「ベッチャ・バイ・ゴーリー・ワウ」なんか、もろブラック 。 しばし、リンダ・クリードの描く世界をご 能あれ。できれば、一緒にレコード(CD)でも聴きながら。  スタイリスティックスのこの曲は、あまりベストなどに収録されていない。現在カタ­グに残っているのはスタイリスティックスの5枚組のCD った。『ラウンド2』は在庫切れ が、12月には再発されるので、それをお待ちく さい。スピナーズは、「ベスト・オブ・スピナ-ズVOL.1』に収録。 スタイリスティックス『ラウンド2』 ラウンド2 posted with amazlet on 06.11.10 ザ・スタイリスティックス ビクターエンタテインメント (2006/12/16) Amazon.co.jp で詳細を見る スピナ-ズ『ベスト、VOL.1』 ベスト・オブ・スピナーズ(1) posted with amazlet on 06.11.10 スピナーズ イーストウエスト・ジャパン (1997/07/25)売り上げラン­ング: 526363 おすすめ度の平均: フィラデルフィアソウルといえばなにはなくともスピナーズ フィラデルフィア・ソウルといえばスピナーズ Amazon.co.jp で詳細を見る +++++ Children Of The … Continue reading

Posted in SONG | Comments Off

“Guess Who I Saw Today” Is Nancy Wilson’s Signature Song

【「ゲス・フー・アイ・ソウ・トゥデイ」】  起承転結。 2006年9月25日付け日記でシャンテ・ ーア&ケニー・ラティモアのライヴについて書いた。その­で、曲名がはっきりわからない曲のひとつとして「ゲス・フー・アイ・ソウ・トゥデイ(今日、私は誰を見かけたと思う?)」をセットリストに載せておいた。­者の方から、ナンシー・ウィルソンなどが­っているジャズスタンダードでは、とご指摘いた いた。僕はこの曲を知らなかった。その通り ったので、この曲についてちょっと調べてみた。 September 25, 2006 Chante Moore & Kenny Lattimore: Moody’s Mood For Lovers http://blog.soulsearchin.com/archives/2006_09_25.html この「ゲス・フー・・・」は、元々1952年ブ­ードウェイのミュージカル・レヴュー『ニュー・フェイセス』の­で使われた作品 った。『ニュー・フェイセス』ではアーサ・­ットなどが出演。このレヴューは1954年に 画化もされる。そして、挿入­のひとつ「ゲス・フー・・・」を書いたのはマレー・グランドとエリーゼ・ボイド。グランドは1919年8月27日ペンシルヴェニア州フィラデルフィア生まれ。エリーゼは不明。彼(マレー)はシンガー、ピアニストで弾き語りなどをしていた。1930年代のナイトクラブ・シーンで活躍していたという。彼らにとって、この「ゲス・フー・・・」は最大のヒットとなった。 この曲は1957年、ポップ・シンガー、イーディー・ゴーメ(同じくシンガー、スティーヴ・­ーレンスと結婚した­手)が録音するがヒットには至っていない。その後、1960年、ナンシー・ウィルソンがアルバ 『サ シング・ワンダフル』で録音、さらに彼女は1965年、ライヴ作『ナンシー・ウィルソン・ショウ』でもレコーディング、徐々に知られるようになり、また、ナンシーの持ち­、代表曲として有名になっていった。他にもカーメン・マクレイ、ジュリー・­ンドン、グラディー・テイトなど多数のカヴァーが生まれている。最近では­ーラ・フィジーも録音している。 曲の内容は、夫が帰宅した後に妻が夫に語りかける会話で、今日の午後、街で誰を見かけたと思う? そのカップルは恋人のようで、私はその からすぐに立ち去った。誰を見かけたと思う? 私は、あなたを見かけたのよ、という­。ストーリーの起承転結のよく描けた傑作 。こんなストーリー 。  ゲス・フー・アイ・ソウ・トゥデイ Guess Who I Saw Today, by Murray Grand (music) and Elisse Boyd (lyrics). 今日は仕事から帰るのがずいぶんと遅いわ­。電車に乗り遅れたの?雨にでも降られてしまったの?いいの、別に言い訳なんかしなくてもマティーニでも作りましょうか本当のところ、あなたと一緒に飲みたいくらいなのよ­直に言うと­、今日はちょっとした一日 ったのよ ­え、今日、誰を見かけたと思う?私、今日、何か新しい物でもないかと思って街に出かけた一段落して、ちょっと何かつまもうと思ったいい店でもないかと思っていたら車を­めた近くにとってもおしゃれなフレンチ・カフェがあった。それほど くなかった。 そこに入って行くと、ウエイターが薄暗い角の­を用意してくれた目が暗闇に慣れてきたらそこにいた二人に私の目は釘付けになったのバーに熱々の2人がいた離れた­から見てもラヴラヴ った ­え、あなた、誰を見かけたと思う?あんなショックは受けたことがなかったわ私は忍び足でドアに向かったカップルは横を通る私に気づかなかった­え、あなた、今日誰を見かけたと思う? 私が見たのは、あなたなの!! (訳詞 ソウル・サーチャー) Guess … Continue reading

Posted in LIVE, SONG | Comments Off