Category Archives: MOVIE>ACADEMY

79th Academy: Oscar Goes To…

【第79回アカデミー賞・マーチン・スコセッシー遂に】 挑戦。 第79回アカデミー賞の授賞式が2007年2月25日(=日本時間、26日・月曜午前10時)に­スアンジェルスのコダックシアターで行われた。 パフォーマンスでは、ジェニファー・ハドソンらの『ドリー ・ガールズ』チー のものが印象的 った。しかし、『ドリー ・ガールズ』から3曲がノミネートされた­曲賞は、まったくの予想外で 『AN INCONVENIENT TRUTH』のメリサ・エスリッジに渡った。また、随所にでてきたシルエットのパフォーマンスもおもしろかった。 プレゼンテイターに渡辺謙が登 し、 々としていたところは 晴らしかった。ちょっと感動した。 予想結果は、全24部門­本命で13部門、対抗で8部門で的­、両者あわせると8割7部5厘の的­率。個人的にはグラミーより当たるところが痛し痒し。(苦笑) 主要6部門、主演・助演・男優・女優、作品賞、監督賞では本命で5、対抗で1 ったのでかなりの成績 。唯一対抗にしたのは、助演男優賞の部門。僕はエディー・マーフィーを本命にしていたが、『リトル・ミス・サンシャイン』のアラン・ラー­ンに行った。 また、作品賞、監督賞がついにスコセッシーに行ったところが見事。これはまさに本命 った。また、スピーチでは、主演男優賞の本命、フォーレスト・ウィテッカーのものが感動的 った。「かつてドライヴイン・シアターで見ていた 画に自分が出ることになるなど夢にも思わなかった。その夢が実現した」といったような内容。菊地凛­さんは残念 ったが、ノミネートされた けでも、日本人として誇りを感じる。すばらしい。どんどんとハリウッド 画に挑戦して欲しい。 しかし、ワウワウ(WOWOW)の日本サイドの部分は、もう少し 画に詳しい人を せないの ろうか。少なくとも、司会者も含めノミネート作品は見ていて欲しいところ。試写が時間的制約で見られないとしても、その作品の内容のおおまかのところは知っておいて解説か、語ってほしい。その作品がどういう作品・ストーリーか、どこが評価されてノミネートに至ったのか、演技はどうなのか、脚本がいいのかなど、今回の­継は 画の内容についてはまったくなかったので、熱心な 画ファンでなくともかなりストレスがたまる。熱心な 画ファンは怒り心 ­ ろう。なんでちゃんとした 画評論家でも出せないの ろうか。来年はもうすこしまともな解説を みたい。 オフィシャルサイトは次の通り。 http://www.oscar.com/ 79TH AWARDS WINNERS 01. Best motion picture of the year 最優秀 画 BABEL 受賞 本命 THE DEPARTED LETTERS FROM IWO JIMA 対抗 LITTLE MISS SUNSHINE THE QUEEN 02. Performance by an actor in … Continue reading

Posted in MOVIE>ACADEMY | Comments Off

79th Academy Predictions

【第79回アカデミー賞・予想】 予想。 第79回アカデミー賞の授賞式が来る2007年2月25日(=日本時間、26日・月曜午前10時)に­スアンジェルスのコダックシアターで行われる。また本命、対抗で予想をしてみる。2年前から始め、一昨年は9部門で予想し、本命対抗で全部門、昨年も10部門で本命対抗で全部門当たっている。そこで今年は24部門に広げてみた。さすがにアカデミーともなると、予想記事が充実していて、丹念に­んでいくとひじょうにおもしろい。果たしてどうなるか。本命・対抗トータルで6割(15部門)来ればよしとするところ が・・・。日本人は来るか。ついにマーティン・スコセッシーにオスカーは渡るか。オスカーは誰の手に。 オフィシャルサイトは次の通り。 http://www.oscar.com/ NOMINATIONS BY CATEGORY – 79TH AWARDS 01. Best motion picture of the year 最優秀 画 BABEL 本命 THE DEPARTED LETTERS FROM IWO JIMA 対抗 LITTLE MISS SUNSHINE THE QUEEN 02. Performance by an actor in a leading role主演男優賞 Leonardo DiCaprio … Continue reading

Posted in MOVIE>ACADEMY | Comments Off

Two Interesting Compilation Album Has Released: “Atlantic Unearthed: Soul Brothers” & “Atlantic Unearthed: Soul Sisters”

【アトランティック掘り起し作品集登 】 掘り起し。 ソウルの名門アトランティック・レコードの倉庫に る作品群を掘り起した強力なコンピレーション・アルバ 2枚が出た。 男性シンガーを編纂した「アトランティック・アンアースド:ソウル・ブラザース」とその女性版「アトランティック・アンアースド:ソウル・シスターズ」。「アンアースド(Unearthed)」というのが、「~を掘り起す、発掘する」という意味 。まさに、タイトル通りのコンピレーション、全米で2006年6月6日リリースされた。 ソウルの宝庫アトランティック・レコードに残っている未発表曲、またシングルのB面などに収められていた作品などを集めて編纂したアルバ で、初CD化のものも多数ある。日本でのリリースも検討­。 例えば、男性編では、ウィルソン・ピケット、ダニー・ハザウェイ、アーサー・コンレー、パーシー・スレッジらの未発表曲が収録されている。女性シンガー編ではアレサ・フランクリン、マージー・ジョセフ、パティー・ラベル、ディー・ディー・ワーウィック、スイート・インスピレーション、べティー・スワンの未発表曲が収録。またシングルのみのリリースでCD化されていなかった作品なども多い。 いたい64年から73年までにリリースされたものが­心になっている。 このコンピレーションを編纂したのは、ソウル・ミュージック 究家デイヴィッド・ネイサン。ネイサンはイギリス人で、現在は­スアンジェルス在住。イギリスのソウル音楽雑誌「ブルース・アンド・ソウル」に60年代後期からソウル関係の原稿を書き始め、「イギリスのソウルミュージック大使」の異名をとる。膨大な知­と取材によって、ソウル博士としても知られ、多数のライナーノーツ、コンピレーションの編集などを行っている。 どの曲も聴き応えがあるが、男性シンガーではピケット、ウーマック、クレイなど特に印象に残る。また、ダニー・ハザウェイの未発表曲も、すばらしい。これは73年1月にアリフ・マーディンのプ­デュースで録音されている。シャイ・ライツで72年にヒットする「コールデスト・デイズ・オブ・マイ・ライフ」は、それより先に、おなじくシカゴのウォルター・ジャクソンが70年にレコーディングしていたことを初めて知った。 女性編では、なんといってもアレサ・フランクリンが­う未発表ヴァージョン「マイ・ウェイ」 ろう。しかし、なんであのスタンダードがこんなにもソウルフルになってしまうの ろうか。まさに楽曲の解釈力のすさまじさを爆発させている。プ­デュースはト ・ダウドとアリフ・マーディンで、70年3月の録音。 カントリー・フィールもあるベティー・スワンの未発表曲「アイ・エイント・ザット・イージー・トゥ・ルーズ」は、モータウンのテルマ・ヒューストンが録音した曲のカヴァーということ が、どこかグラディス・ナイトあたりがレコーディングしそうな作品 。「イフ・アイ・ワー・ユア・ウーマン」によく似ている。 ベイビー・ワシントンの­うジミー・ラッフィンのヒット「ホワット・ビカー ズ・オブ・ザ・ブ­ークン・ハーテッド」は、最近では『永 のモータウン』で­われ、かなり日本でも有名になっている。 それにしても、アトランティックの倉庫は、宝の山なん ろうな。  ライノのウェッブ “Atlantic Unearthed: Soul Brothers” (Atlantic/Rhino 77625-2) http://www.rhino.com/store/ProductDetail.lasso?Number=77625 01. Can’t Stop A Man In Love – Wilson Pickett 02. How Does It Feel – Bobby Womack 03. You … Continue reading

Posted in MOVIE>ACADEMY | Comments Off

78th Academy Award: “Oscar Goes To…”

【第78回アカデミー賞授賞式】 順当。 第78回アカデミー賞が去る3月5日午後8時(東部時間)(日本時間6日午前10時)から、ロスアンジェルスのコダックシアターで発表された。ソウル・サーチン・ダイアリーではそのうちの9部門を予想、7部門が本命で、2部門が対抗で当たり、結局本命・対抗で10割の的中率となった。(グラミーより当たるというところが情けない=(笑)) 確か去年も全部当たってたような。 アニメでさすがに、アメリカの世論は『ウォレス・・』だったが、日本人なので、『ハウル』を本命にしたが、結局アメリカ世論通りということになった。また作品賞の『クラッシュ』は、きっと、『ブロークン・・・』と一騎打ちだったのだろう。下馬評では『ブローク・・・』だったが、『クラッシュ』は意外だった。そういう意味で言えば、全体的には作品賞の『クラッシュ』以外は、ほぼ順当な受賞ということになった。 受賞者など、オスカーのオフィシャルサイト。 http://www.oscar.com/ 1.主演男優賞 Performance by an actor in a leading role 【受賞】 本命Philip Seymour Hoffman in “Capote” (UA/Sony Pictures Classics) Terrence Howard in “Hustle & Flow” (Paramount Classics, MTV Films and New Deal Entertainment) 対抗Heath Ledger in “Brokeback … Continue reading

Posted in MOVIE>ACADEMY | Comments Off

78th Oscar Predictions

【オスカー予想】 予想。 第78回アカデミー賞が来る3月5日午後8時(東部時間)(日本時間6日午前10時)から、ロスアンジェルスのコダックシアターで発表される。そのうちの9部門の予想をしてみた。昨年同様、さまざまなメディアにでた記者の分析、予想記事を元にしてみた。本命と対抗あわせて4割も当たればいいところではないでしょうか。 1.主演男優賞 Performance by an actor in a leading role 本命Philip Seymour Hoffman in “Capote” (UA/Sony Pictures Classics) Terrence Howard in “Hustle & Flow” (Paramount Classics, MTV Films and New Deal Entertainment) 対抗Heath Ledger in “Brokeback Mountain” (Focus Features) … Continue reading

Posted in MOVIE>ACADEMY | Comments Off