Category Archives: ARTIST

Photographers & Musicians: What Will Photographer Capture Of Musician?

【写真家はミュージシャンの何を撮影するのか】 瞬間。 先日、デイヴィッド・T・ウォーカーの記事でいろいろ書いたが、それに対して写真家の坂下さんからBBSに『私もDavidの持つ全ての感情を­ャプチャーしたいと思っていました』と書き込みをいた いた。 December 23, 2007 David “God’s Hand” T. Walker: There’s Movement In Stillness http://blog.soulsearchin.com/archives/002219.html BBS(2007年12月23日付け) http://www.soulsearchin.com/soul-bbs2/soul20070927.cgi 上記記事に対する書き込み。 ミュージシャンを撮影する写真家というと、僕はいつもある一文を思い出す。 それは­バート・ジェー ス・ウォラーの書いたベストセラー『マディソン郡の橋』(1992年) 。た し、その本編の小説ではない、最後の「あとがき~タコマのナイトホーク」という文 。 マディソン郡の橋 (文春文庫) posted with amazlet on 07.12.25 ­バート・ジェー ズ ウォラー Robert James Waller 村松 … Continue reading

Posted in ARTIST | Comments Off

Distinctive Fingers, David T. Walker Says “Guitar Is My Voice”

【デイヴィッド・T・ウォーカー、ギターは私の声 】 声。 人気ギタリスト、デイヴィッド・T・ウォーカーが今年(2007年)5月自己名義で来日し、コットン・クラブでライヴを行い、その模様が 像収録され、DVDが発売されている。 LIVE IN TOKYO AT COTTON CLUB posted with amazlet on 07.12.19 インディーズ・メーカー (2007/08/08) 売り上げラン­ング: 8301 Amazon.co.jp で詳細を見る 5月のライヴの模様を見ながら、先日のライヴを思い出す。やはり、今回はひとりジェリー・ピーターズが わっている けで、サウンドの幅がぐっと広がっていることがわかる。しかし、デイヴィッドのギターのすばらしさは変わらない。 特典 像で、彼のインタヴューが入っている。これがなかなかいい内容 。この­で「自分が前面にでて、自身のバンドでやることにずっと興味がなかった。ま、でも、そろそろやってもいいかなと思ってやった」というようなことを言っているが、このあたりに彼の謙虚さがでている。常に誰かを支えてくるという人生で半世紀過ごしてきた彼ならでは 。超一流のバイプレイヤー、名脇役といったところ ろう。 ライナーノーツの­で、ドリー ズ・カ ・トゥルーの­村­人さんが、「デイヴィッドとやると、自分のベースがうまくなったような気になる」と言っているが、これも言いえて妙 。例えば、テニスなどの相手のあるスポーツ と、対戦相手が上手 と、こちら側も上手になったような気になってしまう。それと同じ 。 からミュージシャンもものすごく上級のミュージシャンとやると、周囲のミュージシャンもそれにひきづられてうまくなるの 。そうしたこそが、ミュージシャン同士を切磋琢磨(せっさたくま)し、ミュージシャンシップを厚くさせ、ケミストリー(化­反応)を起こさせる要 。デイヴィッドの … Continue reading

Posted in ARTIST | Comments Off

Carl Thomas’s New Album And His Coming Japan Tour…

【カール・トーマス最新作『ソー・マッチ・ベター』と来日・・・】 偶然。 11月に来日するカール・トーマスについての打ち合わせをするために恵比寿ウェスティンのコーヒーハウスで、レコード会社の方と待ち合わせ。カールは、以前バッドボーイ・レーベルから2枚のアルバ を出し、3作目が日本で5月に出た『ソー・マッチ・ベター』(フォーミュラ・レコーディングス)。最初のアルバ 『エモーショナル』がリリースされたのが2000年 から、もう7年も前のこと。ここに入っていた「アイ・ウィッシュ」は個人的にひじょうに好き った。 横浜に、この「アイ・ウィッシュ」をうまくカヴァーするブラックのシンガーがいて、よくピアノバーで彼にリクエストした。というより、彼自身がその曲が大好きで­っていて、それが僕も気に入っていたの 。あの彼は今、どこに? (笑) この新作は、元­CAレコードのエグゼクティヴであり、元モータウン社長でもあったジェリル・バズビーがアメリカで興したアンブレラ・レコードからの作品。アメリカではユニバーサルが配給しているが、日本はフォーミュラ・レコーディングスがライセンス契約しリリースしている。このフォーミュラからは昨年一足先にケイシー&ジョジョのケイシーのソ­アルバ が出た。 来日前に電話インタヴューして、新聞に掲載という話もあったの が、紙面の都合がつかず、結局ライヴ評を書くということで落ち着いたところ った。来日時にインタヴューでもしましょうか、あるいは、レコード会社ではラジオ・プ­モーションを考え­といった話 った。個人的には、­ース・スゥエットに続いての来日男性ソウル・シンガーで期待もしていた。 彼のファースト・アルバ 『エモーショナル』は、プラチナ ・ディスクに輝いた。しかし、まったく予期せぬ悲劇が襲う。2004年10月31日、彼の2­年上の兄が急­するの 。兄は、地元イリノイ州で、十代の若者たちによる車からの無差別銃撃の銃弾に倒れ、亡くなったのである。 この兄の­で彼は決定的に落ち込み、そして人生について深く考えたという。このときバッドボーイは、そのニュースをカールのファンに知らせることもなかった。さらに2作目の制作課程で、作品への介入が前作に比べ著しく大きくなり、カールはレーベルと対立。2作目は完成させ、結局ヒットになるが、その後、バッドボーイと袂を分かつことになった。 兄の非­の­を知ってアルバ を見ると、兄の墓石に手をかけるカールの写真が胸を打つ。アルバ は彼へのトリビュートになっており、各曲を見ていくと、その亡き兄を思う作品がいくつも収録されている。インタールードの「アイ・ミス・ユー」など、まさに兄へのメッセージ 。アルバ の内容はなかなかいい。 さて、その担当者Sさんが実は1980年代に僕がアドリブという雑誌で連載していた「プリンス物語」を熱心に­んでいて、それでプリンスとか、ジャ &ルイスとか、ミネアポリスもの、ひいては当時のブラック・コンテンポラリー系のレコードにのめりこん 、という話になった。あれを­まれていた方、けっこういるんです­え。ツナさん。(笑) カール・トーマスの最新作にもジャ &ルイスのてがけた曲が入っている。 で、ミネアポリス雑談などをしているとSさんの携帯にメールが入った。みるみるうちに表情が激変。「カール・トーマス、来日­­のメールが転送されてきました・・・」 おおおっ。じゃあ、この打ち合わせは、水泡に帰す? (笑) ところで、カール・トーマスの日本盤発売レーベルは先ほどから書いているが「フォーミュラ・レコーディングス」という。カールの­史を紐解くと、彼はバッドボーイと契約する前に、エピックレコード所属のグループに参 していたという。そのグループの名前が、なんと「フォーミュラ」というもの った。偶然! カール・トーマス 最新作『ソー・マッチ・ベター』 ソー・マッチ・ベター posted with amazlet on 07.10.18 … Continue reading

Posted in ARTIST | Comments Off

Jennifer Batten Showcase

【ジェニファー・バトゥン・ショーケース】 ギター。 ジェニファー・バトゥンというギタリストがいる。女性ギタリスト が、ご­知の方は、ギターマニアかな。彼女が有名になったのは、1987年のマイケル・ジャクソンの世界ツアーに参 したことから。このツアーはご­知の通り、ここ日本から始まった。そのときに、光るギター、そして、逆立ったヘアで大いに注目されたのが、ジェニファー・バトゥンである。とは言ってももう20年も前のこと 。 僕はマイケル・ジャクソンの1987年の初のソ­・ツアーを取材したので、そのときに初めてジェニファーに会った。その彼女に、20年ぶりに会った。ジェニファーはその後も、マイケルの「バッド・ツアー」「ヒストリー・ツアー」などにも参 、さらに、同じくギタリストとして最高峰のジェフ・ベックのツアーに誘われてワールド・ツアーに帯同している。 ちょうど、彼女の新作で通算3作目のアルバ 『ホワットエヴァー』がこの9月に日本先行で発売され、そのプ­モーションの一環で来日、話を聞くことができた。インタヴューの内容はまた後日お送りするとして、彼女のショーケース・ライヴが9日(火曜)に渋谷の東京スクールオブミュージック専門­ で行われた。 この日登 したのは、ジェニファーひとりなの が、コンピューターに事前にプ­グラ した音と 像とシンク­させてギターをプレイした。その 像がけっこう凝ったものでおもしろく、しかも、ギタープレイと同調していて、なかなか興味深かった。基本的には、­ックの世界なの が、こういうライヴ形式もあるのか、と思った。 ジェニファー・バトゥン 最新作『ホワットエヴァー』(ウッドベル) ホワットエヴァー(DVD付) posted with amazlet on 07.10.14 ジェニファー・バトゥン WOOD BELL RECORDS (2007/09/10) 売り上げラン­ング: 13195 Amazon.co.jp で詳細を見る 最新作は、DVDとCDの2枚組み。非常に実験的なアルバ 。 ENT>ARTIST>Batten, Jennifer

Posted in ARTIST | Comments Off

“Rehab” Again: Amy Wants To Learn From Mr. Hathaway

【『リハブ』~エイミー・ワインハウス・もう一度】 訂­。 9月9日付け、本ブ­グで新進気­のシンガー、エイミー・ワインハウスについて書いた。そのタイトルは【エイミー・ワインハウスはダニー・ハザウェイから­ぶことはないと言う】 った。この件に関して、「ちょっとニュアンスが違うのではないか」というご指摘をいた いた。 「ミスター・ダニー・ハザウェイから って­べないん から(That I can’t learn from Mr. Hathaway)」という­詞のラインから、タイトルを取ったの が、彼女はダニーから­べない、とは言っていないという指摘 。そこでもう一度、­詞をじっくり­んでみた。 う~む、なるほど。その前後を訳すとこういうこと った。 「私はレイ・チャールズを聴きながら、うちにいるほうが、マシ。70日(のリハビリ)なんか、やってられない。 って、リハビリ・センターでは、ミスター・ハザウェイが教えてくれないことなんて、何も教えてくれないん から」 (I’d rather be at home with Ray I ain’t got seventy days Cause there’s nothing There’s nothing you can … Continue reading

Posted in ARTIST | Comments Off

Stevie Wonder’s New Album Will Be Released By January?

【スティーヴィー、新作を来年1月までに発売したいと思う】 計画。 スティーヴィー・ワンダーが次のアルバ を制作し、来年1月までにリリースしたいと考えている。これは、昨年から伝えられているものでアルバ のタイトルは『ア・ゴスペル・トリビュート・トゥ・ルーラ』あるいは『ゴスペル・インスパイアード・バイ・ルーラ』というもの。スティーヴィーが久々のツアーを開始、そのデト­イトで記者会見を行い発表した。 2006年5月31日に、スティーヴィーの母ルーラ・ハーダウェイが­去。その悲しみと、母へトリビュートする意味で作品を作り始めた。スティーヴィーは、2008年1月11日に発売したいという。これは、母ルーラの78­の誕生日になる。スティーヴィーはこの日にリリースするために、珍しく「 切」を意­している、という。 作品は、スティーヴィーがほぼすべての楽器を操りレコーディング。ツアー­でも、ホテルの部屋に機材を持ち込んでコツコツ録音してきている。この制作方法は、前作『ア・タイ ・トゥ・ラヴ』と同様。そして、いくつかの部分をリアル・ミュージシャンにプレイしてもらう。前回で言えば、「ソー・ホワット・ザ・ファス」にプリンスのギターをいれてもらったり、アン・ヴォーグのコーラスをいれたりといった具合 。 このアルバ 用に十分な楽曲は揃っているという。トラディショナルなゴスペル けでなく、母親が好き った作品、母がスティーヴィーに教えた作品、あるいは、­う言語も英語 けに限らず、ズールー語。ヘブライ語、アラビア語などで­う作品もはいるかもしれない、という。 もし、1月11日に発売されると前作から約2年3ヶ月ぶりということになるが、これは近年のスティーヴィー作品のリリース 度としては記録的な速さとなる。「でも、満足できる出来でなければ、リリースはしないよ。わかってる ろ」とスティーヴィーは言う。 しかし、スティーヴィーの新作情 は、あくまで「予定­の予定」 。話半分に聞いておこう。 過去スティーヴィー関連記事・一部 June 14, 2006 Stevie Wonder’s Mother Died http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200606/2006_06_14.html (スティーヴィーの母・­去のニュース、および葬儀の模様) October 22, 2005 Studying “A Time To Love” Part 1 … Continue reading

Posted in ARTIST | Comments Off

Amy Winehouse: A Star Is Born

【エイミー・ワインハウスは、リハブに入ったらダニー・ハザウェイやレイ・チャールズから­べなくなるから、入りたくないと言う】 新星。 このところ個人的にヘヴィー・­ーテーションになっているのが、イギリスのシンガー、エイミー・ワインハウスの新作アルバ 『バック・トゥ・ブラック』 。最初のシングル「リハブ」を始め、全体的に1960年代風の香りが漂う。1983年9月14日イギリス生まれ、現在23­、今週24­になる。 このシンガー、すでにラジオなどでけっこうかかり始めているが、たとえば、山野楽器の長谷部さん(54)も大のお気に入りで、さっそく今日の「山野ミュージック・ジャ 」のコーナーでも紹介することになった。かと思えば、マーチンさんマネージャーみぽりんさん(40)も、特に「リハブ」はシャネルズの曲を聴いて作ったんじゃないか、と疑っているもののめちゃお気に入り。かと思えば、『ソウル・ブレンズ』ディレクター波さん(31)も、早くから注目して個人的へヴィ­テに。かと思えば、女­大生さっちゃん(20)も、何度か聴いているうちに、­毒状態になりつつある。 というわけで、20代から50代まで幅広い層から支持を集めているエイミー・ワインハウス。サウンドは、60年代の­ネッツやモータウン・サウンドなどを元に作っていて、かなり昔風。メ­ディーもイギリスもの けに、日本人受けする。しかも、プリンスからオープニング・アクトをやらないかと誘われたり、ミック・ジャガーと共演したりと、ミュージシャン間の人気も抜群 。 エイミーは、2007年5月18日にフ­リダ州マイアミで、ブレイク・フィルダー・シヴィルという男性と結婚した。彼とは2年前につきあっていたが、一時期彼が元恋人とよりを戻していた。それを乗り越えての結婚 った。最新作『バック・トゥ・ブラック』には、そのブレイクとのいろいろな出来事(自分の失恋、復縁など)が描かれている。タイトルは、彼氏に去られて「真っ暗に舞い戻る」という感じ 。 15­で高 を放 となり、酒と男に溺れ、酒のリハビリに行けとマネージャーに言われたところ、そのマネージャーのクビを切り、その時のことを曲にしたのが、「リハブ」 という。 「リハブ」には、レイやハザウェイがでてくる。そう、レイ・チャールズやダニー・ハザウェイ 。「リハビリに行かせようとしたって、絶対行かない。家でレイ・チャールズを聴いてたほうがマシ。70日も入ってるなんて、とっても無理無理。リハビリ行ったって何も覚えやしないん から。リハビリに入っちゃったら、ミスター(・ダニー)・ハザウェイも聴けなくなって、ダニーから­べることも­べなくなっちゃうん から」 この後に、「もっとも、ショット・グラスをひっかけ飲ん ところで、­ぶこともないん けど­」というオチもある。そう、リハビリに入ったら、レイやダニーが聴けなくなってしまい、彼らから­べることも­べなくなる、という主張 。 コンサートやインタヴューのドタ­ャンも日常茶飯事か、エイミー。それは 天荒なエイミー。プリンスが気に入るというのもわかる。日本での快進撃はこれから 。 エイミー・ワインハウス『バック・トゥ・ブラック』 Back to Black posted with amazlet on 07.09.09 Amy Winehouse Island … Continue reading

Posted in ARTIST | Comments Off

Babyface’s New Album Will Be Covers Of 70s Pop Songs

【ベイビーフェイスの新作は、70年代カヴァー曲集】 <br> 期待。<br> ベイビーフェイスが2007年9月18日に全米で2年ぶりの新作『プレイリスト』をリリースするが、これは彼が十代によく聴いていた思い出の曲を録音したものになる。1970年代のヒット集で、しかも、ソウル、R&B系ではなく、ポップ、­ック系の選曲というユニークな企画で大きな話題を集めそう 。またこれはアイランド・レコード移籍第一弾となる。<br> 選ばれた曲は、ジェー ス・テイラーの「ファイアー・アンド・レイン」(1970年)、同じくテイラーの「シャワー・ザ・ピープル」(1976年)、エリック・クラプトンの「ワンダフル・トゥナイト」(1978年)、ブレッドの「ダイアリー」(1972年)、ジ ・ク­ーチの「タイ ・イン・ア・ボトル」(1973年)、ボブ・ディランの「ノッ­ン・オン・ヘヴンズ・ドア」(1973年)、デイヴ・­ギンスの「プリーズ・カ ・トゥ・ボストン」(1974年)、ダン・フォーゲルバーグの「­ンガー」(1979年)など。この他に、2曲のオリジナル新曲が録音されている。新曲の1曲「ノット・ゴーイング・ノーホエア(どこにも行かない)」は、ベイビーフェイスが別れた元妻トレイシーと、その間に生まれた­供のことを­った作品。両親は離婚しても、親はどこにも行かない、ずっとそばにいる、というもので、もう1曲「ソルジャー・ソング」はイラク戦争に行っている兵士たちのことを­ったもの。<br> この選曲ラインアップを見る けで、ベイビーフェイスの音楽的趣向性のようなものがわかる。また、ベイビーフェイスにあった楽曲が選ばれており、前作以上のセールスが期待される。<br> ベイビーフェイスによれば、「自分の過去を形作ったのがこうした曲であり、これらの作品はこんどは自分の将来を形作るものになると思う」と語っている。<br> ある意味で、­ッド・スチュワートがジャズスタンダード、アメリカン・スタンダードをカヴァーして大ヒットを飛ばしたが、それよりさらに時代が進み、現在トップで活躍しているアーティストたちが多感な十代から二十代前半までにヒットしていた1970年代の作品、つまり、彼らがリアルタイ で聞いてきた曲をカヴァーするという企画は、タイミング的にもかなりいいような気がする。<br> ベイビーフェイスは1958年4月10日インディアナ州インディアナポリス生まれ。1970年にはちょうど12­。1970年代はまさに彼にとって青春時代 。<br> 個人的には、ジ ・ク­ーチの名曲「タイ ・イン・ア・ボトル」が一体どんなベイビーフェイス節になっているのか、ものすごく楽しみ 。<br>  2001年作品『ザ・デイ』<br> <div class=”amazlet-box” style=”margin-bottom:0px;”><div class=”amazlet-image” style=”float:left;”><a href=”http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005L9LO/soulsearchiho-22/ref=nosim/” name=”amazletlink” target=”_blank”><img src=”http://ec1.images-amazon.com/images/I/21n447sd7vL.jpg” alt=”ザ・デイ” style=”border: none;” /></a></div><div class=”amazlet-info” style=”float:left;margin-left:15px;line-height:120%”><div class=”amazlet-name” style=”margin-bottom:10px;line-height:120%”><a href=”http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005L9LO/soulsearchiho-22/ref=nosim/” name=”amazletlink” target=”_blank”>ザ・デイ</a><div class=”amazlet-powered-date” style=”font-size:7pt;margin-top:5px;font-family:verdana;line-height:120%”>posted with <a href=”http://www.amazlet.com/browse/ASIN/B00005L9LO/soulsearchiho-22″ title=”ザ・デイ” target=”_blank”>amazlet</a> on 07.08.08</div></div><div … Continue reading

Posted in ARTIST | Comments Off

Etta James Hospitalized

【エタ・ジェー ス入院】 <br> 入院。<br> ヴェテランR&B、ブルーズ・シンガー、エタ・ジェー スが7月末に­スアンジェルスのシーダース・サイナイ病院に入院した。これは、去る6月­旬に腹部の手術をした結果、容態が悪くなり再入院したもの。現在は、容態は安定しており、8月末には退院できるのではないかと見られている。<br> エタ・ジェー スは、今月からBB­ング、アル・グリーンらとのツアーが予定されていたが、エタに代わってシャカ・カーンが参 することになった。<br> 医師は、「もちろん、ツアーに戻るのは彼女の判­ が、実際ツアーに戻るのは、かなり危険 」と­告している。<br> エタ・ジェー スは1938年1月生まれの69­。白人とのハーフ。母親は16­のときにエタを生ん 。父親は、後に母親がエタに語ったところによると、1930年代以降全米をまたにかけ活躍した有名なビリヤード・プレイヤー、ミネソタ・ファッツ という。<br> エタのソウルフルな­唱は、のちにジャニス・ジョプリンに大きな影響を与え、ジャニスをして「あなたのように­いたい」と言わせた。<br> 最新作は2006年にリリースされた『オール・ザ・ウェイ』。<br> 1992年8月に来日して公演もしている。<br>  エタ・ジェー ス (ベスト・アルバ ) 『ゴールド』<br> <div class=”amazlet-box” style=”margin-bottom:0px;”><div class=”amazlet-image” style=”float:left;”><a href=”http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000LXSTQI/soulsearchiho-22/ref=nosim/” name=”amazletlink” target=”_blank”><img src=”http://ec1.images-amazon.com/images/I/21r9302nwkL.jpg” alt=”Gold” style=”border: none;” /></a></div><div class=”amazlet-info” style=”float:left;margin-left:15px;line-height:120%”><div class=”amazlet-name” style=”margin-bottom:10px;line-height:120%”><a href=”http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000LXSTQI/soulsearchiho-22/ref=nosim/” name=”amazletlink” target=”_blank”>Gold</a><div class=”amazlet-powered-date” style=”font-size:7pt;margin-top:5px;font-family:verdana;line-height:120%”>posted with <a href=”http://www.amazlet.com/browse/ASIN/B000LXSTQI/soulsearchiho-22″ title=”Gold” target=”_blank”>amazlet</a> on 07.08.07</div></div><div … Continue reading

Posted in ARTIST | Comments Off

Stevie Wonder Will Kick Off US Tour First In 12 Years

【スティーヴィー・ワンダー全米ツアーへ】<br> 12年ぶり。<br> スティーヴィー・ワンダーが、約12年ぶり(­確には12年8ヶ月ぶり)に全米ツアーにでる。今回のツアー・タイトルは『ア・ワンダー・サマーズ・ナイト・ツアー』で、現在、13都市でのライヴが予定されている。若干の追 公演がでるかもしれない。チケットは8月1週目から 次発売される予定。オープニングは8月23日のカリフォルニア州サンディエゴ。<br> スティーヴィーの全米規模のツアーは、1994年12月末から1995年1月にかけての『ナチュラル・ワンダー・ツアー』以来。このときは11都市を回った。単発のライヴやゲスト出演などは数多くあったり、また、日本ツアーはこの間にも何度か行っているが、全米ツアーは久々となる。今回の公演会 は いたい5000人収容の­規模のホールで、これまでの大規模アリーナではない。<br> また、スティーヴィーはこのツアー開始に関連して、2007年8月4日付けニューズウィーク誌電­版でインタヴューに­えた。その­で、スティーヴィーは次作のタイトルは『ゴスペル・インスパイアード・バイ・ルーラ(The Gospel Inspired by Lula)』 で、昨年5月に亡くなった母親へ捧げる作品となり、来年(2008年)1月11日の母親の誕生日までにリリースしたい、と言っている。このツアーでも、そのアルバ に収録される予定の作品から­うつもり とも述べている。<br>  インタヴュー記事(2007年8月4日付けニューズウィーク=英語)<br><a href=”http://www.msnbc.msn.com/id/20123598/site/newsweek/”>http://www.msnbc.msn.com/id/20123598/site/newsweek/</a>  スティーヴィーの母、­去の記事<br>June 14, 2006 Stevie Wonder’s Mother Died <a href=”http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200606/2006_06_14.html”>http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200606/2006_06_14.html</a>  ”A WONDER SUMMER’S NIGHT TOUR”公演予定<br> Aug. 23, 2007 San Diego, CA Humphrey’s Aug. 25 Lake Tahoe, CA Harvey’s Lake … Continue reading

Posted in ARTIST, LIVE | Comments Off

Kishita Kohshi Will Sing 3 Songs On NHK-FM “Soul Music”

【木下航志NHK-FM『ソウル・ミュージック』にゲスト出演】 時々刻々。 シンガー、木下航志くんが、8月2日放送NHK-FM『ソウル・ミュージック』(毎週木曜午後11時~12時10分)にゲスト出演する。その収録があり、見­した。 NHKの502スタジオには、昔ながらスタンウェイのピアノがあり、毎日調律されている。これがなかなかいい音をする。本番前に、何曲か木下くんに練習がてら­ってもらった。 番組内での弾き語り、当初は2曲の予定 ったが、リハーサルのときに、8月の品川教会でのライヴで­う予定曲をちょっと聞かせてもらっていたら、それを聞いたDJの尾臺さんがそれもやってく さい、とのことで急遽ライヴ3曲とあいなった。 2曲は、3月の『ソウル・サーチン』で­った曲の一人ヴァージョン。『ソウル・サーチン』のイヴェントにいらした方、また本ブ­グを­まれている方ならご­知の曲 が、放送前なのでここでは曲名を書かないが、まったく違ったヴァージョンに仕上がっており、びっくりした。ものすごくシンプルながら彼の声が前面にでた、ちょっとゴスペル調の­いまわしが印象的 。『ソウル・サーチン』ではバンド ったが、ここではピアノの弾き語りということで、それにしてもこうも変わるかという感じ。 もう1曲は、8月の品川教会でのライヴで初お披露目の予定曲。僕が選曲を提案していたの が、どれくらいできているか、ちょっと聴いてみたいと思ってやってもらった。元の曲(­確には彼に聞いてもらったCDのヴァージョン)は、ギターを主体とした夏向きのバラードで、ギターソ­なども入る作品なの が、これを見事にピアノに置き換えてやっている。大体、85-90パーセントくらい完成している感じ 。ちょっと英語の発音などで微調整が必要なの が、この英語に関しては8月の第一週にブレンダ・ヴォーンじきじきの英語発音練習の日が一日か二日あるので、その特訓でかなりレベルがあがる ろう。 で、この問題の曲。最初、やったヴァージョン(これはもちろん録音されていない)と、本番用にやったヴァージョン(これは録音され、放送される)が、もうすでに微妙に違う。ちょっと裏声を使うところがあるの が、そのアドリブが変わって、思わずおおっと感心した。なんか、日々、いや時々刻々、変化、成長、伸張している感じ 。 ということで、この曲は品川教会でのライヴが初披露のはず ったが、NHK-FMでのほうが世界初公開になった。 この模様は、次週2007年8月2日(木)午後11時からNHK-FM『ソウル・ミュージック』で放送されます。航志くんファンは、ぜひエアチェックの用意を。(笑) ENT>MUSIC>RADIO>FM>Soul Music ENT>MUSIC>ARTIST>Kishita, Kohshi

Posted in ARTIST | Comments Off

Andrea True Connection’s “More More More” Story

【「モア・モア・モア」誕生秘話】 <br> ひょうたん。<br> 来月(2007年8月)ビクターからリリースされる『ディスコ・チャンピオン・リミテッド』というディスコヒットのオ ニバスの解説原稿を書いていて、その­におなじみの「モア・モア・モア」があり、いろいろ調べていたらこの曲のおもしろい誕生秘話がでてきた。ライナーノーツではほんの200­程度しか書けないので、このブ­グでご紹介したい。<br> この「モア・モア・モア」は、アンドレア・トゥルーという元ポルノ 画スターが­って放ったヒット。全米では1976年2月からヒットし、ソウルで23位、ポップで4位、ディスコで2位を記録、ゴールド・ディスクになっている。この他に「ニューヨーク・ユー・ガット・ミー・ダンシング」などのディスコ・ヒットがあり、アルバ も3枚出している。<br> さて、アンドレア・トゥルーは、これまで1952年5月29日テネシー州ナッシュヴィル生まれとされていた。ジョエル・ウィットバーン著のチャートブックではいずれもこの生年月日が紹介されている。ところが、今回調べたところ、アメリカのウィッ­ペディアによると、ナッシュヴィルは同じなの が、なんと1943年7月26日生まれとなっているではないか。9­も違う。しかも、月日もぜんぜん違う。一般的に生年月日は古いほうが真実に近いので、これは彼女は9­ほどサバを­んでいたのであろうか。まず、これに驚嘆。<br> 彼女はナッシュヴィルの保守的なセント・セシリア・アカデミーという­ で寄宿舎生活をしていた。ここを1956年に卒­。これが本当であれば、1952年生まれはありえない。また1943年生まれでも、13­ 。もし18­で卒­していれば、さらに5­増え、1938年あたりになってしまう。あるいは成績優秀で飛び級で早く卒­できたのかもしれないが。卒­年がもう少し後ろなのか。どうも、このあたりのバイオグラフィーは信 性に乏しい。<br> いずれにせよ、卒­後、彼女は 画スターを夢見てニューヨークに向かう。いくつか、小さな役を得ることが出来たが、大きな役は取れなかった。そんな失意の 、彼女の元にポルノ 画出演の話が舞い込み、これを受ける。以降彼女は多数のポルノ 画に出演、50本以上のポルノにでて、そのほとんどがX指定 。<br> 生年から考えると、1950年代後半か1960年代の話と思えるが、インターネット・アダルト・フィル ・データベース(しかし、すごいデータベースがあるもの =(笑))を調べると、彼女がアクティヴ ったのは、1971年から1983年くらいまでとある。そして、作品リストがどっとでてきた。28­で初出演 と1943年生まれになる。この時代、いくつか芸名を持っていた。たとえば、「インガー・­ッシン」「アンドレア・トラヴィス」「シン・­ウ」「シング・­ウ」など 。<br> さて、1975年、アンドレアはジャマイカの不動産会社のCMに出演することになり、その撮影のために、ジャマイカに向かった。ところが彼女がジャマイカ滞在­に、政治的な変革で、国外への外貨持ち出しが禁­されてしまった。つまり、CMを撮影してもそのギャラをアメリカに持って帰れないというの 。<br> そこで彼女は一計を案じた。以前から知り合い ったニューヨークの音楽プ­デューサー、グレッグ・ダイアモンドに連絡し、ジャマイカで曲をレコーディングして、そのマスターテープを持って帰ろうというの 。テープであれば、現金ではないので、国外に持ち出せる。もらったギャラを、当地のミュージシャンたちへのギャラ、スタジオ代などで使ってしまおうというアイデア 。<br> グレッグは、急にふってわいた話 ったが、とりあえず­なしのインストゥルメンタル・トラック けをいれたマスターテープを持ってジャマイカにやってきた。そこで、アンドレアとともに急遽­詞を書き、現地のホーンセクションなどのミュージシャンを起用してレコーディングを完成させた。<br> 無事このマスターテープをアメリカに持ち帰ったアンドレア・トゥルーとグレッグ・ダイアモンドは、ま ミックス(トラックダウン)前のマスターを、「ディスコ・ミックスの父」ことト ・モウルトンに聴かせた。ト はこの作品を気に入り、ミックスをすることを引き受け、「モア・モア・モア」は、「ア・ト ・モウルトン・ミックス」で完成。<br> これは1976年1月に12インチが配布され、瞬く間にディスコで話題を集め始め、ディスコ、ソウル・ラジオ、はてはトップ40でも大ブレイクした。現金を持ち出すことができなくなったおかげでジャマイカでレコーディング・セッションを行い、それが大ヒットに結びついたの から、音楽の神様はどこでどう微笑むかわからない。まさにひょうたんから駒 。<br> アンドレア・トゥルーはその後もディスコを狙った作品を し、デビュー作に収録されていた「ニューヨーク・ユー・ガット・ミー・ダンシング」などは、ディスコでも大いに受けていた。<br> 3作目がヒットしなかった後、アンドレアは一時期ポルノ­界に戻ろうとしたが、30代­盤を越えていた彼女にはなかなか仕事はこなかった。一方、彼女は喉におおきな腫れ物が出来る病気にかかり、結局、手術をする。このことによって、­手生命も絶たれ、その後は静かにプライヴェート・ライフを送っていた。<br> それからおよそ20年後、1999年、カナダのグループ、レンが「モア・モア・モア」のリフを使い、「スティール・マイ・サンシャイン」という曲をヒットさせたことから、再びアンドレアも脚光を浴びることになった。これを機に彼女は「あの彼らは今どこへ」といったテレビ番組などで取り上げられるようになる。VH1が作成した「100グレイテスト・ダンス・ソングス・イン2001」で45位に選出されたり、「VHS1・100グレイテスト・ワンヒット・ワンダー・イン2003」に選出されたりしていた。<br> その­で、彼女は、「人々に快感を与えた人物として覚えておいてもらいたい。私の音楽で­」といったコメントをしている。ポルノではなく、音楽で快感を与えた、というところがおもしろいところ 。<br> 彼女は現在はフ­リダ在住で、星 いなどをしたり、ドラッグ­毒者に対するカウンセラーなどを行っている、という。1943年7月26日生まれ とすると、まもなく64­である。<br>  アンドレア・トゥルー・コネクションの『モア・モア・モア』<br> <div class=”amazlet-box” style=”margin-bottom:0px;”><div class=”amazlet-image” style=”float:left;”><a href=”http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000002UP0/soulsearchiho-22/ref=nosim/” name=”amazletlink” target=”_blank”><img src=”http://ec1.images-amazon.com/images/I/214WTDFC2TL.jpg” alt=”More, More, More: The Best of the Andrea True Connection” style=”border: … Continue reading

Posted in ARTIST | Comments Off

“Fortunate Son” Is Book About Bush, Too

【ブッシュ大統 のことを書いた本のタイトルも『フォーチュネイト・サン』】 <br> 慧眼(けいがん)。<br> 「フォーチュネイト・サン」について書いたが、その後わかったの が、同名の本がでていた。『Fortunate Son: George W. Bush and the Making of an American President 』という現在のブッシュ大統 のことを書いた本。もちろん、親が元大統 のブッシュ、その息­のブッシュは現大統 、まさに曲が­うところの「フォーチュネイト・サン(幸運な息­)」である。<br> この本は、2001年に全米発売されたときに、ブッシュ側が発売を差し­めようとしたらしく、10万部が回収されたらしい。現在はペーパーバックなどで発売されている。ブッシュ家の暗部がかなり暴露されているよう 。特にブッシュが最初に石油ビジネスを始めようというときに資金援助をしたのが、ビンラディンのアメリカ代表のような人物 ったというあたりはかなり衝撃的。日本版もでている。日本語のタイトルは、『幸運なる二世ジョージ・ブッシュの真実 』。<br> <div class=”amazlet-box” style=”margin-bottom:0px;”><div class=”amazlet-image” style=”float:left;”><a href=”http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4899980167/soulsearchiho-22/ref=nosim/” name=”amazletlink” target=”_blank”><img src=”http://ec1.images-amazon.com/images/I/21JKE6THWRL.jpg” alt=”幸運なる二世ジョージ・ブッシュの真実\” style=”border: none;” /></a></div><div class=”amazlet-info” style=”float:left;margin-left:15px;line-height:120%”><div class=”amazlet-name” style=”margin-bottom:10px;line-height:120%”><a href=”http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4899980167/soulsearchiho-22/ref=nosim/” name=”amazletlink” target=”_blank”>幸運なる二世ジョージ・ブッシュの真実</a><div class=”amazlet-powered-date” style=”font-size:7pt;margin-top:5px;font-family:verdana;line-height:120%”>posted with … Continue reading

Posted in ARTIST | Comments Off

“Fortunate Son” Story (Part 2): “Die Hard 4.0″ Saga Continues 

(昨日からの続き) <br> 【「幸運な息­」(フォーチュネイト・サン)物語(パート2)】 <br> 混迷。 <br> ジョン・フォガーティーは、この曲についてこう語っている。 <br> 「これはニクソン(大統 )と自分の戦いのようなものなん 。つまり、権力を持つ者、すべてをもっている者たちとの対決 。ワシントンに住む連­に対して、僕は大きな車に乗っていて、とても尊敬できるような連­ではない、ネガティヴなイメージを持っていた。ヴェトナ 戦争のとき、(人は行かせるのに)自分たち自身は戦争に行かないような連­ 。ドゥワイト・アイゼンハワー(大統 =34代)の­デイヴィッドのことを思い浮かべていた。彼はニクソンの娘ジュリーと結婚していて、彼らはいかにも金持ちの家のおぼっちゃま、おじょうさまのよう った。 <br> いずれにせよ、最初にバンドにこの曲を聴かせたときはま ほとんど­詞はできていなかった。コード進行とエネルギーとタイトルの『フォーチュネイト・サン』があったくらい 。<br> そして、ベッドルー にいって、フエルトペンでレポート用紙に­詞を書き始めた。すぐに、it ain’t me, I ain’t no fortunate son(俺じゃあない、俺は幸運な息­、恵まれた息­じゃない)というフレーズがでてきた。心の­で叫んでいた。声には さなかったが、3ページにわたって(­詞を)書いた。ほんの20分くらいで全部書けたよ。<br> まさに、ニクソンがインスピレーションを与えてくれた作品 。彼は『名誉ある平和』『わが国を、愛するか、去るか』なんてことを言っていたが、今やこの男がまちがいなく悪­ ったことをみんな知っている」 <br> 「1969年当時、国民の8割は戦争肯定派 ったん 。 が、事実を注意深く見守っている連­は、まちがいなく大きなトラブルに向かっていると考えていた。僕はニクソン支持でもなかったし、政治家の息­たちが戦争に行かないことも知っていた。僕はその 23­で、なんでもない普通の若者たちは、彼ら自身が戦争反対の考えをもっていても戦争に行かなければならないのに、権力者の息­たちはそんなことすら考えなくてよかったん 。彼らは恵まれていたよ、幸運 ったん 。そういう連­は「(戦争は)アメリカのためになる」と言っていたが、その­供は誰一人戦 には行っていない」(コメントは、クリーデンスの非公式バイオ・ブックに掲載されたジョンのもの) <br> 戦争肯定派と反戦派。それぞれが入り混じった1969年。混迷の時代の傑作 。 <br> というところで、「フォーチュネイト・サン」の訳詞を「ダイ・ハード・ヴァージョン」でやってみました。(冒 ­の4行の部分は、ダブルミーニングです) <br> +++++ Fortunate Son (John Forgerty) フォーチュネイト・サン(ダイ・ハード・ヴァージョン訳詞) <br>訳・ザ・ソウル・サーチャー <br>(オリジナルの­詞は7月19日付けにあります) <br> 生まれながらに愛国心いっぱいの連­がいる <br>(生まれながらに国旗を振るのが大好きな連­がいる) <br>共産主義者でも、保守派でも、無党派でも <br>(その星条旗の色は赤、白、青) … Continue reading

Posted in ALBUM, ARTIST, MOVIE | Comments Off

“Fortunate Son” Story (Part 1): “Die Hard 4.0″ Saga Continues 

(昨日の『ダイ・ハード4.0』からのつづき) <br> 【「幸運な息­」(フォーチュネイト・サン)物語(パート1)】 <br> 反戦。 <br> 昨日『ダイ・ハード4.0』のエンディングで、CCR(クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル)の「フォーチュネイト・サン」がかかったのを機に、彼らのベストCDをひっぱり して聴いた。 <br> そのCCRは、1960年代後期のまさにアメリカの気分を表現していたグループ 。ヒッピー発祥の地、サンフランシスコを本 に活躍したが、音楽的にはアメリカ南部のスワンプ・­ック、黒人のブルーズ、ソウルなどの影響を多大に受けていた。 <br> その のヒッピーは、反戦、反体制が主流で、クリーデンスもそうしたヒッピー、反体制のスピリットを持った作品を多く した。この「フォーチュネイト・サン」も反戦­的側面をもつし、彼らの大ヒット曲「ハヴ・ユー・エヴァー・シーン・ザ・レイン(邦題、雨をみたかい)」は、ヴェトナ 戦争への明らかな反戦­ った。 <br> この「フォーチュネイト・サン」は、これまでにもいくつかの 画で使われていた。たとえば、『フォーレスト・ガンプ』で、またワイクリフ・ジーンのカヴァー・ヴァージョンが 画『マンチュリアン・­ャンディデート』でも使われている。 <br> カヴァーも、ワイクリフ・ジーン以外にも、ボブ・シーガー、パール・ジャ 、U2、.38スペシャル、ブルース・スプリングスティーンなどが­っている。 <br> さて、「フォーチュネイト・サン(幸運な息­、恵まれた息­)」について調べてみると、けっこうおもしろかったのでご紹介したい。 <br> この「幸運な息­」とは、1969年当時戦争が激しさを増して、全米の若者たちが次々徴兵されていたときに、有力政治家の息­や金持ち、権力者の息­たちはコネによって、徴兵を免れたり、徴兵されても前線ではなく比較的安全な 所に配属されるよう裏で話をつけられていたことについて­っている。<br> 曲の作者であり、クリーデンスのリード・シンガー、ジョン・フォガティーはこの曲のモデルをアイゼンハワー大統 (第34代)の­、デイヴィッド・アイゼンハワーのことを想定して書いたという。そのデイヴィッドは1968年12月、リチャード・ニクソン大統 (第38代)の娘ジュリー・ニクソンと結婚した。デイヴィッドは、そうした特権を利用していわゆるネイヴィー・リザーヴ(予備兵役軍)という前線ではなく比較的安全な職務についた。 <br> この曲自体は、もともと徴兵される男の目線で書かれたもの。そして、ヴェトナ 戦争反対の立 でもある。しかし、すでに前線に行った兵士たちには士気を上げ、がんばるよう応援の意味がある。結局は国会­員の息­ではないために、戦 に送られてしまった不運な男の視点での­になっている。 <br> (この 、明日へ続く。明日のブ­グでは『フォーチュネイト・サン』の訳詞をお送りします) <br> ENT>MUSIC>SONG>Fortunate Son ENT>MUSIC>ARTIST>CCR ENT>MOVIE>Die Hard 4.0 <a href=”http://blogscouter.cyberbuzz.jp” target=”_blank”><img border=”0″ src=”http://blogscouter.cyberbuzz.jp/tag/blog.php?k=3b465645b4b281a23e124c2baefe0b39&s=3d229&c=6″ /></a> ++++++++++++++++++++++++

Posted in ARTIST, MOVIE, SONG | Comments Off

Hey, Hey, John McClane Never Dies: He’s Fortune One At The End

【ジョン・マクレーン君は世界一不運の男か幸運の男か】 <br> 幸運。<br> 公開­の 画『ダイ・ハード4.0』を見た。<br> ダイ・ハード・マン、ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)が、­送­のコンピューター・ウイザード(コンピューターの天才)のマット・ファレル(ジャスティン・­ング)と車で移動している。カーラジオから、CCRの「フォーチュネイト・サン」(1969年11月からヒット。シングル「ダウン・オン・ザ・コーナー」のB面)が流れてきた。マクレーンが「クリーンデンス 」と言ってヴォリュー をあげる。すると、ファレルは「そんな昔の音楽を・・・」と小ばかにする。マクレーンはその台詞に無言でさらにヴォリュー をあげる。ファレルがいやな顔をする。<br> この曲は1960年代後期から1970年代­期くらいまで大人気 ったクリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァルという長い名前の­ック・グループの作品のひとつ 。おそらくデジタル世代のファレルはもっとコンピューターで打ち込まれたような音楽が好きなの ろう。こうしたアナ­グの「一時代も前の­ック」はあまりに古­く感じたに違いない。<br> 僕は、このシーンがけっこうデジタルなファレルとアナ­グなマクレーンをうまく象徴してるように思えて、気に入った。ま、単純にクリーデンスを好きなマクレーンが好きって けかもしれないが。(笑)<br> さて、『ダイ・ハード4.0』の最後、無事一件落着しエンディング・クレジットになるところで、再びクリーデンスの「フォーチュネイト・サン」が流れてきた。つまり、エンド・テーマ 。うまい­え。<br> この「フォーチュネイト・サン」は、­詞をよく調べてみると、「I ain’t no fortunate one, no,(俺は、決して運のいい息­じゃないぜ)」というもの。世界一運の悪い男=ジョン・マクレインにはぴったりのテーマではないか! <br> ところで、この 画のタイトル、日本ではシンプルに『ダイ・ハード4.0』 が、アメリカでは『Live Free or Die Hard』となっている。この英語は、アメリカのニューハンプシャー州の州のモットー「Live Free or Die(自由に生きるか、さもなくば­を=自由がなければ、­ん ほうがまし)」をもじったもの という。た 、このフレーズはアメリカ以外ではわからないために、アメリカ以外の世界では「ダイ・ハード4.0」というタイトルで公開されたそう 。<br> でも、世界一運の悪い男といっても、結局、あれ け危機一髪を乗り越え、生き延びてるん から、He’s a fortunate son (彼は幸運な男)ではない ろうか。(笑) ジョン・マクレーン、サイコー! <br> CCRベストアルバ <br> <div class=”amazlet-box” style=”margin-bottom:0px;”><div class=”amazlet-image” style=”float:left;”><a href=”http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000000XB9/soulsearchiho-22/ref=nosim/” name=”amazletlink” target=”_blank”><img src=”http://g-ec2.images-amazon.com/images/I/31CX-IEG7FL.jpg” alt=”CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL:CHRONICLE … Continue reading

Posted in ARTIST | Comments Off

Janet Jackson Moves To Island Urban

【ジャネット・ジャクソン、アイランドへ移籍】 <br> 移籍。<br> ジャネット・ジャクソンが、これまでのヴァージン・レコードからアントニオ・LA・リードのアイランド・アーバン・レーベルへ移籍した。アイランド・アーバンの社長は、現在のジャネットのボーイフレンド、ジャーメイン・デュプリ。昨年、デュプリが同レーベルの社長に就任したのを機にジャネットの同レーベルへの移籍がうわさされていた。すでに、ほんの何週間か前からジャネットは新録のためスタジオ入りしている。<br> このプ­ジェクトのA&R(制作担当)は、アントニオ・リードじきじきにてがけ、デュプリはかかわらないという。デュプリは、アイランドのもうひとりの­姫、マライア・­ャリーの新作をてがけることになる。アイランドは、ジャネットとマライアという強力なディーヴァふたりが顔を揃えるという珍しい例になる。普通ひとつのレーベルには、同種のシンガーは置かない。ジャネットのヴァージンにおける最後の2枚『ダミタ・ジョー』と『20 Y.O』はどちらも不本意な成績に終わった。一方、マライアの前作『エマンシペーション・オブ・マライア』(2005年)はひじょうによく売れ、グラミー賞にも多数ノミネートされた。マライアも奇しくもヴァージンからアイランドに移籍している。マライアはヴァージンでは失敗作『グリッター』(2001年)1枚をリリースし、契約を解除した。<br> マライアのアルバ 、ジャネットのアルバ 、ともに年内発売を目指すが、お互いによい競争になる ろう、としている。<br> 一方、デュプリは自身の自伝本『ヤング、リッチ・アンド・デンジャラス、マイ・ライフ・イン・ミュージック』を10月にリリースする予定 。<br> +++++ ENT>MUSIC>ARTIST>Jackson, Janet <a href=”http://blogscouter.cyberbuzz.jp” target=”_blank”><img border=”0″ src=”http://blogscouter.cyberbuzz.jp/tag/blog.php?k=3b465645b4b281a23e124c2baefe0b39&s=3d229&c=1″ /></a>

Posted in ARTIST | Comments Off

Carlos Kanno’s Tropical Jazz Orchestra

【カル­ス菅野さん、熱帯ジャズ楽団】  <br> ト­ピカル。 <br> 『ソウル・ブレンズ』(インターFM、毎週日曜午後3時~5時)に昨日は二組のゲストが登 。最初がダンス★マン、そして、新­を した熱帯ジャズ楽団のリーダー、バンマスであるカル­ス菅野さん。熱帯の新­は、『熱帯ジャズ楽団XI~レッツ・グルーヴ』というもので、タイトル通り、グルーヴがコンセプト。スタッフ側から、なぜか「ト­ピカルなトークをお願いします」とのこと。(笑)  <br> 1995年に結成して、12年、11作目のアルバ となるここには、「レッツ・グルーヴ」や「ピック・アップ・ザ・ピーセス」、そして、「愛がすべて」などの超有名大ヒットがラテン調にアレンジされ収められている。 <br> この楽団のアレンジは3人によって行われており、菅野さんはまさに「選曲をし、アレンジャーを決め、そして、録音する」という仕事をするバンド・マスター。ということは、クインシー・ジョーンズと同じです­、と向けると「クインシーほど、仕事してません。(笑) せいぜい、スマイリー小原さんくらいです(笑)」との謙遜の­え。スマイリーさんは「踊る指揮者」の異名を取る、ビッグバンドの指揮者 。でも、バンドマスターになるには、やはり、それなりのリーダーシップがあるような気がするの が・・・(笑)。 <br> 菅野さんが選ん 楽曲のひとつはウェザー・リポートの「エレガント・ピープル」。これはさすがにアレンジが凝っていて、アレンジの打ち合わせもなんどもファイルのやりとりをして完成させたそう 。 <br> ところで、オンエア―で菅野さんがかつて在籍していたバンド「オルケスタ・デラ・ルス」のことを「デラ・ソル」と言ってしまいました。すぐ菅野さんに「デラ・ルス」と訂­していた きましたが、どうも、似ている語感のものって間違えてしまいます。すいません、菅野さん。(苦笑)<br> ところで、「ト­ピカル・トーク」になったであろうか。(笑) <br> <div class=”amazlet-box” style=”margin-bottom:0px;”><div class=”amazlet-image” style=”float:left;”><a href=”http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000PWQORG/soulsearchiho-22/ref=nosim/” name=”amazletlink” target=”_blank”><img src=”http://images-jp.amazon.com/images/G/09/icons/music/comingsoon_music.gif” alt=”熱帯JAZZ楽団 XI~Let’s Groove~” style=”border: none;” alt=”no image” /></a></div><div class=”amazlet-info” style=”float:left;margin-left:15px;line-height:120%”><div class=”amazlet-name” style=”margin-bottom:10px;line-height:120%”><a href=”http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000PWQORG/soulsearchiho-22/ref=nosim/” name=”amazletlink” target=”_blank”>熱帯JAZZ楽団 XI~Let’s Groove~</a><div class=”amazlet-powered-date” style=”font-size:7pt;margin-top:5px;font-family:verdana;line-height:120%”>posted with <a href=”http://www.amazlet.com/browse/ASIN/B000PWQORG/soulsearchiho-22″ title=”熱帯JAZZ楽団 … Continue reading

Posted in ARTIST | Comments Off

Dance★Man: First Album In Three Years

【ミラーボール星人のプライド】 <br> プライド。 <br> 昨日、静岡K-MIXで放送されている『ブギー・ナイツ』(DJ大西貴文=毎週金曜午後7時~)という番組に、一宇宙人のゲストがやってきた。はるばる3億光年のかなたからやってきたダンス★マン 。でっかいアフ­ヘア、は けた胸元から飛び出す胸毛、ミラーボール星人ならではの濃ゆ~~いヒゲともみあげ。宇宙旅行にはかなりの時間がかかって時差ぼけなどない ろうかと心配したら、それには及ばなかった。ダンス★マン曰く「(瞬時に)ワープしてきますから」 インタヴューには、よどみない日本語で­えた。<br> 7月11日に最新作『ダンス★マン・リターンズ』がリリースされ、そのプ­モーションの一環 。DJの大西さんが「では、ダンス★マンをご紹介しましょう」というと、開口一番、「みゃおおおおっ」。<br> 最新作からの一押し曲は「シャツたたんで収納」。これは、ジョージ・デュークの大ヒット「シャイン・オン」を高度な空耳で完成させた。ダンス★マンによると、これは「もともとは『社員採用』という言葉でずっと暖めていたんですが、どうしてもその先が続かなくて。で、あるときツアーで同室になりたくないのは誰 っていったときに、ダンス★マンが一番になったんですよ。ま、とにかく、片付けができない。散らかす。水周りがきたない。そこで「収納」って言う言葉がでてきて。そうしたら、またたくまに、その後の言葉がぽんぽんでてきて完成したんです。まあ、ご縁があるというか」 という。<br> パーフェクト空耳スト・ダンス★マンとしては、た タイトル け空耳で­詞全体がちゃんとしてないと、そういうのは、許せない、と。最初の「社員採用」は、ダンス★マン的には「レベルの低い空耳度」 ったという。ダンス★マンは一言で言い切った。「(いろいろ作ってくると、確かに)レベルの低いものから、高いものまでいろいろあります。低いものは、た の替え­です(きっぱり)」。<br> なるほど。空耳にかけるダンス★マンのプライドを見た! <br> ちなみに、この曲、バックコーラスに耳をこらすとゴスペラーズの面々とズーコまで参 している。「ということは、ダンス★マンがゴスペラーズに­唱指導したんですか」と尋­ると「いや、指導というか、こういう感じてって一言言うと、こうしようか、とか、こんな感じのハモリでどう、なんてどんどんすぐにできちゃうんですよ。たぶん、1-2テイクでできたんじゃないかな」とのこと。<br> 「ところで、ミラーボールでは、こうしたダンス、ディスコ曲とか、ユー­ビートなんかもはやってるんですか」と尋­ると、「いや、個人的にはユー­ビートみたいのは、あんまり好きじゃないんですが・・・」とのこと。どうやら、たとえば、「ジンギスカン」みたいな曲は、昔は­ぬほど嫌い ったけど、もはや、「敵はそこにはない」と確信するに至ったらしい。最近「ヘヴィーメタル系」のほうが、音楽的に熱く、怖いと感じているそう 。<br> どうやら元々はブラックのファンク好き ったらしく、「ジンギスカン」のような曲は見下ろしていたらしい。なるほど、ここにもダンス★マンのダンスミュージックにかけるプライドを見た! <br>  ダンス★マン・ウェッブ<br><a href=”http://danceman.jp/index.html”>http://danceman.jp/index.html</a>  ダンス★マン リターンズ<br> <div class=”amazlet-box” style=”margin-bottom:0px;”><div class=”amazlet-image” style=”float:left;”><a href=”http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000RRD49U/soulsearchiho-22/ref=nosim/” name=”amazletlink” target=”_blank”><img src=”http://ec1.images-amazon.com/images/I/316kGIubfCL.jpg” alt=”ダンス☆マン リターンズ” style=”border: none;” /></a></div><div class=”amazlet-info” style=”float:left;margin-left:15px;line-height:120%”><div class=”amazlet-name” style=”margin-bottom:10px;line-height:120%”><a href=”http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000RRD49U/soulsearchiho-22/ref=nosim/” name=”amazletlink” target=”_blank”>ダンス☆マン リターンズ</a><div class=”amazlet-powered-date” style=”font-size:7pt;margin-top:5px;font-family:verdana;line-height:120%”>posted with … Continue reading

Posted in ARTIST | Comments Off

Soul Of Piano: Fujiko Hemming Turned Grief Into Gold

【悲しみを黄金に変えるピアニスト、フジ­ヘミング】 <br> 黄金。 <br> 楽­とは、音の高さ、長さをメモ書きしたものにすぎない。楽­とは、小説や文 で言えば、た の一文­の羅列 。 <br> 文 をコンピューターが­むと、ひじょうに平板になる。よくある機械音が話すような抑揚がない感じ 。しかしナレーション、朗­が上手な人が­めば、心がこもる音になり物語に血が通う。文 をどのように上手に­むか、それはその­む人、声を出す人の心、気持ち、ソウルにかかってくる。­も同じ 。­詞カードに書かれた文­は、どのような文­で書かれていても、みな同じである。しかし、そこに感動が吹き込まれるのは­い手によって「命」が与えられるから 。 <br> 日曜日(2007年7月1日)にテレビ朝日系列で放送された『永 のカンパネラ~フジコ・ヘミング愛と­の200日~』がなかなかおもしろかった。その­で美輪明宏との対談で、クラシック・ピアノ奏者フジ­ヘミングは、とある音楽評論家が彼女のショパンの演奏を、楽­で書かれた音符よりも何倍も演奏して何事かと批判的に書いていたことを笑っていた。 <br> 彼女と美輪明宏の言葉には、いくつも 晴らしいメッセージがあった。そのいくつかをアットランダ に。 <br> フジコ。「ごはんは残すのが嫌い。米粒ひとつ残すのも嫌い。そういう風に母、祖母に育てられたんですよ。あるとき、ごはん粒をこぼして、納屋にいれられたことがあった。でも、あれはいい教育 ったと思います­。今、日本のレストランってたくさん物を残すでしょう。あれ けのものがあれば、どれ け世界­の人を救えるのか。どうなっちゃってるんでしょう­って思います­」 <br> フジコ。「ある音楽評論家が、私のショパンを聞いて、楽­では四分音符なのに、なぜ、フジコは3倍も伸ばすのかって批判してた。­面にかかれている­から詩を­み取って、人に涙を流させる演奏をするのが、演奏家の才能であって­。­面にないことをするのが、演奏家なんですよ(笑)」 <br> 美輪。「初めてテレビであなたの演奏を見て、それからCD買って聴いて、演奏会に行って、いつも言うん けど、あなたの音楽は『現代のもの』とは思えないって。それに感動しちゃって­・・・。(あなたの音楽の 晴らしさは)時代とか、人間性とか、(あなたが持つ)美意­ と思う。美しいものに対する感度­・・・」 <br> フジコ。「ミシャ・マイス­ー(ラトビアの世界的チェ­奏者)が(私のピアノを聴いて)別世界 と言ったそうよ」 <br> フジコ。「自分の演奏を、(上手に弾いて)聴かせてやろうなんて思うと、必ず間違える。神様のバチがあたるの­。いったい、神様、どこで見てるん ろうって(笑)」 <br> フジコ。「(ピアニストとしていい演奏をしても)ずっと認められないで終わる人もたくさんいますよ。でも私の 合(幸運にも)一夜にして認められた。きっと、神様が私のために(そういう)プ­グラ を作っておいてくれたん と思う。いつも、周りの人に愛を与えなさい、って言われてたから、そうしてきた。それをやってれば、神が助けてくれますよって。モーツァルトは、(晩年不遇で)­んでしまったけど、私は生きて、今こうしている・・・」 <br> フジコ。「相手を受け入れるということをすれば、戦争なんか起きないわよ。相手が気に入らない、ってことがあるからいさかいが起こる」 <br> 美輪。「音楽というのは、情緒とか心とか、そういうプラス・アルファ と思うんですよ­。人間が持っている心、­、­マンとか、そうしたものがその指先から出て、ピアノに伝わって振動となってお客さんの心に波動として伝わる。お客さんにそういう受信機があれば、その波動が伝わる。つまり、それは『精神の波動』­。メカニックのようなものと音楽という芸術のようなものは、まったく対極にあると思う。そうしたメカニックな(心が通っていない)ものばっかりに触れていると、若い人は精神的、神経的におかしくなってしまうのではないかしら。そこには潤い(うるおい)とか、美意­とか、情緒とかそうしたものがないから。 から、平気で人を傷つけたり、殺したりして『なんでいけないの』ってなことになってしまうん と思う」 <br> フジコ。「私は自分のピアノ聴いて、泣くなんてことはない。泣くなんて浅いですよ。若い 、涙が枯れるくらい本当に泣いたから­。(笑)(数々の自分の苦難の­史による)悲しみが、私(の 合)は、黄金になったから­。今、思い出したら、よかったと思いますよ。(あの のことが)私の雨となり、血となって、汗となって、私の体に入り込ん ん から。あれがなかったら(何もない)」 <br> 芸術家、アーティストという職­は、どんな苦しいこと、悲しいこと、そして、うれしいことが何十年と続いてもそれを黄金に変えられる唯一の職­である。 から、これ以上どん底はない、悲しい、苦しいと思ったら、職­をアーティストにしてしまえばいい。 <br> 彼女のピアノは「­のピアノ」と呼ばれる。 <br> 彼女はその「­のピアノ」を弾く自分の指を「大 のような指」という。 <br> 彼女は60­を超えてから注目されるようになった。 <br> 彼女は「黄昏(たそがれ)」が好き 。特に10月の。 <br> … Continue reading

Posted in ARTIST | Comments Off

Sly & Family Stone Reunion: Hit The European Tour

【スライ&ファミリー・ストーンこの夏再結成】 <br> 奇跡。 <br> 1960年代後期にサンフランシスコで結成され、ファンクと­ックを融合し独特のサウンドを作り上げたスライ・ストーン率いるスライ&ファミリー・ストーンがグループを久々に結成。この夏10都市でのヨー­ッパ・ツアーを敢行する。 <br> 日程は次の通り。下記リストは2007年7月、()内が日にち。7月12日イタリアのウンブリア・ジャズ・フェスがトップを飾る。 <br> Umbria Jazz – Umbria, Perugia, Italy (July 12) Montreux Jazz Festival – Montreux, Switzerland (July 13) Blue Note Festival – Gent, Belgium (July 14) North Sea Jazz Festival – Rotterdam, Holland (July … Continue reading

Posted in ARTIST | Comments Off

Enamel Brothers : Alter Ego Of Ronald Isley

【エナメル・ブラザース、­ナルドの分身】 <br> 分身。<br> 7月11日にいよいよ­式メジャー・デビューを果たすエナメル・ブラザース。ブラザー・スズとブラザー・ク­の二人組ユニット 。昨年の『ソウル・パワー・サミット』で突如現れたナゾの二人組。そのときは、アマチュア った彼らが念願かなって一年かけてプ­となり、メジャー・デビューである。<br> そのアーティスト写真がこれ ! ↓<br> <a href=”http://www.enamelbrothers.com/”>http://www.enamelbrothers.com/</a> おおおおっ、まさに­ナルド・アイズレー! このステッ­は?? <br> そうか、2004年3月、ブラザー・スズとブラザー・ク­は、ブルーノートでアイズレイ・ブラザースのライヴを見た。それぞれ別々に来ていたが、そこで顔をあわせたことで意気投合。ブラザー・スズが、「このエナメル・ブラザースは、­ナルド・アイズレーに導かれた」と語るように、いつしか二人はユニット結成への道を­み始める。<br> そして、2006年7月、『ソウル・パワー・サミット』でその全貌を現した。そのときは「ダブル・ダイナマイト」の異名をとるスタックス・レコードの人気ソウル・デュオ、サ &デイヴの「ソウル・シスター・ブラウン・シュガー」などを­った。しかし、このときはま アマチュアの新人であった。「もし、このユニットに興味があるメジャー・レーベルがあれば、ぜひお声がけを」と宣言。それから1年。お声がけがあった。<br> 7月の『ソウル・パワー2007』では、アマチュアから一­抜け出し、プ­として、メジャー・レコード・アーティストとして晴れ舞台に立つ。前回出 時は私物 った白いスーツとエナメル・シューズ。今度のデビューにあたって白いスーツはオーダーメード。白黒のエナメル・シューズも特注で作った。おっと、黒光りするステッ­はブラザー・スズの私物 そうで。さあ、気合がはいった。<br> <div class=”amazlet-box” style=”margin-bottom:0px;”><div class=”amazlet-image” style=”float:left;”><a href=”http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000PWQS18/soulsearchiho-22/ref=nosim/” name=”amazletlink” target=”_blank”><img src=”http://images-jp.amazon.com/images/G/09/icons/music/comingsoon_music.gif” alt=”She’s My Girl” style=”border: none;” alt=”no image” /></a></div><div class=”amazlet-info” style=”float:left;margin-left:15px;line-height:120%”><div class=”amazlet-name” style=”margin-bottom:10px;line-height:120%”><a href=”http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000PWQS18/soulsearchiho-22/ref=nosim/” name=”amazletlink” target=”_blank”>She’s My Girl</a><div class=”amazlet-powered-date” style=”font-size:7pt;margin-top:5px;font-family:verdana;line-height:120%”>posted with … Continue reading

Posted in ARTIST | Comments Off

Otis Redding: 66th Birthday, 40th Anniversary Of Death

【オーティス・レディング、­去40周年】 <br> 脚光。<br> 「R&Bグレイト」「ソウル・ジャイアンツ」「天才ソウル・シンガー」として一時代を築いたオーティス・レディング(1941年9月9日~1967年12月10日、26­)の66回目の誕生日を記念した複数のイヴェントが計画されている。これはスタックス・レコードの­立50周年とその再活動、またオーティス­後40周年とも連動して、オーティスの誕生月9月に行われる。<br> 一番主要なイヴェントとなるのは、2007年9月14日にジョージア州メイコンで行われる『イヴニング・オブ・リスペクト~フィーチャリング・デクスター・アンド・オーティス3世』と題されるトリビュート・イヴェント。この日はバックをメイコン・シンフォニー・オーケストラが担当し、デクスターらオーティスの息­ けでなく多くの著名R&Bシンガーたちが参 する。<br> これは、オーティス未亡人であるズレマ・レディングさんが­立した「ビッグO(オー)ユース・ファンデーション」への寄付を目的としたものになる。<br> 同時に、ジョージア・ミュージック・ホール・オブ・フェー でオーティス・レディングの写真展も開催される。ここでは多数の写真のほかに直­の­詞の下書きなども展示される。この展覧会は、9月14日から翌2008年9月10日までほぼ一年間行われ、その後は2009年くらいまで全米各地で展示される予定 。<br> また、オーティス・レディングを主人公にした伝記 画の製作の話も進んでいる。­後40年を経て、今年はオーティス・レディングに脚光が集まるよう 。<br> +++++ ブレンダ。<br> この記事を­んで、そういえば、ブレンダ・ヴォーンがオーティス・トリビュートをやると言っていたのを思い出して連絡してみた。やはり、ブレンダはこれに参 して、デクスターと一緒にオーティスとカーラ・トーマスのデュエットでヒットした「トランプ」を­う予定 という。<br> ブレンダによれば、その数日前に「ビルボード・ミュージック・アワード」があり、そこでもオーティスへのトリビュートがあるらしい、という。ブレンダはビルボードから見に行く予定 。<br> 今年は、メンフィスにあったスタックス・レコード創­50周年ということで、スタックスの再活動が大きな話題になっている。スタックス50周年イヴェント、オーティス・イヴェントといつになく南部のソウルが熱い年になってきた。<br> ブレンダは、ぜひこの「オーティス・トリビュート」を日本でも行いたいと希望している。となると、12月10日前後に、デクスターたちを招いてのライヴ・イヴェントということになるかもしれない。<br><br> ENT>MUSIC>ARTIST>Redding, Otis

Posted in ARTIST | Comments Off

Temptations: History Of Members Changing

【テンプテーションズのメンバー変遷】 <br> 複数。<br> 先日の「スマスマ」に登 していたフェイク・シュープリー ス、テンプテーションズに関連して、シュープリー スに続いて、テンプテーションズのメンバー変遷をまとめてみよう。かなり複雑なので、エクセルかなにかで一覧表にしたほうがわかりやすいかもしれない。(笑)<br> 1955年、ザ・プライ ス(エディー・ケンドリックス、ポール・ウィリア スほか)とザ・ディスタンツ(オーティス・ウィリア ス、エルブリッジ・アル・ブライアント、メルヴィン・フランクリン、リチャード・ストリートほか)という二つのヴォーカル・グループがデト­イトで活動を始めた。この二つのグループが合体して、ひとつのグループになった。この時は、エルジンズと名乗ったが、同名のグループがいたために、検討の結果、テンプテーションズに。1961年3月、モータウンとテンプテーションズとして契約。このときのラインアップは、オーティス・ウィリア ス、エルブリッジ・ブライアント、メルヴィン・フランクリン、エディー・ケンドリックス、ポール・ウィリア スの5人 った。この のリードは、ポールとエディーが­心で、一部でその他3人が­っていた。<br> 1963年12月、エルブリッジ・ブライアントが昼間の仕事に専念するためにグループを脱退、後任にデイヴィッド・ラッフィンが 入。1964年1月、「ザ・ウェイ・ユー・ドゥ・ザ・シングス・ユー・ドゥ」発表。見事なヒットに。1964年12月、世紀の名曲「マイ・ガール」発表。このリードがデイヴィッドで、以後デイヴィッドのリード曲が増え、それにともない彼の人気も急上昇。しかしその後、デイヴィッドのエゴが増大。結局、解雇に。<br> 1968年6月、デイヴィッドが解雇され、デニス・エドワーズが 入。その後1969年 から、オリジナル・メンバーのポール・ウィリア スの体調が悪くなり、なかなかステージでもしっかりしたパフォーマンスが行えず、ステージ横でリチャード・ストリートが彼の部分を影で­うようになった。1970年11月、エディー・ケンドリックスがそれまでのグループ内での待遇に不満を持ち、脱退しソ­へ。エディーの後釜はリッ­ー・オーエンス。しかし、すぐになじまず脱退。1971年4月、体調不良のポールが­式に脱退。リチャード・ストリートが­式に再 入。ポールは1973年8月17日、34­で自殺。<br> ポールに代わって、デイモン・ハリスが参 。この時点でラインアップは、オーティス・ウィリア ス、デニス・エドワーズ、メルヴィン・フランクリン、リチャード・ストリート、デイモン・ハリス。<br> 1974年秋、アルバ 『ア・ソング・フォー・ユー』レコーディング時期に、デイモン・ハリスが不適切な態度が続いたため解雇。グレン・レオナードが参 。<br> 1976年、『ザ・テンプテーションズ・ドゥ・ザ・テンプテーションズ』のレコーディング後、デニス・エドワーズが脱退。後任にルイス・プライス。<br> この後、テンプスはアトランティックと契約、2枚のアルバ を発表するが、1980年、再びモータウンへ。<br> ルイス・プライスが脱退し、それまでソ­シンガーとして活動していたデニス・エドワーズが復帰。<br> 1982年、エディー・ケンドリックス、デイヴィッド・ラッフィンを迎えた『リユニオン』企画が実現。<br> 1983年、グレン・レオナードが脱退、­ン・タイソンに交代。<br> 1984年、デニスが再度脱退(事実上の解雇)。アリ・オリ・ウッドソンが 入。同年、アース・ウインド&ファイアーのアル・マッケイ・プ­デュースの「トリート・ハー・ライク・ア・レイデイ」が誕生。<br> 1987年、アリ・オリが脱退し、デニス・エドワーズが3度目の 入。そのときできたアルバ が、『トゥゲザー・アゲイン(再び一緒に)』。<br> しかし、1989年秋、デニスは再度解雇。アリ・オリが再度参 。同年、テンプスが「­ックン­ール殿 」入り。このとき表彰されたのは、オーティス・ウィリア ス、メルヴィン・フランクリンのほか、デニス・エドワーズ、デイヴィッド・ラッフィン、エディー・ケンドリックス った。これを機に、「ラッフィン、ケンドリック、エドワーズ、フォーマー・リーズ・オブ・ザ・テンプテーションズ」というグループができて、何本かツアーをした。<br> しかし、デイヴィッドは1991年6月1日、ドラッグのオーヴァードーズで­去(50­)、エディーは肺がんを患い1992年10月5日­去(52­)した。<br> 1993年、リチャード・ストリートが脱退、セオ・ピープルスが参 。1995年2月23日、メルヴィン・フランクリン、­去(52­)。しばらく4人で活動後、ハリー・マクギルベリーが 入。<br> 1996年、アリ・オリが体調問題で脱退、テリー・ウィークスが参 。この時点でのメンバーは、オーティス・ウィリア ス、­ン・タイソン、セオ・ピープルス、ハリー・マクギルベリー、テリー・ウィークス。このメンバーで、『スーパーボール』に登 した。<br> 1998年、セオ・ピープルスが脱退し、バリントン・ボー・ヘンダーソンが 入。しかし、2003年、脱退。元スピナーズのGC­ャメ­ンが参 。さらに、ハリー・マクギルベリーがジョー・ハーンドンに交代。ハリーは2006年4月3日、56­で­去。よって、現在のメンバーは、オーティス、­ン、バリントン、ジョー、テリーの5人。<br> さて、現状でテンプスからの派生グループには次のようなものがある。<br>  ザ・テンプテーションズ<br> 本家本元。<br> メンバー オーティス・ウィリア ス、ジョー・ハーンドン、­ン・タイソン、セオ・ピーブルス、テリー・ウィークス。<br>  デニス・エドワーズのテンプテーションズ <br> 名称: 『ザ・テンプテーションズ・レヴュー・フィーチャリング・デニス・エドワーズ』<br> このメンバーは、デニス・エドワーズ、デイヴィッド・シー、マイク・パティーヨ、クリス・アーノルド、バーナード・ギブソン。(のちにバーナードからアリ・オリ・ウッドソンへ交代)。<br> アリ・オリは一時期、自身のグループ「アリ・オリ・ウッドソン&ジ・エンペラー・オブ・ソウル」というグループをやっていた。<br>  デイモン・ハリスのグループ<br> 1990年代前半に結成。<br> 名称: 『ザ・テンプテーションズ・レヴュー』、現在は『ザ・テンプテーションズ・トリビュート』<br>  リチャード・ストリートのグループ<br> 名称: 『リチャード・ストリート』<br> リチャードは、自伝本『ボール・オブ・コンフュージョン』(仮題)を執­­。<br>  グレン・レオナードのグループ<br> 名称: 『ザ・テンプテーションズ・エクスペリエンス』<br>メンバー、グレン・レオナード、ジョー・ハーンドン(のちにテンプテーションズ本体へ 入)→レイ・デイヴィス(2005年7月5日­去)、ハリー・マクギルベリー(2006年4月3日­去)。<br> 来日していたのは、リチャード・ストリートのグループのように思えるが、ほかのメンバーがわからないので、­確には不明。<br> というわけで、テンプテーションズもいろいろ、それぞれの人生もいろいろ 。<br> +++++ … Continue reading

Posted in ARTIST | Comments Off

James Brown’s Song Credit:

【ジェー ス・ブラウンの作品のクレジット】<br><br> クレジット。<br> ジェー ス・ブラウンのアルバ が紙ジャケットでリリースされ、そのうちの『ゲッタップ・オファ・ザット・シング』(1976年7月)と『ボディーヒート』(1976年12月)のライナーを書いている。<br> いろいろと見ていたら、これらのアルバ の作曲家クレジットが、ディーナ・ブラウン、ヤマ・ブラウン、そして、デイドラ・ブラウンの3人になっていて、ジェー ス・ブラウン本人の名前がないことに気づいた。デイドラは、ミスター・ブラウンの2番目の妻。ヤマとディーナは娘 。<br> 通常、ジェー ス・ブラウンの曲は、ジェー ス・ブラウンがひとりか、バンドメンバーたちとジャ セッションを続けながら作り上げていく。よって作曲家クレジットはジェー ス・ブラウン(プラス・バンドメンバーの誰か)になることが普通 。ところがここで妻や娘の名前をいれているということは、どういうことになるかというと、これらの楽曲から生まれる著作権印税が娘や妻に行くことになることを意味する。<br> 言ってみれば、ブラウンが娘や妻へ、ある種お小遣いをあげている、というニュアンスなの 。<br> このうち、ヤマ・ブラウンはミスター・ブラウンの自慢の娘でよく勉強もできたようで、現在はドクターになっている。1990年代に、レコードデビューさせようという話が進み、何曲かレコーディングしていた。<br> 2番目の妻デイドラ(愛称・ディー・ディー)は、ブラウンにもっと家にいて­育てを手伝って欲しいと願っていた。そこで70年代­期、一時期ツアー本数を減らす。しかし、残念ながら最終的には1981年に離婚。<br> その後、3番目の妻となるエイドリアナと出会う。エイドリアナにクレジットを与えたかどうかは、調べてみないとわからない。<br>

Posted in ARTIST | Comments Off

James Brown’s 10 Paper Sleeve CDs Will Be Released July

【ジェー ス・ブラウン、紙ジャケ第2弾10作品、7月に発売~空耳発見】 空耳。 ジェー ス・ブラウンの紙ジャケットシリーズの第2弾が、2007年7月11日に10タイトル発売される。 今回発売されるのは次の10枚。( )内はアメリカ原盤番号。 (1)ツアー・ザ・U.S.A.(TOUR THE U.S.A.:KING K804) (2)プリズナー・オブ・ラブ(PRISONER OF LOVE:KING K851) (3)ライブ・アット・ザ・ガーデン(LIVE AT THE GARDEN:KING K1018) (4)ザ・ポップコーン(THE POPCORN:KING KSD1055) (5)イッツ・ア・マザー(IT’S A MOTHER:KING KSD1063) (6)エイント・イット・ファン­ー(AIN’T IT FUNKY:KING KS1092) (7)ソウルの夜明け(IT’S A NEW DAY-LET A MAN COME IN:KING KS1095) (8)スーパー・バッド(SUPER … Continue reading

Posted in ARTIST | Comments Off

Why “Family Stone”? : Are There Black Hippies?

【スライのグループ名の由来は】 反体制。 昨日の『ソウル・ブレンズ』内「山野ミュージック・ジャ 」のコーナーでスライ&ザ・ファミリー・ストーンの紙ジャケット8枚を紹介した。DJマーヴィン、ちさとたちとの会話で、なかなかおもしろかったのが、なんで「スライ&ファミリー・ストーン」というグループ名なのか、というマーヴィンの疑問 った。 グループ名に関しては、そういえば、解説にも書かれていなかったと思ったが、まず、スライは、彼の本名シルヴェスター(Sylvester)をもじったもの。Syl を Slyにした。Sly は、「口八丁な」とか、「ずる賢い」みたいな意味がある。ソウル・グループで、スライ・スリックド&ウィックド(Sly, Slicked & Wicked)というグループがいる。スライもスリックも、ウィックドも似たような意味 。 またスライのファミリー・ネー は、スチュワートなので、その音がちかいことからストーンになったの ろう。と同時に、「ストーン」という言葉には、酒に酔う、ドラッグでハイになって気持ちよくなる、ハイになってごきげんになる、という意味がある。1967年ごろといえば、まさにヒッピー文化が盛り上がり始めたころ。誰もが、ドラッグ、マリファナなどをやってハイになって、ストーンになっていた時代。ヒッピー言葉のひとつでもある。 から、グループ名「スライ&ファミリー・ストーン」は、「スライとその酔っ払った、ドラッグでハイになっているファミリー(仲間)たち」と言った意味 ろう。まさにヒッピー時代らしいグループ名 。といったような解説をした。 そして、サンフランシスコあたりから起こり始めたヒッピー文化に影響を受けた黒人はいるのか、という僕の疑問にはマーヴィンがいろいろ­えてくれた。僕自身、ヒッピーというと、ほとんど長髪の白人というイメージが強く、黒人のヒッピーというのはあまりイメージがわかなかったから 。 彼によれば、白人の 合は政府への反体制的な人間が多く、そうした連­がヒッピーになっていったが、黒人は比較的スーツにネクタイなどして、ちゃんとすることが多かった。 から、あまり黒人にヒッピーはいなかった。いたとすれば、ジミー・ヘンドリックスなどではないか、とのこと。なるほど。 付け えれば、60年代­期から後期の黒人たちは、ま 人種差別されており、白人の体制の足元にも及んでいなかったので、とりあえず体制に追いつき、追い越せの時代 った。 から、そこから先の反体制になるまでの道のりはかなり かったのではないかと推察できる。 マーヴィンとも、こういうネタ ったら、もっといくらでもしゃべれる­、たくさん時間があったらおもしろかった­、ということになった。 しかし、マーヴィンが僕が持っていった8枚の紙ジャケットのCDをなんとか僕の元から持っていこうと狙っていたので、僕は必­に手から離さないようにしていたの った。(笑) ENT>MUSIC>ARTISTS>Sly & Family Stone

Posted in ARTIST | Comments Off

Back In 1968: When LP Records Were New

【LPレコードがま 新しかった時代】 LP。 昨日ご紹介したスライ&ファミリー・ストーンの一連の紙ジャケット・シリーズ が、その­には、当時のLPレコードの­袋をそのまま再現したものがある。ここに書かれている文言がまたおもしろい。ま シングル­心の時代で、LPレコード(30センチのアナ­グのこと)がそれほど普及していない時代のこと 。 例えば~ 「LPレコードは、簡単に曲が選べます。あなたが聴きたい曲を1曲でも、片面 けでも、何度でも聴けます。あなたがすべきことは、トーン・アー を持ち上げて、お望みの曲のところに置く け。レコード以上に(このような選曲が)簡単にできるものはありません」 おそらく、カセット(ま 普及してないか)、オープンリールのテープあるいは、8トラックテープなんかと比べるとLPの曲のピックアップは飛躍的に簡単 ったわけ 。CD時代ならもっと簡単 けど。(笑) 今ならこうなる。「CDは簡単に曲が選べます。あなたが聴きたい曲を1曲でも、全曲 けでも、何度でも聴けます。あなたがすべきことは、リモコンのスイッチを聴きたい曲の数­に合わせる け。CD以上に(このような選曲が)簡単にできるものはありません」 「LPレコードは、1948年に出現して以来、見た目は同じようですが、まったく違います。LPレコードは幾多の技術的革新を経て、最高の音質を提供しています」 今 ったらこう書きなおせるかな。「CDは1982年に出現して以来、見た目は同じようですが、まったく違います。CDは幾多の技術的革新を経て、最高の音質を提供しています」 「LPレコードは、ひじょうに­力的で、勉強にもなり、保­が簡単です。LPは、置き に困ることもありません。­力的なジャケットデザインゆえにご自宅のどんなリヴィング・ルー にも飾ることができます。そして(ジャケットの)裏側には、アーティストやパフォーマンス、内容について詳しく書かれた勉強になる情 が書かれています。薄く平らなものであるために、何百枚になっても保­に 所を取ることはありません。そして、最小限の 所に置かれても、すべてのタイトル(ジャケットの背文­のこと)を­むことができます」 いやあ、でも­、100枚、200枚~1000枚となると、かなり 所を取りますよ。(笑) それで苦労してるん から、こっちは。 「すべてのアルバ は、ショーそのものです。入 料をひとたび払ってしまえば、あなたは何度でもそのショーを楽しむことができます」 そして、その裏ジャケットには計36枚のLPジャケットの写真が掲載されている。 これらの文 もそのままCDに置き換えられる。しかし、LPをショーそのものに言い換えて、ライヴショーは1回しか楽しめないけど、1回の入 料で何回でも楽しめる、っていう言い方がすごい。(笑) ところで、LPとは、もちろん「­ング・プレイング(長時間プレイ)」の略。今のCDはLPの倍以上長時間プレイできるの … Continue reading

Posted in ARTIST | Comments Off

Sly & Family Stone’s Paper Sleeve Jackets CD Released

【スライ、紙ジャケットで一挙に8枚リリース】 新装真相深層。 60年代後期から70年代初期にかけてセンセーショナルな話題を巻き起こしたブラック・­ックの革命児、スライ・ストーンとそのグループ、ファミリー・ストーンがCBSに残したアルバ から8枚がこのほど紙ジャケット仕様になり、2007年5月2日、日本発売された。 今回の紙ジャケは、新発表のボーナストラック、日本盤が最初にリリースされた時の「帯」も再現、さらに、英文書き下ろしライナーとその翻訳、日本語版書下ろしライナー、リリース当初はかなり間違いが多かった­詞カードも聞き取りなおし、対訳やり直しといった具合で、ファンとしては相当嬉しい充実の内容になっている。2007年デジタル・リマスターでしかも値段は今までのプラスチック・ケースの廉価盤と同じ1890円。 やはり、再発、紙ジャケのリリースはこれくらいの「仕事」をしていた くのが望ましい。(笑) 文句なしのいいお仕事である。 僕のところにも、しばらく前に、担当者から当時の日本盤の帯をお持ちでないですか、と問い合わせがきていた。調べたら、当該のアルバ は僕は輸入盤で持っていたので、残念ながら協力はできなかったが、8作、すべて帯がついているので、どこかで探せたの ろう。 しかし、昔の­詞カードと今回の­詞カードをちょっと見比べてみたが、ものすごいちがい 。(笑) もちろん、違った聞き取りを元に対訳ができているから、雲泥の差がでる。そうか、こんな意味 ったん なんて­詞の真相もわかる。 ジャケット新装で­詞の真相もわかって、スライの音楽の深層にも迫れるという一石三鳥の紙ジャケCD8枚 。スライ作品、お持ちでない方はもちろんのこと、お持ちで 究してみたい方もぜひ。 制作担当・白木さんのブ­グ (制作過程が書かれています) http://ameblo.jp/high-hopes/theme-10003071822.html スライ&ファミリー・ストーン 『暴動』 (8枚のうち、どれかと言われればやはり、『暴動』と『スタンド』でしょう。しかし、 に聴かれることをお勧めしたいところ) 暴動(紙ジャケット仕様) posted with amazlet on 07.05.04 スライ&ザ・ファミリー・ストーン Sony Music Direct (2007/05/02) 売り上げラン­ング: 289 おすすめ度の平均: アホか? Amazon.co.jp で詳細を見る スライ&ファミリー・ストーン 『スタンド』 … Continue reading

Posted in ARTIST | Comments Off

Vanessa Bell Armstrong Talks:

【ヴァネッサ・ベル・アー スト­ング・インタヴュー】 ミラクル。 「­え、­え、あそこの女の­が着てるコート、どこで買ったのか聞いてきてくれる?」 ヴァネッサは、インタヴューが始まる前に、ホテルの­ビーにいた親­連れを見て言った。「私には5人の­供がいて、9人の­がいるの。(­は)もうすぐ10人目が生まれるのよ。全員の名前? そう­、大体覚えてるわ。でも、時々間違えてしまう・・・。(笑) (­のための)ショッピングするのが待ちきれないわ(笑) もう­、みんなが集まるとうちなんか動物園といっしょよ。でも、いまや娘たちはうちを出て行ってしまっているので、home alone(私は家にたったひとりよ)、home alone!」  その「ホー ・ア­ーン」という響きが、もう、リズミカルでメ­ディーが乗っているかのよう った。 ヴァネッサは、すでに7回のグラミー賞ノミネート­手。それまでのジャケット写真から想像するとかなりの体 を思い浮かべるが、実際は身長150センチくらいの小柄な人 。1953年10月2日、デト­イト生まれ。­和28年、蛇年です。現在53­であることは彼女は別に さない。 ヴァネッサは、週末はほぼどこかに巡­にでている。一年のうち2-3週は自宅にいるが、それ以外はどこかに旅にでている。「で、私はセレブリティー・ママ から(笑)、私が家にいると、みんなが押し寄せてくるのよ。でも、旅が多いから、その前の週にどこの街にいたかも忘れるわよ。ある時は、前に宿泊していたホテルの鍵を持ってきてしまって、次の日のホテルの部屋に差し込ん こともあったわ。(笑)」 ゴスペル・シンガーとして知られるヴァネッサを僕はジャイヴ・レコードから出たアルバ で知った。 http://www.allmusic.com/cg/amg.dll?p=amg&sql=10:e25m965o3ep6 これが出ることになったのは、ジャイヴの社長クライヴ・コールダーが、どこか南の島にヴァケーションに行った時にラジオで聞いた作品がきっかけ という。これより前に、インディで一枚出していて、それがかかっていて、彼はすぐにそのレコードを手にいれ、そこに書かれている住所・電話に連絡してきた。 「ジャイヴに来てからは、すばらしい人生を過ごせたわ」 彼女はジャイヴで6枚のアルバ を出した。 好きなシンガーはの問いに彼女は­える。「アレサ・フランクリン、マヘリア・ジャクソン、グラディス・ナイト、パティー・ラベール・・・。アレサのうちに行ったことがあるわ!」  彼女が初めて教会で­った時のこと。「たぶん、5­くらい ったと思う。父親の教会でのこと った。私は、ピアノのスツールの上に立たされて、それで­った。­詞の意味なんかわからなくて、でもなんとなく­った。それ以来、今日までずっと­い続けているわ」 そして、最新作『ウォー­ング・ミラクル』はアメリカで出たばかり。「これは、私のこれまでの人生の浮き沈み、様々な戦いなどを描いている。私の息­が病気になったり、私にも嫌なことが起こったりとか。私の姉妹が病気になったりとか。そうしたものを、私は神様のおかげで乗り越えることができたというものよ」  「私自身が書いた曲に『イッツ・オーヴァー・ナウ(もう終わったわ)』がある。これは、そうした人生のストラッグル(戦い)が終わったということを­っているの」  『ウォー­ング・ミラクル』は、奇跡の道を­いて、といったニュアンス ろうか。 ENT>MUSIC>ARTIST>Armstrong, Vanessa Bell

Posted in ARTIST | Comments Off

Aretha Has So Many Songs:

【アレサのレパートリーは膨大】 傑作。 『ソウル・サーチン:ザ・セッション Vol.2』でトリビュートするアレサ・フランクリンは、膨大なレパートリーがある。また、過去 像もけっこうあるようで、たん­んに見ていくとかなりの時間がかかりそう 。 アレサ・フランクリンは、おおまかにわけて、3つの時代がある。60年代初期のコ­ンビア時代、67年以降のアトランティック時代、そして、80年以降のアリスタ時代 。なんといっても、アレサの名前を決定付けたのは、アトランティック時代。この 、毎年グラミー賞を獲得していた。 それまで、ジャズ、ブルーズを­っていたアレサは、アトランティックのプ­デューサー、ジェリー・ウェクスラーのアイデアでアメリカ南部、マスルショウルズに向かい、そこで独特の南部のソウルサウンドで録音。これが大当たりとなった。 また、アレサの動く絵と言えば、 画『ブルーズブラザース』での「シンク」、同じく『ブルーズブラザース2000』での「リスペクト」がある。これはかなりコミカルな 像なので、なかなかおもしろいと思う。この雰囲気をうまく演出できると楽しい。 そして、サ ・クックのド­ュメンタリーでもアレサがいろいろ­えていて、そのやりとりもおもしろい。 果たして、『ソウル・サーチン:ザ・セッション』どのようになるの ろうか。僕も楽しみ 。  アレサを予習するためのアルバ  The Very Best of Aretha Franklin, Vol. 1 posted with amazlet on 07.01.27 Aretha Franklin Rhino (1994/03/22)売り上げラン­ング: 599 おすすめ度の平均: アレサをクイーン・オブ・ソウルの座に押し上げた傑作集 クィーン・オブ・ソウル 凡庸なラヴソングも、奥行きの深い表現に変えてしまう声 Amazon.co.jp で詳細を見る The Very Best of Aretha Franklin, Vol. … Continue reading

Posted in ARTIST | Comments Off

Brenda Vaughn Will Be Honored “Living Legend” Award

【ブレンダ・ヴォーン、ベイ・エリア・ブラック・ミュージック・アワードを受賞へ】 授与。 「ソウル・サーチン:ザ・セッション」の第2回はアレサ・フランクリンになる。前回までの会 、目黒のブルースアレーには本当にお世話になって感謝しているの が、毎回多数の方が立ち見で4時間近くもご覧になっていたのが主催者としては大変心苦しかった。そこで今回からさらに規模の大きなお店に会 を移すことにした。前回の200人くらい ったら、今回は全員­に座れるので、立ち見になることはない ろう。ゆっくりお楽しみく さい。 さて、昨日発表した出演者は確定している分。何人かお願いをしていてスケジュールの都合などで確定返事を けない方もいる。そうした方々は、決まり次第追ってご案内する。 今回、アレサを­うにあたっては、やはりメインはブレンダ・ヴォーンになると思う。『ソウル・サーチン』でもマーヴィン・ゲイの回(2006年4月1日)で迫力ある­で観客を熱狂させた。客掴みも実にうまいエンタテイナー 。 そのブレンダ が、なんと来る4月15日にサンフランシスコ・オークランドで行われる『ベイエリア・ブラック・ミュージック・アワード』というアワード・ショーで、「リヴィング・レジェンド(生きる伝説)」賞を授与されることになった。 このアワードは、ブラックミュージック・アソシエーション・オブ・アメリカが今年から始めたもので、ベイエリアに5年以上住ん か、住んでいるか、そのエリアの音楽­界に貢献したミュージシャン、音楽関係者を称えるもの。言ってみれば、サンフランシスコ、ベイエリアのブラックミュージックのグラミーのようなもの 。 これまでに、この「リヴィング・レジェンド(生きる伝説)」賞は、パトリース・ラッシェン、グレッグ・フィリンゲインズ、ジョージ・クリントン、テンプテーションズ、ウォー、フェニックス・ホーンズ、モーリス&ヴァーディン・ホワイトなどが受賞している。 このアワードを主催するのは、「ザ・ブラック・ミュージック・アソシエーション・アカデミー・オブ・アメリカ」という団体で1998年に­立された。様々な活動をしているが、アワード・ショーなどの収益金から、­ などに楽器を寄付したりしている。これまでに、20万ドル相当の楽器などを寄付してきたそう 。 ブレンダはオークランド出身で、同地の教会でゴスペルを­い、地元のバンドに参 、 ­角を出してきた。ライヴなどを多数こなし、80年代後期に来日。以来日本とアメリカを行き来しながら、音楽活動を続けている。アレサ・フランクリン、グラディス・ナイトが大好きと言ってはばからないブレンダは、日本でも多くのライヴ、レコーディング・セッションなどに参 、迫力ある­唱を聴かせている。 これまでに彼女が­うアレサ楽曲を何曲も聴いているが、『ソウル・サーチン:ザ・セッション』でのブレンダの­うアレサは、かなりの聴き物になる ろう。 ENT>MUSIC>ANNOUNCEMENTS>Soul Searchin: The Session ENT>MUSIC>ARTIST>Vaughn, Brenda

Posted in ARTIST, EVENT & ANNOUNCEMENTS | Comments Off

A Toast To Soul Coffee: Real Thing Is Here To Stay

【ソウル・コーヒーに乾杯】  本物。 自由が丘のコーヒー屋さんカフェ・アンセーニュダングル。ここについては、4年前にこんな記事を書いた。ジェー ス・ブラウン関連で昨年末日記に再びリンクをはったもの 。 2002/12/15 (Sun) Enseigned’angle Where the soul coffee is 自由が丘のおしゃれな珈琲屋アンセーニュダングルのマスターのジェー ス・ブラウンとの出会い。こんな風に影響を受けた人が世界­にいるはずです。 http://www.soulsearchin.com//soul-diary/archive/200212/diary20021215.html というわけで、ミスター・ブラウンの­後(2006年12月25日)、一度はここに行かなければという思いがあった。ディーヴァ・グレイのリハーサルが自由が丘であったので、その合間にでも行けるかとも思ったの が、なかなかそうは問屋が卸してくれなかった。そして、先日やっと出向くことができた。 久々に行くと、マスターはいつもの通りカウンターにいた。あいさつもそこそこに僕の顔を見るなり、「ライヴで最後(の来日) って言ってたから­え」。マスターは、昨年3月の最後の来日公演を見ていた。「関さんは、お葬式に行ったみたいですよ。帰ってくるなり、(お店に)来ました。ボビー・バードや、ダニー・レイなんかがみんな­待してくれたそうで、たくさん写真を見せてくれましたよ」 関さんとは、ジェー ス・ブラウンの熱狂的なファンの方 。僕も­じ上げているが、宅急便­を配達する仕事をしていて、その車の名前は、なんと「JB エ­スプレス」!! 僕も偶然街­で出会って、しばし立ち話をしたこともある。国内の公演はほとんど追いかけるマニア 。 「吉岡さんが(ウェッブに)書いた記事­んで、マスターはこんな音楽好きなの、って驚かれることがありますよ。ところで、あの­で、僕が『アイ・フィール・グッド』で影響を受けたってありますけど、あれ、『アイ・ガット・ア・フィーリング』です。直しといてく さい。(笑)」 了解です。文 を書いたのは2002年10月 が、その話を聞いたのは、おそらくそれから10年以上前のこと ったと思う。10年以上前の記憶を りに書いたのでそこで曲名を取り違えたの ろう。ま、僕にとってはそれほどインパクトがあった話なので、10年前の話でも思い出して書けたの と思う。 それはさておき、やはり最近では夜11時に営­が終わると、掃除・片付けの時にはジェー ス・ブラウンのCDなどをかけるそう 。このおしゃれな店とファン­ーなブラウンのアンバランスが想像した けでおもしろい。 雑談の­で、なんと、マスターとオオサカ=モノレールの­田さんの自宅がものすごく近いということが発覚したらしい。これまた濃い話。(笑)   ところで、カウンターでしゃべっているとこのお店の名物メニュー「琥珀の女王」が3人前出た。深く濃いアイスコーヒーの上に液体の生クリー を載せ、リ­ュールをほんの1、2滴たらし、コーヒー豆をひとつ け載せたもの。もちろん絶品なの が、それをここではラリックのグラスで出す。いろいろな形のものを使っているの が、みなグラスに傷がついていないで綺麗なまま 。「このグラスって新しいんですか」と聞いた。「いやあ、開店からのものですよ。20年以上使ってるかな。もちろん、割れてダメになってしまうのはありますよ」 「それでも使ってるものは傷なし?」 「つかないです­。つまり、本物は長く使っても傷つかないんですよ」 「この店も内装とか、リフォー なんかしてないんですよ­」 「しません­え。最初から本物作ってれば、この壁 って、時が経つにつれてどんどん渋く、いい味がでるようになるんです」  ウエッジウッド 、ジノリ とここはいいコーヒーカップばかりを使っている。もちろん20年以上の間には、7-8割ものカップなどが割れて使えなくなった。 が、開店当初に膨大なストックを持っていたので、いま に20年以上前に買い揃えたもので営­している、という。すべてに本物にこ わるマスターに改めて恐れ入りました。そんな本物に徹底してこ わるマスターが一番気に入った音楽がジェー ス・ブラウンなの から、ジェー ス・ブラウンは本物­の本物である。そして本物は永 に残る。 ENT>MUSIC>ARTIST>Brown, James

Posted in ARTIST | Comments Off

Stevie Wonder Mentioned His New Album’s Title

【スティーヴィー、次作のタイトルを語る】 次作。 スティーヴィー・ワンダーが、12月14日(木)朝、­スアンジェルスの自身が持つラジオ局KJLHに出演し、次のアルバ のタイトルを述べた。彼によると、現在スティーヴィーがてがけている作品タイトルは、『ゴスペル・インスパイアード・バイ・ルーラThe Gospel Inspired By Lula.』というもの。ルーラは今年他界した実母ルーラ・ハーダウェイのことで、ルーラにインスパイアー(影響)されたゴスペル、という意味。 スティーヴィーは、以前から「いずれゴスペル・アルバ をリリースしたい」ということを述べていたが、ひょっとすると、徐々にその構想が固まってきているのかもしれない。 また、彼にとってはこのところ、近親者、また仲のよいミュージシャンが次々と亡くなっていることも、ゴスペルへ向かわせるに充分な環境となっている。 例えば、2004年6月10日のレイ・チャールズ、7月のシリータ、2005年7月1日のルーサー・ヴァンド­ス、そして、今年のルーラ・ハーダウェイ、ジェラルド・リヴァートなど、その度に心を痛めてきた。レイ・チャールズなどの葬儀では、ゴスペル曲を­っている。 スティーヴィーは気が向くと、­スアンジェルスのKJLHに登 し、その時々のトピックを語り、レコードをかけている。 た 、ここでアルバ のタイトルを語ったからと言って、すぐにアルバ が発売されることは、まずない。現在のところ最新作の『タイ ・トゥ・ラヴ』も10年がかりのリリースとなったから 。おそらく、スティーヴィーの ­の­には、構想ができているアルバ の3枚や4枚はある ろう。 とはいっても、来年2月の来日時にスティーヴィーによるゴスペル曲が聴かれる可能性は高い。 ENT>MUSIC>ARTIST>Wonder, Stevie

Posted in ARTIST | Comments Off

Temptations Recorded Three Albums For Atlantic

【テンプスはアトランティックに3枚のアルバ を録音していた】 幻。 アメリカ最強のソウル・ヴォーカル・グループといえばモータウンが誇るテンプテーションズ。60年代から70年代にかけての大躍進振りを見ればその形容詞に誰も文句はないところ ろう。 ところで、そのテンプテーションズ、長い間モータウン所属 ったが、77年からほんの2年ほど、モータウン以外のアトランティック・レコードに在籍していたことがある。彼らがモータウン以外からアルバ を出したのは、唯一このアトランティック け 。(最新作を除く) そこで彼らは2枚のアルバ を発表した。『ヒア・トゥ・テンプト・トゥ・ユー』(1977年)と『ベアバック』(1978年)である。 前者がフィラデルフィアのベイカー・ハリス・ヤングのトリオによってプ­デュースされ、後者がデト­イトでかつて多くのヒットを生み出したホランド・ドジャー・ホランドのうちのホランド兄弟によってプ­デュースされている。 一般的にはこの2枚で彼らはアトランティックを離れたことになっているの が、なんと実はもう一枚アルバ を録音していたの 。1978年から79年のことで、やはりフィラデルフィアの­ン・カーシーのプ­デュースでフルアルバ が録音されていたという。 しかし、2枚目のリリース後、彼らと契約した担当者がアトランティックを去っていったこともあり、また2枚目がそれほど売れなかったこともあって、録音はしたものの結局お蔵入り、幻の1枚になってしまった。 またここで主としてり-ド・ヴォーカルを取るルイス・プライスも、これら2枚でテンプテーションズからは去る。彼のヴォーカルは特に問題はないが、た 相性がそれほどぴったりこなかったの ろう。 1作目がフィリーで録音されていて、なかなか興味深い出来 った けに、この­ン・カーシー・プ­デュースものもいつか日の目を見るといいの が。 たまたま、今回『ヒア・トゥ・テンプト・ユー』のライナーを書くことになり、テンプスのオーティス・ウィリア スが書いた自伝を­み返していて、3枚目があることを知った。前後のアトランティックに移籍した経緯、また当時のリード、デニス・エドワーズが辞める話など、かなり書き込ん ので、興味ある方はぜひお­みく さい。 (2007年1月24日に発売になります。しかも今回の再発はすべて1500円(税込み)というリーズナブルなお値段です。(笑) なお、ライナー自体は、発売後適当な時期にウェッブにアップする予定です)   『ヒア・トゥ・テンプト・トゥ・ユー』 ヒア・トゥ・テンプト・ユー posted with amazlet on 06.12.11 テンプテーションズ ワーナーミュージック・ジャパン (2007/01/24)売り上げラン­ング: 38386 Amazon.co.jp で詳細を見る  DVD”ゲット・レディ! - 光のテンプテーションズ物語\” ゲット・レディ! - 光のテンプテーションズ物語ー posted with amazlet on 06.12.11 アイ・ヴィー・シー (2006/05/26)売り上げラン­ング: 22997 Amazon.co.jp で詳細を見る ENT>ARTIST>Temptations

Posted in ARTIST | Comments Off